• ????????????????????

不動産売却は「仲介」と「買取」がある|違いとメリット・デメリットを解説

  • ????????????????????

不動産を売却するときには、不動産会社に相談するのが一般的でしょう。

しかし、その後の流れを具体的に知っている人は意外に少ないのです。物件の売却方法は一つではありません。知っているか知らないかで、得をしたり損をしたりすることがあります。

実は、不動産を売却するときには、大きく分けて「仲介」と「買取」の2つの流れがあります。

物件を売却することに違いはないのですが、その中身は大きく異なるのです。違いを知っていることが取引を成功させるかどうかのポイントになります。

今回は、「仲介」と「買取」の違いをご紹介します。さらに、それぞれのメリットやデメリットにより、どのような場合にどちらの売却方法を選択すればよいのかも具体的に説明します。

売却方法は物件を売却するときの重要なポイントです。

1. 「買取」と「仲介」の違いは3つ

不動産売却は「仲介」と「買取」がある|違いとメリット・デメリットを解説

不動産を売却するときの方法は、「買取」と「仲介」という2つの売却方法があります。違いはどこにあるのでしょうか?大きく分けると3つの違いがあるのでご紹介します。

①買主

買取と仲介の大きな違いは、誰が「買主」になるかということです。

「買取」は不動産会社

買取の場合は、相談した不動産会社が直接買い取ってくれます。

不動産を売却するときには、一般的に不動産会社に相談するでしょう。不動産のような高価な商品を自分で売却するのは難しいからです。買取では、不動産会社が買主になります。

「仲介」は個人客

仲介とは、相談した不動産会社に依頼して、物件を購入してくれる相手を探してもらうことです。

一般的には、物件を自宅として利用する個人客が購入する相手になります。相談した不動産会社とは仲介契約を締結して売買契約の取引相手を探してもらうのです。

②売却までに掛かる時間

買取と仲介とは、「売却までに掛かる時間」が異なることが少なくありません。

「買取」はスムーズ

買取は、売却を相談した不動産業者が直接買い取ってくれるので取引がスムーズに進みます。なぜなら、購入してくれる相手を探す必要がないからです。売却代金で合意できれば、すぐに売却できるでしょう。

「仲介」は時間が必要

仲介では、売却までにさまざまな手続きが必要になるので時間が掛かります。

仲介を依頼された不動産会社は、購入する相手を探すために広告をしたり、専任媒介契約であればレインズという売主と買主を結びつけるサービスに登録したりするのです。

③売却価格

不動産売却のポイント「売却価格」にも買取と仲介では違いがあるのが一般的です。

「買取」は低め

不動産会社は、買い取った物件をリフォーム等により再販するのが一般的です。

リフォームや再販の費用を見込まないといけないので、買取価格は相場よりも安くなる傾向が強くなります。不動産会社は、利益を上げないと物件を買い取る意味がないからです。

「仲介」は相場価格

買取に比べると高く売却できるといえます。

仲介の場合は、インターネットなどの媒体を利用して購入希望者を探すので、購入を希望する多くの人の目に触れます。したがって、価格が平均化され売却価格が相場程度になることが多いのです。

2. 「買取」のメリット・デメリット

不動産売却は「仲介」と「買取」がある|違いとメリット・デメリットを解説

まず、買取のメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

仲介手数料が不要

仲介しないので、仲介手数料を支払う必要がありません。

仲介手数料の額は、「代金×3%+6万円」に消費税を加算した額になるので、痛い出費といえます。相談した不動産会社が買い取るのであれば、相手を探す仲介契約を省略できるので手数料は無料です。

瑕疵担保責任がない

買主が不動産会社であれば、瑕疵担保責任が適用されないケースが多いのです。

一般的に物件を売却した場合、売却後に雨漏りなどの欠陥(瑕疵)が見つかれば売主が責任を負わなければなりません。

早期に現金化できる

不動産会社のように物件の売買などを仕事としていれば、買取後の代金支払の手続きにも慣れています。したがって、早期の現金化が見込めるのです。

早急にお金が必要なときなどは、買取にメリットがあるでしょう。

内覧の必要がない

内覧の手間が省けます。なぜなら、買い取った不動産は、リフォーム後に再販することが多いので、室内の状態を確認する必要がないからです。

汚れていたとしても、そもそも修繕して再販する予定なので特に問題にはなりません。

周囲に知られず売却できる

買主を探す必要がないので、広告や内覧などをする必要がありません。

したがって、周囲に知られることなく売却することができます。物件を売却したいが、目立つのは嫌だという人にはメリットがあるでしょう。

デメリット

仲介に比べて売却価格が低い

仲介のように物件を自分が利用するために購入するのではないので、仲介に比較すると売却価格は低くなります。

不動産会社は買い取った物件を再販して利益を得るために買い取るのです。したがって、買取価格が低いほど利益は高くなるといえます。

買取されない可能性もある

たとえば、不動産会社が買取後に建替えを予定しているにもかかわらず、再建築ができない物件であれば買取されないこともあります。

あくまで、再販するために買い取るので、再販が難しい物件を買い取ることはありません。

3. 「仲介」のメリット・デメリット

次は、仲介のメリットとデメリットです。

メリット

査定価格より高く売れることもある

周辺の相場から査定した価格より高く売れることがあります。

なぜなら、一般的に仲介であれば買主が自分で物件を使うために購入するので、利用価値が高いと思えば、他の購入希望者よりも購入価格を高くする可能性があるからです。

デメリット

仲介手数料が必要

不動産会社に仲介を依頼して契約を締結すれば、売却が成立すると仲介手数料を支払わなければなりません。

たとえば、3,000万円のマンションであれば、「3,000万円×3%+6万円」に消費税を加算した100万円程度の手数料が必要になります。

瑕疵担保責任がある

法律では、原則として売主に瑕疵担保責任というリスクを負わせています。

もしも物件を売却してから雨漏りのような瑕疵が見つかれば、売主が修理費用を負担しなければならないのです。最悪の場合は、売買契約を解除されることもあります。

売却までに時間が掛かる

仲介の場合、取引相手を探すところから始めなければならないので時間が掛かります。

インターネットなどの広告やレインズに登録したから、すぐに買主が見つかるとは限りません。問い合わせがあったとしても、「お客様」である買主の内覧などの時間も必要です。

4. どちらを選べばいいか迷ったら

買取と仲介のどちらを選択するほうが有利なのかは、売主の状況により異なります。迷った場合の選択のポイントをご紹介しましょう。

手間が面倒・時間を掛けたくない方は「買取」

仲介の場合に必要な契約や内覧の打ち合わせなどの手間や時間を省略したいのであれば、買取のほうにメリットがあるでしょう。また、売却することを周囲に知られずにスムーズに取引したい人にも買取をおすすめします。

時間が掛かっても高く売りたい方は「仲介」

今すぐに売却する必要がないのであれば、仲介で時間を掛けて売却活動するほうが物件を高く売ることができるでしょう。早急な現金化を希望しないのであれば不動産会社に仲介を依頼して売却するのが一般的な売却方法といえます。

5. まずは査定してみるのも手!状況に合った方法を選ぼう

いずれにしても、不動産の売却を希望するのであれば、まず査定して売却相場を知ることがポイントです。

おおよその売却価格を知ることで、買取を選択すると仲介からどの程度価格が下がるのかを知ることもできます。

物件を売却するときには、さまざまな状況があるでしょう。住替えのように長期的な予定に基づいた売却もあれば、早急な現金化が必要になる場合も。したがって、状況に応じた選択をすることが売却を成功させるポイントといえるのです。

 

売却についてご不明点などがあれば弊社にご相談ください。

ASIS株式会社 お問い合わせフォーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

お得な不動産情報を優先的にご案内 CLUB ASIS
0から始まるセミナー
ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする