不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資の魅力とは? 7つのメリットを徹底解説|押さえておくべきリスクについても紹介

昨今、サラリーマンや若者の間でも始める方が増えてきている不動産投資。

さまざまな投資の中でもこのように着目される「不動産投資」には、一体どのような魅力があるのでしょうか?

 

一方で不動産投資にはたくさんの魅力がありますが、同時にいくつかのリスクも存在し、

失敗を恐れて不動産投資に踏み出せない方も多くいます。

ですが投資に対する正しい知識を身に着け、対策をすることで失敗は防げ、しっかりと利益を得ることができるのです。

今回は不動産投資の魅力やリスクと失敗しないためのポイントをご紹介しましょう。

1. 不動産投資の7つの魅力を徹底解説!

不動産投資の6つの魅力を徹底解説!

さまざまな投資の手段がある中で、昨今人気の出ている不動産投資にはどのような魅力があるのか気になりますよね。

不動産投資を始める方は、どのようなことに魅力を感じ期待をしているのでしょうか。

ここでは不動産投資の7つの魅力について見ていきたいと思います。

①安定した家賃収入(インカムゲイン)を得られる

不動産投資の最大の魅力として『入居者さえ確保してしまえば、毎月安定した家賃収入を得ることが出来る』という点があげられます。

居住の契約は2年程度が多いため、その入居者が退去をするまで一般的には2~3年程度は安定した家賃収入が確保出来ますし、

入居者が長く居住を希望する場合は更に長く安定した収入が得られることに。

売却益(キャピタルゲイン)が得られることも

日本の経済状況によって地価が上昇する可能性もありますね。

不動産価格が上がった際には投資物件を売却することで、売却益を得ることも考えられます。

またその他にも、その不動産の価値を上げる努力(リフォーム・リノベーションをするなど)によって、売却時に売却益を狙える可能性も出てくるのです。

②投資リスクが少ない|ミドルリスク・ミドルリターン

長期的にコツコツ資産を築いていきたい人には非常に魅力的なのが不動産投資。

不動産投資は投資の中でも、リスクやリターンともに普通レベルです。

確かに株式投資のように、短期で大きな利益を見込むことはできず、一攫千金の可能性は少ない投資法です。

また、貯金をしている場合と比べて、投資なので損をしてしまうリスクはありますが、株やFXなどと違って、不動産の値動きはゆっくりです。

短期で大暴落を起こして大損してしまうリスクも低いですし、上述の通り家賃収入は入居者がいる限り、安定して入ってきます。

③生命保険の要素がある|団体信用生命保険

不動産投資では投資をした際に「団体信用生命保険」(以下、団信)という保険に加入します。

団信は万が一不動産を購入した本人が死亡した場合、ローンの残りの返済がなくなるシステムなので、家族に迷惑をかける心配がありません。

最大のメリットとして亡くなってしまった方の不動産が収益物件だった場合に家賃収入を受け取ることができます。

また、保険料が年齢に左右されない点も大きな特徴と言えるでしょう。

④所得税・相続税などの節税効果が見込める

不動産投資で得た収入は所得税や住民税、相続税などの課税対象になります。

各種税金などに減価償却として経費計上が可能になりますし、住民税も変わってきます。

相続税においても現金や株式で相続するよりも、不動産で相続した方が税金が軽減されるのです。

⑤少額から始められる

不動産には「担保力」と「収益力」があります。

つまり、不動産投資をする際に多額の資金が用意出来ない場合でも、投資する物件やその物件から得られるであろう収益を担保に融資をしてもらうことが可能になるのです。

融資の返済には毎月の家賃収入から返済が可能なので、担保力・収益力のある不動産を購入することはとても大切になります。

⑥副業としても始められる

不動産投資は、会社員や忙しい人でも仕事をしながらできるのが魅力です。

不動産を賃貸に出すと、入居者募集や入居者対応、建物管理といったさまざまな業務が必要になりますが、不動産管理会社に管理を委託することで一切の業務を任せることができます。

よって、自分がすることは毎月の家賃が入金されているかの確認と、時折来る管理会社からの電話を受けることぐらいで、手間がほとんどかかりません。

管理委託手数料は、月額家賃の5%ほどが相場です。

⑦自分で考えて投資をすることができる

不動産投資は、投資者自身の考えで進めることができる投資です。

投資を検討してから不動産会社や物件の選定・融資を受ける金融機関の選定・管理会社の選定など、

第三者や決まった流れのしがらみにとらわれずに自身で考え積極的に投資にかかわることが可能なので、納得して進めることが出来るのです。

例えば

  • 空室を埋めたい→駐車スペースを広くする
  • リフォームをしてオシャレな物件にする→入居者希望が出てくる

など物件の価値を自身で上げていくことが出来るのも不動産投資の魅力。

不動産投資には他にも魅力あふれるメリットがたくさんあります。詳しくはこちら

関連記事不動産投資11のメリットと11のリスクと対策方法を分かりやすく解説!

2019.07.09

2. 不動産投資はやめとけと言われる理由|押さえておくべき不動産投資のリスク

不動産投資はやめとけと言われる理由|押さえておくべき不動産投資のリスク

不動産投資には多くの魅力があることが分かりましたが、

一方でインターネット上で不動産投資について調べると、「不動産投資はリスクばかり」「不動産投資は失敗する」など、不動産投資はやめとけというような内容の記事が多くあります。

確かに不動産投資は投資なのでリスクがあり、失敗している人がいるのも事実。

しかし、どんなリスクがあるのかを知っておくことで、リスク対策をすることができ、不動産投資の失敗を防ぐことができます。

当項では不動産投資に関するリスクをご紹介しましょう。

①入居者に関するリスク

空室リスク

不動産投資の最大のリスクと言われるのが空室リスク。

入居者が見つからないまま空室が続いては家賃収入を得ることが出来ず、ローンの返済のみ負担がかかることになります。

空室リスクに対して物件の価値を上げるような対策を、投資家は常に心掛けておかなければなりません。

家賃滞納リスク

空室リスクよりも厄介かもしれないのが、入居者に家賃を滞納されてしまうリスクです。

現在の法律では、オーナーより入居者が強く、滞納者を簡単に追い出すこともできないため、非常に困りますね。

家賃保証会社に加入したり、管理会社に適切に対応してもらうことが必要不可欠になるでしょう。

②物件に関するリスク

修繕費リスク

特に中古マンション・アパートを購入すると修繕費が予想以上にかさむリスクが。

購入前内覧時に不具合や老朽化した設備はないか、リフォームが必要そうならどれぐらいかかりそうかなど、修繕やリフォーム代を見越したうえで物件の購入を決めたり、

運用中は突発的な修繕に備えて、お金を積み立てておくことで修繕費リスクに備えることができます。

天災リスク

物件のリスクでは火災や地震や風水被害など自然災害によって、賃貸経営が不可能になってしまう場合があります。

自然災害などは未然に防ぐことが不可能なため、保険に入ったり、地盤が強い場所、地震に強い新耐震の建物に投資をしたりと、

被害を最小限で済むような対策を事前にとっておかなくてはなりません。

③運営・投資に関するリスク

流動性リスク

流動性とは簡単に言うと「売りやすさ」のこと。

不動産投資ではいざまとまったお金が必要になった時でも直ぐに収益を上げることは出来ません。

また売却を考えた時でも、買主が見つかるまでは売却益を得ることも出来ません。

不動産投資は独特の時間の流れに乗ったものであり、「お金が必要なタイミングに必ずしも合わせられるとは限らない」投資であることを気に留めておきましょう。

金利上昇リスク

経済的なリスクで言うと、金利が上昇した場合や増税になった場合、ローンの返済金利も上昇してしまい、返済する金額が増えてしまいます。

管理会社倒産リスク

不動産管理会社が倒産し、家賃の回収が難しくなってしまうリスクも少なからずあります。

管理会社を選ぶ際は、会社の情報・管理物件数・空室率などをよく調べた上で慎重に選びましょう。

不動産投資のリスクとリスク対策については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

関連記事不動産投資のリスクとリスクヘッジ10選|不動産投資を成功へ導く圧倒的な秘訣!

2019.06.17

3. 不動産投資で失敗しないためのポイント3つ

不動産投資で失敗しないためのポイント3つ

不動産投資の魅力とリスクを知ったところで、投資で失敗をしないための3つのポイントを紹介します。

①セミナーや本を読んで不動産投資の知識を身につける

不動産投資を始める前に、最低限の知識は身に着けておくべきです。

さまざまな不動産会社で開催されているセミナーなどに参加したり、不動産投資関連の書籍を読んだり、

またインターネットで情報を収集するなど、不動産投資投資について常に関心を持ちしっかりと学ぶことが大切。

関連記事不動産投資をお手軽に勉強する方法を紹介|勉強後の行動が成否を分ける!

2019.09.10

②あらゆるリスクに対応できるようにリスクヘッジする

不動産投資において成功されている方の共通点の一つとして「リスクヘッジ」つまり、リスクに対する対策を立てていることが挙げられます。

不動産投資の魅力を最大限活かすためにも、より多くの知識を得て将来起こりうる問題に対応出来るよう、万全のリスクヘッジを行いましょう。

③不動産会社に言われるがまま投資物件を購入しない

「節税になる」「生命保険の代わりになる」「この物件は価値が上がる」などセールストークに負けて、言われるがままに物件の購入を決めてはいけません。

先述の通り不動産投資に関する知識をつけた上で、しっかりと自身でも物件について調べ、

納得するまで追求してから契約に進まなければ、大損をする物件を買わされてしまう可能性もあるのです。

4. 不動産投資は魅力の多い資産運用方法!リスクを把握して対策を練れば大丈夫

不動産投資の魅力とリスクを紹介してきました。不動産投資に興味を持っている方の参考になりましたでしょうか?

不動産投資の魅力の陰に潜むリスクを回避するための対策知識をしっかりと学ぶことで、失敗を恐れずに不動産投資に挑戦することが出来るでしょう。

 

またMIRAIMOでは、不動産投資に関する悩みや相談を随時受け付けており、弊社のプロの不動産投資コンサルタントがあなたの疑問や不安にお答えします。

不安を抱えたまま投資に踏み出すことはおすすめしません。

まずは、MIRAIMOの公式アカウントを友だち登録いただき、悩みや不安を相談してみてはいかがでしょうか。

MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!