不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

ワンルームマンションの購入の流れ|リスクの低い物件の選び方を紹介

「ワンルームマンションを購入して、安定した利益を得たい」

そう考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし初心者は、

「どうやってマンションを購入するのか」「投資にどんなリスクがあるか」

など分からないことだらけで投資自体を不安に感じてしまいますよね。

この記事では、そんな初心者に向けてワンルームマンション購入の手順やリスク、購入のポイントをご紹介。

投資を検討している方はぜひチェックしてくださいね。

1. ワンルームマンション購入に関する一連の流れ

少額から始められるワンルームマンション投資は初心者にもおすすめの不動産投資方法です。

しかし、ワンルームマンションを購入するにはどうすればいいの?とお悩みの方もいるでしょう。

基本的に投資目的でワンルームマンションを購入する場合も、住居用の住宅を買う場合と手順はほとんど同じです。

マンション購入までの流れは、

物件探し→購入申し込み→売買契約→物件の引き渡し

となっています。

ローンを組んで購入する場合は物件の引き渡しまでに、ローンの事前審査と本審査、ローン契約を行う必要があります。

全ての工程を終わらせるのには最低でも1か月程度かかりますので、良い物件もすぐには手に入りません。

また、投資目的でローンを組む場合は事業の採算性など、一般的な住宅ローンより厳しくチェックされますので時間がかかる場合もあります。

マンション購入手順についてより詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事マンション一棟を購入するまでの流れ|準備を怠らずに華麗なスタートを切ろう

2018.02.16

2. ワンルームマンション投資をオススメする理由

ワンルームマンションは、ファミリー向けの大きめマンションではなく、主に単身者向けの部屋で構成されるマンションです。

しかし、なぜ投資初心者にはワンルームマンション投資がオススメなのか分からないという方もいるでしょう。

ここからはワンルームマンション投資が良いと言われる理由について3つ見ていきます。

少額資金で始めることが出来る

ワンルームマンション最大のメリットは、自己資金が少ない場合でも投資を始められることです。

中古のワンルームマンションであれば数百万円での購入も夢ではありませんので、

「不動産投資を始めてみたいけど、いきなり大金を出すのはちょっと…」という方にもおすすめです。

また、ワンルームマンションは専有面積が小さいためファミリー向けの大きなマンションと比べ、管理費も少なくて済みます。

空室は埋まりやすく、売買も成立しやすい

ワンルームはマンション投資の中でも取引市場が盛んなので、賃貸・売買ともにしやすいです。

今話題の「晩婚化」によって単身者も増加傾向にあるので駅チカでアクセスのよい物件は空室が出たとしてもまた次の入居者を見つけやすく、敷金や礼金がもらえる回数も増えていきます。

購入物件に自分で住むこともできる

購入した家には、当然自分も住むことができます。

自分で購入したマンションであれば賃貸料を毎月支払う必要もありませんので、現在ワンルームに住んでいるという方には大きなメリットだと言えます。

また、自分で物件に住むことでそのマンションの改善点や管理のポイントも見えてくるのでさらなる高収益を目指し、しばらくの間自分でそのマンションに暮らしてみるという人も少なくありません。

3. リスクを減らすワンルームマンション選びのポイント4つ

ワンルームマンション投資は少額でも始められますが、やはり物件の購入にはある程度リスクもあります。

しかし、購入の際に利益の出そうなワンルームマンションを選べばリスクを減らすことも可能です。

ここからはワンルームマンションを購入するときに気を付けたいポイントについて見ていきます。

①マンション周辺の利便性・環境

単身者がワンルームマンション選びで重視するのは、利便性と環境です。

駅から遠くバス停もない場所で暮らしても通勤・通学が大変ですし、近くにスーパーなどが無ければ買い物にも不便を感じます。

マンションを購入する際は一度現地に足を運び、内部だけでなく駅やバス停までの距離がどれくらいなのか、マンション周辺の環境は良いか、など周辺状況も必ずチェックしておく必要があります。

②物件が新耐震基準を満たしているか

近年地震など大きな災害が増え、防災に高い意識を持つ人が増えてきました。

新耐震基準とは、1981年6月以降に導入された耐震基準のこと。

震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないよう作られた基準ですが、それ以前の基準で作られた物件では震度5強以上の揺れで倒壊する危険性が高いです。

強い地震に備え、物件選びの基準として「新耐震基準を満たしている」ことを挙げる人は多いので、マンション購入の際は新基準を満たしたのもを選ぶのがベターです。

③重要事項調査報告書を確認する

重要事項調査報告書とは、管理費や修繕費、工事履歴やアスベストの有無などマンション管理に関わる事項が書かれている書類です。

建物の管理会社が発行しているものですが、購入者としてあなたもこの報告書の内容をきちんと確認し、現在の管理状況を理解しておく必要があります。

④マンション内部の設備が充実しているか

ワンルームマンションの設備が古かったり、少なかったりすると、入居者からの人気が落ち賃料を下げる必要が出てきます。

一方設備が充実したマンションには借り手も多くなりますので、マンション購入の際はより新しく、よりたくさんの設備が付いたマンションを選ぶのが鍵です。

また、設備の管理状態についても現地に行ったり、先ほど紹介した重要事項調査報告書を見たりして確認しておくとよいでしょう。

4. ワンルームマンションを購入することによるメリット

ワンルームマンション投資には、さらなるメリットもあります。

ここからは投資初心者でも享受できるメリットについて解説していきますので、「ワンルームマンションを購入するか迷っている」という方もぜひチェックしてくださいね。

マンション管理に手間がかかりにくい

ワンルームマンションはファミリー向けのマンションと比べ小さめなので、その分管理コストも低くなります。

特に中古で小規模なマンションを購入する場合、管理コストをかなり抑えることが出来ますので自己資金が少ない方でも利益を出しやすいと言えるでしょう。

私的年金として利用できる

一度マンションを購入すれば、賃料収入がある限り働かなくても安定した収入を得ることができます。

そのためマンション投資で得られる利益を私的年金として利用すれば、老後豊かな暮らしを送ることも可能です。

「老後のための貯金が少ない」「老後のことまで考えている時間がない」という方にも、手軽にできるワンルームマンション投資には大きなメリットがあります。

長期的に収入を得ることが出来る

株や仮想通貨などの場合、景気を見ながら頻繁に売買を繰り返さなければ利益を得ることはできません。

一方不動産の場合、一度購入してしまえば日々の管理などを除き特別なアクションをせずとも毎月自動的にお金が入ってきます。

現在フルタイムで働いていて忙しい毎日を送っている方でも、ワンルームマンションなら長期的なリターンを見込むことができるでしょう。

分散投資をすることでリスク回避をすることが出来る

仕事で得た資金をどのように運用していけば最もお得なのか、悩んでいるという方も多いでしょう。

お金を運用する際は、分散投資が基本。預貯金として寝かせて置いたり、株や債券を購入したりするのは多くの人がやっていますが、ここに不動産を入れるとさらに安定した運用が出来るようになります。

不動産なら価値が短期間で変動するリスクは少ないですし、いざという時は自分で住むこともできます。

5. ワンルームマンションを購入するデメリット

初心者にもおすすめのワンルームマンション投資ですが、購入にはデメリットも存在しています。

投資を検討中の方はぜひ以下のデメリットをチェックし、後悔のない資金運用を行ってくださいね。

投資による大きな収益を得難い

ワンルームマンション投資は株などの金融商品に比べ大きな利益が出にくいです。

もちろん物件購入の際利益が出るものを選べば継続して収入は得られますが、部屋数に限度がある点、相場よりはるかに高い家賃を設定できない点から、大きな利益にはつながりにくいです。

しかし副業としてマンション投資を行う場合、少額でも安定した収入が得られること自体、大きな魅力だと言えます。

リスクによる影響を受けやすい

不動産投資には、様々なリスクがあります。

自然災害でマンションが倒壊するリスク、管理会社などが倒産するリスクなど、可能性の低いものもありますが未来が予測できない以上、ある程度のリスクは考慮しておく必要があります。

不動産投資で特に大きなリスクが空室リスク。

入居者が入らず、家賃収入ゼロの状態が続けば管理費などで赤字は膨れあがってしまいます。

また、マンションの立つエリアの価値が大きく下がったなどの理由で家賃が大きく下落する可能性もあるでしょう。

資産価値がほとんど残らない

人気の高いワンルームマンションや新築のマンションなどには資産価値がありますが、築年数が増えるにつれその価値はどんどん下がってしまいます。

購入した当初は価値のあったマンションも、長い年月と共に家賃収益が出なくなり、売りに出そうと思った時にはほとんど価値が無くなっていた…というケースもあります。

6. ワンルームマンションを購入する前には様々なリスクを考慮して、計画的な投資を

ワンルームマンション投資は初心者でも気軽にスタートできるおすすめの投資方法ですが、もちろん購入には様々なリスクがあります。

「本当に投資していいの?」「物件をどう選べばいいの?」そんな疑問をお持ちの方は、不動産投資のプロに相談するのがおすすめです。

MIRAIMOでは、不動産投資に関するセミナーや物件紹介、個別相談・無料オンライン相談などを積極的に行っています。

不動産投資が不安な方も、ぜひMIRAIMOで計画的な投資を行ってくださいね。

今ならMIRAIMOを友達追加いただいた方にもれなく、
オリジナルのe-book「中古マンション購入チェックリスト」をプレゼント!

LINE@友達登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

経験した私だから言える成功の秘訣〜不動産投資の一歩目で踏み外さないために~ 不動産投資家 午堂登紀雄氏
不動産投資を始めるなら、まずは気軽にオンライン無料相談!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする