不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

海老名で不動産投資をする魅力や将来性について分かりやすく解説!

神奈川県の海老名は駅周辺を中心に発展を続けている街です。

少子高齢化の日本において人口流入が続いている人気の街であり、ファミリー層や独身者からの賃貸需要も今後ますます期待できるでしょう。

そこで今回は海老名にフォーカスして魅力を紹介するとともに、不動産投資の成功に欠かせないデータや将来性について解説していきます。

(※当記事内のデータは2019年11月現在のものです。)

1. 海老名の不動産投資データ


海老名市は神奈川県のほぼ県央に位置するエリアで、面積は26.59㎢。

近年は海老名サービスエリア・商業施設など再開発が進み、東京と横浜のベッドタウンとして人気があるエリアです。

不動産投資を行う上で、人口の推移や賃貸需要の分析はとても重要。

以下で詳しくみていきましょう。

海老名の人口推移

海老名市の人口の推移は下記となっています。

毎年人口が増え続けているのがわかります。

超少子高齢化社会の日本においては人口の減少が問題となっている中、海老名市に魅力を感じて移住している方が多い結果と言えるでしょう。

参考:海老名市公式ウェブサイト「世帯数と人口」

海老名の賃貸需要

海老名は人口の流入が続いている魅力的な街ですが、賃貸需要にはどのような傾向があるでしょうか?

単身者もファミリー層の需要も多いエリア

海老名は利便性に優れ子育て支援も充実していることから、ファミリー層に人気の街です。

また、3つの路線が乗り入れているなど交通の便も良いことから、学生や社会人の単身者の需要も多くなっています。

とくに駅周辺は開発の推進によってさらなる利便性の向上が見込めるため、ファミリー層や単身者に人気の傾向が継続すると考えてよいでしょう。

収益物件ではアパートと区分マンションが多い

収益物件は区分マンションが多いほか、アパートの収益物件も出回っています。

物件によっては500万円台から購入できる区分マンションがあり、利回り5%台~11%まで幅広い範囲で選択可能です。

海老名の不動産平均価格

では、海老名の不動価格をみていきましょう。

海老名市の最新公示価格は1平方メートルあたり平均18万2,708円、坪単価で60万3,995円となっており、全国順位は83位です。

もっとも高いエリアは海老名駅周辺で、

総平均(公示価格と基準地価の平均)価格は1平方メートルあたり24万4,454円、坪単価で80万8,114円となっています。

近年の不動産価格の推移を下記の表で確認してください。

総平均地価(1平方メートルあたり)
平成25年 16万3,626円
平成26年 16万4,910円
平成27年 16万6,493円
平成28年 16万6,039円
平成29年 16万7,029円
平成30年 16万9,860円
令和1年 17万2,397円

不動産価格は年々上昇を続けており、海老名駅周辺の開発の推進等でさらなる上昇も期待できるでしょう。

参考:土地代データ

海老名の賃料相場

マンション・アパート・一戸建てにおける海老名の賃料相場を確認しておきましょう。

間取り別にまとめた下記の表をご覧ください。

横浜駅周辺の家賃相場と比較すると、大幅に安い価格で住めることが分かるでしょう。

間取り 海老名の家賃相場 横浜駅の家賃相場
ワンルーム 5万3,000円 8万2,900円
1K 5万5,700円 8万8,300円
1DK 5万6,300円 10万6,100円
1LDK 7万1,600円 13万5,900円
2DK 7万1,600円
2LDK 9万3,200円 25万2,600円
3DK 8万100円
3LDK 11万2,000円

参考:LIFULL HOME’S

2. 海老名駅周辺の地域情報と魅力を紹介!|子育てで住みたい街12位の理由

海老名駅周辺の地域情報と魅力を紹介!|子育てで住みたい街12位の理由

神奈川県の海老名は「2019年子育てするときに住みたい街」ランキングで12位と、県内で人気の街です(LIFULL HOME’S調べ)。

どんなところに魅力があるのか、その理由を探っていきましょう。

海老名が人気なワケを考察

海老名は首都圏でも多くの自然が残りながらも、都心や横浜へのアクセスの良さなど利便性に優れているとして人気の街です。

詳しくみていきましょう。

アクセスが良く、利便性が良い

海老名駅は小田急線・相模線・JR相模線の3本の路線が乗り入れているターミナル駅です。

1日の平均乗車数は約29万人と多くの人が利用しており、神奈川県の主要駅のひとつとなっています。

都心ヘは約45分、横浜へは30分ほどとアクセスは抜群で、いずれも乗り継ぎなしの1本で行けるため便利です。

水田や畑があるので自然豊か

海老名は駅周辺を中心にマンションや商業施設が建ち並んでいますが、駅から少し離れると水田や畑のある自然豊かな街です。

駅東口方面には緑豊かな丘陵地があり、水田の広がるのどかな風景が見られるほか、西口方面へ15分ほど歩けば一級河川「相模川」が流れています。

 

川では鮎釣りや川遊びを楽しめるほか、川沿いには整備された「県立相模三川公園」があり、

スポーツやバーベキューなど四季折々の楽しみ方ができるとして人気の市民憩いの場です。

所得制限なしに中学卒業までの子どもの医療費がすべて無料で子育てしやすい

海老名市では中学生までの入院・通院の医療費は所得制限なしですべて無料です。(参考:海老名市ホームページ

同じ県内でも小学生まで無料、中学生の入院費に限り無料など市町村によって医療費の取り扱いは異なりますが、海老名は子育てのしやすい街と言えるでしょう。

 

また、海老名市では保育所の利用待機児童を減らすべく、保育園の数を増やすなど整備にも力を入れています。

そのほか、親同士で情報交換できる「子育て支援センター」や育児の相互援助を行っている「ファミリーサポートセンター」などもあり、子育て関連施設の多さも魅力です。

歴史的や文化的な施設が多い

海老名は歴史や文化を秘めた街でもあります。

古代から人々が住み始めたとされ、奈良時代には「相模国分寺」がありました。

駅東口の「ビナウォーク」を抜けると、現在でも「相模国分寺跡」が広場として残っています。

そのほか、縄文時代の遺跡や古い社寺も多く点在しており、海老名は歴史と文化に触れられる貴重な街でもあるのです。

賃貸住宅を兼ね備えた複合施設や商業施設等が増えてきている

海老名では2014年に行政機関・商業施設・賃貸住宅を兼ね備えた複合施設が建設され、生活の利便性をさらに向上させました。

また、2015年には海老名駅の東口と西口を結ぶデッキも誕生するなど、東西の往来も便利になっています。

駅周辺はさらに利便性を高めるべく整備や再開発を推進しており、商業施設やオフィスビルなども今後増える予定です。

海老名の治安

実際に住むにあたっては、治安状況が気になるところです。

海老名の治安についてみていきましょう。

犯罪は少ないが、照明が少ない

海老名では犯罪の発生件数は少ないものの、駅前の照明が少し暗いのが気になります。

とくに、幹線道路沿いは照明が少ないため、今後整備されることを期待したいもの。

特別に治安が悪いということはなく、市内の各自治会では見回り等も行っているため、治安に不安を感じることは少ないでしょう。

海老名の犯罪発生率

海老名市での犯罪件数は年々減少傾向にあり、犯罪発生率1.64%と低い数字です。

年度 犯罪発生件数
平成13年 3,459
平成20年 2,132
平成25年 1,164
平成30年 862

参考:海老名市 犯罪発生状況(月別・年別)

海老名の交通事情

海老名は、海老名駅から新宿駅や横浜駅まで乗り換えなしで行けるなど、交通の利便性に優れています。

在来線は下記の3路線が乗り入れています。

  • 小田急線
  • 相鉄線
  • JR相模線

そのほか、海老名駅と羽田空港を結ぶ「空港リムジンバス」を運行しており、所要時間60~85分と羽田空港を利用した場合に便利です。

また、海老名市では公共交通機関不便地域を解消すべくコミュニティバスを運行しています。

高齢者や子供でも乗り降りしやすいノンステップバスを採用しており、3ルートが運行中(平成29年度2月時点)。

参考:海老名市公式ウェブサイト「EBINA CITY GUIDE」

3. 海老名での不動産投資のコツと将来性

海老名での不動産投資のコツと将来性

不動産投資を成功させるためには、エリアの将来性を見通すことはとても重要です。

海老名の将来性についてみていきましょう。

商業施設も充実しており高層マンションも増加傾向にある

海老名駅東口には大型商業施設「ビナウォーク」があり買い物に便利なほか、

駅西口には「ららぽーと海老名」が誕生するなど商業施設が充実しています。

さらに、小田急線とJR相模線の駅間においては大型開発が行われており、商業施設や高層マンションが建設される予定です。

また、サービス付き高齢者向け住宅や保育施設の建設も計画されているなど、海老名はこれまで以上に暮らしやすい街となるでしょう。

交通面も今後さらに良くなっていく

相鉄・JR直通線が2019年11月末に開通、東急直通線が2022年度下期に開業予定です。

開業後は乗り換えなしで渋谷へ行けるほか、東急直通線では新横浜駅(仮名称)まで乗り換えなしで行けるようになるため、新幹線へのアクセスもしやすくなります。

海老名は今後、さらにアクセスの向上が見込める注目の街であり、不動産投資におすすめと言えるでしょう。

4. 海老名駅は今後益々発展が見込まれるので不動産投資にはおすすめのエリア!

海老名は駅周辺を中心に開発が進んでおり、より利便性に優れた街になるでしょう。

今後もファミリー層や単身者を中心に人口の流入が続き、不動産投資を行う上でおすすめのエリアになること間違いありません。

海老名エリアの情報収集やリサーチを重ねて、不動産投資を成功させるべく行動していきましょう。

MIRAIMOを運営するA-Lab株式会社では、海老名を含む一都三県の不動産を取り扱っており、不動産投資勉強会や個別相談を開催しています。

不動産投資についての疑問や困っていることがあるなら、ぜひご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません