愛知で有効な不動産投資先はやはり名古屋なのか?!他のエリアも見て検証してみた

不動産投資といえば、東京23区か近隣ベットタウンの横浜などがイメージされがちです。

確かにこれらの地域の不動産投資の人気は高く、都内では駅から徒歩15分もかかる中古マンションでも利回りの良い物件がありますが、投資物件価格は高値になっています。

そんな中、今愛知県が不動産投資先に注目され始めています。

 

その背景に2020年に東京オリンピックが終わった後、次の経済効果が期待される東京〜名古屋間のリニア新幹線が2027年に開通することがあります。

名古屋は市営地下鉄が発達しており、新幹線利用者が地下鉄を利用して沿線地域に流れ、地域が活性化されてさらなる人口増加が見込まれます。

このため名古屋を中心とした東海地方の将来性に大きな期待が寄せられています。

 

また、JR名古屋駅周辺に大手企業が名古屋支店を構えているほか、名古屋市には地元大企業も多く安定した経済圏を作っています。

東海エリアには、トヨタ自動車を始め製造業で世界のトップを走る優良企業が数多くあります。

近年では、外国人労働者を受け入れながら主力製品を国内生産に切り替える企業も増えています。

そのため工場周辺の地域でも、アパートや賃貸住宅の需要が増えています。

 

愛知は日本の中心に位置し、中部国際空港・新幹線・地下鉄などの交通機関をフルに活用し、日本全国だけではなく世界から人と物を受け入れ、安定した経済圏として成長し続けているエリアです。

不動産投資の観点から愛知の魅力に迫ってみましょう。

1. 愛知県の不動産投資情報

愛知県は人口増加で賃貸住宅の入居率が高く、マンション経営で利回の良い物件が多くあります。

新幹線で東京や大阪へのアクセスがよく、多くの企業がオフィスを構え、有効求人倍率も高いです。

大手企業で働く人の他に製造業で働く労働者の数も多く、賃貸住宅の稼働率が高く空き室率も低いです。

愛知県の不動産投資情報を人口と求人、企業と交通の面から検証してみましょう。

基本データ|人口・賃貸需要・利回り

全国で人口増加の見られる地域は、東京、神奈川です。

それに、千葉・愛知・滋賀の地域が続き、静岡・三重・兵庫・福岡のエリア順になります。

また、全国の政令指定都市で人口の多いのは、横浜市、大阪市、名古屋市です。賃貸掲載物件の多い地域も、人口の増えている地域に重なります。

 

全国平均入居率で比べてみますと、空室率の低いところは、東京・神奈川・埼玉・愛知・京都が挙げられます。

これらのデータからもわかるように、人口の多いところでは賃貸住宅の需要が高く、入居率や想定平均利回りも高いことがわかります。

このことからも愛知へ不動産投資をすることの魅力がわかります。

愛知への不動産投資がおすすめできるワケ

オリンピックの誘致が決まって以来、東京全域で急上昇した不動産価格も落ち着き、今はオリンピックバブル崩壊後の投資のあり方に関心が集まっています。

その中で、今後も継続的に経済成長が望める地域として脚光を浴びているのが愛知です。

交通の立地も良く、東京や大阪へは新幹線を使えば短時間で移動できるため、名古屋周辺には多くの大企業のオフィスがあります。そのため業務用、事業用物件にも優れたものが揃っています。

 

企業のあるところには優秀な人材が必要です。

愛知には多くの大学があり、企業の有効求人倍率は高く、相乗効果で、働く人と雇用する側が切磋琢磨する理想的な働く環境が生まれています。

自動車関連産業も含めて、製造業などの産業も盛んなため、労働人口が豊富です。

安定した産業基盤と、豊富な労働力が、愛知の不動産投資を活気付かせていると言えましょう。

有効求人倍率が高い

2018年1月のデータでは、愛知県の有効求人倍率は5ヶ月連続で上昇しており、平均1.91倍で、名古屋中エリアが一番高く3.29です。

求人倍率はエリア別で異なりますが、これは、新たな施設が次々とできている背景があります。

東エリアではイオンモール長久手・プライムツリー赤池SC・IKEAなどの大型商業施設がオープンし、有効求人倍率2.36と高くなっています。

大企業が集まっている

名古屋市の大手企業には、豊田通商・カゴメ・ブラザー工業・シャチハタ・バッファロー・日本ガイシなどがあります。

名古屋以外にも東海エリアには多くの優良企業があります。

トヨタ自動車が豊田市にあるのは有名です。

そのほか

  • 刈谷市のデンソー
  • 半田市のミツカン
  • 清須市のフジミインコーポレーテッド(研磨剤)
  • 安城市のスギ薬局
  • 小牧市の住友理工
  • 一宮市のCoCo壱番屋

など名だたる企業が愛知県に本社を構えています。

地域の優良企業の存在は求人倍率を引き上げ、賃貸住宅の需要も引き上げます。

交通の立地が良い

名古屋は新幹線で東京と大阪に結ばれ、そのアクセスの良さが大きなメリットですが、2027年のリニア新幹線の開通で東京・名古屋間はさらに時間が短縮され約40分になります。

リニア新幹線はJR品川駅の地下から、神奈川県相模原市・山梨県甲府市・長野県飯田市・岐阜県中津川市を通り名古屋駅の地下に繋がります。

リニア新幹線の開通は、東京オリンピックに次ぐビジネスチャンスを、今投資家に提供しています。

2. 愛知県はこんなところ|観光データ

愛知県の魅力は経済産業だけではありません。

愛知は雄大な自然に恵まれ、歴史的建造物も多く観光地としてもとても魅力のある地域です。

愛知県南部の中部国際空港セントレアからも、国内外から多くの観光客が訪れます。

東京からのアクセスと名古屋の観光の魅力についてご紹介しましょう。

東京からのアクセス

東京〜名古屋の距離は直線距離で267.8km、東海道新幹線の路線距離は366kmです。

東京ディズニーリゾート直行便も含め、東京都心や大阪方面に向けて、多くの高速バスが走っています。

東京まで、新幹線では約1時間40分、飛行機では中部国際空港から羽田、成田まで約1時間から1時間10分で移動できます。

観光スポット

愛知県は子育てにも適した豊かな自然環境があります。

長久手の地球博の万博敷地跡は「愛・地球博記念公園」として市民の憩いの場所になっています。

犬山城の城下町は戦国合戦のあった室町時代の街並みを再現し、観光客を楽しませてくれます。

名古屋のシンボルであるテレビ塔の展望台からは、名古屋の市街地のほか、三河湾や知多半島、木曽の御嶽山や中央アルプスまで見渡せます。

愛知の数あるお勧めの観光地の中から、名古屋城、明治村、東山動物園についてご紹介しましょう。

名古屋城

名古屋城は尾張の国、現在の名古屋市に徳川家康により建てられました。

今では名城、金鯱城とも呼ばれて国の特別史跡に指定され、大阪城、熊本城とともに日本三名城と言われています。

戦中に空襲で焼失した天守閣は復元され、金の鯱鉾(しゃちほこ)や、美しい庭園、石垣やお堀が多くの観光客を引き寄せています。

四季を通して楽しめますが、春に名古屋城のお堀に咲き乱れる桜の風情は圧巻です。

博物館明治村

画像出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/博物館明治村#/media/File:Meijimurabunkazai15.JPG

博物館明治村は、愛知県犬山市にある明治時代の建築物を移築したテーマパークです。

敷地面積は100万平方メートルで歴史的建造物も多く、ドラマの撮影やアニメゲーム、コスプレなどのイベントにも利用されています。

西郷従道邸、聖ヨハネ教会堂のほか、四日市工場で使われたリング精紡機(重要文化財)や、フランク・ロイド・ライトの設計した帝国ホテル(登録有形文化財)は見どころです。

東山動植物園

画像出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/東山動植物園#/media/File:Higashiyama_Animals_and_Plants_Garden_Main_Gate.jpg

東山動植物園は名古屋市千種区の東山公園にある市営の動植物園です。

2017年の年間入場者数は、上野動物園に次ぐ約240万人で、2015年にはゴリラの「シャバーニ」が「イケメンゴリラ」として話題になりました。

広大な園内には、動物園・植物園・東山スカイタワー・遊園地があり、入場料は中学生以下が無料、大人500円と家族連れに嬉しい金額です。

3. 愛知県の賃貸データ|賃貸需要を知って投資に役立てる

愛知は不動産の投資先として注目されており、大手不動産会社には、賃貸マンション物件の需要に関する詳しいデータが揃っています。

単身者に人気の駅近エリアでは、新築のオートロック付きマンションなど、管理会社・管理システムが充実している物件が多くあります。

また、周辺に学校などの教育環境の整ったファミリー向けのエリアなど、地域やタイプに分けた家賃相場は、投資物件を決める際の必須条件となります。

これらの情報が、大手不動産会社から無料で提供されています。

 

地元の優良企業のオーナーなどが多く住む高級住宅エリアには、東区の白壁(しらかべ)・主税町(ちからまち)・撞木町(しゅもくちょう)・千種区・覚王山があります。

近年では高級住宅街として、地下鉄鶴舞線沿線の昭和区の八事(やごと)などの販売価格が急上昇しています。

また地下鉄東山線は名古屋で最初に開業した路線で大阪の御堂筋線に次いで利用者が多く、通勤時の列車の本数も多いため東山線沿線には利回りの良い物件が多数あります。

家賃相場

名古屋周辺地域の家賃の平均相場は5〜7万円で、表面利回りは4〜7%です。

家族向けのマンションの平均相場は7〜12万円で、これは地域によって差があります。

人気の収益物件が多い駅は、今池・千種・舞鶴・矢場町などです。例えば、現時点のネット検索では、新栄町駅エリアのワンルームで約6.5万円です。

日々変動しますので、是非実際に確認してみてください。

単身者向け人気エリア

名古屋駅周辺や栄駅の物件は単身者向けに人気です。

栄駅は有名百貨店や大型ショッピング施設があり、ファッションや食文化の流行の発信地です。

駅の地下街が発達しており、雨に当たらずに広範囲を移動できます。

また東京や大阪への出張も市営地下鉄の東山線、桜通線が地下街でJR名古屋駅に直結しており、出張のストレスも軽減されます。

通勤などの利便の良さから、地下鉄沿線の駅周辺には優良物件が数多くあります。

ネットの検索条件に駅徒歩5分で検索すると、新築で東京の半値ほどの価格の物件を目にします。

名古屋や栄駅周辺は街灯も多く夜間でも安心して歩けます。セキュリティーを完備した新築物件は単身者の女性に人気です。

ファミリー向け人気エリア

名古屋市営地下鉄東山線の星ヶ丘駅周辺は、駅直結の三越百貨店や星ヶ丘テラスなどのおしゃれなショッピング街があり、閑静な住宅街が広がります。

若者に人気のデザイナーズ物件や、高級住宅街の物件探しならば、申し分ない条件の揃った区分マンションを見つけることができます。

また金山駅周辺は名古屋の副都心として栄え、多くの飲食店やホテル・ショッピングビル・美術館があり・生活のしやすさが人気です。

中部国際空港へのアクセスも良く、お手頃な家族向け物件が多くあります。

また、愛知は大学が多く、大学付近は比較的教育レベルが高く、子育て環境が整っています。

4. 愛知での不動産投資戦略と今後の展望

愛知県で不動産投資を考えるとき、まず投資戦略をしっかりと立てることが大切です。

地域・物件選びにどの不動産会社を使うのか、どこから融資を受けるのかなど、具体的な考察が必要です。

ただ、気に入った物件を買っただけでは、不動産投資にはなりません。

本当に良い物件を選ぶには、周辺地域の経済の発展や、今後の展望まで視野に入れた物件情報の分析が成功の鍵です。

投資物件を具体的に考えるとき、ネット検索でまず基本情報を入手します。

 

例えば現在、地下鉄東山線本郷駅から徒歩7分の物件が3億2千万円の価格で売りに出ています。

土地面積552平米の6階建の鉄骨鉄筋コンクリート(RC造り)、築14年の物件で利回りは6.85%、満室稼働で想年間想定収入は2,192万円です。

いくつかの希望の物件をピックアップして、信頼の置ける不動産会社を選んでアドバイスを受けましょう。

愛知での不動産投資注意ポイント

不動産業界が発達した東京、大阪に比べると、名古屋の不動産会社には、まだまだ昔ながらの販売方式をとっている会社があります。

不動産会社としてのしっかりとした販売戦略やネットワークのノウハウを持ち、賃貸住宅の積極的な売り込みができ、地元産業や製造会社と太いパイプを持った不動産業者をパートナーとして持つことが大切です。

また、投資先の地域を選ぶには、工場の閉鎖や移転により労働者人口がなくなるというリスクも考慮し、今後も産業を誘致できる立地条件の揃った地域を選ぶことが大切です。

名古屋市内でもエリアをよく見極めないと失敗する

名古屋市の不動産投資を考えるとき、東京都心と比べて競争が激しくない反面、思わぬ落とし穴におちいることもあります。

地元で実績のある投資家が優先され、外部の投資家は地元の銀行の融資を受けにくく、高金利のノンバンクなどの金融機関から借り入れなければならないこともあります。

良い物件を地方都市で安く購入するつもりが、名古屋市郊外の築年数の古い、利回りの悪い物件を購入してしまう場合もあります。

 

郊外の物件の場合、現地へ度々足を運んで土地の活性化や住宅事情の確認を怠れば、知らぬうちに過疎化が進行して空室ばかりになっているということもあります。

エリアの見極めには、家賃相場、地域の環境や住民の気質、都心へのアクセス、災害情報、今後の開発の見込みを考慮しましょう。

都心の感覚で安いとか、広い、便利と考えていると、地域の需要に合わず入居者が増えないリスクがあります。

地元住民の平均的な住居環境や、アパート・中古マンションの賃貸物件の需要供給を事前によく調査することが必要です。

愛知で不動産投資をするならやはり名古屋がおススメ!

愛知にはトヨタ自動車を始め多くの優良な製造メーカがあり経済基盤がしっかりとしているため、今後の経済成長にも期待できます。

また、2027年のリニア新幹線の開業でさらなる経済効果が見込まれます。

名古屋市の不動産投資について詳しくは以下の記事を参照してください。

関連記事不動産投資は名古屋がオススメ|経済急成長中の名古屋の魅力にせまる!

2017.06.03

今後の愛知はどうなっていく?

愛知県は、トヨタ自動車の本社がある豊田市を中心に、多くの自動車産業の関連企業があります。

車の生産を含め、製造業に従事している人の数は約一千万人で、国立社会保障・人口問題研究所のデータでは、愛知県東部では、2030年頃まで人口が増加してゆくとみられています。

やはり課題は少子高齢化

少子高齢化の波は日本全国に押し寄せおり、愛知県でも2030年を境に、人口の減少が予測されます。

それ以降に新たな人口増加を支えるのは、製造業を中心とした外国人労働者の存在です。

名古屋は、東京についで外国人労働者の数が多く、現在も高い増加率で推移しています。

特に、豊田市、豊橋市、岡崎市、小牧市の人口増加の要因には、製造業による外国人の増加があります。

少子高齢化による人口減少をくい止めるため、名古屋はものづくりの提案をし、「ものづくり産業強靭化スーパー特区」という、国家戦略特区に指定されました。

海外の優秀な人材を受け入れるために、外国人労働者の在留資格の拡充を国に提案するなど、行政の熱心な取り組みがみられます。

リニア開通で流入人口も増加する!

名古屋市は東海地方の中心として栄え2027年開通予定のリニア中央新幹線の開業で、東京都との移動時間が現在の半分の約40分となり、人口もさらに増えるとみられます。

駅周辺のスーパーターミナルと呼ばれる大規模な再開発で、周囲の賃貸住宅の需要も大きく伸びると予想されます。

名古屋が東京のベットタウン化するのではなく、新たな産業の発信地にしようという政策が進められています。

5. 愛知で不動産投資はかなりおすすめ

リニア新幹線の開業をひかえ、愛知の不動産投資の人気が上がっています。

名古屋は東京や大阪へのアクセスがよく、大企業が集まり有効求人倍率も高いです。

人口増加で賃貸住宅の入居率が高く、マンション経営で利回の良い物件が多くあります。

愛知では産業基盤をさらに拡大する政策が進められ、名古屋市以外のエリアでの製造業も盛んです。

まず、愛知県の不動産情報を把握し、しっかりとした不動産の投資戦略を立てることが大切です。

愛知の不動産投資に、周辺地域の経済発展や今後の展望まで視野に入れた物件選びができる、信頼のおける不動産会社をパートナーとして選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする