不動産投資で年収350万の未婚男が成功を掴んだ経営ノウハウを全公開

「毎日毎日僕らは鉄板の~上で焼かれて~やになっちゃうよ」

日本の縮図を表すようなおよげたいやきくんのテーマ曲。

 

労働をして給料をもらう。これが一般的なお金の稼ぎ方。

しかし、いつまで働くの?いつまで働けるの?資産を増やしたいけど不安なあなた。

なにが一番不安ですか?

 

この記事では、さえない君が不動産投資に興味を持ち不動産投資を始めるまでをストーリー形式でお伝えします。

 

2025年には日本初となるカジノが解禁(総合型リゾート)。
2027年には名古屋のリニア中央新幹線が開通すると言われる昨今。

 

不動産投資は可能性に満ち溢れています。この国がさらなる発展を続ける限り。

現在は外国人観光客・労働者の数が増え続けていることから、民泊事業にも注目すべきところです。未来を見据えた不動産投資をもう一度見直しましょう。

 

さあ、楽しい不動産投資の世界へ、ようこそ。

Index

1. さえないくんが不動産投資を選んだ3つの理由

さえないくんは老後に必要なお金の心配と、人生で彼女いない歴31年という悲しい現状が悩みです。趣味は旅に出ること。お金を蓄えて女の子と贅沢なデートがしたい!いい車に乗りたい!
そんな日常を変えるべく、さえない君は資産を運用することに決めました。

  • 貯金
  • 日本の国債を買う
  • 金を買う
  • 株、FXを始める

と、数多にある資産運用の方法の中からさえないくんが最終的に選んだのが「不動産投資」。
彼はなぜ不動産投資を選択したのか、それには不動産投資が他の投資より優れていると言われる3つの理由があります。

 

①不動産投資は実物資産でインカムゲインが見込める

実物資産になるものは不動産の他に、

  • 美術品
  • 会員制のホテル
  • 自動車
  • 時計

などが上げられます。

この中で唯一、インカムゲインを望めるのが不動産です。不動産はインカムゲインとキャピタルゲインをセットとして考えましょう。

不動産を所有すると様々な税金がかかります。しかし、海外に不動産投資をする場合は税金がかからない国もあります。

 

②実物資産はインフレ対策になる

インフレとは、物やサービスの物価が上昇する経済現象のことです。分かりやすく言うと、200円で購入できたものが300円支払わなければ購入できない状態は、お金の価値が下がるということ。

貯金をするのが悪い訳ではありませんが、貯蓄しておくだけではお金が目減りしていきます。

 

主にインフレ対策には、以下の2つの方法があります。

  • 実物資産に置き換える方法
  • 海外の通貨に置き換える方法

また、不動産投資のメリットは物価の上昇と連動して不動産価格・賃料も上がります。一つの目安にしましょう。

 

③不動産は節税効果も見込める

不動産投資と節税の関係性を把握しておく事で、リスクを回避できます。しっかりと理解しておけば、高い節税効果を受ける事ができます。

不動産投資を始めると、不動産取得税・登録税・印紙税など様々な税金がかかります。しかしそれらは経費として計上できます。経費として計上できるもので一番節税効果の高い減価償却費を含め、確定申告時に抜け漏れのないよう記載しましょう。

不動産投資は、投資手法さえ間違わなければとても資産性の高い手法である

 

2. 3分で基本的な不動産投資用語を理解しよう

さえないくんは不動産投資の知識を入れる際、分からない単語が多かったため、まずは基礎用語を勉強することに。
ここでは、理解しておくとものすごく便利な基本不動産用語がまとまっています。

  • キャッシュフロー
    お金の流れのこと。
    一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー。
    流出するお金をキャッシュ・アウト・フローと言います。
  • ディベロッパー
    開発業者のこと。
    大規模な住宅開発・都市再開発・リゾート開発などをする業者です。
  • 表面利回り(グロス利回り)
    マンションの収益性を測るための数値のこと。
    年間の満室想定の家賃収入を物件価格で割った数字なので、想定利回りとも言われています。
  • 実質利回り(NET利回り)
    実質的な収益性を図るための数値のこと。
    年間の家賃収入から諸経費を差し引いたものを、物件購入額と購入時の諸経費を合算して割った数字です。
  • キャピタルゲイン
    株式・不動産・為替などの保有している資産を売却することによって得られる利益のこと。
  • インカムゲイン
    株式・不動産・為替などの資産を保有することで得られる利益のこと。
  • ミドルリスク・ミドルリターン
    ローリスクローリターンとハイリスクハイリターンの間のこと。
    預金と比べればお金を増やせますが、損失が発生する可能性も多少あります。
  • 流動性
    現金としていつでも使える度合いのこと。
  • イールドギャップ
    借入金の金利と投資物件の利回りの差のこと。
  • レバレッジ
    他人の資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること。
  • デッドクロス
    返済元金が減価償却費を上回るようになってくること。

・「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」はセットで覚えておく。
・表面利回りと実質利回りの違いも把握しておくことも大切。

3. 不動産投資に必要な情報を集める2つの方法

さえない君は、信頼できて実績のある営業マンから物件を購入したいと考えています。しかし、優秀な営業マンとは一体どんな人の事を指すのでしょうか?
さえない君が起こした行動は?

 

不動産投資サイトで知名度の高い楽待をチェック

不動産投資サイトランキングで3年連続1位を獲得している楽待。
会員登録をすると、非公開物件やお得な情報が1日20件送られてきます。
主に自分の購入物件に近い情報が送られてきます。

他にも、実際に不動産投資を行う人の声がたくさん乗っているので経営方法を参考にしやすく、とても便利なサイトです。
更新頻度も高いので、最新の情報を得る事ができます。

このようなサイトからさえない君は、いくつかの物件を気に入りました。
http://www.rakumachi.jp/) 楽待サイトURL

  • ①物件価格:1200万円
  • ②物件価格:600万円
  • ③物件価格:1億2000万円

 

セミナーへ出向き良い業者を見極める

セミナーの他にも本やインターネットからでも情報を集める事ができます。
セミナーに出向くことで得るメリットは、

  • QUOカードがもらえる。
  • 生の情報を聞ける(ネットで検索したものには年数の古い記事がある)

セミナーには同じ目的を持つ方がいらしているので、不動産投資仲間を見つけ情報交換もできます。

またセミナー回数が多い業者は、満足度の高いセミナー内容になっているため人気です。
講師の方がどんな人柄かで、会社の質が垣間見えたりします。

不動産投資の本を読む事も大切ですが、セミナーへ出向き講師の方と直接個別でお話する事で、具体的な不動産投資情報を得る事ができます。
※無理な勧誘をしてくる会社には注意しましょう。

セミナーの参加費は無料のものと有料のものがあり、さえないくんはどちらのセミナーも参加してみることにしました。

ポイント:優秀な営業マンは、時間をかけ関係性を築いていける方であると10年・20年と末永いお付き合いができます。資産運用について積極的に活動している営業マンだとなおよいかと思います。

4. あとで驚かないために必要な不動産投資ならではのルール

購入したい物件とある程度の知識は把握できたけど、さえない君はなにを用意すればいいのでしょうか?おさえておくべきポイントは2つあります。

 

頭金は1割~3割用意しておくのがベター

今はほとんどの銀行が頭金を用意しなければ借入する事ができません。
フルローンまたはオーバーローンできる場合はごくまれなケースです。

海外に不動産投資する場合は、キャッシュでの購入が主流です。
ローンを組めない訳ではないですが、審査や手続きなどに時間がかかります。

金利は国内の方が安いですが、国内の銀行は海外の不動産投資に対して積極的に融資を行っていません。

さえない君の購入したい物件は3つありましたが、

  1. 物件価格:1200万円
  2. 物件価格:600万円
  3. 物件価格:1億2000万円

それぞれの物件別に3割の頭金を用意すると、

  1. 360万円
  2. 180万円
  3. 3600万円

が必要になります。

頭金を用意しておくことでデメリットになることは何一つありません。
メリットの方が多いので、頭金は最低でも1割は用意しておきましょう。

 

かかる諸経費の種類と意味を覚えておく

頭金を用意すると同時に、不動産投資をする際は諸経費が必要になります。

不動産取得税 不動産取得税の納税方法については、取得後6ヶ月~1年半くらいの間に各都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。
登録免許税 不動産を購入後、法律で定められた登録免許税を納付する必要があります。
司法書士手数料 司法書士の方が登録手続きを行ってくれた際にかかるお金です。
印紙税 売買契約書・請負契約書・領収書などの書類に対して課せられる税金です。
仲介手数料 不動産売買・賃貸の際に不動産仲介業者に対して支払うお金です。
物件の手数料 物件の価格によって金額は異なります。
固定資産税
都市計画税
・固定資産税は、市町村などの地方自治体が賦課する税金です。固定資産税の計算方法は、固定資産税の評価額に標準税率の1.4%をかけた金額になります。

・都市計画税の課税対象地域は、都市計画区域 内の 「市街化区域」と呼ばれる場所にある不動産になります。

火災保険・地震保険 一戸建て・マンション・ビル・建物の中にある家具や什器などの”動産“を補償します。

諸経費は経費にできるものです。
いくら支払いをしたのか把握しておくと、確定申告時にスムーズに運びますので、
溜め込まずに記録をしてと良いでしょう。

5. 上手な投資物件の選び方と購入方法

 物件を見る角度は360度から!抜け漏れなく調査!現地に出向いて実際の建物や環境を自分の目で見る事が、不動産投資を成功させる秘訣です。

年収別でみる購入可能な物件選びを意識する

年収500万円以下の方は区分所有から始めるのがベストです。
貯蓄額が十分にある場合だと話は別ですが、融資を受ける場合は年収500万円の方だと一棟を購入する事はむずかしいでしょう。

区分ワンルームマンションですと300万円の物件も存在します。車を購入するのと一緒ですね。

年収が500万円~1000万円以下の場合だと、一棟マンション・アパートを購入できます。1000万円を超える場合だと可能性は無限大です。

また年収が高い方は、法人化を視野に入れて不動産投資を始めると、税金面で有利です。

 

エリア別で見る購入すべき物件の選定方法

東京23区が人気のエリアとされていますが、現在では外国人の労働者と観光客に支えられ大阪も名古屋も土地の価格は上がり、賃貸需要も多いです。民泊する際にも東京だけではなく大阪も注目すべきエリアだと言えます。

また、海外に不動産投資をお考えの方はハワイもオススメです。あのリーマンショックにも耐え、ハワイの需要が低迷することはありません。

エリア別の良いところ悪いところを踏まえたうえで、投資をしましょう。リスク分散を考え、エリアを分けて物件購入することをオススメします。

 

利回りだけで物件を選定しない

物件情報を見ると利回り9%とありますが、皆さんがサイトを開き目にしている数字は表面利回りです。表面利回りは必要経費を差し引いた計算方法ではないので、実質利回りとは異なります。利回りばかりに気を取られて物件を探すと大きな落とし穴に落ちていきます。

物件を購入する際は、表面利回りと実質利回りの二つを意識して、キャッシュフローの予想を立てることをオススメします。
また、表面利回りは家賃の賃貸相場と共に変動します。家賃の相場が上昇しているエリアに注目するのも、一つの目安です。

■表面利回り計算方法
年間家賃収入の合計 ÷ 購入物件価格

■実質利回り計算方法
年間家賃収入 – 年間支出  ÷ 物件価格 × 100

 

空室率でみる物件購入と銀行融資のライン引き

空室率20%の物件は銀行からの融資を受ける事は難しいでしょう。

また、「需要と供給が無いエリアは空室率が高めなので一般的には東京23区がオススメ」と、よく目にすると思います。ですが不動産投資は幅広い視野で行うべき。投資家さん達の中では物件を購入する際、東京23区は競争率の激しいエリアと言えるでしょう。

現在は民泊事業も考慮したうえで日本第2の都市大阪や、利回りも空室率も安定しているハワイなど、海外に目を向けてリスク分散することをオススメします。

ただ、不動産投資は1件目の物件によって今後が左右されます。慎重に選定するこが、不動産投資の成功する秘訣です。

不動産投資は安い買い物ではありません。自分の条件に合う物件が見つからなければ時期を待ちましょう。また、100点満点の物件はなかなか見つかりません。目安として、80点を合格ラインとしましょう。

 

6. どんな家に住みたいのか?借りる側の賃貸需要の基礎知識

単身向けなのか、ファミリー向けなのか、外国人向けなのか。ペットの飼育が可能な住宅も人気だなぁ。さえない君は自分がどんな家に住みたいかを考えました。

ここからはエリア×収益物件という切り口で、人気のエリア情報とその特徴にフォーカスを当てて読み進めてください。

・表面利回りの平均は、人気の東京エリアで5%

・空室率は一番低いエリアで江東区の7.4%

※あくまで平均値となるので、一つの目安として参考にしてください。

発表!東京23区の住みたい街ランキングベスト5とエリアごとの特徴

(2017年版)※不動産サイトによって異なる場合あり。
http://chintaibest.com/sumitai_rank/

1位 中野区:中野

利回り:6.1% / 空室率:9.9%

選ばれた理由
  • 交通手段が便利
  • 昔ながらの商店街がある
  • 飲食店が多く賑わっている

2位 世田谷区:二子玉川

利回り:5.9% / 空室率10.38%

選ばれた理由
  • 自然を感じられる
  • 知名度も高くハイセンス

3位 目黒区:中目黒

利回り:5.1% / 空室率:28.2%

選ばれた理由
  • 地盤がしっかりしている
  • 飲食店が多い
  • 憧れの街だから

 

4位 杉並区:阿佐ヶ谷

利回り:5.9% / 空室率:12.9%

選ばれた理由
  • 庶民的な雰囲気で落ち着く
  • 住んでる人の人柄が良い

5位 北区:赤羽

利回り:6.3% / 空室率:12.1%

選ばれた理由
  • 車の移動が楽そう
  • 駅前にお店が多い

首都圏の住みたい街ランキング

首都圏とは千葉・東京・神奈川・茨城・栃木・群馬・埼玉・山梨を含む。
今回は人口増の多い千葉・神奈川・埼玉に絞り家賃相場も記載しました。

 

千葉県の住みたい街ランキング

  1. 船橋:1R5.39万円~3LDK10.12万円
  2. 千葉:1R5.46万円~3LDK11.14万円
  3. 津田沼:1R5.73万円~3LDK11.55万円

 

神奈川の住みたい街ランキング

  1. 武蔵小杉:1R 7万円~21.2万円
  2. 川崎:1R7万円~3LDK16.2万円
  3. 日吉:1R5.7万円~3LDK16万円

 

埼玉の住みたい街ランキング

  1. 大宮:1R6.21万円~3LDK13.18万円
  2. 浦和:1R6.41万円~3LDK15.86万円
  3. 所沢:1R4.45万円~3LDK9.26万円
住みたい街ランキングは、駅の利便性・周辺の施設・環境によって選ばれています。

7. 東京23区に投資人気が加熱する4つの理由とは

さえない君は自分一人で情報を集めるのが大変なので、妹のさえ子に協力してもらいました。不動産投資を始める際、周りの意見や協力を得る事も必要です。

人口が多い

外国人観光客が多い

世界最大の民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)の登録数で多いのが、新宿区・渋谷区・港区。

外国人観光客の数は増え続け、労働者も今年初めて100万人を超えました。
ホテルの需要も多いことから、新しくホテルの建設も進んでいます。このことから、現在は地価額が上昇しています。

 

企業が多い

日本を代表する企業や有名大学はもちろん、中小企業やベンチャー企業、各種専門学校から予備校まで多くの会社や学校が集まります。そこに通う人たちの数は数百万人にもなり、住宅需要が尽きることはありません。

 

開発が多い

東京は常に発展を続ける街です。開発計画が途切れることがないので、物件の価値も大きく変動します。20年前まではほとんど何もなかったお台場ですが、多くの商業施設や観光スポットが集まる大人気エリアに変貌しました。最近では銀座松坂屋が改装され、銀座SIXが誕生。

お台場ほどの大規模開発ではなくても、東京は常にどこかで再開発計画が進められています。長期的な視野を入れて不動産投資するのなら目先の利益だけを考えず、10年・20年後を考慮して投資対象のマンションを探しましょう。

メリットは多いですが、物件の購入額が高い。

8. 不動産投資の購入手順

購入したい物件はどのようにして手続きを行うのでしょうか?

物件購入の流れまとめ

購入物件の申し込みをする

重要事項説明書の説明を受ける

売買契約を交わす

金融機関と事業用住宅ローン融資の契約

金融機関と事業用住宅ローン融資の契約

金融機関融資の審査通過

決済と登録手続き完了

 

購入の手続き方法で気を付けるべきポイント

重要事項説明書には、現地調査・役所調査・法務局調査が行われている内容が記載されています。きちんと目を通すことで、詐欺にあうリスクを回避できます。

不動産売買契約時に必要なものは、

  1. 手付金
  2. 実印
  3. 収入印紙代
  4. 本人確認の書類
  5. 仲介業者への手数料(物件購入価格×3% + 6万円 + 消費税)

登記に必要な書類の確認は司法書士が行ってくれます。
その際には、司法書士への報酬も支払います。

購入申し込み~登録手続き完了までの期間は、キャッシュで購入の場合1~2週間。
借入をして物件購入する場合は1~2ヵ月。融資の審査には3~4営業日かかります。

 

9. 失敗しないために気を付けるべき7つのこと

信頼できる管理会社かどうかが命

不動産投資を行う際は管理会社との協力が必要です。管理会社は主に、以下の内容をオーナー様の代わりに行ってくれます。

  1. 家賃集金代行業務
  2. 滞納家賃の督促業務
  3. 新規契約・更新業務
  4. 入居者募集業務
  5. 入居者からのトラブル・クレーム対応
  6. リフォーム工事の手配
  7. 敷金精算業務

物件を購入した会社が管理してくれる場合もあります。しかし、地域に密着した管理会社の強みもありますので、よくお考えになって下さい。

管理会社を選ぶポイントとして、管理戸数が多い会社を選びましょう。管理戸数が多ければ多いほど、その地域の賃貸物件のことをよく知っています。規模によってはその会社が地域の賃料相場を決める力があります。

管理戸数が多い代表的な会社だと、大東建託やレオパレスなどが有名です。

 

火災保険・地震保険によりリスクを軽減する

日本は地震が多い国です。不動産投資が唯一勝てない敵と言えば災害。更に不動産は、資産の金額が大きいので物件を守るための保険は必要不可欠です。

火災保険は銀行が融資の際に加入を義務付けていることがほとんどです。修理費用や損害額を保障する契約事項や、万が一所有する物件で死人がでた場合も、家賃補償してくれるケースもあります。

地震保険は地震を原因とした損害を補償してくれます。東日本大震災以降、保険料が値上がり傾向にありますが、契約期間を長期にするほど保険料を安くすることができます。

地震保険は火災保険の契約金額の半額まで加入することができます。少しでも保険料を安くしたいという人は長期契約を組むのがおすすめです。

また、保険の値段ですが建物の構造や地域によって保険料は異なります。保険料の支払いは、融資期間に合わせて一括払いするのが一般的です。

 

修繕積立金の不足はないか事前に想定する

修繕積立金とは、大規模改修のために積み立てておく費用のことです。建物は年を追うごとに老朽化し、修繕が必要となります。大規模修繕は12年に1度行われる事が多いです。

9割のマンションでは修繕積立金が足りず潜在的に赤字であると言われています。修繕積立金には相場がなく、長期修繕計画との比較によって決まります。

だいたい月に10000万円~20000万円かかると思ってください。
また金額が上がる可能性もありますので、修繕積立金が安いからと言って喜んではいられません。

 

デッドクロスを回避する

どんな物件でも減価償却が節税対策にならなくなる日がきます。そうなると、不動産投資を続けられない可能性がでてきます。それが、「デッドクロス」です。

減価償却は大きな節税効果がある反面、償却できる額が年々減っていきます。ローンで元利均等返済を選択している場合は、年々経費にできる金利部分が減って、経費にできない元金部分の返済額が増えていきデッドクロスに陥るのです。

節税対策のためだけに物件を購入してしまのは危険ということです。

 

ローンの返済を上手に設計する

ローンの返済方法は月々の返済額に占める元金と利息の比率が一定である元利均等返済とローン残高に関わらず毎月同じ元金を返済する元金均等返済の2種類に分けられます。
※ローンの利息部分は経費にできます。

ではどのようなローン返済を組むと良いのでしょうか?

  1. 借入金を抑える
  2. 可能な限り短い返済期間を設定する
  3. 余裕があれば積極的に繰上げ返済をする

 

確定申告の期日は何としても守る

家賃収入がある場合は確定申告を行う必要があります。不動産投資を始めた場合、事業開始から1か月以内に開業届の提出を税務署へ提出しましょう。ただ提出しなくても罰則はありません。

更に、提出をしたからといって会社にばれる事はないですが、提出した方が様々なメリットを確定申告時に受けることができますし、毎年確定申告時には必要書類一式が送られてくるので、手間も省けるでしょう。

確定申告時期は、毎年2月16~3月15日までに税務署で行います。これは郵送でも可能です。(信書扱い)

税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日までの8時30分〜17時です。

納付期限までに税金を納められなかった場合ですが、延滞税と無申告加算税が発生するケースもあります。特に、青色申告の方は、確定申告の期限に遅れると(65万円)控除が受けられなくなるなどのペナルティがあります。(故意・不意にかかわらず)

10. 物件を売却・または相続する場合

物件を手放さなければいけない状況になった場合や、売却益を狙う際に知っておくと便利です。どちらの場合でも税金がかかることを留意しておきましょう。

 

オーナー物件の売却は実は一筋縄では行かないことを留意する

不動産投資は長期で保有する事に向いてる為、売却益を狙う投資手法は投資初心者には難易度の高いものになります。

ですが万が一手放さす際、買い手が見つかるまですぐに手元へお金が入りません。また、不動産の売却益は「譲渡所得」という所得になります。

物件の売却益に対して課税する税率は、その保有期間によって変わります。5年以上所有している場合は「長期」5年未満の場合は「短期」に分類されます。

■長期の場合:
所得税15%・住民税5%=20%
■短期の場合:
所得税30%・住民税9%=39%※法人の場合だと数値が異なります。

 

オーナー物件を相続した場合のメリットと税金の考え方

相続税の計算基準となる評価額は現金の評価額より低く評価されます。そのため、相続税が少なく抑えることができ相続税対策として購入することがメリットといえます。

不動産が投資不動産として第三者に賃貸することで建物の評価額が更に30%控除され、小規模宅地の特例がある敷地の種類によって限度面積の部分に対して、評価額が減額されます。

相続税の計算方法

相続税額 = (全ての財産額 – 基礎控除額)× 相続税率

一概には言えませんが、相続対策に有効な物件はタワーマンションです。部屋の個数が多いので地積が小さい事から土地の持ち分が少なくなります。結果として、土地の評価額が少なく計算されます。ただ、タワーマンションは人気のため購入価格が高く、賃貸の場合空室リスクが高い傾向にあります。

 

11. 不動産投資で失敗した事例

Aさんのケース

「東京23区で不動産投資を始めると儲かる!」という理由だけで物件を購入したサラリーマンのAさん。

最初は入居者が安定していました。しかし、土地価格が下がった事で家賃の相場も下がりました。つまり当初予定していた家賃収入が見込めない状態です。

しばらくすると、今度は入居者が駅近の新しいマンションに引っ越してしまいました。管理会社に入居者募集をかけましたが、空室は改善されませんでした。また、頭金を支払わずフルローンで購入したため、毎月の収支は赤字です。銀行への返済がきつくなり売却を考えましたが、思うように物件は売れず自己破産することになってしまいました。

 

なぜ失敗してしまったのか?

Aさんは大きな見落としをしています。
まず、東京23区だからといってどのエリアに投資をしても、儲かる訳ではありません。

  • 需要と供給が成り立つエリアがどこなのか
  • 今後も安定した家賃収入を得られるのか

を調査しなかった事が今回の失敗の直接的な原因です。

失敗例には様々な項目から起こります。

例えば新築を購入した場合・ローンの場合・高利回り物件の場合。
それぞれのリスクを回避できず、対策方法がきちんと立てられていなかった為に起こっています。

 

12. 不動産投資で成功した事例

Bさんのケース

同じくサラリーマンのBさんは、不動産投資を始める前にある程度の貯蓄を行いました。ゆとりある資産運用を行う事で、リスク対策をしたのです。

購入した物件は選定するのに時間はかかりましたが、納得いくまで妥協しませんでした。
これもひとえに、優秀な営業マンとの関係性ができていたからです。

  • 無理な資産運用は行わない
  • リスク回避できる対策を立てる

この2つを守り、不動産投資を行いました。今では、ローンの返済も終わり2件目の物件購入を考えています。

 

なぜ成功したのか?

Bさんは、目先のおいしい話に乗らず、きちんとした情報から物件を選定したことで不動産投資を成功することが出来ました。

無理をして不動産投資を始めると、後に自分の首を絞めることになります。
なにごとも、先を見据えた行動が大切なのです。

この記事の総括

あなたは不動産投資に対して前向きな気持ちになりましたか?

さえない君はもう少し、不動産投資の本を読み複数のセミナーに出向くことにしました。

現在の不動産市場は、土地価格は上昇傾向にあり、銀行の融資も厳しくなってきています。しかし、日本は人口減少の最中ではありつつも、外国人観光客や労働者に経済的な面でも外国人労働者に助けられているという水面下の変化も起こりつつあります。

つまり、短期間で大きく市場は変動していきます。一歩先を見据えた不動産投資方法を考えることで、新たなキャッシュフローを今から築くことも十分に可能な市況と言えるでしょう。

時代は移りつきます。不動産投資に現状維持を求めるのではなく、攻めの不動産投資をしていきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする