• ????????????????????

個人が銀行から受けられる融資の種類は?|個人事業主向けおすすめのローンを紹介

  • ????????????????????

個人が銀行からお金を借りる場合、たくさんの種類があります。

銀行の融資というとあの一世を風靡したテレビドラマの影響で、法人向けのイメージがあるかもしれません。

確かに銀行によっては法人をメインに融資を行っているところもありますが、地方銀行などでは個人向け融資に力を入れているところもたくさんあります。

 

今回は不動産投資をはじめようとする個人事業主の方のために、おすすめローンをご紹介。

個人事業主は法人格をもたない事業になるので、審査方法も独特な場合が多くなっています。

しかし基本的に個人の属性に依存するところが多いので、安定した収入がある人は積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

Index

1. 個人が銀行から受けられる融資の種類について

個人が銀行からお金を借り入れる場合、次のような融資があります。

  1. カードローン
  2. フリーローン
  3. 住宅ローン
  4. カーローン
  5. リフォームローン
  6. リバースモーゲージ

ローンには住宅や自動車など目的別ローンと、カードローンやフリーローンなど使途が自由なものまで様々。また担保をとるかとらないかによって、金利が変わってくるのも特徴です。

それぞれのローンについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事銀行の借り入れ方法6種類を紹介|各ローンの特徴と借り入れ時の9つのポイントを知ろう!

2018.04.26

2. 個人が起業する際の融資について

2-1. 個人が起業する際にお金を借りやすいのは?

起業したい個人がお金を借り入れるといえば銀行です。銀行は身近な金融機関として、たくさんの人がお金を借りるのに利用しています。

しかし突然窓口へ行き、「起業するのでお金貸して下さい」と頼んだところで、残念ながら門前払いをされるだけでしょう。

銀行からお金を借りるには、必要書類を揃えて実績を示しながら融資を相談しないと、簡単にはお金を貸してくれないでしょう。

2-2. 初めて起業する人に優しい「政府系金融機関」とは?

初めて起業しようとする人にとって、銀行で融資を受けるにはハードルが高いかもしれません。

その場合、政府系金融機関がおすすめ。日本政策金融公庫がそれにあたります。こちらは国が運営している金融機関で、中小企業の融資を積極的に行っています。

銀行よりも審査が甘く、低金利で借り入れができるので、個人事業主に向いているでしょう。

2-3. 借り入れの重要なポイントは?

個人事業主が銀行をはじめ金融機関で借り入れを申し込む場合は、しっかり内容のある事業計画をもって、丁寧に説明しなければなりません。

金融機関側からすると、返済能力があるのかが融資可否のポイントになります。まず身なりを整え、しっかりした人物であることもアピールしなければなりません。

3. 個人事業主がローンを組む場合について

3-1. 個人事業主が事業資金を借り入れするのは簡単?

率直にいうと、個人事業主が銀行からお金を借り入れることは簡単ではありません。

個人事業主は一般的に自営業と呼ばれ、事業規模が小さく、経営が不安定と思われがちなので、銀行などからは返済能力が低いと見られています。そのため審査や融資が厳しいのが現状です。

3-2. 個人事業主が資金を借り入れするのに向いているのは?

個人事業主の借り入れは、まず地元の地方銀行か信用金庫に申し込むことをおすすめします。

地銀や信用金庫は地元密着型なので、中小企業への融資に積極的。個人事業主でも保証人を立てるなどの条件を出すことで、融資を行ってくれているところがたくさんありますよ。

3-3. 個人事業主の場合は公的な事業資金の融資は受けられるのか?

個人事業主でも公的な事業資金の融資を受けることが可能。

日本政策金融公庫や、地方自治体が行っている中小企業向け融資などがおすすめ。

ただし公的な融資を受ける際は、準備書類が多く手続きや審査に時間がかかります。しかし銀行に比べるとかなり低金利なので、大きなメリットがあります。

3-4. 個人事業主に向いているビジネスローンとは?

公的な融資が残念ながらダメだった場合、ビジネスローンがあります。

こちらは銀行や消費者金融が行っている融資で、個人事業主向けに借り入れができる商品があります。

公的機関に比べると金利が高くなるデメリットがありますが、特に消費者金融であればスピーディーで融通がききやすいというメリットがあります。

4. ビジネスローンを選ぶ4つのポイントについて

①金利の低さ

個人がビジネスローンを利用して融資を受ける場合、金利の低さで選びましょう。

たとえば消費者金融のビジネスローンは15%以上と金利が高いところが多いので、銀行の方がおすすめです。

②限度額の大きさ

銀行のビジネスローンは限度額が大きく、個人事業主であっても5千万円位の借り入れが可能。一方、消費者金融は500万円程度が限界のところが多いようです。

③融資にかかる時間

銀行の個人事業者向けビジネスローンは金利も低く、借り入れ上限も大きいのですが、審査に時間がかかるというデメリットが。

銀行は長い場合1か月以上審査がかかることもあるので、急いでいる時には困ります。一方、消費者金融のビジネスローンは最短即日融資というところもあり、全体的にスピーディーです。

④利用目的の広さ

銀行などの個人事業者向けビジネスローンは基本的には事業資金を目的とした融資。

しかし、中には使いみちが自由なものもあります。借り入れ時に、確認しておきましょう。

地方銀行や信用金庫のフリーローンが狙い目

個人事業者がお金を借りる場合、ビジネスローン以外に、「フリーローン」という選択肢も。

フリーローンはその名の通り使いみちが自由なので、事業計画書などの提出も不要で、審査も早く済みます。ただしビジネスローンより少し金利が高くなっているので注意しましょう。

5. ビジネスローンのメリットやデメリットについて

5-1. 銀行のビジネスローンのメリットとは?

銀行のビジネスローンは金利の低さが魅力

個人事業主といっても事業性資金なので、どうしても融資額が大きくなります。そのため金利が少しでも高いと、毎月の返済が負担になるので、比較的金利が低い銀行からの借り入れを利用したいところ。

また銀行は融資上限額も大きいので、大口融資の相談もできますね。

5-2. 銀行のビジネスローンのデメリットとは?

銀行の個人事業者向けビジネスローンは、返済期間の短さがデメリット。

消費者金融だと長いところで10年以上のところもありますが、銀行だと5年未満の返済期間というところも。その分、返済額が高くなります。

5-3. 消費者金融のメリットとは?

消費者金融の個人事業者向けビジネスローンは、必要書類も少なく審査がスピーディーというメリットがあります。早いところでは即日融資も行っているので、資金繰りに困っている方にはとても便利。

また借り入れ時の審査基準も銀行より甘いので、審査が通りやすいでしょう。

5-4. 消費者金融のデメリットとは?

消費者金融の個人事業者向けビジネスローンのデメリットは、やはり金利の高さ。

銀行に比べると金利が倍以上になることもあるので、返済時の負担が大きくなります。

また融資上限額が低く、1,000万円以上の借り入れをしている消費者金融はほとんどありません。

6. 銀行が個人融資の審査をする条件6つ

①借り入れする金額は収入に合った金額にする

個人事業主が銀行で借り入れる際、あまり大きな融資額を希望するのはやめましょう。

不必要なものに利用するのではないかと怪しまれると、審査にも響くことが。まずは必要最低限の金額を申し込みましょう。

②収入を証明する書類の準備を行う

銀行で融資を申し込むにあたって、収入を証明する書類はあらかじめ準備しておきましょう。

たとえば個人の源泉徴収票や所得証明書などがあるといいでしょう。

③返済の計画はしっかりと立てておく

銀行で融資を申し込むときは、返済計画をしっかり立てておくことで、審査に通りやすいことがあります。

借りる側の個人事業主としては、お金を借りることに一生懸命ですが、貸す銀行側は回収できるかどうかに焦点を当てています。

相手側から尋ねられる前に、返済計画をもって返済能力があることをアピールしましょう。

④税金を滞納していない事

個人事業主が銀行で融資を受ける時、税金滞納の有無がチェックされます。

もし税金を滞納していると、税務署に財産を差し押さえられる可能性が。そうなると返済が滞納することも考えられるので、重要な審査項目の一つになっています。

⑤担保に価値があるものを所有している

個人事業主が不動産などを担保に入れて銀行からお金を借り入れする場合、担保評価が融資額に影響。価値の低い不動産物件の場合は、融資自体に期待できないことがあります。

⑥個人の信用情報に問題が無いか

個人事業主が銀行のビジネスローンを利用する場合、個人信用情報はしっかりチェックされます。

ここで延滞・自己破産などの事故情報が登録されていると、たとえ他の条件をクリアしていたとしても融資は難しくなるでしょう。

7. 不動産投資による銀行の融資を受けるポイントについて

7-1. 不動産投資による銀行の融資ポイント

1.個人の信用力が重要になる

不動産投資を行おうとする個人が銀行から融資を受ける場合、申込人の年収や勤務先といった属性で決まります。

審査基準は銀行によって違いますが、サラリーマンであれば年収400万円以上は必要になるでしょう。自営業などの個人事業主では回収リスクが上がるため、年収700万円以上は求められることがあります。

2.物件の収益力があるかどうか

不動産投資用に融資を受ける場合は、個人の属性以外に物件の収益力が重要に。銀行は空室リスクが低く、収益性が高いかどうか審査されます。

3.物件の担保力があるかどうか

不動産投資用の融資を受ける場合、その物件を担保に入れるので、価値ある物件かどうか審査されます。

万が一借り入れた個人が返済できなくなった時、銀行は物件を売却して返済にあてるので、あまり市場価格が低いようであれば担保力がないとみなされ、融資が難しくなる場合もあるでしょう。

7-2. 物件の担保価値があるかどうか

銀行側は不動産投資用のローンを融資する際、物件を厳しく審査。

市場価格から路線価まで、銀行独自の基準で細かくチェックするので、低めの評価をしてくることも。そのため個人の希望通りの融資額が得られないこともあります。

7-3. 審査に通りやすいのは地方銀行?

一般的に地元にある地方銀行は審査が通りやすいと言われています。

メガバンクなど大手都銀は個人に対して審査が厳しいので、地銀はおすすめです。

信用金庫になると、さらに借り入れがしやすくなっています。最近はその銀行に口座を持っているかどうかはあまり重視されていないので、積極的に申し込んでみるといいでしょう。

7-4. 不動産屋に紹介された銀行は安心?

不動産の物件を購入した不動産屋が、提携先の銀行を紹介してくれることがあります。

この場合は、物件書類などの提出といった必要手続きを全て不動産屋が代行してくれるので、個人でもとても簡単に申込が可能に。

提携ローンの場合、金利優遇もあるので、積極的に利用することをおすすめします。

8. 個人が銀行で融資を受ける場合は無理の無い金額を借り入れしよう!

個人が銀行で借り入れるといっても、さまざまな種類の融資があります。

それぞれ金利や審査が異なってくるので、利用したい目的に合ったものをしっかりチェックしなければなりません。

一方、ローン審査が通るというのは、とても嬉しいものです。しかしそれと同時に利息の支払いも背負っていくことになるので、最後まで責任をもって返済していく覚悟を持つことが大切です。

そのため返済には無理のない金額の借り入れをすることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする