不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

横浜で不動産投資をする魅力とは?現在と今後の投資状況を分かりやすく解説!

不動産投資のエリア選択では、良好な交通アクセスや充実した周辺施設などから、賃貸需要の有無を判断しなければいけません。

しかし、長期的な少子化のために人口自体が減少している現在、人口の増減も不動産投資に大きく影響するのです。

人口が増加している地域は賃貸需要も増えるため、不動産投資では有効な地域だと言われています。

 

そこで、今回は横浜の賃貸需要のポイントとなる人口増加の原因や将来性についてについて紹介しましょう。

横浜では、多くの区で人口が増加しているのです。

横浜で不動産投資をする魅力や現在と今後の投資状況を分かりやすく解説しますので参考にしてください。

横浜市がある神奈川県全体の不動産投資のコツについては以下の記事を参考にしてください。

関連記事神奈川県で不動産投資を勝ち抜く方法|東京に負けないその理由とは

2018.10.25

1. 横浜の不動産投資状況

横浜の不動産投資状況

不動産投資状況のポイントとして欠かせない賃貸需要から判断すると、横浜は東京を抑えトップに位置すると言えるのです。

そこで、なぜ横浜に人気があるのか、また不動産投資に適しているのかを確認してみましょう。

横浜は人口が増加傾向にある

不動産投資では、人口が増加している地域は賃貸需要が高いとされています。

横浜市の人口増加数は、平成30年で7,860人増加ています。

したがって、投資エリアとしては人口増加がプラスの目安になるのです。

内訳としては、

  • 社会増加数がプラス13,456人
  • 自然増加数がマイナス5,596人

です。なお、社会増加数とは転入や転出による人口の推移を示し、自然増加数とは出生や死亡による人口の推移を示します。

参考:横浜市 市内人口の推移

スーモの住みたいランキングで東京を抑えて1位

横浜は、2019年「SUUMOの住みたい街(駅)ランキング」で、今年も東京を抑えて1位に位置しています。

なお、トップ10には、東京都5駅・神奈川県3駅・埼玉県2駅選出されているのですが、山手線の駅が強いようです。

横浜は以前から人気があり常に上位をキープしていましたが、2018年に初めて東京を抑え1位に選出されています。

横浜市は単身者が4割をしめている街

不動産投資では、入居者となるターゲットの絞り込みが欠かせません。

そこで、横浜市の世帯別の内訳を確認すると、ここ10年で3人以上の世帯の数が減少し、1人世帯と2人世帯の数が増加しています。

特に平成30年には、一人世帯の数が全体の4割を占めました。

したがって、横浜での不動産投資は、購入費用などで比較的投資しやすい単身者向けのマンションが狙い目になるでしょう。

横浜市の不動産の平均価格と平均利回り

2019年4月~6月期の横浜市の不動産の平均価格を確認すると約1,200万円とされています。

一都三県では、中間的な価格だと言えるでしょう。

また、2019年4月~6月期の横浜市の平均利回りを確認すると約8%と悪くありません。

横浜市は人口が多く、単身者の占める割合も多いのでマンション投資には向いているでしょう。

投下資金を抑えキャッシュフローを良くしたいのであれば、横浜でのマンション投資を検討してください。

2. 横浜で不動産投資をする魅力|なぜ横浜が人気なの?

横浜で不動産投資をする魅力|なぜ横浜が人気なの?

横浜では人口が増えています。なぜ、横浜に人気があるのでしょうか?

不動産投資では、長期にわたって運用していく必要があります。

したがって、現状及び将来の賃貸需要の確認が欠かせません。

横浜は、なぜ人口が増加し、人気があるのか、横浜の魅力を解説していきます。

大型商業施設も充実しており、商業地も多い

横浜駅はJR東日本・東京急行電鉄・横浜市交通局など、様々な路線が乗り入れるターミナルとなる駅です。

東京の主要都市へも近く、大型商業施設も充実しており商業地も多いエリアになります。

 

したがって、不動産投資で欠かせない周辺施設の充実を満たしているのです。

商業地から少し離れると閑静な住宅地が拡がり、山下公園など緑が整備されているところも魅力になっているのでしょう。

都市開発が進んでいる

都市開発としては、国際都市として競争力のある街を目標にした都市再開発プロジェクトが横浜駅西口で進行しています。

2020年の竣工を目標に国際交流施設や商業施設などを併設した2棟のタワーマンションが計画されているのです。

さらに、横浜駅周辺を対象に大規模再開発計画が進められています

計画ではエリアを再編し、エリアごとの特徴を連携することで国際的に競争力のある街への進化を目標にしているのです。

東京都心よりも家賃が安く、交通アクセスが良い

不動産投資のポイントと言える交通アクセスの良さでも横浜は優れています。

東京の主要都市へも早ければ25分程度という利便性です。

ところが、家賃などは東京都心よりも安いというアドバンテージがあります。

横浜は、コストパフォーマンスの高いエリアだと言えるでしょう。

したがって、不動産投資市場としての人気も高まっているのです。

地価が上昇している

横浜エリアでは、地価が上昇しています。その原因としては、人口増加が挙げられるでしょう。

現在は、人口が増加しているエリアは少ないのが現実です。

人口増加は賃貸需要に直結していると言えます。

 

賃貸需要の増加はエリアの地価を上昇させ、マンションの資産価値を高める傾向にあります。

横浜は、将来性の面でも投資物件としてのマンション購入にふさわしいエリアではないでしょうか?

物件を売却する時、比較的に買い手がつきやすい

不動産投資では、出口戦略としての物件の売却にも注意しなければいけません。

たとえば、賃貸物件購入後に賃貸収入で利益を得ても、最終的な売却で失敗すれば元も子もなくなるでしょう。

したがって、売却までを見据えた選択が必要になります。

 

そこで、出口戦略を考える時には、

横浜のように人口増や良好なアクセスなど不動産投資にプラスの要件を備えているエリアを選択すれば、賃貸物件の需要が高いので売却も期待できるのです。

3. 横浜で収益物件を選ぶ3つのポイント

横浜で収益物件を選ぶ3つのポイント

不動産投資向けのエリアだと言われる横浜で収益物件を選択する時でも、一定のポイントを押さえておかなければ成功は難しいでしょう。

収益物件を選ぶ際には、3つのポイントがあるので確認してください。

駅から近い場所に需要がある

たとえば、横浜駅から徒歩10分以内のエリアであれば、アクセスとしては申し分ないでしょう。

しかし、人気のある横浜駅周辺のエリアでは賃貸需要が高いので、おのずと物件価格も高くなってしまいます。

横浜駅からアクセスのよい場所が狙い目

そこで、横浜駅周辺の駅が狙い目になるでしょう。

つまり、20分程度で横浜駅にアクセスできる駅です。

横浜駅周辺の駅から徒歩10分以内であれば、アクセスとしては需要のある優れた物件だと言えます。

周辺地域の環境を良く確認する

アクセスがよければ問題がないかと言うと、そうとは限りません。

あらかじめ、エリアの特徴を把握しておかなければいけないのです。

たとえば、横浜は坂の多いエリアだと言われます。

つまり、駅から近くても坂が厳しいと敬遠されるのです。

 

また、駅周辺であれば交通量も多く騒音が気になるかもしれません。

騒音が気になって眠れないようでは入居者の定着を図ることが難しいでしょう。

物件を選択するときには、必ず現地に足を運んで環境を確認することが欠かせません。

ワンルームの需要が高い

不動産投資における賃貸物件の選択では、あらかじめ賃貸入居者が希望する間取りを把握しておかなければいけません。

たとえば、不動産投資の初心者であればワンルームからのスタートが無難だと言われます。

 

しかし、ファミリー層の賃貸需要の高いエリアであれば、ワンルームの物件を購入しても運用が厳しくなるかもしれません。

したがって、横浜では投資物件選択の時点でワンルームの需要が高いエリアを選ばなければいけないのです。

4. 横浜で不動産投資をするのにおすすめのエリア

横浜で不動産投資をするのにおすすめのエリア

不動産投資のエリアとして横浜は人気があります。

しかし、物件を選択するためには、さらに絞り込まなければならないでしょう。

そこで、データを もとに、横浜で実際に不動産投資をする際におすすめのエリアを紹介します。

人口が増加傾向にある区に賃貸需要がある

先述の通り人口の増加が賃貸需要に与える影響は少なくありません。

つまり、人口が増えれば賃貸需要も高くなるというのが一般的な傾向です。

 

そこで、平成30年の横浜市における世帯数の増加率が高い区を紹介しましょう。

港北区・鶴見区・神奈川区・西区・南区・戸塚区では、増加率が120%以上と他の区よりも増加しています。

物件の選択エリアを決定する時には、このデータを参考にすることが賃貸需要を判断する時には有効になるでしょう。

5. 横浜の不動産投資の将来性

横浜の不動産投資の将来性

不動産投資では、長期的な運用により効果を判断することになります。

したがって、現状がいかに優良な物件に見えても、将来的に期待ができない物件であれば、不動産投資では優良物件だとは言えないのです。

物件選びのポイントは、選択エリアの将来性です。

不動産投資では、エリア選択時に将来性の有無を判断することが欠かせません。

都市開発も進み、地価も上がっているエリアが多いので投資には向いている

横浜では、2020年を目標に「横浜駅西口駅ビル計画」や「横浜市役所新市庁舎」などを整備しています。

都市開発が進み、地価が上昇している地域が多いのです。

 

地価の上昇は、不動産投資では欠かすことのできないポイントだと言えます。

なぜなら、不動産投資では地価の上昇が出口戦略としての売却時に有利に働くからです。

したがって、横浜は不動産投資に向いたエリアだと言えるでしょう。

6. 横浜は将来的にも期待できるおすすめの投資エリア!

不動産投資で物件を選択する時には、賃貸需要の有無を確認しなければいけません。

賃貸需要の確認には、人口の増減を知ることが目安のひとつとされます。

人口が増加しているエリアであれば賃貸需要も増えるからです。

 

現在、人口が増加している地域は少ないと言われています。

しかし、横浜では人口の増加している地域が少なくありません。

人口増加による賃貸需要が見込まれる横浜での不動産投資は、将来的にも期待できるのではないでしょうか?

 

MIRIAMO運営元のA-Lab株式会社でも、一都三県の不動産を取り扱っており、横浜で不動産投資を検討しているという相談も受け付けています。

LINEで無料相談を受け付けていますので、まずは不動産投資の悩みや不安をお気軽にご相談いただいてはいかがでしょうか。

A-Labの不動産投資コンサルタントが疑問や不安にお答えいたします。
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!