不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

川崎で不動産投資のコツや将来について解説!エリアを見極めて投資をしよう

多摩川を境界線とし、東京の隣に位置する川崎。

都心からのアクセスが良いため、都心で仕事をされている方が居住するにはちょうどいい距離感の街です。

また、川崎だけでも生活用品、レストランやレジャー施設などが揃っていますので、遠出をしなくても生活する上で大きく困る事はないでしょう。

今回は、神奈川県川崎市の魅力や人口、地下の動向などの役立つデータと合わせて、不動産投資成功のコツをご紹介いたします。

(※当記事内のデータは2019年11月現在のものです。)

1. 川崎駅周辺の地域情報|借りて住みたい駅2位の理由

川崎駅周辺の地域情報|借りて住みたい駅2位の理由

川崎駅はJRの路線が3路線通っており、アクセスに非常に優れています。

横浜方面にも東京方面にも行きやすく、電車の利便性を考えるととても住みやすい街。

また、川崎駅周辺には1人でも家族でも利用できるような食事スポットやレジャースポットが充実している特徴もあります。

東京都心と比べても家賃も抑えられるので人気の街です。

川崎が人気なワケを考察

川崎が人気の理由を細かく分析していきます。不動産投資を行う上で街の調査は必須です。

今後人口が大きく減るような街には投資用不動産は持ちたくないと思います。

伸びしろのある川崎の良さ様々な角度からご紹介しましょう。

レストラン等、食事スポットが充実

例えば、川崎駅の西口前に位置するラゾーナ川崎プラザは、和洋中の飲食店が何でも揃っているショッピングセンターで店舗数は50店舗を超えます。

お子様連れからデートで使えるようなお店まで幅広いお店が出店しています。

川崎には深夜まで営業している居酒屋も多くありますので、お酒が好きな方にも楽しめる街です。

飲食店だけでなく、アパレルショップ、ジュエリーショップ、大手携帯キャリアからメガネ屋さんまで多くの店舗が入居しています。

駅前にはレジャー施設等が充実

上記でご紹介したラゾーナ川崎プラザ以外にも、「アトレ川崎店」は川崎駅に直結していますし、

JRと京急川崎駅を結んでいる地下道にある「アゼリア」は2016年にできたばかりで人気のスポットです。

ご紹介したスポットだけでもレジャーやショッピング、食事までほとんど事足りてしまうでしょう。

店舗数はトータルすると600店舗以上です。

駅からすぐに行けるような場所にこれだけのお店があるのはかなり便利ですね。

羽田空港からも近い

川崎駅は東京、横浜へのアクセスだけでなく羽田空港へのアクセスもかなり使いやすい位置にあります。

電車でも車でも20分前後で到着しますので、川崎に住んでいれば旅行からお仕事まで交通の便には困らないでしょう。

 

また、川崎駅から羽田空港まで直通のバスが利用できます。

料金は片道280円と非常にリーズナブルで使いやすいです。

都心からも近く、交通の便が良い

車で 電車で
東京駅まで 約30分 約25分
横浜駅まで 約25分 約10分
渋谷駅まで 約50分 約30分

主な主要駅までの所要時間を見てみると、川崎駅のアクセスの良さが分かります。

移動でストレスがかかるのは入居者にとってかなりマイナスなので、交通の便が優れた街は不動産投資に最適な街といえます。

 

人口が増え続けている東京都心ではさらに電車での移動のストレスは増えるでしょう。

入居者の心理を考えると、できるだけ長い時間電車に乗らないような街に住みたいと思うでしょう。

川崎の治安

入居者は実際に住む街の治安は気になるものです。

特に初めての一人暮らしをする方やファミリー世帯はより一層気にするでしょう。

川崎で生活する上で気になる、治安の面を考察していきます。

川崎の治安は良くないが、場所によっては住みやすい地域もある

令和元年の1月から9月のデータで、神奈川県の犯罪件数を市町村別に比較してみましょう。

1位が横浜市・2位が川崎市・3位が相模原市となっています。

人口に比例して犯罪件数も多くなっていますが、地域によるようです。

 

川崎市の中心である川崎区は駅前に繁華街もあり治安が悪くなる傾向があるようで、

特に窃盗が多いので自宅のセキュリティーに気を使う人が多いかもしれません。

川崎区の犯罪件数は多いですが、その他の宮前区、麻生区などは犯罪件数は少ないです。同じ川崎市でも治安の良し悪しは地域によると言えます。

参考:神奈川警察 刑法犯  罪名別  市区町村別  認知件数

川崎の交通事情

在来線

  • JR東海道本線 東京方面←川崎駅→熱海方面
  • JR南武線 川崎駅→立川方面
  • JR京浜東北線 大宮方面←川崎駅→横浜方面

私鉄

  • 京急本線 泉岳寺方面←京急川崎駅→浦賀方面
  • 京急大師線 京急川崎駅→小島新田方面

2. 川崎の不動産投資データ

川崎の不動産投資データ川崎で不動産投資を行う上でのデータ考察を行ってみましょう。

人口や賃貸需要の観点から、川崎で投資物件を持つ際の具体的なイメージが湧いてるくると思います。

川崎の人口推移

川崎の人口、世帯数共に少しずつ増加傾向にあります。

人口が伸びている地域は賃貸物件の需要も伸びていきますので、今後不動産投資を行う地域としては狙い目です。

参考:川崎市 人口・世帯数

川崎の賃貸需要

川崎では単身者用の物件需要が多いですが、ファミリー層も多く住んでいる地域ですので、少し広めの物件も検索されています。

物件の規模に限らず賃貸物件が必要とされていることがわかります。

川崎での入居希望者の検索条件
ワンルーム・1K・1DK 60.9%
1LDK・2K・2DK 26.0%
2LDK・3K・3DK 10.1%
3LDK・4K・4DK 2.9%
その他 0.1%

参考:LIFULL HOME’S

収益物件では区分マンションが多い

川崎周辺で販売されている物件を検索すると、区分のマンションが多く売りに出されています。

上記でご紹介したように、ワンルーム・1K・1DKといった単身者からの需要が多い為、流通している物件も区分のマンションが多くなっています。

川崎の不動産平均価格

川崎周辺で販売されている不動産価格の平均は下記となっています。

金額にはバラツキがありますので、実際に投資用の不動産を購入する場合は、物件価格と需要のバランスを吟味しながら選ぶ必要があります。

平均価格 販売物件
マンション 3,070万円 520万円〜9,880万円
一戸建て 4,240万円 2,280万円〜1億1,980万円

出典:東急リバブル

また、川崎駅周辺の地価も近年は少しずつ伸び続けています。

地価が上がっても家賃も比例して上がるわけではないので、

川崎で投資物件を購入すると決めたら物件価格が上昇していく前の早い段階で物件を探すのが望ましいです。

坪単価平均 前年比
平成25年 234万4,155円 +1.60%
平成26年 244万7,107円 +2.78%
平成27年 253万1,641円 +2.27%
平成28年 245万1,859円 +2.56%
平成29年 247万6,519円 +2.66%
平成30年 260万2,916円 +3.51%
令和1年 276万4,803円 +4.41%

参考:土地代データ

川崎の賃料相場

川崎駅周辺の賃貸相場をみていきましょう。

都心と比べると家賃があまり高くないのが分かります。

都内へのアクセスも良く、広めのお部屋に住めるという点が川崎が人気の街になる理由です。

間取り 家賃相場
ワンルーム 6.70万円
1K 7.30万円
1DK 7.60万円
1LDK 10.10万円
2K・2DK 8.75万円
2LDK 10.30万円

参考:CHINTAI「川崎駅の家賃相場」

3. 川崎での不動産投資のコツと将来性

川崎での不動産投資のコツと将来性

川崎で実際に不動産投資を始める場合はエリアの特性や、利便性などを加味した上で物件を選ぶのが成功のコツです。

川崎の人口は年々増加傾向にある

川崎の人口は2030年頃まで増え続けるとみられています。

また20代~30代の人口も多く、全体の人口も今後右肩上がりに伸びていく可能性が高いです。

人口が増え続けると言う事は賃貸物件の需要も高まりますので、不動産投資をするにはうってつけのエリアになります。

今後川崎は、人口の増加に伴い地価や物件価格も上昇する可能性がありますので、価格が高くなりすぎないうちに物件を購入することが大切です。

先端企業大学が川崎に集まってきている

都心へのアクセスも良い川崎では、パイオニアの本社をはじめ、モーター大手の日本電産の研究所といった企業から、

慶応大学新川崎のタウンキャンパスや慶大・早大・東工大・東大のナノ技術コンソーシアムまで多くの人が集まっています。

川崎での投資はニーズに合った投資が必要

川崎は若年層が全体の割合としては多いですがファミリー層にも人気の街です。

エリアによって若年層の単身者が好む街とファミリー層が好む街が変わってくるまきますがニーズに合った投資が必要となってきます。

4. 投資のコツはエリア毎のニーズの見極め

川崎は都心へ通う単身者、家賃を抑えながら家族のために広い家に住みたいファミリー層、

川崎に近辺に職場があり居住する人たちなど、様々な世帯が入り混じる街です。

今後も少しずつですが人口が増えていく見込みで、地価も少しずつ上昇傾向にあります。

不動産投資を安定して進めていく上で、同じ川崎でも区によって傾向が違いますので様々なニーズを見極めながら物件を選ぶことが大切です。

また、そのまま何十年も物件を保有するのか、途中で売却するの可能性もあるのか、長期的な出口戦略も常に考える必要があるでしょう。

 

不動産投資を行う際にエリアの選定で迷ったら不動産のプロに相談するのがおすすめです。

MIRAIMOを運営しているA-Lab株式会社では、不動産投資勉強会や個別相談会を実施しているので、お気軽にご参加ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません