不動産投資に不安があって踏み出せない…|8つの不安要素を取り除くQ&A

不動産投資には様々なメリットがありますが、当然ながらデメリットもあります。

そもそも、「本当に不動産投資で成功できるのか」「難しいことを覚えないと成功しないのではないか」などと不安に思う人もいるのではないでしょうか?

確かに不動産投資は知識がなければできないことが多く、きちんとした収支計画を立てたり、購入する時や売却する時のことを考えた物件の見極め方などを知る必要があります。

しかし、それは逆に知識さえあれば誰でも不動産投資ができるということです。

様々な不安は付き物ですが、誰でも最初は不安な気持ちから不動産投資を初め、今では多くの収益を上げている人もいます。

不動産投資への不安が取り除けないのであれば、この記事を読んで不安を拭い去りましょう。

今回は、不動産投資に関する様々な疑問にお答えし、不安を和らげる対策をご説明します。

1. 不動産投資を始める前の不安Q&A

不動産投資を始める時、様々な不安が尽きない人もいることでしょう。しかし、そんな不安も以下の助言によって克服することができます。

【Q1】サラリーマンにも投資物件が買えるの?

【A】購入できます

確かに、サラリーマンでもローンを組んで投資物件を購入できるのか不安に思うところですが、問題なく購入できます。

サラリーマンでも不動産投資に成功している人がいるように、誰でもしっかりと計画を立てて準備していれば成功するものです。

自分が立てた計画に自信を持つ為には、セミナーなどに参加して相談してくれる人に背中を押してもらうのがおすすめです。

【Q2】借金・融資をするのが怖い…

【A】資金計画を立てましょう

投資物件を購入する際に、融資を受けてローンを返済するということに不安を感じる人もいますが、きちんとした資金計画を立てて実践すれば問題はありません。

マイホームとは違い、ローンは家賃収入から返済するだけなので空室が出ないようにすることで自ずとローンを完済することができます。

返済に支障がないと金融機関が判断すれば無事に融資を受けることができるので、マイホームよりもリスクが少ない投資物件の方が安心して運営できるでしょう。

【Q3】少子化なのに、賃貸は需要があるの?

【A】立地エリアを選びましょう

少子化の影響で昔より厳しい状況にありますが、立地エリアを吟味して選ぶことで問題なく収益を上げることができます。

立地によっては賃貸の需要は変わらないどころか上がってきているので、少子化でも問題なく運営できるでしょう。

関連記事アパート経営で必要な立地を選ぶポイントを紹介!|立地が悪い場所でも対処法はある!

2018.06.02

【Q4】投資物件のローンって高いのでは?

【A】低金利のローンもあります

確かにマイホームと違って基本的に高い金利のローンが多い傾向にありますが、低金利のローンもあります。

ただ、これは借り手や物件の条件、金融機関などによって大きく違うので注意が必要です。

もちろん中には高金利のローンだけでなく3%よりも低い金利でローンを組むこともできるので、複数の金融機関に相談するのがおすすめです。

関連記事【2018年版】アパートローン金利銀行別比較|不動産投資で生き残る術!

2018.07.25

【Q5】不動産業者にあまりいいイメージがない…

【A】信頼できるパートナーを選びましょう

不動産業者の中には悪質な業者がいるのは確かです。

悪質な業者に引っかからないように、自分自身でその不動産業者が信頼のおけるパートナーなのかどうかを見極める必要があります。

投資物件を購入した後もサポートしてくれるなど、担当と何回も話し合うことで自ずと信頼できるかどうかが分かるでしょう。

不動産業者と良質な信頼関係を築くことができれば、貴方に見合った投資物件を紹介してくれますし、様々な情報を教えてくれます。

【Q6】もっと景気が回復してからの方がいいのでは?

【A】物件ごとの判断をおすすめします

景気の回復を待ったとしても、物件の価格が下がるとは限りません。したがって、物件ごとに判断するのがおすすめです。

投資物件を購入すれば翌月から家賃収入が得られるので、景気の回復を待つよりもお得です。

早めに物件を購入した方が早めにローンを返済することができますし、低金利の恩恵も受けられることから早めに物件を購入するに越したことはありません。

【Q7】家族が反対しそう…

【A】収支計画書を作りましょう

ここは収支計画書を作成するのがおすすめです。

実際に投資物件を購入し、どれだけ家賃収入が得られるか、必要な経費や修繕費がいくらかかるかなどを詳しく記した収支計画書を作成して家族に見せれば、納得してくれる可能性があります。

場合によっては不動産会社が収支計画書を作成してくれることもあるので、より正確で分かりやすい内容の計画書を家族に見せることができるでしょう。

関連記事不動産投資に反対している家族を説得するときに有効な10個のポイント

2018.05.31

【Q8】自分に不動産投資ができるのだろうか…

【A】将来のビジョンを明確にしましょう

不動産投資を行うことに不安を感じるなら、将来のビジョンを明確にしましょう。

不動産投資を行う上で重要なのは、オーナーになることを目標にしないことです。

オーナーになった後に、何の為に不動産投資を行っているのかを、事前に考えて決めることが最も重要なことなのです。

不動産投資は将来の夢を現実にする為の手段だということを忘れずに、どんな未来にしたいのかを考えることが大切です。

2. ほかにもある!|不動産投資の不安を和らげる策2つ

他にも不動産投資の不安を和らげる方法があるので、実践することをおすすめします。

①不動産投資の流れをきちんと把握・確認する

最も基本的で重要なのは、不動産投資の流れをきちんと把握して確認することです。

そのために基礎から知識を学ぶことで、「自分はこれから何をすればいいのか」をハッキリとさせることができます。

 

知識不足は自力で補える|本・WEB

不動産投資の知識が不足している場合は、本やネットの情報を読むことで補うことができます。

初心者向けの本を読んだりネット上の情報を読み解くことで、自分が不動産投資を始める時に必ず役に立つでしょう。

②セミナーに参加して仲間を得る

不動産投資のセミナーに参加して、同じ仲間を得ることも重要です。同じように不動産投資をしている仲間に出会うことができれば、情報を共有したりお互いに問題を解決することもできるでしょう。

関連記事全国版おすすめ不動産投資セミナー15選|評判がよく分かりやすいセミナーの選び方

2018.08.24

③メンターや信頼できる業者に出会えることも

セミナーなどに参加することで、自分の不安や悩みを聞いてくれる人や信頼できる業者に出会うことができます。

いつでも相談できる人がいれば安心ですし、信頼できる業者が見つかったら、今後投資物件を購入する時などに心強い味方になってくれるでしょう。

自分と似た立場の人の経験を聞く

自分と似た状況で不動産投資をしている人の経験を聞くのは、今後の参考になるのでおすすめです。

成功した話でも失敗した話でも経験した話というのは必ず自分の為になるので、積極的に話を聞いてみましょう。

3. 不動産投資では「分からない…」が不安に繋がる|積極的に解消しよう!

不動産投資を始める上で、何か分からないことがあると途端に不安になることは珍しくありません。

最初は誰でも不安に思いますし、「今は成功していても後で失敗するのではないか」という不安も出てくるでしょう。

不安は決断を鈍らせるので、積極的に不安を解消することが重要です。

 

MIRAIMO運営元のASIS株式会社でも、不動産投資初心者の疑問や不安にすべてお応えするセミナー・相談会を無料で実施しています。

少しでもご興味があればメールフォームからご質問だけでも大丈夫です。セミナー参加自体が不安…という方でもお気軽にお問い合わせください。

ASIS株式会社 お問い合わせフォーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする