• ????????????????????

2018年おすすめの不動産投資セミナーの選び方|保存版

  • ????????????????????

セミナーは、講師が受講生に知識とノウハウを与える場です。
講師の方は不動産投資に必要な資格を持ち、実務経験も豊富です。
と言いたい所ですが、中には悲惨なセミナーも存在します。

『時間の無駄になってしましったな』と気持ちが沈むときもあれば、
『もうここに決めてしまおうかな』と面倒になってしまう思う場合もあります。

ですがちょっと待って下さい!
大切な貯蓄を使い資産を築くわけですから、安易な考えでは不動産投資で儲かることは無理です。よほど運がよくない限り。宝くじに当たる確率ぐらい。なので、被害にあわない為にも複数のセミナーへ参加し具体的な計画をたてるようにしましょう。

あなたが行きたいセミナーはすでにお決まりですか?選ばれ続けるセミナーのポイントを抑えておけば、不動産投資で利益を生む答えが見つかります。

1. どの会社のセミナーに行けばいいの?5つのポイント

不動産投資会社は全国に992件あります。東京都に絞ると304件です。
まずはあなたがどのようなビジョンを描き、どのような方法で資産を気づきたいかリストにしましょう。何事にも計画する事が大切です。

セミナーの内容が自分の知りたい事かを確認する

ほとんどの会社が区分ワンルームマンションをオススメしています。もちろん一棟が不人気なわけではありません。オススメする理由があるからこそ、区分ワンルームマンションに特化したセミナーを開催しています。

一棟にはマンションとアパートが含まれます。区分ワンルームマンションに特化した業者には劣る部分があるかもしれません。ですが、逆を言えば一棟に強い会社は実績があると言えます。

東京都の1日のセミナー開催数

一棟のセミナー 73件
区分ワンルームマンション 250件

圧倒的に区分ワンルームマンションのセミナーが多いです。一棟だと億を超える物件がほとんどなので、区分ワンルームマンションに比べ需要が低いといえます。

セミナーの参加費が無料か有料か確認

ほとんどのセミナーが無料で開かれ、なおかつQUOカードや自社の書籍などを頂けます。
有料の場合、500円~8000円。一番多い料金設定が1000円でした。

では無料のセミナーと有料のセミナーではどちらが多いのでしょうか?

圧倒的に無料のセミナーが多いです。しかし有料のセミナーも受けてみると違いがわかり良いかと思います。使い分けることにより新しい発見が生まれます。

セミナーを開く回数に注目

セミナーの開催を始めてから、これまで何回のセミナー数を開いてきたのか注目しましょう。
開催回数が多い会社はセミナーの内容が充実しています。ということは参加者が満足しているからこそ続けられているのです。

また、大家さんが主催のセミナーも実際に不動産投資をしている方なのでリアルなお話を聞けるメリットがあります。

セミナーの開催数ですが、ほぼ毎日行われている会社もあれば月に2回の会社もあります。

口コミサイトで評判を確認

実際にセミナーへ出向いた方の意見を参考に、セミナーを選ぶのも良いかと思います。
ただ、実際の声を表記していない会社もあるので鵜呑みにしてはいけません。

実際にセミナーに出向きお客様が感じられた内容がこちらです。

セミナーの規模を確認

セミナーの参加人数は1名~200名までと幅広く、多い順だと10名・20名・30名・45名と上がっていく傾向にありました。

セミナーの所要時間は1時間から8時間と様々でしたが、平均すると3時間が多いです。
途中、休憩を挟みながらのセミナーになるとは思いますが、長時間の講義は体力がいります。
大切な事はメモを取りましょう。

おさらい:余談ですが、飲食店のトイレが綺麗だといいお店だと聞きます。
セミナーを開催する会社のWEBサイトがどのようなマーケティングをしているのか把握しておくと、その会社の良さがわかるかもしれません。

2. セミナーに行く人はどんな気持ちなの?

セミナーへの参加者はほとんどが不動産投資初心者です。中にはベテラン投資家さんもいらっしゃいます。

知識を付ける為にセミナーの参加費と本の購入には〇万円かけたという例もあります。

セミナーに行くべき人

  1. 基礎知識はあまりないものの不動産投資に興味がある人
  2. 東京23区なら利益が出やすいと思っている人
  3. 不動産投資で失敗した経験のある人
  4. 老後の資産を築きたい人
  5. 節税対策で不動産投資を始めたい人
  6. 本を読んで知識を付けたけど、どの業者と付き合ったら良いのかいまいち分からないという人
  7. 本を読んだら安定した家賃収入が得られると思っている人
  8. 周りに不動産投資をしている人が少ない人
  9. 同じように不動産経営に興味がある人との交流が欲しい人
  10. 個別で相談して未公開物件など具体的な物件の情報を得たいという人

セミナーに行かない方がいい人

セミナーに行ったからといって、現状がすぐに変わる訳ではありません。
セミナーに行き知識を得た後、行動に移せるかです。
例えばそれが不動産投資でなくとも、他の資産運用に興味を持つ方もいれば、まずは頭金作りの為に資金を貯蓄しようと思う方もいるでしょう。
行動に移すとは、具体的な計画をたてて前進する事を表すのではないでしょうか。

おさらい:大切なのはセミナー後の行動にあります。わかると出来るの間には、雲泥の差があります。

3. セミナーに行き気をつける3つのポイント

詐欺や被害にあわないためにも最低限の知識は入れておきましょう。

サクラの可能性

セミナーを開催して間もない会社は集客が思うように集められていないので、サクラを雇う会社もあるようです。サクラかどうか見極めるのは大変ですから、そこは気にせずにセミナーに集中しましょう。

また参加者の方が1人だと不安なので、『一緒にセミナーに参加してほしい』とサクラ会社を頼む場合もあるようです。

無理な営業

しつこいセールスをしてくる業者はもちろんいます。
はっきりと明確なビジョンを伝え、『あなたの会社に対応できるのならお任せします』というような意思を伝えて下さい。曖昧な感じならばどこがデメリットだったかをきちんと伝えましょう。

クーリングオフ制度を利用して契約を解消することもできますが、クーリングオフ制度を利用するには期間と契約場所の定めがありすべての契約が利用できるわけではありません。

業者のマナー

大切な資産を預けるのに業者の方のマナーが低いとお任せする気にはなれないですよね。
挨拶が不十分・配布資料がバラバラに並べられている・スーツがよれよれなど、普段の業務態度が想像できます。

おさらい:1件目を購入した後に、経営がうまく進み2件目を購入する際も同じ業者と末永くお付き合いしたい会社選びをしましょう。

4. セミナーの種類は初級編~上級編まで様々

いくらの頭金を出せるかによって、購入できる物件も限られてきます。
セミナーには様々な種類がありますので一つの投資手法ではなく、選択肢を増やす事でリスクヘッジが可能です。

  • 法人化編
    参加条件が設けられているセミナーもあります。年収800万円を超えていて、不動産をいくつか所有している場合など。
  • 海外編
    海外に投資する手続きなどは時間も手もかかりますが、セカンドライフとして投資する方もいらっしゃいます。基本的には現金キャッシュでの購入になるので難易度の高い不動産投資にはなります。
  • 地方編
    現在の不動産市況は東京だけではなく地方も上昇傾向にあります。
    東京23区だけではない魅力を得ることができます。
  • 初級編
    なぜ不動産投資が大切なのか。不動産投資を始めるにあたりどのような事に気をつけなければいけないのかを学べます。
  • 相続編
    不動産という実物資産を持つことで、資産を受け継いでいくという選択もあります。
    税に関する事なので、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持っている方のセミナーに行くと詳しい説明が聞けます。
  • 節税編
    他の資産運用に比べ、不動産投資は非常に節税効果の高い投資になります。
    減価償却は経費として計上できるものであり、確定申告の際に不動産収入があれば合算して計算します。見落としがないよう知識を得ておくと便利です。
  • 民泊編
    今もっとも注目される不動産投資手法ではないでしょうか。
    外国人観光客と労働者が増加しているので、民泊を利用する際はどんな部屋が好まれるかなど参考にしましょう。

おさらい:不動産投資は重要と供給がなければ成立しません。
現在の不動産市況・2030年問題・低金利などを考慮しつつ投資プランを計画しましょう。

まとめ

セミナーの良さは生の不動産市況を得ることができます。
また複数のセミナーへ行くことでどの会社に任せたらよいか、養う力も付きます。

利益を求める為にするべきことはたった2つ。それは一歩踏み出す行動と知識をつけること。

これさえできれば後は経験を積むだけです。投資家として資産を増やしていくノウハウは人それぞれなので、自分のライフプランに沿った投資方を選択しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

お得な不動産情報を優先的にご案内 CLUB ASIS
0から始まるセミナー
ASIS株式会社
E−bookダウンロード

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする