不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資でかかる経費・税金

Category
Pocket
LINEで送る

不動産投資に関係する経費・税金は把握しておくべき

不動産投資をしていると様々な経費や税金がかかります。
得た家賃収入は少しでも多く手元に残したおきたいですよね。
そのためには経費・税金がかかる条件・タイミング・種類・どこからどこまでが経費に計上できるのかを知って、資金計画を練るなどの対策を講じなければなりません。

キャッシュフローや確定申告にも関わってくるため、不動産投資にかかわる経費・税金はきちんと把握しておきましょう。

ー 不動産投資でかかる費用を把握しよう ー

不動産投資では購入時・運用中毎年かかるもの・突発的にかかるもの・売却時と様々なタイミングで様々な費用がかかってきます。
すべて物件運用のために必要なもの。
どんなタイミングで、どれだけの費用が、なぜかかるのか
理解して、計画に入れておくことで余裕を持って不動産投資ができるでしょう。

ー 不動産の税金の種類と仕組みを学ぶ|確定申告の知識 ー

不動産投資でどんな時にどんなものに税金がかかるか、ご存知ですか?

不動産取得税・印紙税・登録免許税・固定資産税・都市計画税・個人事業税・所得税・住民税・譲渡所得税・贈与税・相続税
など、不動産投資でかかる様々な税金と課税される仕組みを理解しておかないと、いざという時の支払いに備えることができません。

また、確定申告では支払う税金が決まるため、期限内に正確に申告することが非常に重要。

税金や確定申告の知識はしっかり入れておきましょう。

ー 節税対策と注意点|キャッシュフローを多く手元に残す! ー

不動産投資は建物が減価償却できるため、節税効果が高い投資法で有名です。
でも、確定申告時に漏らさず自分の工夫次第でまだまだ節税できる方法があります。

ただ、節税というのは基本的に帳簿上で赤字経営の時しか有効ではないことを覚えておかなければいけません。

MIRAIMOでお伝えするのは「より多くの税金を手元に残すためのコツ」です。
不動産投資で節税する注意点と対策をわかりやすく説明していきます。