不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

住宅ローン控除について詳しく学べるおすすめのブログ3選を紹介!

消費税が増税され、住宅の購入に慎重になっている人も多いと思いますが、

一定の要件に合致すれば、新しい制度の住宅ローン控除を利用できるので高額の節税が可能。

 

「でも、住宅ローン控除ってなんか難しそう…」

「控除を受けるまでの誰かの体験談を見られるものはないかな…?」

そんなあなたには住宅ローン控除について書かれているブログがおすすめ。

 

当記事では、改正された住宅ローン控除についての説明と、初めて住宅ローン控除を利用する方におすすめのブログを紹介します。

1. 住宅ローン控除について知ろう

住宅ローン控除について知ろう

はじめに住宅ローン控除とは、どんなものなのか説明しましょう。

住宅ローン控除は、住宅ローンを組んでマイホームを購入した際に利用できる制度で、

条件に合致すれば、毎年40万円・10年間で400万円を上限として、所得税からローンの年末残高の1%を控除されるというもの。

新制度について知る

2019年10月から消費税が増税されましたが、それに対応して控除期間が延長されました。

消費税増税となっても、新制度により節税効果を得ることができ、住宅ローンを利用する人にとっては大きなメリットに。

新制度の概要

次の要件に合致する場合は、10年間の控除期間が3年間延長されます。

  • 消費税率が10%の住宅ローンを組んでマイホームを取得すること
  • 令和元年10月1日~令和2年12月31日の間に入居すること

新制度の控除期間と控除額は次のとおりです。

 

最初の10年間は従来通り年末ローン残高の1%、11~13年目については下記の1または2のどちらか少ない額が所得税から控除。

  1. 年末ローン残高の1%
  2. 建物購入価格の2%÷3

なお所得税から引ききれなかった金額は、翌年の住民税からも控除されることは変わりません。

また令和3年以降は、元の10年間の控除期間に戻るので要注意。

住宅ローン控除の対象となる種類

住宅の種類による住宅のローン控除適用条件は次のとおりです。

新築住宅の適用条件

新築住宅の場合には、下記の条件を満たす必要があります。

  • 減税受ける人自身が、住宅の引渡し日から6ヵ月以内に居住すること
  • 控除を受ける年の所得金額合計が3,000万円以下であること
  • 対象住宅の床面積が50㎡以上かつ床面積の1/2以上が自分の居住用であること
  • 対象住宅で10年以上のローンがあること
  • 住宅の引渡しを受けた日から6ヵ月以内に居住すること
  • 居住した年と前後2年間の合計5年間で、特定居住用財産の買換え特例や3,000万円特別控除などを利用していないこと

中古住宅の適用条件

中古住宅では、新築住宅の適用条件に加えて、次にあげる条件を満たさねばなりません。

  • マンションなど耐火建築物の場合、築25年以内の住宅、
    木造などの住宅の場合には、築20年以内であること
  • 一定の耐震基準を満たしていること
  • 生計を一にする親族等からの購入ではないこと
  • 贈与された住宅ではないこと

リフォーム住宅の適用条件

リフォーム住宅も住宅ローン控除を利用できますが、新築住宅の適用条件に加えて、次にあげる条件をクリアする必要があります。

  • 建築基準法に合致する、大規模な修繕または模様替えであること
  • リフォーム工事費用が100万円以上であること
  • 現行の耐震基準に適合した耐震改修工事であること
  • 一定のバリアフリー・省エネ改修改修工事であること

住宅ローン控除が対象になるローン

住宅ローン控除を受けるためには、下記の6つの機関からの借入であることが必要です。

  1. 銀行
  2. 農協や信用金庫・信用組合
  3. 住宅金融支援機構
  4. 地方公共団体
  5. 各種公務員共済組合
  6. 勤務先

住宅ローン控除の申請期間と申請場所

住宅ローン控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

なお給与所得者は、2年目以降は会社の年末調整で済ますことが可能。

申請期間

取得した住宅に住み始めた日の翌年の1月1日~3月15日まで。

申請場所

住所地を管轄する税務署に、直接持参する方法と、郵送する方法があります。

国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーでのe-Taxを利用すれば、自宅にいながら申請できるので便利。

申請に必要な書類

下記の書類を用意し、提出する必要があります。

必要書類 入手先
確定申告書A(第一表と第二表) 税務署から入手
住宅借入金等特別控除額の計算明細書
源泉徴収票 勤務先から入手
住宅ローンの借入金残高証明書 金融機関から入手
土地・建物の登記簿謄本 法務局から入手
売買契約書または建築請負契約書のコピー 不動産会社から入手
本人確認書類 運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどを自分で用意

2. 住宅ローン控除について学べるおすすめブログ3選を紹介

住宅ローン控除について学べるおすすめブログ3選を紹介

次に住宅ローン控除を利用する際に、参考になるブログを3つ選んでご紹介します。

経験に裏打ちされた記事は、きっと貴方の役に立つことでしょう。

【2019年度分】住宅ローン控除の必要書類と入手方法

住宅リノベーション事業を推進する株式会社ひかリノベが提供するブログ。

2019年度の住宅ローン控除に必要な書類や申請手続きなどについて、わかりやすくまとめられています。

参考:ひかリノベ

ぐーたら確定申告〜住宅ローン控除

アラサーの女性システムエンジニアのブログ。

2016/8にマイホームを建て、住宅ローン控除を税務署に行かずにe-Taxを利用し申請した経験を記述しています。

e-Taxを利用して住宅ローンの確定申告をしたい、と考えている人にはおすすめ。

参考:ぐーたら確定申告〜住宅ローン控除

知識ゼロでもわかる 住宅ローン控除を受けるための確定申告のやり方

ソニー銀行が提供するブログ。

住宅ローンを利用してマイホームを購入し、初めて確定申告をする人を対象にきめ細かく解説しています。

ただし、消費税増税後の新制度の住宅ローン控除には対応していない部分があるので要注意。

参考:知識ゼロでもわかる 住宅ローン控除を受けるための確定申告のやり方

3. 住宅ローン控除でいくら戻ってくるかシミュレーションしよう

住宅ローン控除でいくら戻ってくるかシミュレーションしよう

住宅ローン控除を申請した場合、いくら戻ってくるのかシミュレーションしてみましょう。

住宅ローン控除の計算方法

消費税増税に伴い、住宅ローン控除が改正になりましたが、基本となる10年間の計算方法は変わりません。

最初の10年間:毎年末の住宅ローン残高(上限4,000万円)×1%

が控除されます。

11~13年目の3年間の控除額は、既に述べたように下記の1または2どちらか少ない額が適用。

  1. 年末ローン残高の1%
  2. 建物購入価格の2%÷3

住宅ローン控除シミュレーション

例えば、住宅ローン控除の新制度を利用した場合、13年間でいくら戻ってくるのかシミュレーションしてみましょう。

利用したシミュレーションサイト:価格com住宅ローン控除シミュレーション

  • 借入金額:3,000万円
  • 借入金利:1.255%(固定35年)
  • 返済期間:30年
  • 所有権:1名
  • 建物取得額:2,000万円
  • 年収:700万円
  • 扶養家族:2名
  • 入居年月日:2020年3月
年数 控除額
1年目 29.1万円
2年目 28.3万円
3年目 27.4万円
4年目 26.6万円
5年目 25.7万円
6年目 24.8万円
7年目 23.9万円
8年目 23.0万円
9年目 22.1万円
10年目 21.2万円
11年目 13.3万円
12年目 13.3万円
13年目 13.3万円
合計 292万円

13年間で合計292万円控除されます。

なお11~13年目は、建物購入価格の2%÷3が適用。

他にもシミュレーションサイトはいくつもあるので利用すると簡単で便利です。

関連記事住宅ローン控除を無駄にしない|シミュレーションはこんなに大事だった!

2018.03.12

4. 住宅ローン控除について学びたいならブログが参考になる!

ここまで述べたように、消費税が増税となっても、新制度の住宅ローン控除を利用すれば大きな節税が可能。

今回紹介したブログを参考にして、消費税増税後に払いすぎた税金を取り戻すようにしましょう。

なお住宅ローン控除を受けるためには、確定申告をお忘れなく!

 

MIRAIMOでは不動産購入や売却について疑問や不安がある方からのご相談を受け付けています。

LINE公式アカウントで弊社の不動産コンサルタントが、あなたの疑問や不安に直接お答えしますので、お気軽にご利用ください!
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!