不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資で実績が重要なワケ|融資の際に求められる信用力とは?

不動産投資には、実績が大切だといわれます。

確かに、経験や実績が豊富であれば、物件を運用してきたこれまでのノウハウにより投資効果をあげることができるでしょう。

不動産投資に限らず、実践では経験がモノを言うケースが少なくありません。

ところが、実績が役に立つのは運用面だけではないのです。

 

実は、不動産投資にとって、「実績」があるということは、資産や収入と同じくらい大切な財産なのです。

そこで、今回はなぜ不動産投資では実績が重要なのかを、融資の際に求められる信用力との関係性からお話していきます。

1. 不動産投資で実績が重要なワケは「融資が受けやすくなる」ことにある

不動産投資で実績が重要なワケは「融資が受けやすくなる」ことにある

不動産投資で、金融機関が融資するときに実績が重要視される原因は信頼性にあります。

職業や収入が融資基準を超えているからといって、適正な運用ができるとは限りません。

金融機関が融資するときには「この人は間違いなく返済してくれる」という証明が欲しいのです。

 

既に「不動産投資で利益をあげているという実績」があるということは、金融機関からは経験による運用のノウハウがあると判断されます。

したがって、金融機関が「実績があれば、まったくの素人ではないから安心できる」と融資を決定しやすくなるのです。

実績は、金融機関からの信頼を獲得する重要なポイントになります。

2. 実績も含まれる!不動産投資の融資で求められる「信用力」とは?

実績も含まれる!不動産投資の融資で求められる「信用力」とは?

不動産投資で融資を受けるときに必要となる「信用力」の内容は、金融機関の扱う商品によって異なります。

信用力とは、あなたの収入・勤務先・勤続年数や、ローンやクレジットカードなどの債務状況などさまざまな資産状況から、金融機関が「この人に融資をしてよいか」を判断する基準となるものです。

ローンの種類や金融機関によって求められる信用力は異なります。

ここからは、不動産投資に利用する金融商品として「アパートローン」と「プロパーローン」に必要な信用力をご紹介しましょう。

アパートローン(個人用融資)で求められる信用力

アパートローンは、個人向けに商品化されたローンで、融資するための条件も一定の基準を設けています。

たとえば、購入物件については、担保価値・築年数・構造などであり、契約者については収入・職業・勤続年数などが設けられています。

したがって、定められた基準を満たせなければ融資を受けることはできません。

しかし、考えようによっては基準さえ満たしていれば融資を受けることができるのです。

不動産投資初心者が副業として融資を受けるには利用しやすい商品でしょう。

関連記事アパートローンを組むために必要な全知識|融資担当監修の金利一覧表

2018.09.03

プロパーローン(事業性融資)で求められる信用力

プロパーローンは、アパートローンのように、あらかじめ基準を設けた商品ではありません。事業性に着目した融資といえます。

したがって、契約者の経営する不動産の収益・物件の担保価値・用意した財務資料などで融資を決定することに。

アパートローンのように基準重視ではなく、経営実績が必要になる商品といえます。

したがって、不動産投資でプロパーローンを利用するには、まず不動産投資の実績を備えてからビジネス展開のための資金として融資を受けることになるのです。

関連記事不動産投資でプロパーローンを組む意味は?仕組みから解読するメリット

2017.10.17

融資への監視が強化されつつあるので注意が必要

金融庁・日銀が、供給過剰による空室問題を警戒して融資への監視強化を検討し始めています。

原因としては、土地所有者の節税や相続税が増税されたため、アパート経営を希望する人が増え、金融機関もその流れに乗り「アパートローン」の実行が急増していることが挙げられます。

現状はアパートローンの増加について実態の把握を進めており、金融機関が収益性によらず担保や保証重視の貸出しをしていないかなど、モニタリングなどによる調査を始めているのです。

今後の展開には注意が必要でしょう。

3. 不動産投資で信用力を上げるために、実績を積むことが重要

不動産投資で信用力を上げるために、実績を積むことが重要

実績を積むための最初のポイントは、無理なく返済できる物件を選択することです。

定められた計画に沿って、滞りなく返済していくことで実績を作ってください。

 

不動産投資をするためには、利用できるローンの選択肢が多いに越したことはありません。

初めて投資物件を購入するときは、金融機関もあなたが不動産投資を「ビジネス」としてやるということを認識しにくいので、

条件の定められたアパートローンを利用することになるでしょう。

アパートローンを計画通り返済することで、金融機関の信頼を得ることができ、プロパーローン利用の道が開けるのです。

不動産投資で初心者は規模よりも運用実績を積むことを考える

初めての不動産投資での無理な返済計画は、今後の展開に悪影響を及ぼします。

返済が滞るようなことがあれば、金融機関から信頼を得ることができないからです。

不動産投資をはじめる時には、少しでも利益を上げようと無理をするケースが少なくありません。

 

将来の展開を考えているのであれば、慎重に融資計画を進めてください。

たとえ利益が少なかったとしても、実績を作ること自体が財産になるからです。

4. 不動産投資で実績を積むことは、投資規模の拡大を考える上で必須!

不動産投資は実績、そしてスタートが大切です。

無理のない返済を続けることで、金融機関の信頼を得ることができれば、順調な不動産投資の拡大につながり、将来の展望までが明るくなるのです。

実績を持つことの重要性を意識して、物件選びや借入金の返済計画は慎重にしなければなりません。

 

不動産投資において疑問があれば、専門家のアドバイスを受けることがポイントです。

わからない状態のまま物件を選んだり融資を受けたりすると、思わぬリスクを負うことにもなりかねません。

MIRAIMOでは、無料個別相談で不動産投資に関する細やかなバックアップをしているので是非ご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!