不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

中古マンション売却の体験談をチェック|成功例と失敗例から導き出す出口戦略

中古マンションの売却を検討されている人には耳寄りな情報をご紹介しましょう。

売却に成功した人の話や失敗した人の体験談をチェックすることで自身の出口戦略の成功を導き出すことができます。

なぜなら、実際に経験した事柄なのでリアリティーがあるのはもちろんのこと、要点を押さえることで自分自身の売却時にも活かせるからです。

つまり、成功したポイントや失敗したリスクを確認することで成功する可能性

 

今回は、体験談の成功例・失敗例から見える中古マンション売却のポイントを5つ解説します。

中古マンションを売却するときに最低限押さえる必要のある内容なので、参考にしてください。

1. 中古マンション売却は大変? 体験談をチェックしてみよう!

まずは、中古マンションの売却の体験談をチェックしてみましょう。

リアルな内容なので、売却する時の参考になるはずです。

中古マンション売却の成功体験談

例1.「複数の業者に査定させたのが良かった
友人からの「査定するなら複数の業者に頼んだほうが高い査定を選べるよ」との忠告で5社の業者に依頼。

中古マンション専門で取引している業者がいたので、相場よりも高く売れました。

例2.「無料セミナーを活用してパートナーを見つけた
業者が主催しているセミナーに足を運べば、業者の対応が分るような気がして無料セミナーに参加しました。

親切で対応の良い業者を見つけたので仲介を依頼すると、セミナーと同じように親切な対応で満足しています。

例3.「購入希望者はお客さま
担当者に「購入希望者はお客さま」だと考えると上手くいくと言われたので、営業マンに徹しました。

内覧時、あらかじめ想定される質問に対する答えを用意し、清掃も済ませ笑顔でお出迎え。一発で売却できました。

中古マンション売却の失敗体験談

例4.「媒介契約の選び方に失敗した
専任媒介契約のほうが本気で動いてくれそうなので専任で契約したのですが、定期的な報告だけで熱意が伝わってきません。

しかし、契約では他の業者に依頼することができないので、時間ばかりが過ぎている状況です。

例5.「相場を確認しておけば良かった
信頼できる業者だと思い任せていたのですが、査定額では難しいとのことで値下げして売ることにしました。

後で、知り合いに聞いたのですが「相場的にはもう少し高くても売れたのでは…担当者が成績のため売り急いでいたのかな?」との感想です。

2. マンション売却の体験談から導き出す出口戦略のポイント5つ

マンション売却の体験談を見ていくと、成功する人や失敗する人には、ある種の傾向があるようです。

そこで、体験談から導き出される成功するためのポイントをご紹介しましょう。

①査定は必ず複数に依頼する

査定するときに大切なのは、売主自身がある程度の相場感を持つことです。

しかし、相場を知ると言っても具体的に何をすればいいのか分からない、という人は多いのではないでしょうか。

そこで、簡単に相場を知る方法として、複数の業者に査定を依頼することです。

単純に各社で査定された金額の平均が相場になると考えることもできるでしょう。

また、業者には物件により得手不得手があります。

当然得意な物件については、高値で売却できる可能性が高いという点もポイントです。

(参考:例1)

②自分でも相場調査を行う

自分自身で、あらかじめ相場を確認しておけば、納得のできる査定を受けることができます。

なぜなら、相場を知っていれば不動産業者の査定額が適正なのかどうかを判断することができるからです。

そこで、売買価格の相場を知ることのできるサイトをご紹介しましょう。

「土地総合情報システム」は、国土交通省の不動産情報サイトなので安心して利用できます。

確認しておけば、物件を安売りされることもないでしょう。

(参考:例5)

③信頼できる不動産業者を見つける

不動産売買の成功は不動産業者で決まるといわれるほど、業者選びは大切です。

査定額が高いというだけで決めてはいけません。

査定額は、実際に売却できる額とは違います。

仲介契約を取りたいがために高値で査定して、後で値下げを要求する業者もいるのです。

不動産業者選びは、質問への返答や注文への対応の早さ、また担当者の人柄も含めて決定しなければなりません。

セミナーなどに参加し、対応を見極めることも選択のコツです。

(参考:例2)

④自分に合った契約方法を選ぶ

仲介契約には、他の業者とは契約できない専任媒介契約と他の業者とも契約ができる一般媒介契約があります。

専任媒介契約では、不動産業者に対して売主への定期的な活動報告の義務などが課せられてます。

一方、売主に対しては上述の通り他業者との契約を禁じるなど、不動産業者・売主双方への拘束力が強い契約内容となっています。

このことから、専任媒介契約の方が、一般媒介契約よりも不動産業者が熱心に動いてくれるという特徴があります。

(参考:例4)

⑤内覧対応はスムーズに

物件を購入する時には、第一印象が大きく影響するものです。

あらかじめ、周辺状況や売却理由などの質問に対する答えを用意しておけばスムーズに進むでしょう。

内覧では、売主と買主が初めて顔を合わせることになるので好印象を与えるのがコツです。

また、汚れや散らかりはいただけません。特に水周りは清潔にしておきましょう。におい対策も講じておくことをおすすめします。

(参考:例3)

3. マンション売却の体験談が見られる!ブログやサイトをご紹介

実際の体験談はインターネット上にたくさん転がっています。

今回はマンション売却についての体験談を綴ったブログや口コミがみられるサイトをいくつかご紹介します。

リアルボイス

実際の体験談を見るには「不動産の口コミサイト」を利用するのが一番。

リアルボイスは、成功・失敗の体験談が集まる総合サイトです。

https://smoola.jp/realvoice/category/taiken

中古マンション売却体験記

旦那さんと2人でお住いの3LDKを売却し、4LDKのマンションへ引っ越したキュッピーさん。

どちらも上野が舞台のお話です。

売却に関する流れを1話~11話の形式で読み進める事ができ、売却した際の税金や諸費用などの知識やマンションの設備環境などの知識もわかりやすく説明されています。

https://www.flats-flats.com/

LIFULL HOME’S 住まいのお役立ち情報

LIFULL HOME’Sではこういった売却の体験談を連載形式で読むことができます。

転勤・相続・税金など様々なコラムがあるのであなたに合った記事も見つかるでしょう。

https://www.homes.co.jp/cont/sale/

関連記事役立つ!中古マンションの売却ブログ5選を紹介!|体験談から学ぶ売却法とは?

2019.02.21

4. 体験談のチェックは出口戦略に欠かせない!

体験談は、重みのある有益な情報です。

成功談、失敗談の両方をチェックすることは、成功につながる出口戦略を練るためには欠かせません。

中古マンション売却経験者の事例から、売却のポイントやリスクを見極めることが大切です。

また、中古マンションの売却で迷ったら、プロに相談するのが効率的でしょう。

お気軽にMIRAIMOへお問い合わせてください。無料の個別相談で対応させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません