不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

多忙な人にこそ不動産投資をおすすめする理由5つを紹介

「不動産投資に興味はあるけど、忙しくてなかなか行動に移せない」という悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

不動産投資は購入や管理の手間や労力がかかって会社にお勤めの方が自身で全て行うのは非常に大変。

しかし不動産投資に関わる管理はもちろんのこと物件探しまで不動産管理会社に任せることができ、会社勤めをしながらでも始めることができるのです。

この記事では、多忙な人にこそ不動産投資をおすすめする理由から信頼できる不動産管理会社の探し方まで、不動産投資をおこなう前にチェックすべきポイントを解説します。

1. 多忙な人にこそ不動産投資がオススメな理由5つ

 

実は多忙な人にこそ不動産投資は向いています。

その理由を解説しましょう。

①物件の管理を任せることが出来る

不動産投資では入居者の募集や契約業務など、物件に関するあらゆる管理を「管理委託会社」に委託することが可能です。

煩雑な手続きや管理を専門業者に任せることができるため、多忙な生活に影響が出ることはありません。

②収入が短期的に変化しにくい

不動産価格は株価のように日々目まぐるしく変わることはありません。

たとえば株式投資では、買った株を即売って利益を得るといった戦略も取れます。

しかし不動産投資は、買ってすぐ売却をして短期間で利益を確定させるような性質の投資手法ではないため、株式投資のように毎日値動きをチェックする必要はないのです。

また不動産投資は、インフレに強いことも大きな特徴。

景気が悪化した場合でも、すぐに物件の価格に反映されることはありません。

不動産投資は収益が短期的に変動するリスクが少なく、安心して運用できる投資方法なのです。

③収入源を増やせる

不動産投資はしっかりとした収支計画に基づいておこなえば、確実に利益を得られる可能性が高い投資方法です。

昨今、本業以外の収入源を確保する「副業」が話題になっていますが、不動産投資を始めることによって本業以外の収入源を増やすことが可能になります。

④予備知識が無くても始めることが出来る

不動産投資にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「知識がないと難しそう」と思っている方も多いかもしれません。

しかし不動産投資では、株式投資で銘柄を研究するような難しい知識は必要ありません。

専門家に相談することも容易ですし、物件の管理運営は管理委託会社に任せておけば不動産投資を軌道に乗せることが可能です。

⑤資産形成の過程を描くことが出来る

前述の通り不動産はインフレに強く景気に左右されないため、価格が安定しているのが特徴。

価格変動の激しい株式投資で資産形成の計画を立てることは非常に困難ですが、不動産投資ならば適切な収支計画によって具体的な目標を立てられます。

つまり、確実に資産形成の過程を描くことが出来るのが不動産投資なのです。

2. 多忙な人が不動産投資をする前に決めておくこと

不動産投資は多忙な人ほど向いている投資方法ですが、始めるにあたってはしっかりと確認すべき事項があります。

どの管理会社に委託するか

多忙な人が不動産投資をおこなう場合、管理会社と委託契約をする必要があります。
不動産投資のパートナーともいうべき管理会社を選ぶことは、不動産投資を始めるにあたり重要な第一歩といえるでしょう。

特に家賃収入を得るための不動産投資であれば長期に渡ってお付き合いをしていくわけですから、賃貸管理や建物管理をしっかりとおこなえる管理会社を選ばなければなりません。

管理会社は業務内容により、大きく2つに分かれます。

賃貸管理会社

  • 家賃の集金
  • 滞納が発生した場合の取り立て業務
  • 入居者からの問い合わせやクレームの対応
  • 解約業務
  • 現状回復工事の手配

など、「入居者に関する業務をおこなう」管理会社です。

建物管理会社

  • ゴミ置き場などの共用部の清掃
  • 管理人サービス
  • 建物の修繕計画や維持管理

など、「建物自体の管理をおこなう」管理会社です。

不動産投資の投資手法

不動産投資には家賃収入で利益を得る「インカムゲイン」、売却することで利益を得る「キャピタルゲイン」の2つの投資手法があります。

インカムゲイン

購入した不動産を賃貸して得られる家賃収入が「インカムゲイン」です。

しかし利益を得るためには経費として、入居者の募集や契約業務の際に発生する費用・建物の維持管理費・固定資産税などの費用が必要。

家賃収入からそれらの経費を差し引いた差額がオーナーの利益となります。

キャピタルゲイン

所有している不動産を売却することで発生する売却益が「キャピタルゲイン」です。

購入時より高く売却できれば利益を得られますが、逆ならば売却損となります。

不動産は株価のように短期間で激しい変動はしませんが、下落することも想定しておかなければなりません。

特にマンションは建物自体の価値によるところが大きく、経年劣化によって下落していくのが一般的。

人工の減少が進んでいる地域でキャピタルゲイン目的の不動産を購入した場合、売却損になるケースも十分あり得るのです。

投資物件の種類

不動産には、「戸建て」と「マンション(アパート)」があります。

多忙な人が副業として不動産投資を行う場合、マンションが対象となるのが一般的。

マンションの投資物件には種類があるので確認しておきましょう。

新築マンションと中古マンション

一概には言えませんが、中古物件より新築物件のほうが高価格なのが一般的です。

資金的な面からは、中古物件のほうが不動産投資を始めやすいといえるでしょう。

しかし、中古物件は築年数によっては大幅な修繕が必要であったり空き室リスクが高くなったりするケースも。

また新築よりも価格の下落が大きくなる懸念もあり、購入の際には慎重な検討が必要です。

区分マンションと1棟マンション

1棟マンションは文字通り1棟まるごと購入すること。

対して区分マンションとは1室単位で購入することです。

どちらを選択するかで収益はもちろんのこと、購入資金や維持管理費用も異なります。
区分マンションでは数百万から数千万円で不動産投資を始められますが、1棟マンションは中古物件であっても1億円を超えるケースも稀ではありません。

投資物件を購入する場所

不動産投資をおこなう物件は、不動産会社で購入します。

ただし、不動産会社によって得意分野が異なる場合もあるので注意が必要。

また、「投資物件の販売実績はどうか」「トータル的にサポートしてくれるのか」「実質利回りの平均はどの程度か」などの確認も重要です。

3. 不動産投資を行うには先に管理会社の決定を

「不動産投資を始めたいけど多忙で物件探しをしている暇がない」とお悩みの方もいるでしょう。

忙しくてなかなか不動産投資を始められない人は、まずは不動産管理会社を決めることをおすすめします。

不動産探しは自分の大まかな希望を伝えておけば不動産管理会社がおこなうので、あとは紹介してくれた物件を買うかどうかの意思決定をするだけでいいのです。

購入する物件さえ決まってしまえば、およそ1~2ヶ月で不動産投資をスタートできます。

4. 信頼ができる不動産管理会社を探す方法

それではどのようにして信頼できる不動産管理会社を探せばよいのでしょうか?

5つのポイントを押さえておきましょう。

不動産に関するノウハウがあるか

不動産に関するノウハウのしっかりとした不動産管理会社を選びましょう。

不動産管理会社の中には、たいしたノウハウを持たずに営業をおこなっている会社もあるので注意が必要です。

信頼できるかどうかの判断基準のひとつが管理戸数。

管理している戸数が多ければ、蓄積したノウハウも多いと判断できるでしょう。

また、「全国賃貸住宅新聞」が毎年発表している管理戸数ランキング(http://www.zenchin.com/ranking_kanri/)をチェックするのもひとつの方法です。

リスク対処をすぐにしてくれるか

不動産投資をおこなう上で最も恐ろしいリスクになるのが、「家賃滞納」と「空室リスク」。

どちらも収益に直結する重大な事項です。

これらのリスクに対して素早い対応をしてくれる不動産管理会社なのかを見極める必要があります。

そのために家賃滞納率や、どのような入居者募集をおこなっているかをチェックしておきましょう。

管理委託費を明記している

管理委託費を公式HPやパンフレットに記載しているかをチェックします。

しっかりと明記せず、その場でざっくりとした費用を提案してくる業者には気をつけましょう。

また管理委託費の相場は、家賃の5%ほどとされているので参考にしてください。

オーナーの評価がHPに載っている

不動産管理会社の公式HPをしっかりと確認しておきましょう。

顧客満足度の高い不動産管理会社は、「お客様の声」としてオーナーの感想や評価を掲載しています。

実際に利用しているオーナーの生の声を参考にしましょう。

地域の情報に詳しい

不動産を購入したい地域が決まっているならば、その地域の情報に詳しい不動産管理会社が頼りになります。

実際にその地域に住んでいなければ知りえない情報を仕入れることは、不動産を探す上でとても重要です。

情報の多さは、地域密着型の管理会社が勝っているとは限りません。

自らの足と情報ツールを駆使しての情報収集は大手、中小問わずおこなっているので実際に訪問をして確認しましょう。

関連記事不動産管理会社とは?|管理会社への依頼方法や仕事内容について解説!

2019.03.12

5. 多忙な人が不動産投資をするときに注意するべきポイント3つ

不動産投資は多忙な人でも問題なく始められますが、注意すべき点もあります。

そのポイントを確認しておきましょう。

①不動産管理会社に任せっきりにしない

不動産管理会社に管理を任せることで多忙な人でも不動産投資を始められます。

しかしながら、すべてを任せっきりでは十分な収益が上げられないかもしれません。

メンテナンスの状況や空き室状況の推移などを確認し、可能な限り積極的に自らの判断で運営をおこなうことが収益に結びつくでしょう。

②物件選びは慎重に行う

インカムゲインを狙うのか、キャピタルゲインを狙うのか不動産投資の目的によって選ぶべき物件は異なります。

間違った物件選びは、その後の不動産投資の収益に大きく影響することも。

目的に合わせて慎重に物件選びをおこないましょう。

③不動産投資に関する最低限の知識を身につける

不動産管理会社にある程度は任せるにせよ、最低限の不動産投資に関する知識は身につけておきましょう。

何も知識がないまま、すべてを不動産管理会社に任せることは危険です。

書籍や専門サイトなどを活用して、基本的なことは勉強しておきましょう。

関連記事初心者が0から不動産投資を勉強する時にオススメの方法3つ

2017.08.29

6. 興味があっても時間が無い…そんな人はプロに一度相談してみよう

多忙な人にこそ最適な不動産投資ですが、なかなか時間がなく行動におこせない人もいるかもしれません。

そんな人はぜひ一度プロに相談してみませんか?

MIRAIMO運営元のASIS(エイシス)株式会社では、物件選びから管理、売却までトータル的にサポートできる体制が整っているので多忙な方には特におすすめです。

まずは個別相談やLINE@登録での無料相談でお気軽にご相談ください。
LINE@友達登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする