• ????????????????????

不動産投資の成功例を知って参考にしよう|成功のポイントはどこにある?

  • ????????????????????

不動産投資には、さまざまなリスクがあります。

不動産投資に興味があっても、リスクが怖くて実行できないという人も多いしょう。しかし、不動産投資で成功している人も決して少なくはないのです。

成功するためには、何か秘訣があるのでしょうか?

運用に成功した人のマネをすることが、不動産投資を最も簡単に成功させるコツかもしれません。成功例を参考にして、ポイントを確認してください。

ポイントを知ることで、思いの他スムーズに運用することができるでしょう。

成功のポイントは、リスクを避ける方法を知っているかどうかです。

想定されるリスクにあらかじめ備えておくことができれば、リスクを最低限に抑えることができます。投資とはリスクが少なければ、おのずとリターン(収益)が増える仕組みなのです。

1. 成功のポイントはどこにある?|不動産投資の成功例5つ

不動産投資の成功例を知って参考にしよう|成功のポイントはどこにある?

不動産投資を成功させるためには、さまざまな戦略があります。投資にはポイントを押さえた運用が必要です。

不動産投資を成功させるために欠かすことのできないポイントを実際の運用方法からご紹介しましょう。

①退職金を使っての資産運用に成功

サラリーマンの場合、退職金を不動産投資に利用するケースが少なくありません。

たとえば、退職金というまとまった資金で、マンションを購入して投資用として運用します。1戸目はキャッシュで購入し、2戸目は融資を受けて購入する事例もあるのです。

なぜなら、1戸目の家賃で2戸目のローンを早期に返済するという返済リスクを抑えた不動産投資が可能になるからです。長期に渡る会社員としての信用度や担保力により、融資を受ける可能性が高まります。

成功のポイント|ローンと自己資金

成功のカギは、退職金という自己資金です。自己資金があれば借入額が少なくなるので投資リスクも少なくなります。

そこで、比較的ローリスクの投資といわれる不動産投資に活用するという成功例です。

②低金利を活かした複数所有

たとえば、既にマンションを1戸購入し不動産投資をしている人であれば、低金利の今こそ物件を複数所有するチャンスなのです。

不動産投資の運用は経験が思いのほか役にたちます。1戸目で成功しているのであれば、2戸目へと運用を拡げてください。

金融機関の融資条件としても、不動産投資の成功実績があればローンを組める可能性は高まるでしょう。

今後、平均寿命はどんどん延びていきます。年金プラスアルファーの収入として、家賃収入は少しでも大いに越したことはありません。

成功のポイント|低金利

現在の低金利は今までにない水準で推移しています。不動産投資に欠かせない金融機関からの融資を受けるには最適な時期なのです。

融資可能な状況であれば、運用資産を増やす方向で進めていくのが成功のポイントでしょう。

関連記事【2018年版】アパートローン金利銀行別比較|不動産投資で生き残る術!

2018.07.25

③新築マンションと中古マンションを並行運用

新築マンションは長期に渡って安定した運用ができるのですが、価格が高いので収支が悪くなる傾向にあります。

それに対して、中古マンションは価格が安いので収支がよく早期返済が望めるのですが、修繕リスクなどを負う可能性が高まるのです。

どちらを選択するべきなのでしょうか?資金や運用に余裕があれば、新築と中古の2件を購入して運用するという事例もあります。

新築と中古の双方のメリットを活かし、デメリットをカバーするという考え方です。

成功のポイント|リスクの分散

投資とはリスクとリターンで成り立ちます。万が一のリスクをいかに抑えるかでリターンが維持できるのです。

性質の異なる2つの物件に投資することで、それぞれの持つリスクをカバーしやすくなります。投資のコツといえる分散投資による成功例です。

④サブリース契約の内容確認で危機回避

サブリースとは、「また貸し」のことです。たとえば、マンションなどの集合住宅をサブリース会社が一括で借上げて転貸する仕組みです。

サブリースであれば、オーナーが空室リスクを負う必要がなく管理業務を一括で委託することができるので安心できるといえます。

しかし、家賃収入から保証料が差し引かれ、オーナー自身が入居者を選べないなど管理を一任するため、さまざまなデメリットも生じます。

サブリース会社自体の倒産も考えられ、倒産により契約を引き継いだオーナーが敷金の回収をできない事例もあるのです。

成功のポイント|サブリース契約

サブリース契約を締結するときのポイントは、サブリース会社としての実績を確認することです。

条件がよくても実績がない会社を信用できるでしょうか?サブリース会社は借主でもあり、賃料減額請求が認められているので後日条件が下がる可能性もあります。

関連記事サブリースで破綻者続出?!|トラブル事例から学ぶ注意点と全知識まとめ

2017.07.27

⑤信頼できる不動産会社に出会えた

不動産投資を成功させるための一番のポイントは、信頼できる不動産会社に出会うことでしょう。

不動産会社が不動産投資の運用にあたえる影響は少なくありません。不動産会社が投資にかかわるのは物件の購入時だけではないのです。

実際の不動産投資は、物件を購入してからがスタートだといえるのです。

運用後に起こりうるリスクに対して、最小限にリスク回避することができるかどうかの対応力を持つことが不動産会社の真価といえます。

成功ポイント|運用パートナー

不動産会社は、資産運用のパートナーです。購入時だけではなく購入後のアフターサービスについても確認しておかなければなりません。

パートナーである不動産会社の質が悪ければ不動産投資の成功は望めないのです。

2. 不動産投資のリスク|リスクヘッジで万全の体制を!

不動産投資の成功例を知って参考にしよう|成功のポイントはどこにある?

不動産投資で成功するためには、あらかじめリスクを知り、リスクの生じない運用をする他、避けられないリスクであれば、もしものときの対策を講じておく必要があります。

事前に想定できるリスクに備えることをリスクヘッジというのです。

不動産ならではのリスク

不動産ならではのリスクとは、高価な物件なので流動性が悪いということです。

たとえば、運用状態が悪いため売却したいと思っても、すぐに現金化することは難しいでしょう。運用悪化に対してフレキシブルに対応できないと損失を増加させる可能性があります。

リスクヘッジ|事業計画

物件としてのリスクに対応するためには、あらかじめ自己資金を増やすなど無理のない事業計画を立てることがポイントです。

また、地震などの災害リスクの多い日本では、アパートのような1棟運用ではなく、複数物件に戸別投資することもリスク管理になります。

収益性が下がるリスク

不動産投資で収益性が下がるとは、家賃収入が減るということです。

たとえば、物件の不人気などで空室ができたようなケースです。また、物件の老朽化により修繕費が増加して収益を圧迫することもあるでしょう。

リスクヘッジ|物件選び

物件選びの段階で、立地のよい場所を選んでおけば空室リスクを抑えることは可能でしょう。

物件自体が古くなっても便利な場所であれば需要が見込めるからです。また、適正な時期にメンテナンスすることで老朽化を遅らせることもできます。

資産価値下落のリスク

資産価値からみるとアパートやマンションといった建物は、時間の経過とともに低下します。

たとえば、木造のアパートなどであれば20年程度で金融機関の評価額は0になるといわれます。また、地震などで倒壊すれば一瞬にして資産価値はなくなるのです。

リスクヘッジ|分散投資

経過年数による資産価値の下落を止めるのは難しいのですが、立地のよい物件であれば、売却時に収益性のよさで評価が上ることもあります。

地震リスクに対しては分散投資により、一箇所に投資物件を集中させないことがポイントです。

3. 不動産投資で成功を生み出すためには準備が大切!

不動産投資で成功するために欠かせないことは、起こりうるリスクに対応できる備えをしておくことでしょう。

あらかじめリスクを想定しておくことが大切です。避けられないリスクであれば、対応できる準備をしておくことがポイントになります。

不動産投資で成功できない人の多くは、リスク管理の備えの時点で失敗しているのです。不動産のような高価な商品に投資するのであれば、見切り発車的なスタートは許されません。

十分な準備をしてから実行してください。

 

不動産投資セミナー実施中!
↓↓ 詳細はコチラ ↓↓

ASIS株式会社セミナー

無料で参加可能!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする