500万円で出来る不動産投資方法を紹介!|投資物件選びに迷ったら?

貯金していても、現在のような低金利の時代には、むなしい感じがしませんか?

定期預金にしても、それほど利子は増えません。

だからといって、株式などに投資して大きく稼ぐにもリスクが怖くて決心できない人が少なくないでしょう。

 

ところで、500万円の資金さえあれば、株式などのようにハイリスクにはならず、さらには資産も残り、安定した運用ができる投資があることをご存知でしょうか?

その投資とは、不動産投資です。

継続した家賃収入が期待できるので、将来の年金不安にも対応できます。

不動産投資には、最低でも中古のアパート1棟が必要だと思っていませんか?

実際は、マンションのワンルーム一戸で不動産投資をはじめる人が多く、ワンルームであれば、立地や築年数によっては500万円でも投資できるのです。

 

今回は、500万円で可能な不動産投資方法を解説します。また、物件選びに迷ったときの決定的な解決方法もご紹介しましょう。

1. 500万あればどんな投資が出来るのか?

500万円で可能な投資方法はたくさんあります。500万円あれば、株式投資・投資信託・個人向け国債・FXなど、さまざまな投資を選択できます。しかし、なかには市場に詳しくなければ難しい投資もあるので片手間では難しいでしょう。

そこで、サラリーマンでも可能な副業として注目されている不動産投資をおすすめします。不動産投資であれば、利回りは銀行の金利よりも高くなるのが一般的です。

さらに、物件を所有するため資産形成ができ、リスクにも強い投資といえます。

2. 500万の頭金がある場合どんな不動産投資が出来るのか?

具体的に500万円で不動産投資を行なうパターンをご紹介します。

手持ちの500万円で物件を購入する方法と、500万円を頭金に金融機関から融資を受けてグレードの高い物件を購入する方法です。

ローンを組まずにキャッシュで不動産投資を行う

ローンを組まずにキャッシュで不動産を購入した場合には、金融機関に返済しなくて済むので返済リスクを負うことがありません。

また、実質利回りは「(年間家賃-年間支出)÷購入代金」になるため、返済による支出がなければ利回りも高くなります。

しかし、500万円で購入することのできる物件は、中古物件になることが多いので、修繕リスクなどの費用が発生する可能性が高くなります。

また、価格の安い物件の場合、交通の便などの立地が悪いケースが少なくないので注意してください。

500万を頭金にローンを組んで高い投資物件を購入する

500万円を頭金にすれば、金融機関の融資を受けて高額な不動産を購入することができるでしょう。

購入する物件の価格が高くなれば、新築物件や高級な物件に手が届くため高い家賃が見込めます。

また、修繕費用なども少なくて済み、立地が良ければ空室リスクも回避できます。

しかし、融資を受ければ返済しなければなりません。家賃で返済額とその他の費用を支払えないと返済リスクが生じ、経営が赤字になるかもしれません。

あらかじめ、返済計画の時点で充分な対策が必要です。

3. 500万で不動産投資するにはどんな物件を選択すると良いのか?

融資を考える場合、鉄骨造であれば耐用年数が長いので、長期融資の可能性が高くなります。

入居率の高い居住用マンションだと一般的に利回りは低いです。オフィスビルだとリスクはありますが利回りが高くなるでしょう。

居住用マンションは利回りが悪いため、家賃収入よりも売却益を目的とする運用方法を検討しても良いでしょう。

ポイントは、入居済みの物件を購入して、退去時に売却するのです。もちろん、購入時の相場のチェックは欠かせません。

4. ローンを組む場合、どれくらいの価格の投資物件を購入するといいのか?

500万円を頭金にしてローンを組む場合、購入する物件の価格をどれくらいに想定すれば良いのでしょうか?

また、ローンの返済額に応じた運用計画などが必要です。

2,000万円代の投資物件の場合

2,000万円の物件を購入すれば、1,500万円のローンを組むことになります。

35年ローンとして毎月5~6万円程度の返済額です。家賃が返済額プラス2万円程度であれば、収益が見込めるので投資としては成功といえます。

1,000万円以下の投資物件の場合

1,000万円の物件であれば、ローンの額は500万円です。中古のワンルームあたりが手ごろでしょう。

返済額が少なければ、ローン負担が早く終わるので収益の増加を期待できます。

立地が良く、需要のある物件を選ぶのがポイントです。

5. ローンを組む場合、どうやって金融機関を探すのか?

収入や自己資金が多くなければ、大手の金融機関よりも信金・信組・公庫などのほうが融資をしてくれる可能性は高いでしょう。

なお、金融機関が融資を決定する条件は、利回りの高さよりも担保価値の高い物件になります。

なぜならば、借主がローンを返済できなくなったときに、担保の物件の資産価値が高ければ、売却益で融資の回収ができるからです。

物件構造としては、木造であれば融資が厳しくなる傾向にあり、この場合は購入価格の3割程度の自己資金を用意しなければならないでしょう。

長期の借り入れを希望するのであれば、対応年数の長い鉄骨造を選択することになります。

6. 不動産投資をするにあたって、物件と金融機関どちらを探すのが優先か?

金融機関を探すことを優先してください。

たとえば、利回りが良く入居率も高い物件を見つけたとしても、肝心の融資が受けられなければどうしようもありません。

あらかじめ、どの程度の物件であれば融資が受けられるのかを確かめておく必要があるでしょう。

優良な物件が、いつまでも市場にあるとは思えません。物件に価値があればあるほど、他人が先に購入する可能性は高くなります。

物件を見つけてから金融機関の調査を受けるのでは、融資決定に時間がかかることがあります。

物件購入において他人に先手を越されないためにも、まずは融資先を確保しましょう。

7. 物件選びに迷ったら?

物件選びに迷うことがあるでしょう。

特に、これから不動産投資をはじめようという投資初心者にとって、最初の物件選びは疑問だらけのはずです。

わからないことは、プロの知恵を借りてください。投資には、優良なパートナーが欠かせません。

不動産投資についてもっとよく知りたいと思う方は弊社のセミナーで分かりやすく解説します

不動産投資についての疑問や質問は、セミナーを受講することで解決できます。

MIRAIMOでは、不動産投資のプロが投資初心者のためのセミナーを無料で開催しています。積極的に参加することで悩みを解消してください。

セミナーでは非公開物件も含め、お客様に合った投資物件をご紹介!

「MIRAIMO」では、「絶対にお客様にとって損になるような物件を紹介しない」という信念のもと、最適なパートナーとなりえるサービスを展開しています。

圧倒的な情報力により、セミナーでは未公開物件のご紹介など、お得な情報を提供できるのが強みです。

8. 不動産投資を考えているなら信頼できる会社で無理の無い投資物件を探しをしよう!

不動産投資は、信頼できる会社をパートナーに持ち、無理のない物件に投資するのが成功のコツです。

特に、投資初心者であれば運用にも慣れていないので、専門家のアドバイスを受けられるという点でパートナー選びが重要なポイントといえます。

投資に不安は付きものでしょう。しかし、不安を解消し安心して運用できるようにしなければ長期間の運用は厳しくなります。スタートが大切なのです。

あらかじめ、セミナーで必要な情報を得て判断することがスムーズな運用につながるので、まずは積極的にセミナーに参加することをオススメします。

MIRAIMOでは、お客様が良い不動産物件に巡り合うことができるようにセミナーや個別相談でお手伝いをしていますので、ぜひお気軽にご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする