不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産売却に強いおすすめの会社ランキングと良い会社の選び方を紹介!

不動産を売却する理由は様々ですが、ほとんどの場合、不動産仲介業者に依頼することになるのが一般的です。

不動産売却を成功させたいなら、業者選びは非常に重要。

 

当記事では不動産を売却する際の会社選びの重要さや選び方とMIRAIMOが選んだおすすめ会社ランキングをご紹介します。

不動産売却を検討している方は是非参考にしてください。

Index

1. 不動産を売却するときは不動産仲介業者選びが最も重要

不動産を売却するときは不動産仲介業者選びが最も重要

自分の希望通りの条件で、所有している不動産を売却できるか否かは不動産仲介業者の選択が上手くいくかどうかにかかっている。

と言っても過言ではありません。

仲介業を営む会社は数多く、まさに玉石混交ですから、正しい知識を身につけて選択を誤らないようにしましょう。

不動産の売却を1人でするのは難しい

「そもそもなぜ不動産仲介業者に頼む必要があるのか?」

「業者に頼むと売却手数料がかかるのだから、自分で売ったほうがいいのでは?」

と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

ただ不動産売却の際の業務には、

  1. 売却価格を設定する
  2. 販売用の資料を作成する
  3. 測量図や評価証明書といった必要書類を準備する
  4. 不動産を購入してくれそうな人を探す
  5. 現地案内をする
  6. 売買契約書を作る
  7. 決済金の手続きをする

・・・など、ざっと想定されるものだけでも多岐にわたります。

本業で会社員などをしながらこれらを正確にこなすのは困難ですし、

特に肝になる「不動産を購入してくれそうな人を探す」部分においては、素人はせいぜい知り合いづたいで声をかけるくらいしかできないでしょう。

 

その点、不動産仲介業者だと不動産購入を希望している方の情報もたくさん持っているわけですから、不動産仲介業者に依頼するメリットは大きいと思いますよ。

不動産売却の流れについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

関連記事不動産を売却するなら読んでおくべきガイドブック|売却の流れから確定申告まで詳しく解説!

2019.12.18

担当者によって売却までのスピードや成果が変化する

不動産仲介の世界は、営業マンの入れ替わりが激しいです。

基本的に歩合制で働いていますから、売れる人は長くいれますが、売れない人は稼げずに辞めていく人も多いです。

 

仕事ができる担当者だと希望価格で早めに売却できる物件が、できない担当者が扱うと大幅に値下げしないといけない、売却に時間がかるなどのケースも起こりえます。

ただし、どんな担当者がつくかは運次第な部分があります。

たまたま電話に出た、来店したときに応対したなど偶然の要素で担当者が決まることも多いのです。

担当者が頼りないと感じた場合は、業者に相談をして担当者を交代してもらうような対策も必要でしょう。

2. 不動産売却先での不動産仲介会社のおすすめランキング

不動産仲介会社は地域によって強い弱いもありますので比較は難しいのですが、全国で多くの店舗展開をしている超大手も存在します。

MIRAIMOおすすめの不動産会社ベスト3を発表しますので、是非参考にしてください。

第3位 東急リバブル株式会社

東急リバブル株式会社

東急グループだけあって首都圏に強いイメージですが、近年は全国的に力を入れてきているので気にする必要はありません。

2018年度の売買仲介取扱件数が25,570件で、1日当たり約70件扱っている計算になります。

2017年には、売りたい空き家マンションのリフォーム費用を売却後に後回しできる「アクセル君」というサービスを開始。

売主目線に立った工夫が好評の不動産仲介会社です。

参考:東急リバブル株式会社HP

第2位 住友不動産販売株式会社

住友不動産販売株式会社

住友不動産株式会社の100%子会社で、2019年3月時点での取扱件数は37,643件に上ります。

ここ10年で10,000件ほど数字を伸ばしてきていますので、非常に勢いのある不動産仲介会社といってよいでしょう。

もちろん全国展開しており、2019年時点での店舗数は270店。

関東圏にも強いですが、特に関西圏の集客力の強さは、業界でもナンバーワンといわれています。

参考:三井住友不動産販売株式会社HP

第1位 三井不動産リアルティ株式会社

三井不動産リアルティ株式会社

三井不動産株式会社の100%子会社で、「三井のリハウス」というブランド名もCMなどですっかり定着しました。

2019年時点の店舗数も280店あり、さらに宅地建物取引士の資格所持者のみがお客様に担当するという徹底ぶり。

2018年度の売買仲介取扱件数41,533件は、なんと33年連続で業界トップを維持しています。

参考:三井不動産リアルティ株式会社

3. 不動産売却における不動産仲介会社の選び方

不動産売却における不動産仲介会社の選び方

「なにを基準に不動産仲介会社を選べば良いのだろう?」

不動産のプロでもない限り、確実に抱く疑問ではないでしょうか。

ここでは、失敗しないための不動産仲介会社の選び方を紹介します。

不動産の売却に関する実績がある

不動産仲介業といっても、売買仲介と賃貸仲介に大きく分かれます。

家やビルの売買を仲介する会社がある一方で、マンションやオフィスの貸借を仲介している会社もあるのです。

これは担当者に直接聞くのもよいですが、事前にホームページを調べてみてもどちらかわかるはず。

 

また、賃貸の仲介をメインにしながら売買仲介もやっているような会社もありますが、片手間でやっているだけの場合もありますから注意が必要です。

あくまで売買仲介がメインの仲介会社に相談するようにしましょう。

担当してくれる営業マンが信頼できる

営業マンが信頼に値する人物かどうかは重要です。

不動産業界のキャリアの長さや知識の豊富さが基準になるでしょう。

また、自分の要望や疑問に対して真摯に対応してくれたり、わかりやすく説明したりできるかどうかも、営業マンを見極める材料になります。

不動産会社の免許番号と行政処分歴の確認

免許番号

不動産仲介会社選びのひとつのポイントとして、免許番号と行政処分歴を確認するという方法が。

まず免許番号ですが、順に①免許権者②更新回数③番号と並んでいます。

このなかで重要なのが②の更新回数で、(〇)とかっこ内に数字が記載されています。

免許の更新は5年ごと(平成8年3月以前は3年ごと)ですから、数が多ければそれだけ長く不動産業を営んでいるということになります。

とはいえ長いからよくて短いからダメと一概には言えませんから、参考までにとどめておきましょう。

 

また免許権者に関してですが、複数の都道府県にまたがって営業している場合は国土交通大臣、ひとつの都道府県のみに事業所を置いている場合は○○県知事となっています。

行政処分歴

宅地建物取引業法に違反した会社は行政処分が下されますが、なかには業務停止や免許取消になるような悪質な違反もあります。

かなり気になる部分ですが、過去に行政処分が無くても対応が悪い会社もあれば、

行政処分歴があっても今は改善されて優良企業となったところもあるでしょうから、これだけで正確な判断はできません。

 

ただし、直近で行政処分がされている、もしくは一度だけでなく何回も繰り返し行政処分されているような会社は避けるのが賢明でしょう。

一部の都道府県を除いては、インターネットでも行政処分歴を確認することができますよ。

4. 不動産仲介会社を選ぶ前に知っておきたいポイント

不動産仲介会社を選ぶ前に知っておきたいポイント

不動産会社仲介会社を選ぶ前に、事前知識を入れておくことも大切です。

ここでは知っておくべきポイントをお伝えしましょう。

①不動産仲介会社によって得意分野が異なっている

ひとくちに不動産仲介会社といっても、得意としている分野はそれぞれに異なっています。

自分の目的に合わない不動産仲介会社に依頼しても、あまり意味がありません。

売買仲介と賃貸仲介でも分かれますし、売買のなかだと居住用の物件に強いところが多いですが、事業用のビルなどに強い会社も中にはあります。

事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

 ②ネット上での口コミは参考程度にとどめておく

最近は口コミサイトがたくさんネット上にあり、商品だけでなく、サービスに対しても評価がおこなわれています。

不動産業界も例外ではありません。

ネットで調べると、「○○会社に頼むと高い価格で売却してくれた」「△△会社の担当者は対応が悪かった」などといろんな口コミを見つけることができます。

しかしあまり信じすぎるのも考え物。

 

担当者のことを例にすると、たまたま当たった担当者が悪かっただけかもしれません。

また、不動産取引をするなど一生のうちになかなかありませんから、口コミ数の絶対数が少なく、サンプルとしても少なすぎます。

あまり固定概念を持たず、自ら確かめるくらいの姿勢が良いでしょう。

③不動産仲介会社の規模は関係ない

不動産仲介会社を選ぶのに、会社の規模の大小で決める方も多いでしょう。

これは間違いではありませんが、一概にそうとも言えません。

たしかにネームバリューのあるところに依頼すると安心ですが、営業マンが自分に合うかどうかはまた別の話。

不動産仲介会社が自分の売却したい物件に合っているかどうか、担当者が誠実に販売活動をしてくれるかといったほうが重要です。

また、小さい会社であっても、大手から独立して起業したような人も多いですから、規模問わずに優秀な営業マンは存在します。

④最適な仲介会社を見つけるには複数の会社に相談することが必要

売却する不動産会社を見つけるには、大手や中小を問わず複数にお願いするのが良いと思います。

様々な不動産会社を比較検討することで、対応の善し悪しも分かりますし、

何より不動産の査定額の比較ができるからです。

また、売却する物件がある地元業者も周辺の情報をたくさん持っていますので、大手だけでなくそちらにも依頼するのがオススメです。

 

自分に合った最適な会社をスピーディーに見つけるには、一括査定サイトがおすすめ。

MIRAIMOおすすめの査定サイトはこちらから👇

⑤インターネットに積極的な会社は不動産売却に強い

不動産を購入したい人は、どうやって物件を探しているでしょうか。

もちろん実際に不動産屋に訪ねる人もいますが、ほとんどはインターネットで事前にリサーチをするでしょう。

一旦はインターネットで調べて問い合わせし、そのあとに取り扱っている不動産会社と接触するのが一般的です。

 

ですから、インターネットに力を入れている=購入希望者から問い合わせが多い、というわけです。

物件検索ができなかったり、ホームページが無かったりするような会社は、集客面でいうと不利なケースが多いというのは頭に入れておくとよいでしょう。

⑥営業マンの善し悪しは話を親身に聞いてくれるかで判断する

物件を売却したい理由、売却する際の希望などは、事前に営業マンに伝えておかなければいけません。

売主のニーズに向き合わず、ないがしろにするような営業マンにはあまり頼みたいとは思いませんよね。

自分の意見だけを通そうとする、素人に不動産の専門用語を多用する、などといった営業マンもよく見かけます。

ちゃんと自分の話を親身に聞いてくれて、的確な提案やアドバイスをくれる営業マンを見つけましょう

5. 不動産会社と商談をする前に準備しておくべきこと

不動産会社と商談をする前に準備しておくべきこと

不動産会社と商談することが決まれば、事前に準備しておくことがいくつかあります。

中にはなにも用意しないという人もいるかもしれませんが、結局は用意が必要で二度手間になってしまいますから、

以下は初回面談時に準備しておくのをおすすめします。

投資物件の売却目的の明確化

投資物件を売却する理由・目的は不動産仲介会社の営業マンにとっても知っておきたい項目。

売主から「○○の理由で△月までに売却したい」などと具体的な要望があれば、それに向けて活動を行いやすいからです。

買いたいという人がいれば価格次第で・・・のようなあいまいな話であると、営業マンはすぐに販売できそうな別の案件を優先するかもしれません。

はっきりした売却目的があれば、お願いする営業マンにもはっきりと伝えるべきでしょう。

投資物件を売却するという心構え

投資物件の売却には、時間がかかります。

少なくとも6か月ほどの期間は見ておいたほうがいいでしょう。

また、価格も簡単に希望通りとはいかず、値引き交渉が入ってくるのも珍しくありません。

そのたびに、不動産仲介会社の担当者とやり取りをし、調整をしていかなければなりません。

時間と手間がかかるものですので、その点は頭に入れ、売りに出すようにしましょう。

投資物件の売却時に必要になる書類の用意

売却するときに必要になる書類がいくつかありますから、早めに準備しておきましょう。

書類の種類 概要
登記済権利証もしくは登記識別情報 購入した時期によって手元にある書類が異なる。

名義変更などに使う書類なので準備が必要。

固定資産税・都市計画税納税通知書 税額がどれくらいなのかの確認と、購入してくれる人との負担割合の計算に使用される。
検査確認通知書・検査済証 建築基準法に則って建築された建物である、という証明のために提出する。
地積測量図・境界確認書 土地の境界や面積を正確に把握し、かつ隣地とのあいだに越境している部分があれば隣地とすでに協議もしているはずなので、その確認で必要な書類。
建物図面・間取り図 購入希望者に見せれば、物件のイメージが沸きやすいためあると良い。

ざっと必要なものをまとめましたが、実印や印鑑証明書、印紙などもこの先必要になってきます。

事前に準備をしておくのが良いですし、書類もあればあるほど担当者も物件を理解してくれますから、迷わずあるもの全て提出するのをオススメします。

投資物件の売却相場を把握する

自分が売りたい価格というのはいろいろな事情からあるでしょうが、それが周辺相場より著しく高ければ、見直さなければなりません。

複数の営業マンに質問してリサーチしてもいいですし、事前準備だとインターネットで周辺で売りに出ている物件を検索する方法も使えますよ。

6. 不動産売却で失敗しないために信頼できる不動産仲介業者を見つけよう

不動産を売却する際に、不動産仲介会社選びがどれだけ重要であるか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

自分だけで抱え込まず、まずはプロに相談してみる、というのが希望通りの売却を実現する一番の近道だと思います。

不動産売却にお困りの方におすすめしたいのが、MIRAIMOが開催している個別相談会。

相談料無料で親身になって対応してくれますから、是非試してみてほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!