不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資のメリット10個を解説|より確かな利益を得るために必要な2つのこと

数多くある投資の中で、高い人気を誇る不動産投資。

不動産投資の魅力とは、一体どんなものなのでしょうか?

そもそもあなたにとってメリットがないと不動産投資を始めようなどという気にはなれませんよね。

そこで、不動産投資をすることによって生まれるメリットを10個、分かりやすくご紹介します。

また、投資である以上デメリットやリスクはゼロではないはず。不動産投資のデメリットやリスクって何?と思っている方に、

  • メリット
  • デメリット
  • リスク

について、まとめた記事を書きました。

メリットを知ることで、不動産投資へのモチベーションが高まりますし、目標設定もしやすくなります。

またデメリット・リスクは、あらかじめ把握しておくことで「回避」「対策」が出来ます。

そうすることでリスクも軽減できるのです。不動産投資を始める前に是非読んで頂きたいです。
 

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

LINE@友達登録

1. なぜおすすめ? 不動産投資のメリット10個

不動産投資とは、不動産に投資をして利益を得ることです。

不動産投資で得られる利益には、以下の2種類があります。

  • 物件を賃貸することで得られる家賃収入
  • 購入物件の価値が上がってから売ることで得られる差額の利益

投資には、リスクが低いものから高いものまで様々な種類があります。

その中でも、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と言われています。
※ミドルリスク・ミドルリターン→損失を受ける危険がある程度あり、収益性もある程度ある

ローリスク・ローリターンの投資商品として代表的なものは定期預金や個人向け国債ですが、現在の定期預金金利は0%前半台。

もちろん元本割れのリスクはありませんが、収益性もほとんど見込めません。

逆にハイリスク・ハイリターンのFXや株式投資などは、収益性は見込めますが価格変動が激しくリスクが高いです。

これらと比較すると、不動産投資はリスク・リターンのバランスがとても良い商品と言えます。

そこで、ここからは不動産投資のメリットを具体的にご紹介します。

①不労所得が得られる

不労所得は、不動産投資の最大のメリットと言えるでしょう。多くの投資はその性質上投資商品を購入し、それを売却することで得られる差額利益が主な収益源になります。

そのため、日々の値動きに気を取られることになり、必然的に投資に費やす労力は多くなってしまいます。

一方、不動産投資は購入した物件を貸し出すため、入居者からの家賃収入が毎月継続して入ってきます。

物件の管理を管理会社に委託してしまえば、自身ではほとんど何もせずに安定した収入を得ることができるのです。

不動産投資であれば、病気などの予想外のトラブルで働くことができなくなっても、毎月の固定収入があるため生活資金に困ることは少なくなります。

②少額の資金からでも始められる

不動産投資と聞くと、高額な資金を用意しなければいけないというイメージがあるのではないでしょうか。

たしかに不動産はほかの投資商品と比べても高額で、中古の安い地方のワンルームマンションであっても数百万、都心であれば数千万~数億円の購入費用が必要になります。

しかし、不動産投資の場合、不動産投資ローンを利用することができるため、手元にまとまった資金がなくても投資を始めることができるのです。

また、基本的にはローンの返済は毎月の家賃収入でまかなうことになるため、個人資金を返済に充てる必要がありません。

不動産投資は、ローンを利用して投資を行うことができる数少ない投資商品のひとつと言えるでしょう。

③資産を計画的に増やせる

不動産投資で得られる家賃収入は安定して継続的に入ってくる利益であるため、収支計画が立てやすく資産を効率的に増やすことができます。

  • 何歳までに毎月いくらの家賃収入がほしいか
  • その家賃収入を得るためにいくらの物件を何戸(棟)保有する必要があるのか
  • ローンの繰り上げ返済ペースはどうするのか

このように、固定収入を得られる不動産投資では、段階的な計画を立てて実行することで確実性のある資産形成が可能です。

売買を繰り返すことで利益を得るFXや株式投資などの投資商品では、利益が値動きに依存するため予想が難しく資産計画を立てること自体容易いことではありません。

計画的に投資を行うことができるという点は、不動産投資の特筆すべきメリットと言えるでしょう。

④物件が実物資産になる

実物資産とは、そのもの自体に価値がある資産のことを指します。

実物資産には、金やプラチナ、自動車などがありますが、その中でも不動産は特に相場の変動に強い資産と言えます。

また、物件は賃貸する以外にも自身や家族の住居として利用するなど様々な目的のために活用できます。

⑤生命保険の代わりになる

不動産投資ローンを利用する場合、団体信用生命保険(以降団信に省略)に加入することが義務付けられています。

この団信は、被保険者が死亡したり高度障害を負った場合にローンの残債の返済を免除するという保険です。

そのため、ローンのなくなった物件からの家賃収入が家族の下に継続して入ることになるため、実質的に生命保険と同じ保障を受けることができるのです。

⑥私的年金を確保できる

現在の公的年金では、老後の生活資金のすべてをまかなうことは難しいと言われています。

不動産投資では毎月安定した収入が得られるため、公的年金で足りない分は家賃収入で長期的に補てんすることが可能です。

⑦所得税・節税対策になる

不動産投資で得た利益や損失は、「不動産所得」として確定申告する必要があります。

この申告時には、不動産経営にかかる費用として以下の項目を経費として計上することができます。

  1. 固定資産税/都市計画税
  2. 修繕費
  3. 掛け捨ての損害保険(その年のみ)
  4. 管理会社への管理費/修繕積立金
  5. 入居者募集の広告宣伝費
  6. 減価償却費(経済的価値の低下を事前に考えて会計機ごとに見積もって費用として計上すること)
  7. 借入金金利
  8. 税理士に税務関係を依頼した費用
  9. その他の雑費(消耗品代・交通費など)

これらの経費を差し引いた金額から所得税を計算することになるため、所得税、さらに所得税の納税額を基に算出される住民税も併せた節税効果が見込めます。

また、経費を差し引いた不動産経営の年間収支が赤字になった場合、他の所得と損益通算することで同じく所得税を低く抑えることが可能です。

⑧相続税対策ができる

相続財産が現金や株式の場合は、相続税は時価(その時の市場価格)に応じて決まります。

つまり、額面通りの金額で評価され相続税が計算されるということになります。

一方、相続財産が不動産の場合には、時価ではなく路線価や固定資産税評価額で評価され相続税が計算されます。

この路線価・固定資産税評価額は、それぞれ大体時価の8割・4~6割程度とされており、これにより評価が下がることで相続税を抑えることができます。

さらに、賃貸しているなど、不動産の使い方によってはさらに評価を下げることも可能です。

⑨インフレ対策になる

インフレとは「インフレーション」の略で、物・サービスの物価が上がる経済現象のことです。

家賃収入が物価水準と連動していると言われているので、将来の備えとして優れています。

そのため、インフレ対策として不動産投資はとても良いです。

⑩ミドルリスク・ミドルリターンである

投資におけるリスクとは主に元本割れを意味します。

不動産投資の元本とは不動産になるわけですが、家賃や物件価格は景気や近隣の環境によって下がることもあるとは言え、立地など一定の需要を満たしている物件であればそこまで大きい価格の変動はありません。

住居は人が生活していくうえで欠かせないものなので、その価値が急激に上がったり下がったりするというのは考えにくいと言えます。

一方、不動産投資におけるリターンは、売買差益と家賃収入の二本柱であり安定性があります。

不動産投資では、投資の成功を左右する最も重要な要素である、需要・市場価格が安定しているため、大きく儲かることもないが大きく損をすることもないということです。

2. メリットを最大限に!確かな利益を得るために必要な2つのこと

不動産投資のメリットを最大限に生かすためには、自身でも知識を得たり、リスク対策を講じるなどといった努力が必要です。

土台ができていて、初めて堅実な不動産投資ができるのです。

①知識や最新情報の収集は積極的に

不動産投資の情報は、セミナーやインターネット、新聞や雑誌等さまざまな媒体から仕入れることができます。

購入したい物件の情報だけではなく、不動産投資市場全体の動向を把握できるよう情報を集めることが大切です。

特に、セミナーは業界の生きた情報を聞くことができるとても良い場所ですので活用することをおすすめします。

②リスク対策をしっかりと

ここまでは不動産投資のメリットを中心にご紹介してきましたが、投資である以上リスクは必ず存在します。

どんなリスクがあるのかをあらかじめ把握し、しっかりと対策を取って回避することが大切です。

リスク 対策
ローンを組むリスク 毎月の家賃収入を原資に返済していくので空室リスクを回避する
空室になるリスク/家賃を滞納されるリスク 賃貸需要の高い物件を買う

  • 例)駅近で都心までのアクセスがいい
物件価格/家賃価格の下落 同上
災害のリスク <地震>

  • 建物の構造に注意する
  • 「旧耐震基準」なのか「新耐震基準」なのか
  • 「新耐震基準」のものは、震度6強以上の地震でも倒れないように出来ているので安心

<火災>

  • 立地選びに注意する
  • 緊急車両が通れる道路幅が確保されていること
  • 延焼しやすい木造物件が密集しているエリアではないこと
賃貸会社の倒産リスク 「賃貸住宅管理業登録制度*」の登録有無の確認

管理戸数が多いか確認

*賃貸住宅管理業登録制度

賃貸住宅管理業務に関する一定のルールを設けることで、借主・貸主双方の利益を保護するための制度。

不動産投資のデメリット・リスクや対策ついては以下の記事を参考にしてください。

関連記事不動産投資のリスクとは|8つのリスクと回避するために必要な対策を解説!

2018.11.20

3. メリットを最大限に活かせる投資をしよう!

不動産投資には数多くのメリットがあります。

しかし一方で、投資である以上リスクはゼロではありません。

リスクは、その内容を把握して対策を立てることで軽減することができます。

セミナーなどで、不動産投資に関する最新の情報を手に入れることもリスク回避策のひとつと言えるでしょう。

しっかりとリスク対策をして、不動産投資のメリットを最大限に活かした投資をしましょう。

MIRAIMOを運営するASIS株式会社では、無料勉強会を開催しています。個別相談も行っていますのでぜひ気軽にご参加ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする