不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

空室対策としてリノベーションを行う3つのメリット|入居者を呼び寄せるリノベーションとは

建築当初は満室で利益を生んでくれたマンションやアパートも、築年数が経つにつれて空室が目立つようになります。

初めのうちは、多少家賃を安くすることで部屋を埋めることも可能でしょうが、あまりに古くなって、建物や設備が老朽化すると、いくら家賃を下げても入居者は現れません。

 

賃貸経営で、元のように利益を生み出すようにするには、思い切ったリノベーションが必要な場合もあります!

この記事では、空室対策としてリノベーションを行うメリットや、失敗しないためのリノベーションのコツについて解説しましょう。

1. 空室対策としてリノベーションを行う3つのメリット

空室対策としてリノベーションを行う3つのメリット

賃貸経営を行ううえでの空室対策として、リノベーションが有効な主な理由は3つあります。

①ターゲットやニーズに合わせた部屋にできる

マンションやアパート経営で大事なことは、どんな層の人をターゲットにするか、そしてそのターゲットとする人のニーズに合う間取りや設備を用意することです。

ターゲットとする人のニーズに合わせてリノベーションすることで、居室を新しい住宅として再生できます。

例えば、狭く区切られた間取りの2DKを単身者用住宅として用意しても、魅力を感じないでしょう。

しかし間取りを1LDKにし、設備を単身者向けにリノベーションすれば、付加価値を生み出し魅力的な部屋に一新することが可能に。

②多くの場所を修繕できるため、建物の寿命を延ばせる

リノベーションをすることで、通常ではわからないような瑕疵(かし:設備不良やキズなど、建物の欠陥のこと)や故障を直し、建物の寿命を長くすることができます。

修繕というと不具合な部分だけの補修であり、また退去者が出た際の居室の原状回復は表面的な工事で終わる場合が一般的。

しかしリノベーションは、リフォームとは異なり工事は建物全体に及ぶため、建物の内部まで取り換えることができるのです。

③検索サイトで目に止まりやすい

賃貸住宅を探す場合に、インターネットの検索サイトを利用する人は非常に多いです。

不動産情報サイトには、リノベーション物件専用コーナーを設置していることもあります。

そのため物件を探している人の目につきやすく、空室期間を短くすることができるでしょう。

2. 入居者を呼び寄せるリノベーションとは|失敗例から学ぶ対策法

入居者を呼び寄せるリノベーションとは|気をつけたいリノベーションの失敗例

次にリノベーションの失敗例と解決策をいくつかご紹介します。

何に原因があるのか把握し、必要に応じたリノベーションをすることで空室対策になるのです。

①収納スペースを潰して新しい設備を設置

入居者のニーズを考えずに収納スペースを潰し、新たな設備を取り入れたため、居室部分を狭くしまった悪い例。

そのため部屋が狭くなっただけでなく、収納スペースがないため、住みにくい部屋になり、入居者が中々つかなくなってしまったのです。

解決策|ターゲットのニーズを調査しよう

オーナーは、新しい設備を設置するのが入居者のためと考えても、必ずしも入居者はそう考えているとは限らず、広い収納スペースや居住空間を重視する人は多くいます。

あらかじめターゲットとする層のニーズを把握し、リノベーションを行わなければなりません。

②リノベーションの範囲が中途半端

お金がないからといって、中途半端なリノベーションをすると、統一感が出ずチグハグな感じの居室となってしまうことも…。

チグハグ感があると、落ち着かない部屋となってしまい入居者の満足を得られることはできません。

解決策|ちぐはぐさを感じない部屋を目指そう

せっかくリノベーションをするのですから、古い設備は新しいものに変え統一感のある部屋にしましょう。

きれいに統一された部屋であれば、魅力的な空間となり入居者の満足につながります。

③職人に任せず自分のセンスで素人DIY

費用節減しようと、自分で部屋を新しくしようとする人もいます。

軽度な修繕ならまだしも、素人がすべてをリノベーションするには限界があるでしょう。

他の設備と色が微妙に違ったり、サイズが合わないということは往々にしてあることです。

お金を使っても結局徒労に終わり、無駄な費用を使っただけということも。

解決策|任せるべきところはプロに任せよう

いくら自信があるといっても所詮は素人、できる範囲は決まってきます。

目立つ部分や細かい部分については、プロに依頼した方が間違いがありません。

④古いものを新しいものに変更しただけ

古い設備や什器を単に新しくしただけでは、魅力的な住まいにはならず、入居者の満足度を満たすことはできません。

ありきたりの間取りや設備では、空室が埋まらずに悩むことになるでしょう。

解決策|リノベーション後のバランスを考えよう

入居者が住みたいと思う住宅にするためには、すべてを一新し魅力的な住宅にする必要があります。

今は新しい機能性のあるオリジナルな住まいが求められる時代です。

リノベーションの場所別の価格相場は以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

関連記事空間別のリノベーション価格相場を知る|予算内で理想の部屋を実現

2017.09.19

3. 入居者を呼ぶリノベーションで空室対策をしよう!

築年数が経つマンションやアパートをそのままにしておくと、住みにくく魅力のない住まいになってしまいます。

リノベーションは、新築ほどお金がかからず、まったく新しい魅力的な住宅にすることが可能。

魅力的な住宅に作り替えることができれば、たとえ広告を入れなくても入居者は集まるでしょう。

なお、お持ちの投資物件で悩んでいる方は、MIRAIMOの「LINE公式アカウント」に登録し、ご相談ください。

MIRAIMOを運営しているA-Lab株式会社では管理事業部もあるため、不動産の購入や売却に限らず、管理のご相談も受け付けています。
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!