不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

マンション経営は50代からでも始められる|今から始めるために意識すべきポイントを紹介

50代になると、将来に対して漠然とした不安を抱く人が多いのではないでしょうか?

さらにメディアでは、消費税の値上や公的年金が足りなくなるなど、老後の生活不安をあおる報道が続きます。

老後に豊かな生活を送ることは難しいのでしょうか?

 

「もう少し若ければ、マンション経営でもするのだが…」と考えている人もいるでしょう。

確かに、家賃収入を公的年金にプラスできれば、老後の生活を「ゆとり」のあるものにできます。

しかし、多くの人は「50代になって不動産投資は難しいだろう」とあきらめるのです。

 

実は、50代になってもマンション経営を始めることはできます。年齢を重ねたことによる社会的信用などにより、融資を受けることができる可能性も十分にあるのです。

不動産投資を始める年齢に応じたポイントさえ押さえておけば、投資家として将来に備えることは夢ではありません。

今回は50代で不動産投資を始めるためのポイントを解説しましょう。

1. マンション経営は50代からでも始めることが出来る

マンション経営は50代からでも始めることが出来る

50代になると老後の生活を強く意識するようになります。

「現在の預貯金と公的年金だけで余裕のある生活ができるのだろうか?」という疑問を持つ人が少なくないでしょう。

マンション経営が可能であれば、副業として「ゆとり」の部分をカバーできるのですが…。

 

結論からいえば、50代でも不動産投資を始めることはできます。

なぜなら50代であれば、それなりの資金力があり金融機関の信頼度も高くなるからです。

具他的には、団体信用生命保険の上限である80歳までに完済するのであれば融資を受けることができます。

 

ただし、自己資金の額が多めに設定される傾向にある点は注意が必要。

借入額としては、おおよそ年収の10~30倍くらいになります。

50代でスタートする不動産経営では失敗が許されません。物件の安さよりも賃貸需要の有無に注目した物件選びを心がけるべきでしょう。

2. 50代からのマンション経営が遅いと言われる理由4つ

50代からのマンション経営が遅いと言われる理由4つ

一般的に50代から始めるマンション経営は、不動産投資のスタート時期としては遅いといわれます。

不動産投資を始めるには、まずリスクを確認しておくのが原則です。

そこで、どのようなデメリットがあるのかを確認していきましょう。

借入金の返済期間が短い

年齢が高ければ高いほど、返済期間が短くなるのは理解できるところでしょう。

たとえば、金融機関の完済年齢の上限が80歳だとすると、借入時の年齢が55歳であれば返済期間は残りの25年間ということになります。

短期間での返済になると月々の返済額が高額になるため、頭金などの自己資金を増やして借入額自体を抑えなければならないというデメリットが生じるのです。

金融機関の融資に通りにくい

金融機関が融資審査を行うときに最も警戒するのは返済が滞るというリスクです。50代になると収入などの属性は問題ないでしょう。

しかし、50代での融資は一般的に返済期間が短くなるので、月々の返済額などに無理が生じるケースが少なくありません。

したがって、頭金を多目に設定するなどして返済リスクを軽減します。

つまり、自己資金が多くなければ融資には通りにくいのです。

健康状態の問題

不動産投資ローンを借入れする際に団体信用生命保険に加入することになります。

団体信用生命保険とは契約者が死亡または高度障害に陥った場合に、代わりに返済してくれるシステムです。

高齢になると健康リスクが生じる可能性が高まるでしょう。

高齢になると団体信用生命保険の健康診断に引っかかるケースが少なくないのです。

団体信用生命保険に加入することが融資の条件になるため、持病や病歴がある人は注意してください。

年収の低下

若い人であれば、将来的な収入アップが望めます。

しかし、高齢だと逆に収入がダウンするのが一般的でしょう。

50代半ばで収入のピークを迎え、その後は役職定年などによりダウンしていくといわれます。

また定年後に再雇用されるとしても収入は著しく下がります。

そして、いずれは収入が公的年金のみになるのです。低下した収入で返済していくのは、非常に厳しいでしょう。

3. マンション経営をするうえで金融機関から融資してもらうための方法

マンション経営をするうえで金融機関から融資してもらうための方法

マンション経営には、金融機関からの融資が欠かせません。

しかし、年齢が高くなると返済期間が短くなるなどのデメリットがあります。

そこで、融資を受けるためのポイントを紹介しましょう。

借入金の額を少なくする

老後に受給する公的年金のフォローとしての副業的なマンション経営であれば、ワンルームマンションを対象にするとういう手があります。

中古物件であれば価格も安いので、借入金の額を少なくすることができるでしょう。

返済期間が短くても借入金の額が少なければ、月々の返済額も抑えることが可能です。

やはり、50代になってから返済額に追われるリスキーな不動産投資は避けるべきでしょう。

借入金に対して自己資金率を多くする

金融機関も50代の人に対しては、自己資金の割合を高く設定します。

高齢になると将来的な収入ダウンなどのリスクが考えられるからです。

少なくとも購入したい物件の30%程度の頭金は必要になるでしょう。

50代は病気など不測の事態が生じやすい年齢。

高齢になってから融資を受けるのであれば、自己資金率は高くしておくのが鉄則です。

連帯保証人を用意する

融資を受ける時に連帯保証人を立てることで融資が有利に進むケースがあります。

しかし、現実問題として連帯保証人を他人に頼むことは難しいでしょう。

ところが、夫婦共稼ぎであれば、奥さんを連帯保証人にできる場合があります。

また、将来マンション経営を引き継ぐ子どもを連帯保証人とすることも可能でしょう。

不動産投資を家族で運用していくというスタイルです。

利益率が高い物件を選ぶ

50代で不動産投資をスタートするのであれば、利益率の高い物件を選択しなければなりません。

なぜなら、近い将来の生活費をフォローするという目的だからです。

キャッシュフローを意識した物件を購入してください。

たとえば、賃貸需要のあるエリアで、中古の1棟マンションやアパートのような戸数の多い物件であれば、まとまった家賃収入により収支が安定するでしょう。

4. 50代からマンション経営を始める時に意識するべきポイント3つ

50代からマンション経営を始める時に意識するべきポイント3つ

50代からマンション経営を始めるためには、あらかじめ意識しておかなければならないポイントがあります。

基本的には、リスクの少ない不動産投資を心がけることなのですが、特に意識しなければならないことを3つ紹介しましょう。

①効率的な借り入れ方法の模索

効率的な借入をするためのポイントは、優良な物件の選択と多めの自己資金を用意することです。

金融機関も利益の見込める物件でなければ融資を実行しないでしょう。

また、自己資金の額が少ないような不安定な経営も嫌います。

見方を変えると、金融機関が融資を実施しないマンション経営には何らかの欠陥があるともいえるでしょう。

②借入金の返済期間が短い

50歳代で不動産投資を始める一番のネックが借入金の返済期間が短くなることです。

返済期間が短いと月々の返済額が高額になります。

マンション経営で、高齢になってから返済リスクを負うのは賢い選択とはいえないでしょう。

自己資金の額を増やす、あるいは購入物件の価格を下げるなどして、月々の返済額を調整しなければいけません。

無理な経営は避けてください。

③返済後の家賃収入額

金融機関への融資返済後の家賃収入額を意識しましょう。

余裕のある老後生活を送るために不動産投資を始めたのに、マンションが老朽化して空室だらけでは家賃収入をキープすることができません。

安定した家賃収入を得るためには、築年数やメンテナンスを意識した購入や運用が必要です。

将来的にも空室リスクを負わないように注意してください。

5. 50代からのマンション経営を成功させるためには

50代からのマンション経営を成功させるためには

50代からマンション経営をスタートするには、融資の受け方や物件の選び方にポイントがありました。しかし、それだけでは不動産投資を成功させることはできません。マンション経営では運営の仕方も重要です。

管理会社の選定をしっかりとする

不動産投資で成功するためには、信頼できるパートナーとの出会いが大切です。

そのパートナーとなる管理会社の選定に力を入れてください。

管理会社はマンション経営の成功を左右するほどの影響があるとも言われます。

入居率の高い実績のある管理会社を選定するのです。

インターネットを利用すると管理会社のホームページなどから実績を調べることができます。

また、評判や口コミなどで生の声を確認することもポイントです。

マンション経営に関する知識を身につける

マンション経営のオーナーとは、賃貸業の経営者であるという意識を持つことがポイントです。

どのような事業であっても、経営者であれば努力が必要なのは言うまでもないでしょう。マンション経営の知識を身に付けないといけません。

投資セミナーを開催している不動産系の会社も少なくありません。

知識が習得できるだけではなく、最新の投資情報を収集することもできます。

無料セミナーも開催されているので積極的に活用してください。

関連記事不動産投資セミナーはどう選ぶ?|おすすめのセミナーをエリア別に紹介【全国版】

2019.02.04

6. マンション経営は早く始めることで効率的な資金運用が可能に

マンション経営は50代からでも可能です。

金融機関からの融資や物件選びのポイントを押さえることでマンション経営によって老後の生活を豊かにすることができるでしょう。

しかし、返済期間が少なくなるので、興味があれば少しでも早く実行に移してください。

なおマンション経営に疑問や不安があれば、あらかじめプロに相談するのがポイントです。

効率的に解決しましょう。

MIRAIMOでは、随時個別相談を開催しているので、まずはオンラインで無料相談ができるMIRAIMOのLINE公式アカウントに登録することをおすすめします。
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません