不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資で失敗してしまう原因と失敗しないための鉄則とは

将来年金だけで余裕のある暮らしをするのは難しいと言われています。

老後の生活のためにも何らかの資産運用を行いたいものです。

そこで、資産を増やす方法として、不動産投資に興味を持っている人が少なくありません。

 

しかし、不動産投資をするためには賃貸マンションやアパートを購入するなど多額の資金が必要です。

「もしも、失敗したらどうしよう…」と考えると実践に踏み出せない人が多いのが現実でしょう。

そこで、今回は不動産投資で失敗する理由と失敗しないための鉄則について解説します。

実は、失敗について理解することが投資するうえで最も大切なことなのです。

1. 初心者にありがちな不動産投資で失敗する原因

初心者にありがちな不動産投資で失敗する原因

不動産投資と聞くと

「リスクが高くて失敗しやすい」というイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

しかし失敗するのには共通した理由があり、リスクも数ある投資法の中で少ないのです。

そこで、不動産投資で失敗する人に共通することをご紹介しましょう。

勉強をせずに知識0のまま不動産投資を始めた

まずよくある失敗が

  • 利回りが高かったから購入したら予想外に出費が多くて結局赤字になってしまった
  • 不動産投資をするだけでお金が勝手に入ると勘違いしていた

といった例。

何も知らずにお金が稼げるような、あまい商売などあるわけないのです。

基本的な知識や情報さえあれば失敗しなくて済むようなケースが少なくありません。

無計画で投資した

  • 「ローンの金利を抑えたいから、15年でローンを組もう」
  • 「いい感じの物件があるから買い増そうかな」

自分が払えるギリギリのラインでローンを組んで、突発的な修繕が必要になり払えなくなってしまった人や、

ただいい物件があるというだけで安易に買い増しをしてしまったりして、結局持ち出しになってしまい返済の余裕がなくなってしまった人など…

曖昧な計画や無計画で失敗してしまった人も多いものです。

業者・銀行・投資家などの繋がりを持たなかった

  • 営業を受けた会社から営業マンに言われるがまま物件を買ったら赤字続き
  • 少し返済が苦しくなってきたけど売り時も分からない
  • とりあえず審査が緩いという噂の銀行で審査を通してみたけど金利が高い

極力一人で頑張ろうとして空回りしてしまうパターンもあります。

結果全てを業者に丸投げ状態になってしまい、結果的にマイナス経営になってしまうのです。

2. 不動産投資の失敗率・成功率は?

不動産投資の失敗率・成功率は?

結論から言いますと、不動産投資の失敗率や成功率は、人によって成功とする定義が違うので具体的な数字は出ていません。

例えば「専業大家になって家賃収入のみで暮らしたい!」

という方の成功率は10%未満と難儀なことが分かります。

しかし「毎月の給料にプラスで安定収入を得続けたい」という方の成功率は50%以上と非常に高いことが分かるでしょう。

ちなみに株式投資をしている人の80%は負けていると言われています。

自己破産にまで追い込まれる割合はごくわずか

不動産投資の失敗で最も恐ろしいのは「自己破産」でしょう。

 

少し古いデータになりますが、2005年の破産者(184,422人)のうち、投資(株など不動産投資以外も含む)で破産している人の割合は0.31%と1%にも満たないのです

個人の自己破産申立件数の年別推移:https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/symp200706/04.pdf

今は不動産投資人口も増えて、もう少し割合も増えていると予想されますが、

投資で破産まで追い込まれてしまう人はほとんどいないことが分かりますね。

3. 不動産投資で失敗しないための鉄則は3つだけだった!

不動産投資で失敗しないための鉄則は3つだけだった!

不動産投資で失敗する理由をここまで述べてきましたが、

①不動産投資の勉強をする

不動産投資をしようと思って最初にすることは「勉強」からです。

  • 不動産投資が何たるものか
  • いい収益物件とは
  • 不動産投資にかかる費用や必要書類

などなど不動産投資で学ぶべきことは数多くあります。

不動産会社を探すにしても、一通りの基礎知識をつけてからにしましょう。

本やブログなど手軽なところから

不動産投資家のブログの良いところは、知識が得られるだけでなく、購入・契約・実際の運用の様子がリアルに感じられるところです。

体系的に学習したければ本屋に行けば、基礎から応用まで投資家のレベルに応じた書籍が品揃えされているので読んでみましょう。

関連記事不動産投資初心者が読むべきおすすめ本5冊を紹介!|選んではいけない書籍のポイントとは?

2019.04.10

関連記事不動産投資のブログおすすめ30選を業種別に紹介!|役立つ情報が満載のブログを参考にしよう

2019.06.06

ある程度勉強したらセミナーに参加してみよう

不動産知識や情報を得るためには、セミナーに足を運ぶのが最も効率的な方法です。

分からないことは、専門家に聞けば確実に疑問を解消できます。

無料で開催されているセミナー(または個別相談会)がねらい目でしょう。個別に対応してくれるところもあるので活用してください。

関連記事不動産投資セミナーはどう選ぶ?|おすすめのセミナーをエリア別に紹介【全国版】

2019.02.04

②明確な目標を掲げ、投資計画を立てる

不動産投資をする上で「目標」は重要なものです。

本業のほかに月々+〇万円ほしい・老後の年金代わりにしたい・専業大家になってアーリーリタイヤしたい

など人によって目指すところは様々。

目標によって買う物件も運用方法も変わってくるのです。

人はゴールのないマラソンは走れません。

あなたが不動産投資をやって最終的にどうなりたいかを明確にしておきましょう。

 

また余裕をもった投資計画を立てておくことも必要。

不動産投資は「賃貸経営」という立派な事業です。

不動産投資には税金や修繕、退去時のリフォーム代など思いがけない時に出費があるもの。

臨時の出費も見越して

  • キャッシュフローはいくら得られるか
  • ローンを何年で組むか(月々の返済金額)
  • どうしたら入居者が途絶えないようにできるか(リフォームをする・修繕するなど)
  • 何年を目途に売るか、買い替えか、買い増しか

など具体的で余裕がある投資計画を立てておきましょう。

信頼できる不動産会社が見つかれば一緒に確認しながら立てることも有効です。

③最初の物件や会社は慎重に選ぶ

不動産投資ではなされるがまま、言われるがままではダメなのです。

成功している投資家は

  • 色々な不動産会社と親しくしておき、最新の物件情報を紹介してもらう
  • 投資家コミュニティに入って不動産投資の最新情報を手にする
  • 日頃から銀行にアポを取って開拓を進めておく

このように自ら積極的に動き、情報を仕入れることに労力を厭いません。

1人では不動産投資はできないため、色々な方面で人脈を築いた上で物件を選ぶことが非常に重要です。

会社の選び方・物件の選び方については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連記事失敗しない不動産投資会社の選び方|おすすめの会社5社を徹底比較ランキング!

2019.06.24

関連記事不動産投資は物件選びが最重要!|成功するために欠かせないポイントを徹底解説

2019.01.04

営業マンの提案を何も調べずに鵜呑みにするのはやめよう

営業マンが提示してきた物件は第3者に相談して、

将来的も見越してキャッシュフローが得られるのか、出口戦略は立てられるのかなどをよく検討してから購入してください。

本当にいい物件が向こうからやってくることは少ないのです。

投資はあくまでも「自己責任」。

収益も自分のものになりますが、損をするのも業者ではなく自分です。

4. 知識・計画・人脈・行動!これさえあれば不動産投資は失敗しない

不動産投資で失敗しないためには、最低限の知識や情報、人脈、そしてそれらを得た上での行動が必要不可欠です。

失敗率が高いと思われている不動産投資は、

  • ローリスクローリターンな安定した投資が可能
  • 物件が実物資産になる
  • インフレ対策ができる
  • 投資の中でも節税効果が高い
  • 生命保険/老後の年金代わりになる

など数々のメリットがあり、魅力あふれる資産運用法になっています。

 

MIRAIMOでは無料相談会及び無料オンライン無料相談を絶賛受付中。

不動産投資に必要な知識や失敗しないための方法を分かりやすく説明します。

個別相談によりプライベートな疑問にも対応しますので、

不動産投資で失敗したくない方はお気軽にご利用くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門