不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資がインフレ対策になる理由とは|不動産投資の魅力ある5つのメリット

近年、日本では少子高齢化が進展し、若年者層が高齢者層を支える年金制度について不安を感じる人が多くなっています。

その為自分の生活を守るために、貯金をしなければならないと考える人もきっと多いことでしょう。

しかし、インフレになった場合には貨幣価値が下落するので、貯金が目減りして損をしてしまうことも。

そこでインフレに対応し損をしないようにするには、不動産投資が良いと言われているのです。

この記事では、不動産投資がインフレ対策となる理由および不動産投資のメリットについて解説をしましょう。

1. 不動産投資がインフレ対策になる理由

不動産投資はインフレ対策になるといわれますが、なぜでしょうか?

インフレとは

政府が減税や公共事業を増やすなどの財政政策を行ったり、日本銀行が民間銀行に対する基準金利を下げることなどにより世の中に出回るお金の量が増えます。

人々の手元にお金が増えると余裕ができ、人々がそれを使うことでお金が多く流通するように。

お金が市場に出回ると貨幣価値が低下し、モノやサービスの値段が上昇するインフレになります。

お金の価値が低下するので、貯金をしていた人は目減りしてしまい、これではきちんと貯金し将来に備えてきた人は困ってしまいますよね。

このように貨幣価値が下がってしまうインフレに対しては、お金を保有するのではなく株や貴金属・外貨それに不動産投資が効果的な対策です。

不動産投資がインフレ対策になる理由とは

不動産を所有していれば、インフレに連動して土地や建物の価値も上がります。

特に立地条件の良い物件を所有していれば、不動産の価値は下がることはないでしょうし空家のリスクも少ないでしょう。

さらに家賃はインフレになれば物価と連動して上がるので、家賃収入が少なくなる心配はありません。

したがって不動産投資は、これ以上ないインフレ対策と言えるでしょう。

2. インフレリスクに強いだけじゃない! 不動産投資のメリット5つ

インフレリスクに強いだけじゃない! 不動産投資のメリット5つ不動産投資は、株などと比べると一般的にリスクの少ない資産の運用方法と言えます。

したがって上手に不動産投資を行えば、インフレ対策だけでなくほかにさまざまなメリットを享受できるのです。

①安定した収入を得られる

株やFXなどは、価格変動が激しいので難しいとされますが、不動産投資は比較的リスクが少ない投資。

アパートやマンションの契約は通常2年単位なので、良い物件を購入できれば中長期にわたって安定した利益が期待できます。

②節税効果がある

不動産投資を行うことにより、所得税や相続税を節税することができます。

所得税

給与所得者が不動産投資を行う場合には、給与所得と不動産所得を合計(損益通算と言います)して確定申告ができます。

不動産投資では、減価償却費や必要経費を差し引けるので赤字になる可能性があり、納税額を減らすことが可能です。

特に減価償却は支出を伴わない経費なので、不動産投資の大きなメリットになります。

相続税

相続が発生した場合相続税を納める必要がありますが、

現金や株で保有していると時価で評価される一方不動産は時価から割り引いて評価されるので、その分相続税を低くできます。

土地は路線価で評価されるために時価の70~80%程度、建物については固定資産税評価額となるので30~70%程度。

さらに土地や住宅を貸している場合には、借主に借地権がある為に土地も住宅も低く評価されることになります。

③少額から始められる

不動産投資は自己資金が少なくても、将来の利益を担保として不動産投資ローンを組んで始められます。

立地の良いリスクの少ない収益物件を購入できれば、場合によっては自己資金を入れることなく全額ローンを組んで不動産投資をすることも可能です。

④生命保険代わりになる

不動産投資ローンを組む場合には、借り入れをする金融機関で団体信用生命保険に加入する必要があります。

団体信用生命保険とは、もし収益物件の所有者が亡くなったり高度障害となった場合に保険会社が本人に代わって不動産投資ローンの残債を支払ってくれるもの。

遺された家族は、ローン完済済みの収益物件を手にできるだけでなく、毎月の家賃収入も得ることができます。

大黒柱が亡くなっても、資産を残すことができ生活の糧を得られるのは大きなメリットと言えるでしょう。

⑤資産として残すことができる

不動産投資をすれば、家賃収入を得ることができるだけでなく、資産として残すことができます。

将来値上がりをすれば、物件を売却し利益を得ることも可能です。

関連記事不動産投資のメリット10個を解説|より確かな利益を得るために必要な2つのこと

2018.12.17

3. 不動産投資は中長期的な資産運用におすすめ!

不動産投資で確実に利益を得るには、中長期的な視点に立って家賃収入を得ることを目標にするのが良いでしょう。

無理をして短期的な売却益を得ようとすると、失敗をするリスクが高まります。

また不動産投資は、インフレ対策となるだけでなくほかにもさまざまなメリットがあるので、その特徴を享受するようにしましょう。

不動産投資は、プロの力を借りるのが間違いがなく、不安な点があれば「MIRAIMOのLINE@オンライン相談」に相談するのが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門