不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

ワンルームマンションや1Kのリフォーム相場と場所別の目安を徹底解説!

ワンルームマンションを購入して住んでいる人、賃貸している人は、リフォームがしたいと思うことはあるでしょうし、

いつか必ずリフォームしなければならない時が来ます。

 

住居の利便性の改善や空室リスクの改善のためなどリフォームをする目的は多様だと思いますが、どのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は、ワンルームマンションや1Kなど、1人暮らし向けのマンションのリフォーム相場や、リフォームをするメリット、リフォームをする上でのポイントを解説します。

1. ワンルームマンションや1Kを1部屋丸ごとリフォームしたい場合の相場

ワンルームマンションや1Kを1部屋丸ごとリフォームしたい場合の相場

ワンルームマンションや1Kを1部屋丸ごとリフォームしたい場合の相場は100~900万円ほどと幅が広くなっています。

特に、

  • トイレや風呂など、水回りの移動が必要になるリフォーム
  • スケルトンリフォーム(マンションの骨組み以外を丸ごと変える)
  • 高いデザイン性を求める

など、リフォームをする範囲やデザインによって高額になることは覚えておきましょう。。

2. ワンルームマンション・1Kの場所別のリフォーム費用目安を徹底解説

ワンルームマンション・1Kの場所別のリフォーム費用目安を徹底解説

次に、ワンルームマンション・1Kのマンションでリフォームをする場合の場所別の相場をご紹介します。

壁紙や床の張り替え

壁紙を張り替える場合の費用は1㎡あたり1,000~1,500円が相場となっています。

およその目安として、6畳の部屋の壁紙張り替えは3~4万円、8畳の部屋は5~8万円。

また、古い壁紙の処分代の相場が1~2万円です。

ただし、業者や壁紙の素材によって金額は大きく前後します。

 

フローリングの張り替えは、

  • 4畳:7万~10万円
  • 6畳 9万~18万円
  • 8畳 10万~20万円

が相場です。張り替えより重ね張りをする方が料金は安くなり、床材の質によっても料金は前後します。

和室を洋室にしたい場合

和室(畳)を洋室(フローリング)にしたい場合は、1畳あたり3~5万円ぐらいを見込む必要があります。

また、巾木や下地から変える必要もあるので、更に高額になることも考慮しておく必要があるでしょう。

キッチン

ワンルームマンションや1Kマンションのキッチンリフォームは数万~50万円が目安となっています。

内容は、

  • ミニキッチン交換
  • キッチンコンロの交換
  • 換気扇(レンジフード)の交換
  • シンクの交換

です。どれか1つだけなら、数万~50万円以下でリフォームが可能。

ワンルームマンションや1Kのマンションはキッチンも小規模なため、リフォーム費用は安く済むでしょう。

キッチンの場所を移動したい場合は、ガス・電気・水道などの配管工事が必要になるため、150万円以上の予算を見込んでおく必要があります。

トイレ

トイレの交換費用の相場は、トイレの性能にもより、5~60万円となっています。

60万円前後を見込んだ方が良いのは、和式トイレを洋式トイレに変更するようなパターンで、

ウォッシュレット付きにしたり、一部を交換するだけなら10万円以内に収まるでしょう。

風呂

ワンルームマンションで浴室全体をリフォームしたい場合は、手すりや棚・ドア・内装・浴槽・給湯器などの交換費用の相場で、30~50万円になります。

シャワー交換や浴槽交換

シャワーヘッドや水栓の交換は約5万円前後でできます。

そして浴槽の交換は

  • 据え置きタイプ:5万円
  • 埋め込みタイプ:20~50万円

が相場となっています。

ユニットバスのリフォーム費用

ワンルームや1Kでよくみられるのは風呂・トイレ・洗面台が一緒の3点式ユニットバスですが、ユニットバスを風呂トイレ別の間取りにしたい場合は、50万~200万円ほどの費用を見込む必要があります。

その他ユニットバスで見られるリフォーム費用の場合は

  • 風呂とトイレを壁で仕切る:30万円前後
  • 浴槽を撤去し、トイレとシャワーのみにする:50~60万
  • 3点式ユニットバスを新しいものに交換:40~80万円

となっています。

洗面所

洗面所のリフォーム費用の目安も、リフォームをする範囲によって異なります。

グレードの低い洗面台交換・壁紙交換・床交換一式なら20万円ほどでできます。

グレードの高い洗面台にしたり、洗面所に収納を作る、洗面所を移動するなどのリフォームは50万円ほど見込んでおく必要が。

収納

ワンルームマンションや1Kのリフォームで収納を増やしたい、なくしたいという場合のリフォーム相場は以下の通りです。

  • 押入れをクローゼットにする:3~20万円
  • 床下収納の設置:10万円
  • 1.8m幅のクローゼットを設置:15万円

収納の有無は生活のしやすさや入居者の入りやすさにも関わるので、どの程度リフォームをするかよく検討しましょう。

関連記事空間別のリノベーション価格相場を知る|予算内で理想の部屋を実現

2017.09.19

3. ワンルームマンションをリフォームするメリットは?

ワンルームマンションをリフォームするメリットは?

ワンルームマンションをリフォームするには、ある程度の費用がかかることが分かりましたが、

マンション投資をしている人にも、実際に自分が住むために所有している人にも、費用をかけてまでリフォームをするメリットをご紹介します。

マンション投資をしている場合は、空室リスクを下げられる

マンション投資をしている人は、入居者がいないと家賃収入を得ることができません。

マンションの設備や内装が古いことが原因で入居者から敬遠されてしまうこともあるため、リフォームを適切に行うことで、空室リスクを下げることができます。

 

例えば、ずっと空室だったワンルームマンションに50万円をかけてリフォームした結果、空室が改善できたとしましょう。

毎月家賃収入が8万円だとすれば、7ヶ月ほどでリフォーム資金は回収できる計算に。

リフォーム費用は経費にできるので、税金が安くなる

リフォーム費用は、確定申告時に全て経費として計上することができます。

確定申告をするときにリフォーム費用を計上すれば、所得(給料や家賃収入)を圧縮することが可能。

結果、税金の還付を受けられることもあります。

新築マンションより安く、内装を新品同様にできる

新築マンションを購入するより、中古マンションを購入してフルリフォームした方が、価格が安く済むこともあります

新築ワンルームマンションというのは、広告費やディベロッパーの利益も含まれているため、中古マンションより割高な傾向に。

内装のきれいさだけ求めるなら、中古ワンルームマンションをリフォームした方がコスパが良い場合もあるでしょう。

4. ワンルームマンションのリフォームを意義あるものにするためのポイント

ワンルームマンションのリフォームを意義あるものにするためのポイント

リフォームにかかる費用は決して安くないため、せっかくなら意味のあるリフォームにしたいですよね。

そこで、ワンルームマンションをリフォームする際に押さえておくべきポイントをご紹介します。

賃貸に出す場合は、入居者のことを考慮したリフォームを

投資用でワンルームマンションをリフォームするなら、「自分がどうしたいか」というより、入居者のことを第一に考えてリフォームをしましょう。

例えば女性をターゲットにするなら、室内洗濯機置場は必須、また、防犯のためにモニターホンを取り付けるといった具合です。

賃貸物件のリフォームに詳しい業者に相談するのも手。

どこをどの程度リフォームするかなど、収支計画をよく立てる

あらかじめリフォームの予算を決めておき、リフォーム箇所は絞っておきましょう。

リフォームをしたがために生活を圧迫してしまったり、マンション投資の経営面で悪影響が出ては、リフォームをする意味はありません。

  • 本当にこの箇所にリフォームをする意味はあるのか?
  • 資金に余裕はあるのか?
  • リフォームローンを組むのか?

などよく検討し、各業者に見積もりを取ったうえで慎重に決めましょう。

5. ワンルームマンションのリフォームは収支計画を立てた上で検討しよう!

ワンルームマンションをリフォームするには、場所ごとにかかる費用相場を把握した上で、収支計画を立てることが必要です。

もし、マンションのリフォームのことでお困りの場合は、MIRAIMOの無料オンライン相談がおすすめです。

不動産投資のことでなく、管理・リフォームについてのご相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!