【新提案】マンション一棟で収益物件を見つけるコツと見極め方

最近までうだるような暑さが続いていたのにずいぶん秋らしくなってきましたね。
街を歩けば小さい秋は簡単に見つかります。

でも収益物件を見つけるには街を歩いているだけでは、よほどのことがない限り見つかることはないでしょう。

そう、見つけるにはコツが必要です。それは戸建ても、区分も、一棟マンションだって同じ。

収益物件サイトにはたくさんの物件が溢れていますが、一棟マンションではどう探せばいいのでしょうか?

 

一棟マンションのリスクは区分マンションより確かに大きいです。

でも、収益物件選びをしっかりすることで失敗することはきちんと防ぐことができます。

 

今回は

  1. 一棟マンションで収益物件を選ぶコツ
  2. おすすめの会社5選
  3. 別の角度から見た一棟マンションの投資法

以上3本立てでお送りしていきます。

最後までお付き合いいただけたら光栄です。

1. 収益物件を探すためにすること

最初に大前提。口を酸っぱくして言います。

不動産に関する知識を少しでもいいのでつけましょう。物件選びから管理までを全て業者に任せきりというのはオススメできません。

知識がないまま任せきりにすると、業者によって収益が見込めない物件を買わされ、それに気づくのは損をしてから・・・ということもあります。

自分でできること

  1. 知識を付ける
  2. いい業者を見つける
  3. 知識を踏まえて良物件を選ぶ 

これで失敗することはまずありません。

一棟マンション収益物件の探し方のコツ

収益物件の探し方も不動産投資の基本と同じです。

一棟物件は満室経営ができたなら大きな収益が見込める半面、空室率が高いと損失が大きくなります。いわゆるミドルリスク・ハイリターン(ミドルリターン)な投資法になってくるので、物件選びは特に重要になってきます。

特に重要な4つのポイントが、

  1. 駅からのアクセス
  2. 周辺施設(競合の建物)
  3. 建物設備
  4. その場所の将来性

以上を物件の選定基準としましょう。

中古マンションの場合

現在の空室率をチェック。満室経営ができていれば理想ですが、そうでなければリフォームや家賃の引き下げなどで満室経営にできるかどうかを考慮する必要があります。

新築マンションの場合

自身で、周辺の需要は学生かファミリーか・競合物件の状況(似たような施設やスペック)などから十分に収益を得られるか判断します。周辺物件から判断して、適切な家賃設定をして収支計画を立てましょう。

2. マンション一棟に強い!収益物件を扱う会社5社

項目1でも述べましたが、不動産投資において、パートナー選びは成功のカギを握る、非常に大切なことです。

今回はマンション一棟の収益物件を扱う、オススメの会社を5社ピックアップしてみました。

不動産投資の会社選びについてはこちらをご覧ください。

関連記事本当に良い不動産投資会社の選び方9ポイント|いい会社と選んではいけない会社とは?!

2018.09.12

一棟マンションは弊社でも取り扱いがございますので、お気軽にご相談ください。
ASIS株式会社

①三井不動産リアルティ

三井のリハウスと言えば聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

一棟オーナー向けのサポートシステムを使ったプランが多数あります。

所在地:東京都千代田区(札幌・仙台・広島・福岡にもグループ会社あり)

https://www.mf-realty.jp/index.html

②トラストクリエーション

一棟マンションと区分マンションの両方に対応してくれる数少ない業者です。リスクを考慮したプランを提案してくれます。

所在地:東京都千代田区

http://trust-creation.jp/

③サンケンコーポレーション

玄人の投資家の間で評判がいい不動産会社です。
無料の会員登録をすることで良い収益物件を見ることができます。

所在地:東京都調布市

http://www.sanken-corp.jp/

④CFネッツ

新しい会社ですが、お客様の希望するサービスを提供し続ける不動産コンサルタント会社ならではのサポートサービスに期待できます。

所在地:神奈川県鎌倉市(東京・大阪・横浜・名古屋にも支社あり)

http://www.cfnets.co.jp/

⑤ダイムラーコーポレーション

海外の不動産物件を数多く取り扱っている会社。

コンサルタントが一人一人の不動産投資をトータルサポートしてくれます。

所在地:神奈川県横浜市(東京にも本社あり)

http://www.daimlar.jp/

3. 新提案!収益を得られるマンション一棟投資法

今徐々に頭角を出している一棟マンションの新しい不動産投資法をご紹介いたします。

3-1. あえて格安の築古物件を買ってリノベーション

あえて築古格安物件を買って自分でリノベーションするという手もあります。

外見が築古でも中が綺麗だとそれだけで需要が増えることがあります

しかしいくら格安で購入できても、一棟で全室リノベーションを行うと相当の金額になることもあります。

そこを加味して、キャッシュフローがプラスになるようなら投資する価値はあります。

どちらかというと戸建てやワンルーム向けの戦略です。

3-2. 改装前のまま、改装可能物件として貸し出す

近年、改装(セルフリノベーション)が可能な物件の人気も出てきています。

築古物件を購入し、改装(DIY・リノベーション)可能物件としてあえてそのまま貸し出す。

入居者にDIYなどで自在にリノベーションしてもらうのです。壁にペンキを塗ったり、床を張り替えたり、入居者が自由に自分だけの空間を作ることができるのです。

“改装可能な賃貸物件 検索サイトDIYP”

掲載されている賃貸物件情報は全て改装可能な賃貸と特殊な賃貸情報サイトです。更新頻度も高いため、入居希望者が案外早く見つかる可能性大です。

サイト内を見ていただくとわかりますが、アパート一棟、マンション一棟、ビル一棟を貸し出しているオーナーさんもちらほらいます。

http://www.diyp.jp/

3-3. 民泊事業

2017年7月に一棟の民泊マンションが大阪に誕生しました。

外国人向けに日本文化体験スペースや、中長期出張者向けに貸し会議室・コインランドリーなど、設備のバリエーションを多彩に盛り込んだ試験的な施設となっています。

これを皮切りに、あなたも新しい一棟マンションの不動産投資法「民泊」ができるようになってくるかもしれません。

SJ大阪セントラルの予約ページを参考にしてみてください。

4. まとめ

一棟マンションで収益を得られるのは全てあなたの手にかかっています。
不動産投資の基礎さえしっかり守れば、成功を掴むことは難しいことではありません。

一棟マンションの可能性は無限大。ご紹介した通りリノベーションしたり、民泊を開いたり。手はかかるかもしれませんが成功した時の喜びはその分大きい投資になることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする