不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

中古マンション売却の相場はどう調べる?|相場チェックにおすすめのサイトを紹介

中古マンションの売却を検討している人に共通していることがあります。

それは、少しでも高値で売却したいということでしょう。

自分の物件がいくらで売れるのか気になりませんか?

そこで、役に立つのがポータルサイトです。

 

不動産会社のホームページでは、面積や間取りから売却相場を想定できます。

周辺環境も価格に影響し、過去の価格動向から売り時のタイミングも判断できるのです。

中古マンションの売却にポータルサイトの利用は欠かせません。

 

中古マンションに定価はありません。「周辺相場」と「市場動向」で、このくらいが妥当となる目安が判断できます。

今回は、中古マンション売却の相場は、どのように調べるのかを解説しましょう。また、おすすめのポータルサイトもご紹介します。

1. 中古マンション売却の相場はどう調べる?|2つの方法をチェック

中古マンションを売却する時には、周辺相場を知っていなければなりません。

なぜなら、相場がわからなければ高く売れるのか、安く売れるのかも分らないからです。

そこで、実践的な相場の調べ方をご紹介しましょう。

①近隣で似ている物件が「過去」いくらで売却されたかを調べる

売りたい中古マンションと同じような物件が、近隣で「過去」にいくらくらいで売れたかをチェックすることのできるサイトを確認しましょう。

実際に売買された「成約価格」を確認することで物件の価格動向を知ることができます。

②近隣で似ている物件が「今」いくらで売りにでているかを調べる

過去の成約価格ではなく、「今」いくらで売ることができるのかという「売出価格」を調べることもできます。

マンション名を入力するだけで、全国を対象に売出価格を知ることのできるサイトを利用するのです。

あくまで、売り出されている価格であり成約価格のように確定した価格ではありませんが、売りたい物件の比較対象として確認しなければならないでしょう。

③マンション売却のシミュレーターを利用する

マンションの売却価格をシミュレーションすることのできるサイトがあります。

物件の所在地や築年数などの情報を「シミュレーター」に入力するだけで、売却価格を想定してくれるシステムです。

売却価格を簡易的に知ることのできるサイトといえます。

シミュレーターのあるサイトを利用すれば、物件情報を入力するだけで簡単に売却価格をシミュレーションすることが可能です。

【ポイント】市場動向のチェックは10年後を見据えて

市場動向をチェックする時には、10年後を見据えたものでなければなりません。

たとえば、10年後に需要が増えるような地域にある物件であれば、売出価格を高めに設定しても売れるでしょう。

不動産売買では、先を見据えることが売買のポイントなのです。

2. 過去の売却価格をチェックしてみよう|おすすめサイトを紹介

市場動向を知るためには、過去の売却価格をチェックすることが欠かせません。

実際の売却価格を確認できる、おすすめのサイトをご紹介しましょう。

レインズマーケットインフォメーション

レインズと呼ばれる、(公財)東日本不動産流通機構・(公社)中部圏不動産流通機構・(公社)近畿圏不動産流通機構・(公社)西日本不動産流通機構が運営するコンピューターネットワークシステムで日本全国の不動産取引情報を調べることができます。

過去の取引実績により築年数別に成約価格(㎡単価)の散布図を確認することができるので、地域や築年数による価格傾向を調べやすいサイトです。

参考:レインズマーケットインフォメーション

東京カンテイ

不動産専門のデータバンクであり、全国の分譲マンションの価格や図面情報などを確認できます。

都道府県別に中古マンションの価格情報が対前月の変動率で表されているので時系列的に調べるのに便利なサイトです。

参考:東京カンテイ

国土交通省|土地総合情報システム

土地総合情報システムとは、国土交通省土地・建設産業局が、安定的な不動産投資、不動産市場の活性化、安心・安全な不動産取引のために土地についての情報を提供しているサイトです。

公表されている情報は、「取引総額」「取引時期」「面積」「土地の形状」「前面道路」「都市計画制限」などです。

参考:土地総合情報システム

3. 現在の売り値をチェックしてみよう|おすすめサイトを紹介

物件を売り出すためには、現在の売り値相場と比較して検討しなければなりません。

売り値をチェックすることのできる、おすすめのサイトをご紹介しましょう。

中古住宅HOME4U

不動産ポータルサイトに必要な機能を網羅したサイトと言えるでしょう。

住宅ローンのシミュレーション機能も提供しています。

たとえば、売却と購入が必要な買換えなどを検討している人におすすめのサイトです。

「南向き」「即入居」など、詳細なカテゴリーで絞り込み検索ができます。全国に対応し、路線からの検索も可能な便利なサイトです。

参考:HOME4U

マンションナビ

マンション名を入力すれば、全国を対象に売却価格の確認ができます。売却だけではなく、賃貸で利用する時の賃貸相場を知ることもできます。たとえば、「築浅な物件だから高く売りたい」などの希望があれば、築浅物件に強い業者をマッチングしてくれるのです。

参考:マンションナビ

4. シミュレーターで価格をチェックしてみよう|おすすめサイトを紹介

売りたい物件の基本情報をシミュレーターに入力すれば、売却想定価格を簡単にシミュレーションすることができます。おすすめのサイトをご紹介しましょう。

SUUMO|マンション売却シミュレーター(東京23区限定)

SUUMOが提供しているシミュレーターは、東京23区に限定した売却想定額を知ることができます。

物件の「最寄の沿線」「最寄駅」「駅からの徒歩数」「築年数」「専有面積」を入力するとシミュレーションしてくれます。

参考:SUUMO シミュレーター

おうちダイレクト|マンション売却額のシミュレーション(1都3県限定)

おうちダイレクトでは、1都3県(神奈川・埼玉・千葉)に限定した売却想定額を知ることができます。

ビッグデータと独自のアルゴリズムによる高い精度の不動産価格推定エンジンを使用したシミュレーターです。

参考:おうちダイレクトシミュレーター

大京穴吹不動産|中古マンション査定シミュレーションquick

大京穴吹不動産のシミュレーションは、物件情報を入力して送信すれば、自動で売却想定価格を算出して査定結果をメールで返信するシステムです。

マンションの売却価格を5分で簡単に知ることができます。

参考:大京穴吹不動産シミュレーター

5. マンション売却で失敗しないためには相場チェックは欠かせない

物件を高く売却するポイントは、まずは相場チェックで物件の価値を知ることから始めてください。

相場を知ることで、はじめて得か損かの基準が明らかになります。

そして次に、相場にあった売れるであろう価格を決める・これ以上は値下げしないという価格を決めることが大切です。

中古マンションを売却する時の相場に疑問や不安が生じれば、迷わず専門家に相談することおすすめします。

MIRAIMOでは、不動産売却の悩みを無料セミナーだけではなく個別相談により対応いたします。

悩まずにプロに問い合わせることが効率的な解決策です。
 

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

LINE@友達登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

経験した私だから言える成功の秘訣〜不動産投資の一歩目で踏み外さないために~ 不動産投資家 午堂登紀雄氏
不動産投資を始めるなら、まずは気軽にオンライン無料相談!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする