• ????????????????????

【不動産売買も仮想通貨で】ビットコインが切り開く未来予想図

  • ????????????????????

ビットコイン決済が可能なところが現在でも増えており、不動産売買も例外ではありません。

不動産売買だけでなく、様々な分野や市場にも拡大しています。仮想通貨は世界でもっとも注目されている分野です。

仮想通貨のひとつであるビットコインが切り開く未来予想図はどのようなものなのかを中心に、解説いたします。

1. ビットコインとは?仮想通貨の可能性

ビットコインは全世界が注目する仮想通貨のひとつです。

仮想通貨はビットコインだけでなく、リップルやライトコインなど色々あり、無名の仮想通貨も含めると、その数は膨大です。

ビットコインを購入するにはまず、ビットコイン取引所の口座の開設から始めます。取引所は、ビットフライヤーやコインチェックやザイフなどが挙げられます。

開設方法は非常に簡単で、ほとんどの取引所だと、Facebookアカウントを持っていればすぐに登録が可能です。

口座を開設した後、本人確認の手続きしないと、一部の機能が使えないようになっている取引所があるので、必ず本人確認の手続きをしましょう。

1-1. 仮想通貨のメリット

最大のメリットは投資にあります。ビットコインは円やドルやユーロのように、価格の相場が上げ下げしています。

今のビットコインの価格で購入してから時間が経過すると、購入時の価格より値上がりし、値上がりした状態で売ると、利益が出ます。ビットコインを大量に購入すると、莫大な利益が得られるということです。

もうひとつは、ビットコインをそのまま買い物に使えることにあります。最近、ビットコイン決済を導入している企業が増えて、支払方法の種類が豊富になりました。

ビットコインが多種多様に使われるようになっていますが、ビットコイン以外の仮想通貨も、そうなる可能性があります。

1-2. 仮想通貨のデメリット

デメリットはハイリスクハイリターンなことです。

現在のビットコインは上昇気味である一方、暴落する可能性があります。購入した当初は価格が上昇していても、次第に下降し、予想以上に損する結果になる可能性があるというわけです。

もうひとつは、ハッキングリスクです。仮想通貨なので、現金という概念は存在しません。

しかし、ハッキングを使えば、他人が持つ仮想通貨を盗み取ることができます。セキュリティが年々強化と進化をし続けているので、簡単にハッキングができないようになっているとはいえ、可能性はゼロではないことを理解しましょう。

2. 不動産市況への仮想通貨の参入

仮想通貨の影響は留まることを知らず、ついには不動産市場にまで影響をもたらしています。

具体的に説明すると、仮想通貨で不動産を購入したり仮想通貨で家賃を支払うことができるなどです。

仮想通貨は円やドルやユーロでも購入できるので、外国人にとって日本の不動産をビットコインで購入できるのは、これほどの利便性はないと思うようになるでしょう。

ビットコインで不動産を購入することは可能?

条件が揃えば購入は可能です。

条件とは主に、不動産事業を行っている会社が、ビットコインの決済システムを導入していることです。決済システムを導入していないと、ビットコインの支払いができません。

また、不動産を購入するときに必要な分のビットコインがないと、購入できないのは言うまでもありません。不足分はビットコインの購入で補いましょう。

米国では不動産購入でビットコイン決済が広まりつつある

米国では、レストランや買い物などの支払いにビットコインを使うようになり、現在は常識となっています。

さらに、不動産購入にまでビットコインの決済が広まりつつあり、ビットコイン決済システムを導入する企業が現在でも増えています。

ビットコインの価格は上昇傾向にあります。ビットコインを購入して、購入できる価格まで値上がりしたら不動産を購入できます。その不動産が収益物件であれば、負担が少ない状態で不動産投資を行い、収益を上げることができるというわけです

日本においてもビットコイン決済が可能な会社も誕生

【不動産売買も仮想通貨で】ビットコインが切り開く未来予想図

ビットコインによる不動産決済サービスを日本国内で最初に導入したのが、JITホールディングス株式会社(https://jithd.co.jp/bitcoin/です。

JITホールディングス株式会社は不動産事業を展開しており、国内と海外の不動産の売買と運用をサポートしています。

加えて、不動産の売買もビットコインで行うことができます。したがって、日本でビットコインによる不動産投資が可能になったということです。

3. ビットコイン決済時の注意点

ビットコインで不動産を購入するうえで注意してほしいのは、不良物件を購入させられることがあるというところです。

実はビットコインだけとは言わず、仮想通貨で不動産を購入すること自体が節税対策になります。

ビットコインを換金しない限りは収入と認められず、税金がかかりません

不動産投資を行うときにビットコインは強力になりますが、アパートやマンションなどの不良物件を買わされ、誰も入居しなかったら赤字になり、最終的に借金がかさんでしまうリスクがあります。借金の理由は、固定資産税や維持管理費などです。

ビットコインで不動産を購入するときは、普通の不動産投資と同じく物件を慎重に見極める必要があります。

4. これから展開していく不動産業界のビットコイン決済

ビットコインはまだ発展途上ですが、これからどんどん発展していきます。様々な市場に、ビットコイン決済が次々と導入され、現在でも拡大中です。

何年かすれば、ビットコインだけでの買い物や支払いに不便さをほとんど感じなくなるかもしれません。

不動産関連だけでなく公共料金も、近いうちに本格的なビットコイン決済システムが導入されるでしょう。

4-1. 賃貸契約初期費用をビットコイン決済

現在、賃貸契約の初期費用(敷金と礼金)をビットコイン決済に対応しているのは、株式会社beberise(ベベライズ)です。beberise(ベベライズ)は、ビットコイン取引所であるコインチェックと業務提携を行うことで、実現した次第です。

ビットコイン決済を導入する会社が増えていく一方、圧倒的に少ないのがデメリットでもあります。

4-2. 仲介手数料をビットコイン決済

仲介手数料をビットコイン決済に導入しているのは、コインチェック株式会社(旧レジュプレス株式会社)です。コインチェックは不動産売買の仲介業務を行っており、それに伴う仲介手数料にビットコイン決済を導入しました。

主に台湾や中国や香港の投資家をターゲットにしており、彼らの不動産売買の購入をサポートしています。

しかし、ビットコインは値上がりしたり、値下がりしたりのリスクがあり、手間もかかってしまうため、価格が少し高めに設定されていることもあります。

4-3. 家賃をビットコイン決済

オーナーがビットコイン決済を導入していれば可能です。ただし、導入しているのオーナーはごく少数と言えるでしょう。ビットコインで家賃を支払うのは、法律的に問題ありません。

ただし、不動産業界自体が発展途上であるというデメリットがあります。

具体的には、紙とFAXがないと情報のやり取りができない、インターネットは使わない、支払いにビットコインどころかクレジットカード決済を導入していない会社が多いなど様々です。

4-4. 公共料金をビットコイン決済

コインチェックはビットコインによる電力決済サービスを導入していますが、ガス代や水道代や通信費と公共料金の支払いに対応できるようになっています。

今は知名度が低いのですが、年数を重ねると、本格的なビットコイン決済ができるようになっていくでしょう。

5. 「可能性」に視野を広げる

ビットコインだけでなく、数多くある仮想通貨は将来に期待が持てます。今は投機を目的に、ビットコインを売買している投資家は多いのですが、次第に「お金として」日常生活に浸透していくでしょう。

不動産の売買については、すでに導入している会社はありますが、次第に広まると予想されます。

情報は常に出回っているので、常に情報収集が求められます。知らなかったでは出遅れるということです。

6. 不動産売買でビットコイン決済が注目されている

不動産売買にビットコイン決済の導入が注目されています。

今導入している企業はJITホールディングスだけですが、次第に広まっていくでしょう。不動産だけでなく、様々な場面で活躍するようになります。

仮想通貨はビットコインだけではないので、近い将来、仮想通貨同士の競争が活発になると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

お得な不動産情報を優先的にご案内 CLUB ASIS
0から始まるセミナー
ASIS株式会社
E−bookダウンロード

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする