• ????????????????????

アパート経営がおすすめできるワケ|向いているのはどんな人?

  • ????????????????????

「不動産投資を始めたいが、リスクは怖い」という人が少なくないでしょう。

不動産投資のリスクを避けるために必要なことは、初期投資の少ない物件を選択することでしょうか?たとえば、ワンルームマンションであれば初期費用を抑えることが可能です。

しかし、不動産投資で大切なことは、資産価値や収益性のほか、融資の受けやすさや経営リスクについても考える必要があります。

これらのポイントから判断すると、ワンルームマンションよりもアパート経営のほうがおすすめできるかもしれません。

今回は、アパート経営がおすすめできるワケをご紹介します。

「アパート一棟を経営するなんて無理だ」と考えている人も多いでしょう。ところが、ワンルームマンションとそれほど変わらない投資金額でアパート経営を始めることができるのです。

1. アパート経営がおすすめなワケ

不動産投資を判断するときのポイントとしては、資産価値・収益性・融資の可能性などがあげられます。

当然、リスクは少ないに越したことはないでしょう。実は、アパート経営は、それらのポイントを満たしているのです。

1-1. 土地付きの購入になるので他の土地活用にも使える

不動産投資がローリスク・ミドルリスクといわれるのは、万が一失敗しても物件が残るからです。

物件を処分することで最悪のケースを逃れる可能性があります。アパート経営の場合、物件のなかでも資産価値が高く価格が下がりにくい土地が残るのです。

アパート経営であれば土地付きの購入になるので、土地を利用したさまざまな出口戦略を選択することができます。

たとえば、立地が悪いなら土地を売却して新たな場所での投資資金とすることもできるでしょう。

立地がよければ、アパートの建替えや一歩進んで賃貸マンションにすることも可能です。

アパート経営のような土地がある不動産投資は、資産価値が高いという投資のポイントを満たしているためおすすめできるのです。

1-2. 家賃収入が0になることがほぼない

アパートであれば一棟の建物に複数の部屋があるので、全室が空室になるというリスクはないでしょう。つまり、家賃収入が0になることは、ほぼないといえます。

収入が途絶えないということは、不動産投資において大きなメリットになるのです。

たとえば、ワンルームマンションの場合、空室になれば家賃収入は0になります。

収入がないにもかかわらず、ローンの返済や税金の支払は待ってくれません。ローンの返済計画などに及ぼす影響は計り知れないでしょう。

ところが、アパートであれば部屋数の一部について、あらかじめ空室になることを想定して計画しておけば、ローンの返済計画などにそれほど影響を及ぼすことはないでしょう。

つまり、空室リスクを軽減できるところがおすすめです。

1-3. アパートローンが比較的受けやすい

不動産投資に金融機関からの融資は欠かせません。

どれほど有望な投資であっても、融資が受けられなければ実行に移すことはできないからです。アパートローンは、比較的融資が受けやすいといわれます。

金融機関の投資物件に対する判断基準は、経営として安定した収益が望めるかどうかというところです。

そこで、アパート経営であれば資産価値や収益性が安定しているので、融資を受けやすくなります。

実際に多くの金融機関で「アパートローン」というアパート経営に特化した商品を用意しています。

金融機関もアパート経営が安定して収益を得ることのできる不動産投資だと認めているといえるでしょう。したがって、融資の受けやすさでもおすすめです。

2. アパート経営に向いている!オススメできる人

不動産投資の選び方は、人によりさまざまです。

現在、土地を所有していて活用の仕方を考えている人もいれば、相続のために相続対策を講じなければならない人もいるでしょう。そこで、アパート経営をおすすめできる人をご紹介しましょう。

2-1. 立地が良い(地価が高い)

土地が駅に近いところにある、周辺に商業施設があるなど立地が良ければ、アパート経営をおすすめします。

なぜなら、誰もが立地の良いところで暮らしたいと考えるからです。立地の良さは、そもそも不動産投資をするうえでの最重要ポイントといえます。

不動産投資を成功させるためには、需要のある物件に投資できるかどうかがポイントです。住みたいという需要が高い場所であれば、不動産投資の天敵といえる空室リスクを避けることができます。

また、立地が良ければ、売却などの出口戦略にも有効です。不動産投資において出口戦略は重要だといわれます。

立地の良い土地であれば、人が集まりやすいため資産価値が下がりにくいので、さまざまな出口戦略を講じることが可能です。

2-2. 土地を持っていて相続対策を考えている

土地を所有している人で、税金の悩みがない人はいないでしょう。特に相続が絡むと頭の痛い問題になります。

ところが、土地についての節税対策を考えるときに、アパート経営を選択すると大きなメリットをもたらすのです。

まず、固定資産税や都市計画税について、大きな節税効果があります。

土地に賃貸住宅を建てると固定資産であれば、固定資産税評価額が最大で6分の1になるのです。都市計画税であれば、固定資産税評価額が最大で3分の1になります。

相続税としても相続税評価額が2割程度少なくなるのです。

相続税は、不動産の価値により数百万円になることもあるので、アパート経営による節税効果は大きなメリットといえます。

節税対策を検討しているのであれば、アパート経営がおすすめです。

2-3. 長期に渡って資産形成をしたいと考えている

アパート経営は、長期に渡って安定した資産形成をしたい人に向いた投資方法です。

たとえば、親から残された土地があるような場合、更地の状態で所有していると高い固定資産税や都市計画税を毎年支払うことになります。土地を手放すことも考えるでしょう。

しかし、アパートを建てることで、節税対策を講じることができ土地の所有を継続することができるのです。

さらに、家賃収入により長期に渡り安定した収入を得ることができます。アパート経営は、有効な出口戦略も含めた長期的な投資におすすめです。

アパート経営は短期で稼げる投資ではありません。建築費などを回収するのに少なくとも10年以上は必要でしょう。

20年、30年といった長期的な資産形成を希望する人に対してメリットのある投資方法といえます。

3. アパートを安全に経営しよう!おすすめ不動産会社5選

アパートを安全に経営するには、パートナーとなる不動産会社の選択がポイントです。

そこで、収益性の高い物件の取り扱いがあり、物件管理や空室リスクにも対応してくれる、おすすめの不動産会社を5社ご紹介しましょう。

①シノケンプロデュース

https://www.shinoken.com/

ジャスダック上場企業である「シノケングループ」のひとつであり、実績として投資用アパート・マンションの着工数が2年連続で全国No.1に。

特徴は、アパート経営で100%融資を可能にするなどローンに強い会社といえます。

入居者から高い支持を得ているデザイナーズアパートの建築などにより、99%という高い入居率を実現しています。

人気の設備を標準装備としているところも高い入居率につながっているようです。

②松堀不動産

https://www.matsubori.co.jp/

活動エリアとしては、埼玉県を中心に不動産投資のサポートを展開しています。

比較的土地価格が安いため初期費用を抑えることが可能です。

入居者管理からメンテナンスまでワンストップでアパートオーナーをサポートします。

10年間の定額家賃保証や管理費・修繕費を松堀不動産が負担することで、安心を提供しています。

③アイケンジャパン

http://aikenjapan.jp/

アパート完成から8年後の収益稼働率96%を達成。アパート経営の継続率でも高い実績を持ちます。

サービスとして、家賃滞納保証・管理代行・サブリースなど、さまざまなプランにより投資初心者にも対応できるサービスを展開。

アパートのウィークポイントといえる騒音問題に対して、高い防音・遮音性能のある構造で対応するなど物件自体の強みを持ちます。

④リッチロード不動産投資

https://www.richroad.co.jp/

弁護士のほか、司法書士・税理士などのプロと連携することで、法律に対応したアパート経営をサポート。

活動エリアを空室率の少ない東京・千葉・埼玉・神奈川の1都3県に特化し空室リスクを回避しています。

会員登録をすると、約1,100件の非公開物件の紹介が受けられます。実際に物件調査や撮影したスタッフのコメントも閲覧可能です。

学びの面でも、リピート率の高い不動産投資セミナーを準備しています。

⑤TATERU

https://www.tateru.co/

ニーズのある土地にデザイン性や機能性の高いアパートを建てるという手法で、98.4%の入居率を達成。

IoTを活用したサービスにより、アパート経営をインターネットでチェックできるなど先進性の高いサービスを提供しています。

アパートオーナーの94%が会社員や公務員というように始めてアパートを経営する人が多いのも特徴です。土地がなく自己資金が少ない人でもアパート経営ができるプランもサポートしています。

4. 安定した不動産投資を目指すならアパート経営がおすすめ

株式のようにリスクが高い投資もあれば、不動産投資のように比較的リスクが低い投資もあります。

不動産投資のなかでも、さらに投資リスクを抑えたいと思うのであれば、アパート経営がおすすめです。

アパート経営なら、安定した資産価値や収益性のため投資リスクを軽減できるでしょう。

しかし、アパート経営も投資に違いはありません。準備不足はリスクにつながります。

十分に準備して、さらに信頼できる投資会社に相談しながら実行することが大切です。

 

不動産投資セミナー実施中!
↓↓ 詳細はコチラ ↓↓

ASIS株式会社セミナー

無料で参加可能!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする