不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資の借金は危険ではない?!|借入してまで投資をするのにはワケがある

投資で利益を得るためには、多くの自己資金を投下しなければいけないと思っていませんか?

確かに投下する資金が多ければ多いほど利益も増えるでしょう。しかし、借金をしてまで投資するのは無謀かもしれません。

やはり、一般のサラリーマンが投資家になるのは難しいような気がします。

 

ところが、数ある投資の中には借金することが前提の投資もあるのです。

不動産投資の場合、賃貸物件の所有が必要になります。

物件を購入するためには金融機関からの融資を受けるのが一般的でしょう。

そこが、株式やFXなどの他の投資とは大きく異なるのです。

 

不動産投資で金融機関からの融資が利用されるのには理由があります。

今回は、なぜ借金してまで不動産投資を行うのか、また借金をしても危険ではないのか、などについて解説しましょう。

実は、不動産投資では金融機関からの融資をいかに活用するかが成功を左右するのです。

1. そもそも投資をするのに借金ができるのか?

そもそも投資をするのに借金ができるのか?

そもそも、投資で借金をしても大丈夫なのでしょうか?

例えば、「株式投資などで失敗した人が、消費者金融に大きな借金だけを残してしまった」というような話が。

やはり、投資では自己資金のみで運用するほうが無難なような気がします。

投資で借金が許されているのは不動産投資だけ

確かに、株式やFXなどの投資では、借金をして投資するのはリスクが大きくなります。

しかし、投資の中でも不動産投資だけは借金が許されているのです。

例えば、金融機関に足を運んで「株式投資をするので資金を借りたい」と言っても融資を受けることは難しいでしょう。

ところが、「不動産投資をしたいので賃貸物件を購入する資金を借りたい」と言えば、属性に応じて購入資金の融資を受けることができるのです。

不動産投資と他の投資では何が違うのか?

不動産投資と株式やFXなど他の投資との違いは、どこにあるのでしょうか?ポイントは資産性です。

例えば株式投資で購入するのは株券という紙切れです。およそ資産性のカケラもありません。

 

しかし、不動産投資では賃貸物件という現物資産を手にすることができるのです。

金融機関が不動産投資であればローンの相談に乗ってくれる理由もそこにあります。

金融機関は融資した資金を必ず回収しなければいけません。

そこで、不動産投資であれば購入した賃貸物件を担保にして、いざという時に競売して貸した資金を回収できるのです。

2. 不動産投資での借金は危険ではない!借金する理由とは

不動産投資での借金は危険ではない!借金する理由とは

不動産投資で借金をするのには様々な理由があります。借金は怖いというイメージがあるでしょう。

しかし、不動産投資では効果的に借金をすることが成功の秘訣です。

借金をする理由や収支を把握してから実効すれば決して危険なものではありません。

レバレッジを効かせた投資ができる

レバレッジとは「テコ」を意味します。

つまり小さな力で大きな効果を達成するという意味です。不動産投資では、このレバレッジ効果を利用しなければいけません。

不動産投資では、金融機関から融資を受けて不動産投資をすることを「レバレッジを効かせる」と言います。

なぜなら、自己資金が少なくても金融機関から借金ができれば大きな資金を投下できるからです。

投資では、投下する資本が多ければ多いほどリターンも増えます。

例えば自己資金が100万円しかなくても、融資を受けることで1,000万円の物件を購入し、不動産投資に活用できるのです。

投資の優良物件があった場合資金が無くても購入できる

不動産投資で成功するためには、優良な賃貸物件に投資しなければいけません。

しかし、優良物件はなかなか市場に登場しないのが現実です。

もしも優良物件を見つければすぐに購入する必要があります。

自己資金を貯めてからという考え方では、優良物件を手にすることは難しいでしょう。

ところが、金融機関から借金をすれば、自己資金に頼らずに購入することができるのです。

必ずしも借金=悪いとは限らない

必ずしも借金が悪いとは限りませんし、不動産投資には借金が欠かせません。

しかし、「ただ単に資金が足りないから借りよう」という無計画な借金の仕方では困ります。

しかし、事業計画や将来の展望に基づいて、あらかじめ収支を計算することで堅実な借金をすることも可能でしょう。

同じ借金でも滞りなく返済でき、かつ借金以上の価値が生み出されるのであれば「良い借金」と言えるのです。

3. サラリーマンが借金をしてまで不動産投資をするワケ

サラリーマンが借金をして不動産投資をする理由とは?

最近ではサラリーマン投資家が増えていると言われています。

もはや、不動産投資は一部の富裕層の投資ではありません。

では、一般のサラリーマンが投資家として活動する理由はどこにあるのでしょうか?

サラリーマンは与信評価が高い

与信とは金融機関が「この人なら○○円まで融資することができる」と査定することです。

実はサラリーマンは与信評価が高いと言われています。

与信では「年齢」「年収」「勤務先」「勤続年数」などの属性が評価の対象です。

金融機関では、融資した資金を確実に回収することが一番の目的なので、返済能力の有無がポイントになります。

サラリーマンであれば毎月安定した給与を得ることができるので返済能力があると評価されるのでしょう。

関連記事不動産投資で与信はどれくらい重要?|金融機関の審査基準を解説!

2019.07.30

与信を活用して手にいれることができる2つの資産

サラリーマンは与信評価の高さを利用して、金融機関から融資を受けレバレッジを効かせることができます。

レバレッジ効果により利益を増額することができ、毎月のキャッシュ資産を得ることができるでしょう。

さらに、融資返済が完了すれば、賃貸物件という不動産資産も手にすることができます。

したがって、与信を活用することで2つの資産を得ることができるのです。

サラリーマンが持つ高い与信力を活用していると言えます。

与信を上手く活用するには?

与信を上手く活用するためにはポイントがあります。

まずは、自分自身の属性の確認をする、つまり与信力を知ることが大切です。

どの程度の融資を受けることができるのかを把握しておく必要があります。

 

次に、融資可能額から購入可能な物件を絞り込んでください。

さらに、実際に金融機関に足を運んで自分自身のアピールも欠かせません。

たとえば、与信評価が同じだから融資額の上限も同じだとは限らないのです。

「事前準備」や「ヤル気」を示し金融機関の心証を良くすれば融資額のアップも期待できるでしょう。

4. ローンの借入を行う場合の注意ポイント

ローンの借入を行う場合の注意ポイント

不動産投資に金融機関からの融資は欠かせません。

しかし、当然のことですがローンの借り入れには注意が必要です。

計画性のない借金では不動産投資で成功することは望めません。

そこで、借金をする際のポイントを紹介しましょう。

返済期間を長くしすぎると危険

融資の返済期間が長ければ月々の返済額が少なくなるため現金収支が良くなるでしょう。

不動産投資では、キャッシュフローを良くすることもポイントです。

しかし、返済期間が長いということは返済利息の総額が増えるというデメリットもあります。金利程度とバカにしてはいけません。

また、返済期間が長いと途中で金利上昇リスクを負うこともあるでしょう。

金利が上昇すると返済が長ければ長いほど返済総額で大きな違いが生じてしまうのです。

不動産投資の知識を身につけて投資をする必要がある

不動産投資を実行するためには賃貸事業の経営者になるという意識が必要です。

最低限必要な知識がなければ経営者にはなれません。不動産投資の基本的な知識を身につけてください。

不動産投資ではレバレッジ効果を高めるため金融機関から融資を受けるので投下する資金も少なくありません。

もしも失敗してしまうと大きな損失を被ることになります。

不動産投資の知識があれば、あらかじめ想定されるリスクについて対策を講じることもできるのです。

事業計画やリスク対策を講じることで金融機関からの借金も怖くはありません。

5. 不動産投資の借金は危険ではない!知識をつけていい借金をしよう

不動産投資では、レバレッジを効かすために金融機関からの融資が欠かせません。

借金が怖いというイメージは必要でしょう。

しかし、不動産投資や金融機関からの融資について、あらかじめ知識を習得しておけば、借金を有効に活用することができるのです。

不動産投資のローンについての不明点から不動産投資に興味があるが少し怖いといった不安まで、

MIRAIMOでは不動産投資に関する悩みや疑問を無料でオンライン相談することができます。まずはLINEで友だち登録してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません