不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資会社はどう選ぶ?信頼できる会社を見分けるポイント【会社編・対応編】

不動産投資に興味があるけど何から手を付けたらいいかわからない。

そんなときに頼るのが不動産会社です。

不動産投資に強い会社はセミナーや個別相談で初心者の悩みを解決。

あなたに合った投資物件を提案してくれ、購入までや購入後のサポートをしてくれる心強い味方です。

不動産投資において会社選びは最も重要だといっても過言ではなく、間違えるだけで不動産投資の失敗を招くこともあります。

 

でも、不動産適正取引推進機構によると宅地建物取引業者は約12万業者(平成30年3月30日現在)もあります。

どんな会社で不動産投資を始めるべきか悩んでしまいますよね。

当記事ではよい不動産投資会社を選ぶコツや、逆に選んではいけない会社の特徴、実際弊社で厳選した会社まで分かりやすくまとめています。

ぜひご一読ください。
 

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

LINE@友達登録

1. 信頼できる不動産投資会社の選び方【会社編】

不動産投資の成功のカギは、信頼できるパートナーである不動産投資会社の選択に尽きると言われています。

したがって、不動産投資会社の選び方が成功を左右する決め手になるのです。

①資本金の額が大きい

資本金の額が大きいということは、会社の規模が大きいということです。

大きな会社は、顧客数も実績も多い会社であるということになります。

資本金だけで判断してはいけませんが、ポイントの1つであることは間違いありません。

②従業員数が多い

資本金の額と同じく、従業員数でも会社の規模を把握できます。

従業員が多ければクライアントが多く実績を積んでいることになるでしょう。

また、多くの従業員の給与に見合うだけの利益が出ているということは、取引件数も多く信頼できる会社だと言えます。

③豊富な実績がある

豊富な実績とは、多くのノウハウを持っているということです。

実績を確認するためにはインターネットで、資本金・従業員数・上場の有無・物件数・評判などを確認してください。

会社選びのための最初の確認事項です。

④口コミや評判がいい

口コミや評判は、実際にその会社を利用した人の生の感想です。

実体験からのコトバなので会社選択にあたって重要なポイントになります。

規模の大きな会社が間違いなく優良な会社とは限りません。

選択する前には口コミや評判を確認してください。

2. 信頼できる不動産投資会社の選び方【セミナー・対応編】

信頼できる不動産投資会社の選び方として、セミナーを開催している会社なら、自分自身の目で優良かどうかを判断することができます。

①無料セミナーや相談会を開催している

不動産投資は大きなお金が動くので失敗は避けたいでしょう。そのためにも最低限の知識は入れておきたいものです。

無料セミナーや相談会を開催している会社であれば、投資初心者にとって心強いパートナーになるでしょう。

②顧客に合った物件選びをする

優れた不動産会社とは、顧客の希望・年齢・年収・貯金などを把握して、顧客の目線で物件を選びます。担当者が顧客の属性を意識しているかがポイントです。

誰にでも同じ物件を紹介しているような会社であれば信頼できるとは言えません。

③リスクやデメリットもきちんと語る

セールスポイントばかりの物件など存在しないでしょう。あったとしても既に売れているはずです。

どの物件にもリスクやデメリットがあります。

メリットばかりを強調する担当者には注意してください。

リスクを語り、その対応策を語れることがポイントです。

④アフターフォローが充実している

物件を紹介するだけでなく、購入後も修繕・空室・売却の検討に対してアフターフォローが充実している会社を選びましょう。

不安になれば、知識や情報の提供や無料相談会、またはセミナーなどで対応してくれる会社です。

3. こんな会社や営業マンには要注意!

要注意な会社とは信頼できる会社の裏返しになりますが、特にこんな会社や営業マンには気をつけてください。

①迷惑電話など営業が強引でしつこい

営業の電話や勧誘が強引な会社があります。しつこい営業は不動産投資会社に限ったことではありません。

しかし、強引な営業行為は法律で禁止されています。違法行為の旨を伝えて、はっきりと断るようにしてください。

関連記事不動産投資のしつこい勧誘電話を撃退する方法4選|最強の盾は〇〇法

2017.07.02

②礼儀や連絡など基本的な対応に難がある

礼儀や連絡など基本的な対応に難があるようでは話になりません。

営業マンとして、というよりも社会人として失格です。

間違っても、そのような従業員を雇用している会社に運命を託すわけにはいかないでしょう。

③おとり広告で集客をしようとする

おとり広告とは、実際には取引のできない優良な物件で集客して

「申し訳ありません。その物件は売れてしまいました。しかし、代わりの良い物件が…」

という営業トークで別の物件を購入させる手法です。

もちろん違法行為なので注意してください。

4. 不動産投資で関わる会社の種類

「不動産会社」とは不動産を動かす「最初から最後まで」関わる全ての会社すべてのことで、取り扱う物件の種類によって分類することができます。

物件の取引形態による分類

物件の売買は「売主」が「買主」と売買契約を結んで、お金をもらって物件を引き渡して契約成立です。

その契約にあたって第三者が間に入り契約の手続きを行うことも多々あります。

取引形態によって「売主(貸主・事業主)」「代理」「仲介(媒介)と分けることができます。

売主は基本的に貸主と直接取引や契約をしますが、代理と仲介は以下の通りになります。

代理は不動産会社が売主に代わり賃貸することで、売主の法的効果は業者に移されます。よって業者と買主が直接契約を締結することが可能になります。

仲介は世で最も出回っている方法で業者が貸主と借主の間に入って物件を斡旋することを指します。

不動産投資をする上で関わる会社

不動産投資をする上で関わってくるのは仲介業者だけではありません。マンションの購入に関わる主な会社の種類を例に表にまとめました。

新築マンション 中古マンション
販売形態 売主と直接取引・販売代理 メインは仲介
売主 デベロッパー 個人であることが多い
販売窓口 販売代理会社・デベロッパー 仲介会社・売主
建築・施工リフォーム ゼネコン ハウスメーカー・工務店・
リフォーム会社
管理 管理会社 管理会社

※デベロッパー・・・土地開発業者

※ゼネコン・・・実際の工事を請け負う会社

このように新築と中古だと関わる業者も異なってくるのできちんと把握しておきましょう。

5. 超厳選!おすすめ不動産投資会社5社を徹底比較ランキング!

実際に信頼できる不動産会社はどこなのか、気になりますよね。

誰もが名前を聞いたことがあるであろう大手の不動産投資会社5社を厳選してまとめてみました。

【PR】ASIS株式会社のご紹介

MIRAIMO運営元、ASIS(エイシス)株式会社をご紹介させていただきます。

ASISは物件購入後のお客様のライフプランまで考え、1人1人に合った物件をご提案しています。

購入前の不安は定期的に開催しているセミナーや個別相談で解消していただき、購入後のアフターフォローもお任せください。

また、最初から勉強会・個別相談に抵抗がある方にはオンライン無料相談窓口もご用意しています。
LINEで友達追加した上でご質問いただくのみなのでお気軽にご利用ください!
LINE@友達登録

5位:野村不動産グループ

住宅・オフィス・商業施設など様々な不動産ビジネスを手掛けています。

多くのグループ企業を持つ野村不動産グループは、誰もが知る安心な不動産会社と言えるでしょう。

ホームページへ

4位:大東建託

大東建託の「35年一括借り上げ」は賃貸経営において必ず発生するリスク(空室など)に対応してくれます。管理に強めの会社です。

ホームページへ

3位:住友不動産

グループ会社を多く抱える住友不動産。分譲マンション販売から賃貸マンション管理(管理は住友不動産建物サービス)まで不動産のことなら幅広く対応しています。

ホームページへ

2位:大和ハウス工業株式会社

長期間の保証サービスなど長期的なサポートが受けられる会社です。セミナーも定期的に実施。

ホームページへ

1位:日本財託グループ

リスクを「数字」で全てご説明して顧客にぴったりの投資プランを提案してくれます。セミナーや相談会も頻繁に開かれているマンション投資に強い会社です。

ホームページへ

6. 不動産投資会社選びは慎重に!

きちんと下調べしてから、訪問か電話で話を聞く。きちんと準備することで不動産投資での会社選びを失敗することはなくなります。

また、信頼できる不動産投資会社を見つけることも大切ですが、自分でも不動産投資の知識をある程度は身につけた上で話を聞きましょう。

最初は無料セミナーを行っている会社に足を運んでみてもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門