サラリーマンにおすすめの種類別副業まとめ|お小遣いに!スキルアップに!資産形成に!

サラリーマンの平均年収はどんどん下がっています。日本人の40%は年収300万円以下という厳しい現実。

一方で大企業に勤めるサラリーマンは、20代でも年収400万円以上あるとか。一見すると大企業と中小企業で大きな差があるようです。

しかしこれから先の社会情勢を考えると、大企業、中小企業のどちらのサラリーマンも経済的に厳しい状況に立たされます。なぜなら給料アップが期待できなくなるからです。

日本は少子高齢化が進み、人口減少が止まりません。こうした要因は経済の弱体化につながるので、景気は上向きになりません。景気が悪ければ、サラリーマンの給料は上がりません。

 

しかし給料が上がらなくても、出ていくお金は増える一方。

生活費・子どもの教育費・老後の蓄えなど、必要なお金だけが増えていくという悪循環の中にいるのがサラリーマンというわけです。

もっとお金が欲しい、もっと楽しく生活したいという願望のあるサラリーマンは、会社の給料だけに頼らず、副業でお金を稼ぐのがいいでしょう。

今回はサラリーマンにおすすめの副業を種類別にご紹介いたします。自分に合った副業を見つけて下さい。

1. サラリーマンにぴったりな種類別おすすめ副業

1-1. 時間の融通がきく日払いアルバイト

サラリーマンが本業以外で収入を得る場合、時間の融通がきく副業であることが条件となるでしょう

一般的には、朝から夕方まで会社勤めがあるので、夜の時間・早朝の時間での副業・土日などの休みを使っての副業となります。

もし体力に自信があり日払いで給料をもらいたければ、次のような副業があります。

  • 工事現場の作業員
  • 引っ越しスタッフ
  • ガソリンスタンドの店員

こうした仕事は時給も比較的良いので、時間をこなせば、そこそこの日当を稼ぐことが可能です。もし体力に自信がないという人であれば、室内でできる仕事がいいでしょう。たとえば、

  • コンビニエンスストアの店員
  • スーパーマーケットでの陳列
  • 工場のライン作業
  • 在宅での内職(データ入力など)

などがあります。このように、いろいろな種類の副業があるので、自分の適性に合わせて選ぶことができます。また、本業の休みと副業の時間が合うものでなければならないので、自由がきく日払いバイトはおすすめです。

サラリーマンの単発のバイト探しでおススメのサイトは「ショットワークス」。ここでは日本全国の単発アルバイトを紹介しているので、簡単に副業を探すことができます。

「ショットワークス」のサイトはこちら

1-2. 資格やスキルを活かして好きなことを副業に!

資格やスキルを持っていれば、それを活かした副業がおススメです。

たとえば、英語が得意な人であれば翻訳の仕事。翻訳はとくに資格を持っていなくてもできる仕事なので、英語好きな人にはおススメです。

また、パソコンが得意な人であれば、パソコン出張サービスの副業があります。たとえば、パソコン購入時に初期設定するサービスや、トラブルシューティングに対する出張修理など。こちらも特に資格が必要というわけではないので、パソコンに詳しい人なら誰でもできるでしょう。

このように、自分の得意分野を活かした副業なら、楽しみながらお金を稼げるので副業も苦にならないはず。サラリーマンの仕事とは違ったやりがいが感じられるのではないでしょうか。

1-3. 仕事終わり・休憩時間など空き時間にネットでできる副業

サラリーマンの副業には、ネットでできる副業もおススメ!仕事が終わった夜の時間、自宅のパソコンでできる副業なら、誰にもバレずに稼げます

また仕事の休憩時間を利用して、スマホで副業することだって可能。ネットでできる副業には、次のようなものがあります。

クラウドソーシング

仕事を依頼したい人と、受注したい人をネット上でマッチングさせるシステム。仕事のジャンルは幅広く、ウェブデザイン、ライターなどいろいろな仕事があります。

アフィリエイト

ブログで企業の商品を紹介し、ブログの訪問者がそれを購入した場合に報酬がもらえるというものです。完全成功報酬型なので、ブログの運営が主な仕事となります。

せどり

売れる商品を安く仕入れて高く販売します。ネットで調査することで売れ筋商品がわかるので、儲かるものだけを取引することが可能。

ネットオークション

自宅にあるものや、手作りのものをオークションで販売することで利益を得ることができます。ネット販売をしなくても、手軽にできるので人気の副業。

アンケート・ポイントサイト

ポイントサイトに無料登録すると、アンケートに答えたり資料請求することでポイントがもらえます。溜まったポイントは現金化することができる仕組みになっています。

1-4. 投資をして自分が働くのではなくお金に働いてもらう!

投資は不労所得なので、自分で働きに出る必要はありません。お金がお金を稼いでくれるので、軌道に乗りさえすれば、あとはあまりすることがありません。

また、成功すれば大金が入ってくることもあります。本業の仕事に支障が出にくい副業なので、サラリーマンにはおススメです。

株式投資

株式投資といえば、ひと昔前までは「お金持ちの投資」というイメージがありましたが、最近では誰でも手軽にできる副業として依然人気があります。

証券会社選びからはじまり、売買注文の出し方など、はじめは基礎知識を学びますが、慣れると簡単に取引できるはず。

FX

FXとは外国為替取引のこと。刻一刻と変動する各国通貨の売買によって利益を得ることができます。レバレッジをきかせれば、少ない資金でも大きな取引ができるので、大金を稼ぐことができます。

但しその分損失も大きくなり、預けた資金の全てを失うことがよくあるというデメリットがあります。

不動産投資

アパートやマンションの一室を購入して賃貸収入を得るのが不動産投資。また、安く買って高く売るというように売却益によって利益をだす方法もあります。

株やFXのように、一攫千金ということはありませんが、軌道に乗れば安定した収入が期待できます。

2. サラリーマンが副業する際の注意点

サラリーマンが副業をする場合は、就業規則に副業禁止が書かれているか確認しましょう。もし会社で禁止されている場合、隠れて副業をやっていることがバレたら解雇になる可能性があります。

また、会社で副業が禁止されないとしても、会社の上司や同僚には内緒にしておいた方がいいでしょう。やはり仕事に対するやる気がないと思われることで、昇進にも影響が出るかもしれません。

さらに税金面においても注意が必要。副業が20万円以上になると、確定申告をする必要があります。

その場合、会社の年末調整後に自分で税務署で申告することになります。その際、所得税や住民税が高くなります。それだけでなく、高く修正された税金は、会社の方へ知らされるので、副業がバレることがあります。

3. サラリーマンの副業には不労所得が最適!

サラリーマンが副業をする場合、副業にあてられる時間が短いのでアルバイトでは大きな収入は得られません。また、仕事が終わってからのアルバイトは体力的にもきつく、睡眠不足や疲労から病気を引き起こす可能性があります。そうなると本末転倒。副業をする意味がなくなります。

忙しいサラリーマンは自分で働くのではなく、投資などでお金に稼いでもらうのが効率的。つまり不労所得で収入を得るのが最適なのです。不労所得といえば投資。投資は難しいと思われている方が多いかもしれません。しかし何事もはじめは少しの勉強が必要。

投資といっても株・FX・不動産などいろいろあります。まずは、自分の興味ある分野の勉強から始めてみてはいかがですか。不労所得で成功すれば、何もしなくてもお金が入ってくるようになります。給料以上の副収入を得ることだって十分可能です。

投資には準備や計画に時間がかかるので、やると決めたら早速調べてみましょう。もし副業で大成功したら、脱サラして全く違う人生を歩むこともあるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする