不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資で儲かる仕組みとは?|儲けるためのポイント4つを紹介

少子高齢化が進み年金制度はあてにならず、老後の生活費は自分で作らなければならない時代になりつつあります。

しかし株式やFXに投資してお金を作ろうと思っても、リスクが大きすぎて不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

 

不動産投資は比較的安全と言われますが、リスクはないの?儲けられるの?といった不安がつきもの。

この記事では、不動産で儲かる仕組みとリスク対策、儲けを出すための4つのポイントについて解説しましょう。

不動産投資に興味があるけど不安が大きい…という方は是非ご覧ください。

1. 不動産投資で儲かる仕組みとは?

不動産投資で儲かる仕組みとは?不動産投資で利益を得るにはどのような方法があるのでしょうか?

不動産投資で儲ける方法には、購入した物件を売却して利益を得る方法と貸して家賃収入を得る2つの方法があります。

それでは、その方法について解説をしましょう。

物件を売買することによる利益(キャピタルゲイン)

購入した物件を売買することにより得る利益を、「キャピタルゲイン」と言います。

儲けるためには極力割安な物件を購入し、高く売却しなければなりません。

将来高く売却するためには、値上がりが期待されるエリアで優良物件を探すことにつきます。

人口の増加が見込まれる地域や交通機関の便が良くなるエリア、大型のショッピング施設の進出予定地域などは、活性化し値上がりの可能性があるといえるでしょう。

家賃収入で儲ける(インカムゲイン)

物件を運営することで継続的に得られる家賃収入を得る利益を「インカムゲイン」と言い、毎月決まった額の収入を得ることができます。

不動産投資と言うとインカムゲインを指す場合が多く、この場合でも最終的には売却しキャピタルゲインを得ることが可能です。

インカムゲインはキャピタルゲインよりリスクが少なく、中長期にわたって安定した儲けを得たいと思う人は、こちらの手法を目指すのが良いでしょう。

2. 不動産投資で儲けるためのポイント4つ

不動産投資で儲けるためのポイント4つそれでは不動産投資では、どのようにしたら儲けられるのでしょうか?

不動産投資で成功する第一の要因は、優良な物件を見つけることと言われます。

しかしそれだけでは不十分で、失敗することもあります。

次に不動産で儲けられるポイント4つとリスク回避について解説をしましょう。

①自分に合った投資方法を見つける

不動産投資をする人は、自己資金や余裕時間・片手間にやるのか本業としてやるのかなど条件がそれぞれ異なるため、その人に合った投資スタイルを見つけることが必要になります。

自己資金が十分にあれば、一棟アパートや一棟マンションの経営もできるでしょう。

しかし手持ち資金が十分でなければ、区分マンションから着実に進めた方が失敗はありません。

また片手間に経営する場合には、時間的余裕がないので区分マンションに投資する人が多いですが、管理会社などを利用すれば一棟ものでも可能です。

②物件選びは慎重に行う

物件選びは慎重に行い、儲かりそうな優良物件を購入することが重要。

不動産投資は比較的安全と言いますが、何と言っても大きな買い物です。

金融機関から融資されるからと言って融資枠いっぱい借りると、問題が発生した場合には対応できず返済が難しくなることがあります。

最悪の場合せっかく手に入れた物件を手放し、不動産投資から撤退せざるを得ないようなこともあるでしょう。

③物件選びと同時に金融機関も開拓する

不動産投資を全額自己資金でする人は少なく、一般的には金融機関から融資を受けます。

金融機関とは長い付き合いになりますので、信頼のおける金融機関を探さなければなりません。

金融機関には都市銀行・地方銀行・信用金庫・ノンバンク・住宅金融公庫などがありますが、金融機関の種類によって融資条件は大きく異なるのです。

融資金利も重要ですが、どの程度の金額を借りられるかも業容拡大には重要なポイント。

④リスク回避策を複数用意する

不動産経営には、空室や家賃滞納・災害・金利上昇などさまざまなリスクがあります。

どのようなリスクが発生しても対応できるよう、リスク回避策を複数用意しておかなければなりません。

3. 不動産投資で儲けるポイント1|投資方法

不動産投資で儲けるポイント1|投資方法それでは不動産投資で儲けるためには、どうしたら良いのでしょうか?

人はそれぞれ不動産投資への向き合い方が違いますので、その人に合った投資手法が必要になります。

不動産投資での投資手法

不動産投資には、さまざまな投資手法があります。

一棟もの住宅への投資か区分マンションか、新築物件か中古物件か、単身向け住宅かファミリー向け住宅か、交通の便が良い物件か環境の良い物件かなど。

また事業用への投資としては、事務所や店舗・駐車場への投資もあります。

自分に合った投資手法を見つけるには

ポイントは無理をしない範囲で投資をすること。

サラリーマンなど今の仕事をしながらプラスαの収入を得たいと考える人は、一棟ものではなく区分マンションへの投資の方が負担は少ないでしょう。

自己資金があり本格的に不動産投資に取り組みたい人には、一棟もの物件を購入し運用することをおすすめします。

またあまり資金はなくても、多額の融資が受けられ管理を徹底できる人は、積極的に取り組むことも良いでしょう。

このように人それぞれの属性により、不動産投資手法は異なってきます。

関連記事不動産投資の種類は3つ!どのタイプが儲かる?|それぞれのメリットやデメリットを紹介

2018.10.11

4. 不動産投資で儲けるポイント2|金融機関の開拓

不動産投資で儲けるポイント2|金融機関の開拓間違いのない不動産投資を行うためには、バックアップしてくれる金融機関の開拓も同時に押し進めなければなりません。

物件選びと同時に開拓をするメリット

「これは!」と思う物件は、いつ見つかるかわかりません。

チャンスを逃すことなく優良物件を直ちに購入するためには、あらかじめ金融機関を開拓し良好な関係を作っておく必要があります。

金融機関開拓の流れ

金融機関と一口に言っても、都市銀行や地方銀行・信用金庫・ノンバンク・金融公庫など様々。

自分の属性や投資スタイルに合った金融機関を開拓しなければなりません。

金融機関の開拓は、次のステップを踏んで行う必要があります。

  1. 自分の属性や投資スタイルにあった金融機関の選定
  2. 電話やメールにより連絡
  3. 金融機関に説明する資料の作成
  4. 金融機関にアポをとり資料を持参し説明

自己紹介資料の作成

金融機関には、希望する投資と自分の属性などを知ってもらうための資料を作成し提出する必要があり、必要とする書類には次のようなものがあります。

  1. 本人確認するための書類(運転免許書や保険書等)
  2. 収入を証明する書類(課税証明書や確定申告書など)
  3. 購入希望の物件資料
  4. 融資希望額と返済予定表
  5. 不動産投資への自分の考え方

金融機関で確認するべきポイント

金融機関を訪問した際には、次に挙げるような事項を確認する必要があります。

  1. 融資のための評価基準
  2. 構造別物件の融資期間
  3. 金利条件や必要な頭金
  4. 物件に対する融資タイミング

関連記事アパートローンを組むために必要な全知識|融資担当監修の金利一覧表

2018.09.03

5. 不動産投資で儲けるポイント3|投資物件選びのコツ

不動産投資で儲けるポイント3|投資物件選びのコツ不動産投資で儲けるためには、何といっても物件選びが大事です。

次にその選び方と探し方について解説をしましょう。

不動産投資物件の選び方

不動産投資が成功するかどうかの一番のポイントは何でしょうか?

それは「誰もが借りたいと思う物件を探せるかどうか」です。

良い物件の条件は、次に挙げるような項目があります。

人気の高いエリアにあること

間違いのない物件選びの条件は、まず人気の高いエリアにあることが重要です。

人気のある地域にあれば、たとえ空室が発生しても直ちに売却ができ、最終的にはキャピタルゲインを得ることも可能でしょう。

人気のあるエリアとは、駅から歩ける距離にあること・交通の便が良いことが選定条件の大きなポイントに。

特に交通の便は、サラリーマン向けの賃貸物件には必要不可欠の条件です。

周辺環境が良いこと

ファミリー向け物件は、周辺環境が良いことが必須条件です。

公共施設やスーパー・病院・学校などが近くにあり、子供を育てやすいことが第一に挙げられます。

新しい設備や住みやすい間取りであること

住みやすい間取りで、キッチンやトイレ・風呂などに新しい設備が施されていることが重要に。

管理が行き届いていること

区分マンションを購入する場合には、共有部分の管理や清掃が行き届いているか、定期点検を行っているか、大規模修繕計画があるかなどをチェックする必要があります。

不動産投資物件の探し方

物件の探し方には、次のような方法があります。

  1. 不動産会社に紹介してもらう
  2. 新聞の折り込みからさがす
  3. 競売物件から見つける
  4. インターネットを利用する

インターネットを使用する

インターネットは、どこに居ても多数の物件を見ることができるのでおすすめの方法です。

インターネットで収益物件を見つける方法としては次のようなものがあります。

  1. ポータルサイトを利用する
  2. 個別の不動産会社のホームページを閲覧する

物件を選ぶ時に確認するポイント

良いと思う物件を探せたら、以下のポイントを基に詳細を確認しなければなりません。

  1. 物件の詳細な資料をもらい、違いはないか細かい点をチェック
  2. なぜ物件を売却するのか、問題点はないのかなど不安な点と確認
  3. 現地を訪れ、想像していた物件と異なる点はないかを見る
  4. 最終的に気に入った場合には、買付証明書を提出

関連記事不動産投資は物件選びが最重要!|成功するために欠かせないポイントを徹底解説

2019.01.04

6. 不動産投資で儲けるポイント4|リスク回避策を講じる

不動産投資で儲けるポイント4|リスク回避策を講じる不動産投資で儲けるためには、失敗をしないことです。

不動産投資にはさまざまなリスクがありますので、その対策を講じなければなりません。

リスク対策には、費用が掛かる場合があるので躊躇する人もいるでしょう。

しかしリスク回避策を打っておかないと、多額の損失が発生し最悪の場合、市場から撤退を余儀なくされる事態も起きてしまいます。

不動産投資で発生しやすいリスク

不動産投資では、次のようなリスクが発生する可能性があるので万全の注意をしましょう。

リスクの種類 リスクの内容
災害リスク 火災・地震・風水害・土砂崩れ・大雪など
入居者リスク 家賃滞納・事故・居者トラブル・物件の破損など
環境の変化 金利上昇・空室・エリアの人気低下など
物件の老朽化 建物の老朽化・設備の陳腐化など

不動産投資におけるリスク回避策

災害リスク

地震や台風・風水害などのリスクは予測できません。

したがって物件を購入した際に、必ず火災保険や地震保険に加入するようにしましょう。

保険に加入することで、火災や地震・風水害・土砂崩れ・大雪などの災害に対応できます。

入居者リスク

入居者リスクには、家賃滞納や事件事故・入居者のトラブルなどさまざまなものがあります。

契約の際に、入居審査をきちんとすることによりある程度防ぐことはできるでしょう。

環境の変化

現在は金利が歴史的に低い状況ですが、いつ上昇するかわかりません。

そこで変動金利ではなく固定金利を選択すれば支払額が一定なので、金利上昇リスクは避けることができます。

また手元資金の充実を図れば、金利上昇リスクだけでなく空室リスクにも対応できるでしょう。

物件の老朽化

建物や設備の老朽化に対応するためには、あまり古い物件を購入しないことです。

古い物件は、空室が起きやすいだけでなく売却も難しくなるので比較的新しい物件を購入することでリスク対応ができます。

またある程度古くなるとリフォームも必要になるので、自己資金を充実しておかなければなりません。

関連記事不動産投資のリスクとリスクヘッジ10選|リスクは対策で回避できる!

2019.03.18

7. 収入が得られる物件を選べば不動産投資は儲かる

不動産投資で成功するための一番のポイントは、何といっても良い物件を購入することです。

優良物件を手に入れれば、空室リスクは少なく安定的な収入を得られるでしょう。

なお物件選びで迷っている人は、「MIRAIMOの個別相談」や「LINE登録」に相談するのがおすすめ。

一人一人のお悩みに合わせたアドバイスをさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門