不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

不動産投資は低所得者でもできる?|成功するための4つのポイント

「不動産投資に興味あるんだけど、年収低いからムリかなぁ」

そう思っているならちょっと待ってください!その考えは間違っています!!

不動産と言えば多額の金額を使い、大きな利益を得るイメージがあるかもしれません。

そのイメージは半分正解で半分は間違いです。

 

低所得者であっても、工夫やアイデアを出すことで十分に利益を出す不動産投資が可能です。

では、どのようにしたらできるのでしょうか?

今回は低所得者でも不動産投資ができる理由と成功するためのポイントをお伝えします。

1. 不動産投資は低所得者でもできる!

不動産投資は低所得者でもできる!

低所得者だから不動産投資ができないと思うかもしれませんがその考えは少し間違っています。

もし、あなたが不動産投資を難しいと考えているのであれば理由があるはずです。

根本に眠る理由と低所得者でも不動産投資が可能なやり方を見ていきましょう。

なぜ?不動産投資が難しいと言われる理由

不動産投資に対して多くの人が持っているイメージは「大きな資金、ある程度の年収(500万円以上)が必要である」ということです。

他にも不動産投資は経営が難しい、失敗したときのダメージが大きいなども挙げられます。

周りに不動産投資をしている人や不動産会社の人がいないと誰にも相談できませんし、不明なことだらけでは不動産は難しいと言われても仕方ありません。

しかし皆が抱くイメージと違い、不動産投資は低収入の方でも知識がない人でも始めることができるのです。

低収入でも不動産投資はできる!

一般的に年収500万円以上ないと不動産投資ができない(正確には融資が下りにくい)と言われていますが低収入でも不動産投資は可能です。

ポイントとしては中古の区分マンションに絞ること。

新築のマンションや一軒家などは価値が高く、数千万円や場合によっては億という単位が出てきます。

しかし、中古の区分マンションであれば比較的低価格で始めることができるのです。

 

また、低収入の人が不動産投資をするメリットはキャッシュフローもありますが、税金面での対策が取れることもポイントです。

不動産投資をすると不動産を購入した金額や不動産経営に関わる支出は経費にすることができます。

所得税は収入から経費を差し引いたものになりますので、経費がある分だけ支払う税金が少なくなるのです。

不動産のキャッシュフロー自体が仮に少なくても、税金対策をすることで実質的にプラス収益にできることは覚えておくといいでしょう。

 

2. 低所得者でも始められる! 不動産投資成功のポイント4つ

低所得者でも始められる! 不動産投資成功のポイント4つ

低収入で不動産投資をする場合に押さえておきたいポイントは4つあります。

非常に重要なポイントですので確認していきましょう。

①まずは区分所有を目指す

マンション丸ごと保有するマンション一棟オーナーになることは不動産投資を考えている人であれば夢のようなことですが、まずは区分所有を目指しましょう。

区分であればマンションの一室を経営することになるので金銭的な負担は少ないです。

場所や築年数にもよりますが、数百万円で投資することも可能。

②とにかく不動産会社を回って物件を探す

不動産会社を1つに絞るためにも多くの不動産会社を回ることをお勧めします。

残念ながらすべての不動産が利益を出す物件とは限りません。

自身の状況やその土地ごとの状況によって、誰かにとって有利であれば不利になることも。

最初から1つの不動産会社に絞るのではなく、多くの不動産会社からたくさんの物件を見て、自身にとって良い物件を探すことが大事です。

③ローンは複数の金融機関に打診する

低収入で頭金が用意できなくても、ローンを利用することで不動産投資は可能。

ローンの審査は金融機関ごとに条件が違いますので、複数の金融機関に打診することをおすすめします。

特に物件の評価に関しては金融機関ごとに方法が違うので、一つがダメでも他の所なら融資してくれることはザラにあるためです。

④現物以外の不動産投資も視野に入れる

不動産=現物資産という認識があるかもしれません。

しかし、最近ではREITや小口不動産なども出てきており、現物以外の不動産投資も人気を集めています。

REITは不動産投資信託であり、株の取引のように投資できるのが特徴。

NISAとの連携もできることから少額での投資+税金面でのメリットがあるので人気です。

 

一方で小口不動産とは物件を数人で分けて投資することを指します。

例えば1,000万円の物件があり、10人でお金を出し合って投資をすると1人あたり100万円の出資です。

通常の不動産投資よりリターンこそ低いかもしれませんが、少額で投資できること、リスクの軽減があることからこちらも人気。

場合によっては10口のうち、2口は自身で購入ということもできるので臨機応変に対応できます。

 

様々な不動産投資の種類については以下の記事でまとめていますので参考にしてみてくださいね。

関連記事不動産投資の種類は3つ!どのタイプが儲かる?|それぞれのメリットやデメリットを紹介

2018.10.11

3. 低所得者でも不動産投資はできる! 物件探しから始めてみよう

「低収入だから不動産投資はできない」

そう思っていたのであれば、今回の内容を見たことで「低収入でも不動産投資はできる!」という認識に変わったと思います。

当然のことながら工夫は必要です。

今回紹介したように区分の物件や数多くの不動産会社を見て回るなど対応することは多いです。

 

特に初心者の場合は何が良くて何が悪いのかわからないと言うのが素直なところでしょう。

一つの方法としてMIRAIMOのLINE@オンライン相談を利用してみてはどうでしょうか?

プロのコンサルタントがあなたの状況や目標を元に真摯に対応していきます。

ちょっとした疑問でも問題ありませんので、お気軽に相談してください。

 

不動産投資で利益を上げている人は数多く存在しています。

しかし、その人たちは最初から何もかもわかっていたわけではありません。

自身で知識を得るための行動や経験者からのアドバイスを元に成長してきました。

初めの一歩を踏み出すことで新しい可能性を切り開くことができます。

MIRAIMOでそのお手伝いができれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません