不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資をする際に読むべき教科書2選|知識を入れてリスクヘッジしよう

働かなくてもお金になる、年金対策になるなど様々な理由で不動産投資に興味を持つ方は大勢いることでしょう。

ただし、不動産投資は「不労所得」とは言いますが、なにもせずにお金が自動的に入ってくる仕組みがあったら全員が投資に手を出しますよね。

不動産投資においては購入時・物件の管理・売却時(資産拡大)など自分で決断しなければいけない転換点はたくさんあります。

 

不動産会社はアドバイスこそしてくれるかもしれませんが万が一失敗してしまっても責任は取ってくれません。

最終的に投資は全部自己責任なのです。

きちんと利益を出すには自身で最良の選択をしなければいけません。

そこで今回は初心者が読んでおくべき不動産投資の教科書の重要性やMIRAIMOが選定したオススメの教科書をご紹介します。

1. 不動産投資をするなら「教科書」を一冊でも持っておこう

不動産投資に興味を持ったらまずは自分にとって分かりやすい「不動産投資の教科書」をゲットして基礎知識を得ましょう。

インターネットで検索する手もありますが、全くの初心者は不動産投資の基礎知識が満遍なく得られるような書籍を1冊持っておいて損はありません。

不動産投資においては「知識や情報を得ること」が一番のリスクヘッジです。

根本的な知識がなければ「収益をきちんと生み出してくれる物件」というものも分からず、結局は営業マン頼りになってしまいますよね。

営業マンの口車に載せられてそれだけで物件を購入してしまうのは危険。

中には利益が望めないような物件を口巧みに紹介する、詐欺まがいなことをする不動産業者も存在します。

そこで適正な知識と情報を仕入れておけば騙されることもありません。

ただし著者の投資法をそのまま真似るといったやり方はやめるべき。

不動産投資は個人個人の資産状況・購入時期・購入物件によって最適な投資法が異なってくるので参考程度にとどめておきましょう。

2. 不動産投資のおすすめ教科書2冊を紹介

それではMIRAIMOが選定した初心者に向けた「不動産投資の教科書となるおすすめ本」を2冊紹介しましょう。

世界一やさしい不動産投資の教科書1年生

購入からその後の資金管理まで1人でできるようになる「不動産投資のバイブル」。

セクションが細かく分かれており、基礎的な用語はしっかり説明されています。

加えて難しい専門用語はあまりなく、用語や補足が別枠で入っている初心者にも分かりやすい内容。

基礎知識が満遍なく得られるので、「不動産投資に興味を持った」程度の人でも安心して読めるでしょう。

本の内容は以下のようになっています。

  1. 不動産投資とは何かという基本的な説明
  2. 不動産投資は本当に儲かるのか?
  3. 不動産投資にかかるコスト(購入・管理)
  4. 不動産投資で成功するための3つのステップ(物件選び~売却まで)
  5. 失敗しない物件選び
  6. 契約時のポイント
  7. 将来的に安定した運用を目指すために今からしておくこと

著:浅井佐知子さん

北海道出身で浅井佐知子不動産鑑定事務所(不動産鑑定や不動産投資コンサルティング)代表。
(会社HP:https://asai-kantei.jp/)
上智短期大学英語科を卒業後、不動産会社で10年間主に法人営業(土地の有効活用)を担当。
その後結婚・出産・育児をしながら「不動産鑑定士」資格を取得。20年以上も不動産業の経験を積んでいます。

不動産投資1年目の教科書―これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え

この本の内容としては、大きく分けて5つの内容。

  1. 東京五輪・アベノミクスと不動産投資の関係
  2. 物件選定
  3. 融資活用方法
  4. 収支計画の立て方
  5. リスク回避の方法

著者の玉川陽介さんが受けた相談質問頻度の高い質問に回答・アドバイスしているものです。

不動産投資において疑問に思ったことがあったらこの本の見出しからあなたの疑問に対する答えが見つかるかもしれませんよ。

※ただし、この本の初版が2013年なので2019年現在との情報と比較すると古いものもあるため、全てを鵜呑みするのではなく併せて新しい情報を得ることも重要です。

著:玉川陽介さん

1978年神奈川県生まれ。大学在学中に統計データ処理の受託会社を設立。
その後データ処理の会社はM&Aにより売却し、2010年にコアプラス・アンド・アーキテクチャーズ(会社HP:https://cpx.co.jp/)を創業。
賃貸ビル・マンション経営や有価証券への投資、書籍の出版などを主な事業としています。

3. 無知が一番のリスク!不動産投資をするなら勉強しよう

不動産投資には数々のリスクがありますが、リスクよりも恐ろしいのが「無知」なこと。

少しでも知識をつけておけばリスクの回避策を講じることができますし、詐欺に遭いそうになっても「これはおかしい」と気づくことができます。

不動産投資に興味を持ったら教科書で基礎知識を付け、様々な本を読んでみましょう。

関連記事不動産投資初心者が読むべきおすすめ本5冊を紹介!|選んではいけない書籍のポイントとは?

2019.04.10

また、知識を付けたうえで「不動産投資をやる!」と思い立ったらまずはMIRAIMOのオンライン無料相談のご利用をオススメします。

不動産投資に関する疑問・質問を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門