不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

20代から不動産投資を始める6つのメリットと2つの注意点

みなさんは不動産投資に対してどんなイメージを持っていますか?

  • まとまった資金が必要
  • 難しい法律が関わってくる
  • 多額の税金がかかる

このようなマイナスのイメージが先行してしまい、なかなか手を出しづらいのではないでしょうか?

確かに「不動産投資は中高年で資金がかなりある人が行うもの」というイメージを持つ人は多いと思います。

 

しかし実際はそんなことはなく、20代、30代の方で会社勤めをしながら不動産投資を始めている人は年々増えています。

不動産投資は早くスタートすればするほどより多くの利益を得ることができるのをご存知でしょうか?

そこで、今回は20代のうちから不動産投資を始める6つのメリットと2つの注意点をご紹介します。
 

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

LINE@友達登録

1. ナゼおすすめ? 20代で不動産投資を始める6つのメリットとは

はじめに、不動産投資を20代で行うメリットを6つご紹介します。

①定年までの期間が長い

20代は定年までの期間が40年ほどあります。

定年までの期間を長く取れることで、不動産投資で得られる利益をさらに引き出すことが可能です。

具体的には、以下が挙げられます。

  1. 融資期間を長く設定することができる=月々の返済額を少なくできるため、月毎の手取り収益を多くすることができる
  2. 本業の収入にプラスして、安定したリターン(家賃収入)を得ることができる
  3. 定年までにローンを完済することができ、完済後は家賃収入のほとんどを自由に使うことができるため年金代わりになる

ローンが完済できればあとは収入を得るだけ。

株や不動産投資2棟目など、投資の幅を広げることでさらなる資産拡大を目指すことも可能になるでしょう。

②「女性、若者/シニア起業家支援資金」が利用できる

「女性、若者/シニア起業家支援資金」は、日本政策金融公庫から受けられる特別な融資です。

35歳未満か55歳以上の人または女性で、新たに事業を始める人もしくは開業後7年以内の人に適応されるもので、融資限度額は7,200万(うち運転資金4,800万円)となっています。

この女性、若者/シニア起業家支援資金を利用すれば、20代で不動産投資の融資を受けることが可能なのです。

さらに、金利の優遇があるため固定金利で1.4~2%という低金利融資を受けることができる点は最大のメリットと言えるでしょう。

③副業としても始められる

不動産投資とは「不動産賃貸業を営むこと」です。

そう聞くと副業には向かないと思ってしまいますが、不動産投資をする上で、心強い味方が存在します。

それは、物件運営に関わる業務を代行してくれる不動産管理会社。

入居者の募集から管理、物件のメンテナンスや家賃集金とオーナー業務のほとんどを代わりに行ってくれます。

不動産管理会社に物件管理を委託してしまえば、自分の手をかけることはほとんどありません。

本業に集中しつつ副業として不動産投資を行うことは十分に可能です。

④少額から投資できる方法がある

不動産投資には実際に物件を購入し運営していく現物不動産投資の他に、少額の資金から投資できる方法があります。

以下に、その主なものをご紹介します。

REIT

「REIT(リート)」とはReal Estate Investment Trustの略称で、一般的には「不動産投資信託」と呼ばれている投資商品です。

その仕組みは、投資家から集めた資金で複数の不動産へ投資を行い、そこで得られた家賃収入や売買益を投資家に分配するというもの。

株式と同じように証券取引所に上場しているため、売買が簡単で1万円単位の少額からの投資が可能という特徴があります。

クラウドファンディング

クラウドファンディングの仕組みは、インターネット上で支援者に広く資金提供を呼びかけるシステム。

不動産投資でのクラウドファンディングには、以下の2種類の手法があります。

融資型クラウドファンディング(物件情報非公開)

企業がインターネットで資金を募り仲介する運営会社が投資家から集めた資金をその企業に融資する方法で、融資資金の金利から運営会社の報酬を差し引いた金額が投資家に分配される。

ファンド型クラウドファンディング(物件情報公開)

投資ファンドを通して投資家から資金を集めて物件を購入・運用し、そこから得られる家賃収入や売買益を投資家に分配する方法。

最近ではファンド型クラウドファンディングが主流となりつつありますが、どちらも1万円単位の少額から投資ができ手軽に始めることが可能です。

関連記事不動産投資を少額から始める方法5選|自己資金0円〜1万円でも儲けられる!

2018.09.18

⑤経営実績を早くから積める

不動産投資に限らず実績は信用につながります。この信

用が重要視されるのが、なんといっても融資の審査時。

投資の規模拡大などの新たな融資を受ける際には、借主の年収や職業などの属性に加えて「経営実績」が融資金額や貸出金利を決める重要な判断要素となります。

経営実績を早くから積むことができる20代の不動産投資は、さらなる資産拡大を目指す上でも非常に有利と言えるでしょう。

⑥万が一失敗してもやり直せる時間がある

不動産投資は大きな額の融資を受けるため、毎月の返済負担は決して軽くはありません。

そこにリフォーム費用や管理費、税金などの経費が重なれば、返済が追い付かなくなるリスクが生じます。

たとえローンの完済ができても、天災や事故で建物が損傷を受けるリスクは不動産経営をしている限り常につきまとうものです。

このような不動産投資におけるリスクも、20代のうちに気づくことができればその対処法を早く見つけることができます。

失敗してもやり直せる時間の猶予があるのが20代なのです。

2. 20代の不動産投資で注意すべき2つのこと

20代で不動産投資を始めるメリットをご紹介してきましたが、一方で注意すべきことももちろんあります。

ここからは、20代の不動産投資で注意すべき点を2点ご紹介します。

①知識不足での見切り発車に注意!

不動産投資を始める際には、必ず基礎知識を身につけましょう。

知識を何も得ていない状態で行動することは、ルールを知らずにスポーツをしていることと一緒。

知識がなければ投資物件の善し悪しも、不動産業者との条件交渉も自身で判断することができません。

不動産投資を成功させるためには、さまざまな情報源を活用して知識を蓄えることが大切なのです。

そこで、まずは以下の方法で不動産投資の知識を学びましょう。

不動産投資に関する本を読む

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4800720311、https://www.amazon.co.jp/dp/4492733043、https://www.amazon.co.jp/dp/4800720567

右も左も分からない初心者の場合は、まずは不動産投資の全体像を掴むことができる本を読むことが大切。

上に並べた本は不動産投資初心者に向けて書かれた本であれば専門用語を多用することなくわかりやすい表現で書かれているため、効率的に知識を深めていくことができるでしょう。

20代で不動産投資を始めた人のブログを読む

出典:20代不動産投資から不動産王への道程

ブログにはリアルな体験談が書かれているため、不動産投資をシミュレーションするにあたっての見本として活用できます。

特にブログから読み取ることができる実際の成功例や失敗例は、参考書を読んでも知ることのできない貴重な情報です。

無料セミナーへ足を運んでみる

セミナーのメリットは直接不動産投資の専門家から業界の動向や最新情報を聞くことができること。

またセミナー参加者と交流の機会を持てることで情報交換ができたり、専門家に個別に相談できる時間が設けられていたりするため、自分が抱いている疑問や不安を直接的に解決する手段としても有効です。

不動産投資初心者に向けたセミナーは無料のものがほとんどなので、一度は足を運んでおくべきでしょう。

関連記事不動産セミナーの無料と有料の違い!|セミナーに参加するメリットやデメリットとは?

2019.01.18

②ネットの情報だけに頼りすぎない

今の20代はネット社会に精通していて、インターネットで情報を得ることが主流になっています。

しかし、ネット上の情報というのは断片的なものが多く、その情報を鵜呑みにして不動産投資を行うことは最も危険な行為です。

不動産投資では、ネットには書かれていないような想定外の事態が容易に起こります。

不動産投資を行う際は、直接不動産投資業界の専門家に相談する機会を持つことで不安要素をなくすことが成功への近道。

本やセミナーなどの信頼ある情報元から知識を集め、自身で学んだ知識と情報に基づいて投資運用に関する判断を行うようにしましょう。

物件は必ず現場に行ってチェックする

インターネットや不動産会社に勧められた投資用物件で気になるものがあった場合、物件の現地調査をすることが大切です。

提供される情報は平面的で投資家目線のものが多く、居住者にとっての快適性や建物の管理・劣化程度、周辺環境などは自分の目と足で確かめる必要があります。

不動産投資で成功を収めている投資家のほとんどは、現地調査を欠かしません。物件購入は、必ず現地へ足を運び内見をしてから判断するようにしましょう。

鵜呑みにせずあらゆる角度から検証する

不動産投資に関するすべての判断は、自分自身の知識と情報に基づいて行わなければなりません。

本やブログ、セミナーなどで紹介されている情報は数ある中の一部であって、それが必ずしも自分の目的や投資方法に沿うものであるとは限らないのです。

さまざまな情報を集めて比較し、多角的な検証をして経営者としての見識を深めることが投資の成功には欠かせません。

3. 20代で始める不動産投資にはメリット多し! まずは知識習得から始めよう

不動産投資は、始める時期が早ければ早いほど多くのメリットがあります。

本業の収入を得つつ長期に渡って継続した運用収益を得ることができる20代は、不動産投資においては最も有利。

また、将来ライフステージが変わっても、不動産投資の収益は心強い収入源となります。

不動産投資をするにもまだ貯金もないし社会経験も浅いと不安に感じるかもしれませんが、興味を持ったらまずは知識を習得することから始めてみましょう。

MIRAIMOを運営するASIS株式会社では、不動産投資初心者に向けた無料セミナーを定期的に開催しています。

個別相談も受け付けていますので、ぜひ一度ご参加ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門