• ????????????????????

本当に良い不動産投資会社の選び方|信頼できる超厳選おすすめランキング4社

  • ????????????????????

不動産投資をする際に避けて通れないのが「会社」との関わりです。

そもそも不動産会社ってどんな種類があるの?

良い・信頼できる会社って何?

当記事ではよい不動産投資会社を選ぶコツや、実際厳選した会社まで分かりやすく理解できるようまとめています。ぜひご一読ください。

1. 不動産投資で関わる会社の種類

「不動産会社」とは不動産を動かす「最初から最後まで」関わる全ての会社すべてのことで、取り扱う物件の種類によって分類することができます。

1-1. 物件の取引形態による分類

物件の売買は「売主」が「買主」と売買契約を結んで、お金をもらって物件を引き渡して契約成立です。
しかし第三者が間に入り契約の手続きを行うことも多々あります。
取引形態によって「売主(貸主・事業主)」「代理」「仲介(媒介)」と分けることができます。

売主は基本的に貸主と直接取引や契約をしますが、代理と仲介は以下の通りになります。

代理は不動産会社が売主に代わり賃貸することで、売主の法的効果は業者に移されます。よって業者と買主が直接契約を締結することも可能です。

仲介は世で最も出回っている方法で業者が貸主と借主の間に入って物件を斡旋することを指します。

1-2. 不動産投資をする上で関わる会社

不動産投資をする上で関わってくるのは仲介業者だけではありません。マンションの購入に関わる主な会社の種類を例に表にまとめました。

新築マンション 中古マンション
販売形態 売主と直接取引・販売代理 メインは仲介
売主 デベロッパー 個人であることが多い
販売窓口 販売代理会社・デベロッパー 仲介会社・売主
建築・施工リフォーム ゼネコン ハウスメーカー・工務店・
リフォーム会社
管理 管理会社 管理会社

※デベロッパー・・・土地開発業者

※ゼネコン・・・実際の工事を請け負う会社

このように新築と中古だと関わる業者も異なってくるのできちんと把握しておきましょう。

2. いい物件に巡り会うための不動産会社を選ぶ4つのポイント

短期的ではなく「長期的に見て信頼できる」不動産会社を選びましょう。入口から出口までサポートがバッチリな会社を選ぶことが重要です。

訪問前には会社のホームページを覗いたり、その会社を利用したことがある人の口コミ・評価を参考にすると思います。しかし、それだけではいい会社は選べません。

実際に電話をかけて対応をうかがったり、実際に訪問して営業マンの対応を見ましょう。

 

今回は実際にインターネットで不動産投資の会社を探すところから、アフターフォローまでで会社の良し悪しを見分けるコツをまとめてみました。

2-1. 信頼と実績がある

まずぱっと見データで見やすいのが「社会的な信頼が厚いかどうか」です。

  • 資本金
  • 従業員数
  • 上場しているか
  • 物件を豊富に取り揃えているかどうか
  • 口コミ

以上のものを見ることで会社の規模や、実際に利用したことのある人の評判を知ることができます。

足を運ぶ前に会社のホームページなどでも見ることができるので、最初の選定基準になるのではないでしょうか。

2-2. 顧客目線で親身に物件を選定してくれる

いい不動産会社は顧客の希望・年齢・年収・貯金などを把握して

「このお客様はどのような物件がいいのだろうか」という基準で物件選定をします。

売上云々ではなくあくまで顧客側を主語に話してくれるのが、信頼できる会社です。

2-3. リスク・失敗例もきちんと説明してくれる

不動産投資には確実にリスクが存在しますし、失敗している人も実際に存在します。

「絶対大丈夫」「絶対安全」とうたっている会社よりも不動産投資のリスクや失敗例も含め、その例からリスク回避や失敗を防ぐ方法を教えてくれる不動産会社の方が顧客側としても安心です。

話を聞くときに不動産投資のリスクや失敗について尋ねてみるのも手です。

2-4. 購入後も含め相談に乗ってくれたり、フォローしてくれる

不安になったときは知識や情報を提供してくれたり、無料相談会・セミナーなどを開催していたりと相談する機会がたくさんある会社が良いでしょう。

それだけでなく購入後も修繕や空室、売却の検討に対する相談やフォローなど、きちんとしたサポートサービスがある不動産会社を選びましょう。

3. 不動産会社にまつわるリスク2つの注意点

自分で不動産会社を探すにせよ不動産会社の中には悪徳な業者も存在します。

基本的には上記の「良い不動産会社選び4つのポイント」の逆の会社を選ぶことを避ければよいですが、

他にもこんなリスクがあります。

3-1.「成績を伸ばすためだけ」な営業マンに注意

もちろんすべての営業マンが成績だけを考えているわけではありません。しかし中には自分の営業成績のことのみを考えて

  • 断っているのにしつこく営業をかけてくる
  • デート商法を使った詐欺

などを仕掛けてくる人がいるのも事実です。

不動産投資の詐欺に関して詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事不動産投資の最新詐欺手口9選!知っておくと騙されないある方法とは?

2017.09.04

3-2. 対応に難ありの会社

  • 説明を受けたが、話のつじつまがあっておらず怪しい
  • 質問にしっかりと答えてくれない
  • 対応の品が悪く礼儀に欠ける

顧客が知りたがっている説明を満足にしてくれなかったり、対応が悪い営業マンなどはこれから不動産投資でパートナーとしてつきあっていく業者としては論外でしょう。

電話をした時点で何となく察することができるのではないでしょうか。

4. 良物件なのに不動産投資会社が買わない理由

ところで不動産会社、またはそこに勤める従業員の方は良い物件を所有しておきながらあまり自社・自身で購入することはありません。

「こんなに収益が見込めそうな物件なのに自分で買わないの?」そんな疑問を持つ人も少なくないと思います。

答えは明快。不動産仲介会社はそもそも仲介手数料を生業にしている会社です。

常に手数料を稼いでいないと会社が回らなくなってしまいます。例えば4000万円の物件を5000万円で売ったり仲介をしてお金を即金で入手したほうが、会社のキャッシュフローは安定します。

個人の場合ですが、

人は基本的にリスクを嫌います。もちろん不動産投資で儲かる物件はあります。

しかし何も手を加えずに絶対儲かる物件というのはなく、その分努力だったり時間を使うことが必要です。

5. 超厳選!おすすめ不動産投資会社4社を紹介

では信頼できる不動産会社はなんでしょう?誰もが名前を聞いたことがあるであろう大手の不動産投資会社4社を厳選してまとめてみました。

No.1 株式会社日本財託

リスクを「数字」ですべてご説明して顧客にぴったりの投資プランを提案してくれます。セミナーや相談会も頻繁に開かれているマンション投資に強い会社。

http://www.nihonzaitaku.co.jp/

No.2 住友不動産建物サービス株式会社

最新の情報・技術で賃貸から管理までトータルでサポートしてくれる会社です。

http://www.sumitate.co.jp/

No.3 大和ハウス工業株式会社

長期間の保証サービスなど長期的なサポートが受けられる会社です。セミナーも定期的に実施。

http://www.daiwahouse.co.jp/

No.4 大東建託

大東建託の「35年一括借り上げ」は賃貸経営において必ず発生するリスク(空室など)に対応してくれます。管理に強めの会社です。

http://www.kentaku.co.jp/estate/

4社の比較早見表

株式会社日本財託 住友不動産
建物サービス株式会社
大和ハウス
工業株式会社
大東建託
資本金 8000万円 123億円 1616億円  2900億円
管理戸数 17773戸 179765戸 341705戸  923624戸
従業員数 127名 3298名 15725名  10400名
売上高 222億 925億 1650億円  7748億円

6. 不動産投資会社選びは慎重に

きちんと下調べしてから、訪問か電話で話を聞く。きちんと準備することで不動産投資での会社選びを失敗することはなくなります。

また、信頼できる不動産投資会社を見つけることも大切ですが、自分でも不動産投資の知識をある程度は身につけた上で話を聞きましょう。

 

弊社・ASIS株式会社もお客様に合った不動産投資プランをご提案させていただきます。

メールでのお問い合わせ・お電話等いただけましたら、ささいな疑問にもお応えします。

ASIS株式会社

それでは、あなたの不動産投資がうまくいくことを祈っています。また次回の記事でお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする