不動産投資の相談先を間違えると大変なことに!|間違えない為の方法と相談前の準備を解説

突然ですが、「不動産投資を成功させている人に共通すること」は何だと思いますか?

それは、チャレンジする前に専門家に相談して見解を深めているということです

今回は、不動産投資の相談先について、それを間違った場合のリスクと間違えない為の方法、相談前にどのような準備をすればよいかを解説します。

1. 不動産投資の相談先を間違えると大変な事になる

あまり知られていないかもしれませんが、世の中には「ニセモノの不動産投資家」や「悪質な不動産会社」がたくさん存在しています。

そして、不動産投資の相談をしようとしている人々は少なからず「お金を儲けよう」としていますよね。

そういった人々は、彼らにとって最適なターゲットなのです。

間違った相手に相談すると大変なリスクを負う

やみくもに相談相手を探すと、誤った知識を植え付けられてしまったり、問題が深刻化し結果的に損をすることもあります。

そのため不動産投資の問題を一刻も早く解決するためには、相談相手の選択にはじっくりと時間をかけることが重要です。

そもそも不動産投資の相談内容は人によって内容が違う

相談相手を選ぶにあたり、大前提として「相談に対する回答は無数にある」ということを覚えておいてください。

不動産投資を「副業」として行うのか「本業」として行うのか、何年スパンで考えているのかなど、相談する人の背景によってその答えは変わってきます。

2. 相談相手を間違えないためにはどうすればいいのか?

不動産投資の相談相手は、どのように選ぶのがいいのでしょうか。

慎重にと言われても、不動産投資初心者やこれまで相談した経験がない人は、どのように選べばいいものか分かりませんよね。

それでは、「不動産投資の相談相手を間違えないための秘策」をご紹介しましょう。

他の会社を批判して自社のやり方を勧めてくる人は危険

不動産投資以外に関しても言えることですが、他社のダメ出しをして自社のやり方を勧めてくる人は危険です。

先にお伝えした通り、不動産投資の相談に対する答えは「人それぞれ」ですので、ご自身の状況を伝えた上でベストなやり方を勧めてくれるのが良い相談先といえます。

自分の考えている内容に合った人に相談する

不動産投資を始めたり、すでに行っている場合、あなた自身には「戸建て投資をしたい」「中古物件で儲けたい」など、何かしらの「考え」があるはずです。

より相談内容に沿った回答を求めるのであれば、そういった考えに共感してくれる人に相談することをおすすめします。

相談を持ち掛けて誰が儲かるかを考えた上で相談する

相談相手が友人の住む家の大家さんや、遠い親戚の大家さんなど、「まったく利害関係のない人」であれば問題ありません。

しかしそれが不動産仲介業者やコンサルタントである場合には、「誰が儲かるか」ということを考える必要があります。

「自分自身の利益」を一番に考える人もいれば、親身になり「相談者の利益」を一番に考えてくれる人もいます。

相談に行って、いきなり物件を勧めてくる会社は危険

相談したその日に物件を勧めてくるような会社は危険です。

当日に勧めてくるということは、市場に溢れていて営業マンや仲介業者が「とにかく売りたい」だけの物件である可能性が高いためです。

彼らも必死になって営業をしてくるので、「いいカモ」にならないようにご注意ください。

3. 不動産投資について相談する前に準備しておきたい2つの事

不動産投資の相談相手を間違えるとどんな目に遭うのか、さらに間違えないための注意点をお伝えしました。

続いては、実際に「相談する前に準備しておきたいこと」を2つお話します。

自分の現在の状況を詳しく話す

不動産投資の相談に行く前に、ご自身の現在の状況をある程度まとめておくことが重要です。

具体的には、下記の項目を準備しましょう。

  • 勤務先と勤続年数
  • 年収
  • 自己資金
  • 投資対象のエリア
  • 投資する物件種類(投資している物件種類)
  • 目標とする家賃収入、資産、キャッシュフロー学額
  • 現在の問題点

これらを相談相手に伝えることで、アドバイスする側もスムーズに「あなたの現在の状況に沿った提案」をすることができます。

最低限の不動産知識は習得しておく

相談相手もプロなので、やはり話す際に専門用語が含まれることは避けられません。

そんな時に肝心の相談者に知識が一切なかったら、相談相手に都度用語の説明をしてもらい、なかなか肝心の相談に移れない・・なんて事態におちいってしまいます。

それを防ぐためにも、最低限の不動産知識は身につけておきましょう。

書店にある不動産投資の本を1冊読むだけでも、充分ですよ。

関連記事初心者が0から不動産投資を勉強する時にオススメの方法3つ

2017.08.29

4. 不動産投資の相談はどこにするといい?

不動産投資の相談は、どこにすればいいのでしょうか。具体的な相談先を4つご紹介します。

不動産業者

日頃から土地の売買に携わっている「不動産業者」は、土地活用のプロです。

さらに彼らは土地活用に関わるあらゆる人とのコネ(=つながり)を持っています。

相談内容が不動産業者の専門外であっても、企業や専門家に質問の上適切なアドバイスをしてくれるなど便宜を図ってくれるので、大変頼もしい相談相手といえるでしょう。

信託銀行

「信託銀行」には、「土地活用方法の詳細」を聞くことをおすすめします。

お客さんから預かったお金を活用して増やすことが彼らの仕事ですので、土地活用に関してはかなりの経験値を積んでいます。

さまざまな土地活用方法の詳細を聞いて、ご自身に合いそうな方法を検討しましょう。

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」は、その名の通りお金に関することのプロ。

特にお金の収支管理に詳しいため、彼らには「どのように土地を活用したらいいか」を相談するよりも「すでに決めた土地活用の方法が自分に適しているか」を相談するのがおすすめです。

自分の状況と土地活用の方法が適しているか、また適していない場合はどのように改善したらいいかをアドバイスしてくれるので、心強い相談相手です。

行政書士

各種申請の代行をしてくれる「行政書士」も、不動産投資の相談にのってくれます。

特に彼らは「農地」に関する活用に詳しいのが特徴的。

行政書士は農地の土地活用にかかわる業務をすることが多いため、農地の活用に精通しています。

5. 不動産投資でトラブルが起きた時どこに相談すればいいのか?

不動産投資は動くお金が多額なこともあり、苦情やトラブルが増えているのが現状です。

そういった事態を防ぐためにも、お伝えしてきたような相談先に相談することが必要ですが、どうしてもトラブルが避けられない場合もあります。

それではいざトラブルが発生してしまったら、どうすればよいのでしょうか。

不動産関係でトラブルが起きたときに無料で相談できる所

不動産関係でトラブルが起きたときに無料で相談できる所は下記の通りです。

中でも「不動産トラブル解決センター」は、不動産投資のトラブル全般に対応してくれるので、どこに相談しようか迷った場合にはまずこちらに電話してみましょう。

不動産投資の詐欺による相談先は弁護士へ

万が一詐欺被害に巻き込まれた場合には、上記相談先よりも「弁護士」に相談するのがいいでしょう。

ただし、弁護士によっては「お金にならないから」という理由で受け付けてくれない場合もあります。

日本法規情報「相談窓口案内サービス」を参考にしてみてください。

税金によるトラブルの相談先は税理士

税金関係のトラブルが起きた場合には、「税理士」に相談してみてください。

税務上の計算を伴う提案は税理士のみが行うことができると法律で決められているためです。

身近な友人などで税理士がいない場合には、税理士ドットコムであなたのトラブル内容に合った税理士を紹介してもらいましょう。

6. 不動産投資は相談先は慎重に選ぼう!

いかがでしたか?

不動産投資を行うにあたっては相談先がいるといないとでは大きな差があります。

「手間がかかるから」と相談することを怠り、後で大損失があったとしてもそれはあなた自身の責任になってしまいます。

そのためご自身に合った相談先を慎重に選び、相談しながら着実に進めることで不動産投資を成功させてくださいね。

ASISのセミナーでも個別相談を受け付けていますので、ぜひこちらもご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする