収益物件の選び方・収益化のコツ

Category
Pocket
LINEで送る

収益物件の条件や選び方を知る

不動産投資をする上で、物件はなくてはならないもの。
不動産投資用の物件、つまり収益物件は不動産投資のほぼ全てを決めるものといっても過言ではありません。

どの場所に、どんな物件を購入するのかは、あなたの目標とするところ、入居者のニーズなど様々なことを加味しながら選ばなければいけません。
MIRAIMOでは収益物件選びのコツを伝授。あなたの収益物件選びを全力でサポートいたします。

ー 不動産につきものの災害リスク|老朽化や建物損壊に強い物件 ー

収益物件に降りかかるリスクも覚えて、対策を講じなければなりません。
不動産投資においてどうしても避けられないのが「災害」。
地震や津波などの自然災害、事故や事件などの人的災害などで建物が損壊しまうと損失は免れません。

耐震性の高い建物を選んだり、崖がなかったり、治安が良い場所を選ぶことも重要ですが、
それでも災害が起こるときは起こります。

もし起こっても損失を最小限に食い止めるためにできることが「保険に入ること」
マンション・アパートオーナーが入れる保険として、火災保険・地震保険・施設賠償責任保険 などがあります。
こちらでは老朽化・災害に強い収益物件や保険について解説していきます。

ー 効率よく収益物件を検索するポイント|エリア種別 ー

マンションやアパートはいたるエリアにあります。
しかし立派な物件が建っていても、そのエリアに入居者の需要がなかったら満室経営には程遠くなってしまいますよね。物件のエリア(立地)は非常に重要。
その立地の需要やニーズを見極めて物件を決めなければなりません。

ポイントの一例として
・最寄駅の利便性
・駅徒歩
・その土地にはファミリーが多いか単身者が多いか
・周辺施設にはどんなものがあるか
などなど。自分で物件を探すポイントを押さえておくことで良い物件に巡り会うことができます。

MIRAIMOでエリア毎の不動産投資の情報や特徴を学び、良い物件を見定めましょう!

ー 収益物件とは何かを知ろう|利回りの秘密と良物件の選び方 ー

不動産投資の成否を物件が決めると言っても過言ではありません。
でも、物件のどの点に着目して選んだらいいのでしょうか?

値段?よく値段の横に書いてある利回り?

確かに値段も、利回りも不動産投資において重要であることは変わりありません。
しかし、値段と利回りだけ...つまり自分のことだけ考えていると不動産投資は失敗に繋がります。
また、不動産投資は物件を購入したら終了ではありません。最終的には売却して売却益を得ることも目標の一つ。
先の先まで読んで収益物件を購入することは重要です。

まずは、MIRAIMOで物件に関係する「利回り」などの単語の定義や良い物件の探し方・選び方を知っておきましょう。

ー 収益物件の購入時の流れや注意点|注目・チェックポイント ー

いざいい物件を見つけて、不動産投資を始めたいと思ってもすぐにお金を出して買える訳ではありません。
・必要書類を準備する
・ローンの審査を受ける
・不動産会社と契約を交わす
など、様々な手続きが必要です。
こういった手続きの流れやポイントを理解しておきましょう。
スムーズに不動産売買を行うことができますし、購入時の思わぬトラブルも避けることができます。