不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

アジアでの不動産投資は果たして狙い目なのか?おすすめ投資先を比較してみた

不動産投資をしてみたいけれど、日本国内は少子高齢化や人口減少でもうあまり伸びしろがないのでは…と思っている方も多いのではないでしょうか。

今、海外の不動産投資が注目されています。中でも、人口増加や経済成長が著しいアジアの不動産への投資に挑戦する人が増えているようです。

いざ実際に投資をするとなると、どこの国のどんな不動産に投資するのがいいのか、本当に利益が得られるのか、想定されるリスクや購入の方法などなど、わからないことも多いですよね。

この記事では、アジアの不動産投資の魅力や、メリット・デメリット、購入方法や、業者選びのポイントまでをしっかり紹介していきます。

1. アジアの不動産投資が注目されている理由は?

海外への不動産投資では、特に、フィリピン・マレーシア・カンボジア・ラオス・タイ・ベトナムなどの経済成長率や人口の増加率が高いアジアへの投資が注目されています。

そういった国では、人口増加に加え、高度経済成長期の日本のように核家族化が進み、世帯数が増えているため、住宅需要が豊富です。

そのため、高い利回りや不動産の値上がりが期待できます。

また、アジア各国は経済成長で高速道路や鉄道網などのインフラ設備もどんどん整備していっているので、周辺不動産の価格が上昇する可能性も高いでしょう。

さらに、海外の不動産に投資をすることで、資産を日本円以外の通貨に分散することができるので、為替で利益を得られたり、日本円が外国の通貨に対し暴落したときのリスクを分散することにも役立ちますよ。

2. アジアでおすすめの不動産投資先を比較!

それでは、アジアを代表する各国でする不動産投資先を比較してみましょう。

各国の不動産投資情報を綴った詳細記事に飛ぶことができますので、ぜひご覧ください。

フィリピン

フィリピンはASEANで2位の人口を誇り、出生率も約3人の非常に高いので、今後も人口増加が期待されています。

また、国民の識字率も高く、英語が通じるため、海外の企業や投資家が参入しやすく、安定して経済成長を続けています。

初めて海外の不動産投資をするという方にも安心の国です。

関連記事2018年版|フィリピンの不動産投資で失敗しないための現地情報まとめ

2018.02.08

マレーシア

マレーシアの魅力は、土地を買うことができるということです。

通常は、外国人が土地を買うことを禁止している国が多いため、不動産投資だけではなく、ビジネスをしようと考えている人にとっては大きなメリットですよね。

天然ガスなどの資源も豊富で、2020年に先進国の仲間入りすることを目指して様々な政策を掲げている国でもあります。

カンボジア

カンボジアは東南アジアの中でも平均年齢が24歳と若く、一人当たりの出生率も2.6人と、どちらも東南アジアトップクラスです。

以前は紛争などが多く、治安面で不安がある地域でしたが、最近では人口増加や経済発展が著しく、投資先として注目している人が増えてきています。

主要通貨も米ドルなので、資産の管理がしやすいのもメリットのひとつです。

関連記事2018年カンボジアで不動産投資をするならプノンペンで!メリットデメリット解説

2018.08.25

ラオス

ラオスでは、独特の地形を生かし、水力発電でたくさんの電気を発電し、その電気を海外に輸出しています。

ちなみに、関西電力もラオスに巨大なダムを建設中です。

水力発電の収益性の高さと、国民の若さから、今後の経済発展が期待できる国のひとつです。

タイ

タイの中でも、特にバンコクはかなり発展していて、中心部では日本のようにたくさんの車や鉄道が行き交い、大きなビルも多く建っています。

そして、現在も高速鉄道の建設が進められており、その周辺地域の土地の価格は、さらなる上昇が期待できそうです。

関連記事2019年最新|タイで不動産投資を失敗・損させないポイントを大公開

2017.06.07

ベトナム

ベトナムでは今まさに不動産市場が盛り上がりを見せています。

経済成長が進み、2020年には4400万人が中流階級になると言われており、海外の投資家だけでなく、現地国民からの不動産需要が非常に豊富で、今後も需要の伸びが期待できます。

高度経済成長期の日本とよく似た市場で、しばらくは賃料収入だけではなく、売却する際の需要も安定しているのではないでしょうか。

関連記事ベトナムでの不動産投資で失敗しないために知っておきたい注意点|外国人への不動産購入規制や購入手順

2018.08.24

3. 海外不動産投資の魅力は?

不動産は実物資産なので、株や投資信託に比べ価格変動が小さく、安定した収益が長く得られるという点が魅力です。

さらに、減価償却できるので節税効果も得られます。

流動性は低いものの、株のように価値がゼロになってしまうこともないので、投資初心者にも比較的安心して始められるのが不動産投資です。

そんな不動産を海外に持つことで、資産の分散をすることができます。

また、アジアなどの経済発展途中の国ではインフレが日本とは比べ物にならないスピードで進んでいるため、不動産自体の値上がりも期待することができます。

4. 海外で不動産投資をするメリットやデメリットとは?

それでは、実際に海外で不動産投資をするとなると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

海外で不動産投資をするメリット

利回りが高い物件がある

不動産投資をすることで得られる利益には、家賃収入と不動産の売却益の二つがあります。

家賃収入は、人口が増加傾向にあり、住宅需要が旺盛な地域、売却益は経済が発展していて物件の価値が上がりやすい地域で上昇するのが基本です。

日本国内では人口はどんどん減少していて、経済も成熟しており成長率も鈍化しています。

そのため、あまり高い利回りは期待できません。

経済が上向きで人口が増加傾向にある国の不動産は、日本の不動産に比べて高い利回りが期待できます。

資産を分散させることができる

資産のほとんどを日本円で持っているという方も多いと思います。

しかし、日本は少子高齢化や人口減少を背景に、経済成長は鈍化していて、さらに借金大国です。

いつ日本円が大暴落して資産価値が減ってしまってもおかしくないですよね。

そんなリスクを分散させるためにも、外貨の資産を持っておくことが大切です。

節税の効果が得られる

節税の目的で不動産投資をしているという人も多いと思いますが、これは海外の不動産でも同じ効果が得られます。

不動産所得を計算するときには、管理費やローンの金利などの経費、減価償却費などを費用として計上し、所得から差し引くことができます。

その結果不動産所得が赤字になった場合に他の所得と損益通算することができるので、節税につながるという仕組みです。

実際にどれくらいの節税効果があるかについては、事前に税理士に相談してみましょう。

物件の購入価格が安い

海外の物件、特に、この記事で紹介している東南アジアなどの新興国では、物価が日本の数分の一や数十分の一というところがほとんどです。

当然不動産の購入価格も安く、都市部の不動産でもかなり安く手に入れることができます。

手ごろな値段で、日本では考えられないような立派な不動産を購入できるのも、海外の不動産に投資するメリットです。

海外で不動産投資をするデメリット

情報を取得するのが困難である

国内の不動産に比べると、入手できる情報は圧倒的に少なくなってしまいます。

投資家側としても、土地勘がないため、その不動産の善し悪しを判断するのも難しくなります。

思わぬ損をしないためにも、信頼のおける不動産会社を見つけるようにしましょう。

融資してくれる銀行が少ない

海外の不動産を買うとなると、融資してくれる銀行は格段に減ってしまいます。

融資の条件も、国内の不動産を購入する場合に比べ、悪くなってしまうことがほとんどです。

現地の銀行で融資を受けるという場合も、日本に比べ金利が相当高いことが多いので、返済額が想定以上に大きく膨らんでしまうこともあります。

為替変動によるリスクがある

海外の資産を持つと必ず付きまとうのが、為替のリスクです。

現地の通貨が日本円に対して値下がりすると、円建て(資金の貸し借りなどにおいて、園による価格表示を行うこと)で見た資産価値が目減りしてしまうのです。

逆に、円に対して値上がりした場合は為替で利益を得ることができます。

国々により法規制や税規制の違いが出てくる

当たり前ですが、国によって法規制や税規制は違います。

需要な規制についてはしっかりと理解しておく必要があります。

想像していたよりキャピタルゲインが得にくい

国内の不動産にも共通しますが、思っていたほど不動産価格が上がらず、売却益が想定より少なくなってしまうこともあります。

発展途上国によるリスクがある

発展途上国では、政情不安や内紛、突然の政権交代など、さまざまなリスクがあります。

ある日突然政権が変わり、法規制も変更され、急に財残を没収されるということも。

できるだけ政治が安定した国を選ぶということも大切です。

5. 海外の不動産を購入する方法は?

海外の不動産を購入する方法には大きく分けて3種類があります。

①海外不動産を取り扱いしている日本の不動産会社から購入する

大手の不動産会社などでは、海外不動産に関するセミナーなどを開催しており、そこに参加して購入することができます。

初めての方には一番わかりやすく、安心できる方法です。

②現地の不動産会社から直接購入する

現地の不動産会社から購入します。

ただし、日本語のサポートがなかったり、日本の税制などに精通していないなどの場合もあるので、注意しましょう。

③海外投資に詳しいファイナンシャルプランナーから購入する

ファイナンシャルプランナーから購入する方法もあります。

海外投資に詳しく、現地の規制に精通した、実績のある事務所の担当者を選ぶことが大切です。

6. 良い不動産会社を選ぶポイント

海外不動産投資を始めようと考えている人が選ぶべき、会社の特徴をご紹介します。

海外での不動産投資の実績がある会社を選ぶ

海外の不動産を購入する際は、日本との法律の違いや言語の違いなど、素人には難しいところがたくさんあります。

ホームページを確認するなど、調べはきちんと行い、実績のない会社は避けたほうが無難です。

現地の情報を取得できる方法がある会社を選ぶ

不動産投資は情報が命と言っても過言ではありません。現地の情報を得やすいコネクションがあることも非常に重要です。

投資する国の政治や法律、税制などに詳しい担当者がいる会社を選びましょう。

疑問を全てぶつけてみて、反応を見るのも手です。

海外不動産投資セミナーを開催している会社を選ぶ

海外の不動産セミナーを開催している会社を選ぶ際は、実績や取り扱っている商品、サポート体制などが自分に合っているかどうかを見極めましょう。

いくつかの会社のセミナーに足を運び、自分のニーズに合った会社を選んでみるのもおすすめです。

7. 海外での不動産投資は国によってルールが違うので要確認!

いかがでしたか。海外の不動産投資はメリットもたくさんありますが、初めての人には難しいところも多いですね。

投資を成功させるには、正しい情報を収集し、メリットやデメリット、法規制や危険性などについて、相応の知識を得ることが大切です。

まずは不動産会社のセミナーに参加するなどしてリサーチをしながら、自分にあった物件を探していきましょう。
 

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません