不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資にパートナーが必要な理由|信頼できる不動産会社を見分ける6つのポイント

不動産投資ではマンションなどを購入し、賃貸物件として運用することで家賃収入を得ます。

また、売却により売却益を得ることもあるでしょう。

 

不動産投資は土地や建物といった高価な物件を扱うため、一連の流れのどこをとっても専門的な知識が必要になります。

具体的には、投資物件を購入するために不動産会社に仲介を委託し、賃貸物件の維持管理や入居者管理のために賃貸管理会社に管理を委託するのです。

実は、購入や管理を委託したパートナーが不動産投資に及ぼす影響が少なくありません。

 

そこで、今回は不動産投資に信頼できるパートナーが必要な理由を解説しましょう。

また、不動産会社の見分け方についても紹介します。

パートナー選びに成功することが、不動産投資自体を成功させることにつながると言っても過言ではないのです。

1. 不動産投資にパートナーが必要な理由

不動産投資にパートナーが必要な理由

不動産投資では、信頼できるパートナーとの出会いが大切だといわれます。

なぜなら、不動産取引には専門知識が欠かせないので、プロのアドバイスを受けるほうが効率的に運営することができるからです。

では、具体的な理由を説明しましょう。

購入前|物件選びや融資の相談ができる

一般的に不動産を購入する時には、不動産会社に仲介を依頼します。

投資物件を探してもらうのです。

しかし、仲介業者の仕事は物件選びだけではありません。

実績を積んだ不動産会社であれば、物件に応じた融資先の紹介もしてくれます。

優良な物件を探せても、購入するためには金融機関からの融資は欠かせないでしょう。

不動産投資に必要な取引をトータルでバックアップしてくれる不動産会社こそが信頼できるパートナーといえるのです。

売買時|トラブルなく契約できる

不動産取引とは土地や建物といった高額な商品の売買のこと。

そのため、売買契約を交わすには、様々な専門知識が必要になります。

不動産取引の素人では対応できないこともあるでしょう。

そこで、専門知識やノウハウ・経験を持つ不動産会社に仲介を依頼するという考え方になるのです。

不動産取引得では、一定のルールに従って契約しなければいけません。

このとき不動産取引のノウハウを持った仲介会社がプロとしての視点で、想定されるトラブルを未然に防いでくれます。

したがって、仲介を受けることで安心して売買契約を結ぶことができるのです。

購入後|建物の維持や入居者管理などを任せられる

投資物件を購入すると建物の維持や入居者管理を賃貸管理会社に任せるほうがスムーズな運営ができます。

特にサラリーマン投資家のように本業があり、賃貸管理に時間が取れない人であれば賃貸管理会社に任せるケースが一般的でしょう。

投資物件は、適切な維持管理により賃貸寿命を長くすることができます。

管理のプロの目線によるメンテナンスがポイントになるでしょう。

また、空室リスクを避けるためには、客付けなどの入居者管理も欠かせません。

2. 信頼できる不動産会社を見分ける6つのポイント

信頼できる不動産会社を見分ける6つのポイント

不動産投資に信頼できるパートナーが欠かせないのは理解できるところでしょう。

しかし、理解できていても、実際に優良なパートナーを探すことができなければ意味がありません。

そこで、パートナーを見分けるための6つのポイントを紹介します。

①リスクやデメリットをきちんと伝える

物件を紹介するときに、セールスポイントばかりを伝える不動産会社は信用しないでください。

物件には、メリットもあればデメリットもあるはずです。

不動産投資で大切なのは、リスクを知り対策を練ることだといわれます。

不動産投資のポイントになるリスクの部分を省略するような不動産会社であれば信用することはできません。

「リスクはありますが、対応策もあります」とデメリットを伝え、対応の仕方まで伝えてくれる不動産会社が信頼できるのです。

②顧客に合わせた物件選びができる

不動産会社には、売却してしまいたい在庫物件があるかもしれません。

しかし、その物件を売り付けられたのでは堪りません。会社の利益重視で物件をすすめるところは避けましょう。

信頼できる不動産会社であれば、顧客目線で物件を選んでくれます。

顧客には様々な属性があります。

収入や自己資金の多寡、年齢などに応じて優良となる物件は異なるのです。

個々の投資家に応じた物件を探してくれる不動産会社でなければ信頼できるパートナーとはいえません。

③物件の将来についてシミュレーションをする

不動産投資では、長期に渡って物件を運用することになります。

不動産会社の仕事は物件を紹介するだけではありません。その後の運用も含めたコンサルティングも必要でしょう。

さらには、購入した物件を売却するところまでのアドバイスも必要かもしれません。

したがって、物件の将来について実際に数字を入れてシミュレーションしてくれるような経験値の高い不動産業者を選んでください。

不動産投資の性格上、現在以上に将来の目安を知ることがポイントになるのです。

④アフターサービスやフォローが充実している

不動産投資は優良な物件を購入すれば、成功が約束されているのではありません。

物件の築年数に応じたメンテナンスや家賃の見直しなど様々な問題が生じます。

その都度、相談できる専門家が必要になるでしょう。

パートナー選びをする際は購入後のアフターサービスやフォローが充実しているかどうかも確認しなければいけません。

また、顧客サービスが充実しているかどうかも選択の目安になります。

たとえば、無料相談会やセミナーを開催している不動産会社は有望です。

⑤豊富な実績があり物件調査もしっかりしている

不動産会社の選択には、実績を目安にするのが有効でしょう。

なぜなら、実績が豊富であれば取引数も多く、様々なノウハウを持っているからです。

不動産取引における物件の良し悪しの見分け方にも長けています。

不動産投資では、投資物件の選択が成功のカギ。

優良な物件を手に入れることで、購入後の運営が楽になるからです。しっかりとした物件調査を実施できる不動産会社を選んでください。

⑥担当者が信頼できる

実績のある不動産会社を選択しても、担当者がしっかりしているとは限りません。

たとえば、新人社員であれば実践的なノウハウは少ないでしょう。

これから経験を積んで一人前になっていくのです。

しかし、そんな新人が担当者になったのでは堪りません。

仲介の役割は担当者の力に大きく左右されます。

不動産投資では、コンサルティングのできるレベルの信頼できる担当者を選びましょう。

3. 不動産投資のパートナー探しのやり方やコツとは

不動産投資のパートナー探しのやり方やコツとは

不動産投資では信頼できるパートナーに出会えるかどうかで、物件の購入だけではなくその後の運用までが大きく左右されます。

そこで、効率的なパートナー探しのやり方やコツについて紹介しましょう。

色々な不動産会社に会おう

複数の不動産会社に足を運んで話をすることが大切です。

インターネットで探すこともできるのですが、やはり実際にコミュニケーションを図ることで、自分に適しているかどうか、また親身に対応してくれるかどうかなどの判断ができます。

大切なのは、顧客目線に立った対応のできる不動産会社かどうかを見極めることです。

不動産投資では大きなお金が動くので、足を運ぶことを面倒だと思ってはいけません。

コツコツ努力することが成功のコツです。

関連記事失敗しない不動産投資会社の選び方|おすすめの会社5社を徹底比較ランキング!

2019.06.24

自分でもある程度の不動産投資の知識をつけておこう

不動産会社の良し悪しを見極めるためには、不動産投資の知識がないと難しいでしょう。

たとえば、自分自身がしっかりとした相場観を持っていないと不動産会社の査定額が適切かどうかの判断をすることもできません。

不動産会社の選択にも、ある程度の不動産投資の知識は必要です。

最近は、不動産投資セミナーを開催している不動産会社が少なくありません。

セミナーに参加すれば知識を得るだけではなく、最新情報やパートナーとの出会いもあるのでおすすめです。

4. 不動産投資の成功にはパートナーの存在は欠かせない!

物件選びから購入後・売却後のフォローや管理など、不動産投資にパートナーは欠かせない存在です。

したがって、不動産投資ではまず信頼できるパートナーを選ぶことからスタートするのが成功への近道になることを認識しましょう。

また、不動産投資について疑問や不安が生じれば、積極的に専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

不動産投資において悩みや疑問を放置することは禁物です。

MIRAIMOでは無料セミナーや相談会で投資家を応援しています。

まずはLINE@オンライン相談に登録してください。

MIRAIMOの専門家があなたの悩みや疑問を解決します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門