不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

子育て対策が充実している新宿は不動産投資におすすめ|人気のワケから不動産事情を徹底解説!

日本最大の繁華街で知られる新宿。

新宿駅は1日の平均乗降者数がおよそ350万人にものぼり、「世界一の乗降者数を誇る駅」としてギネス世界記録にも認定されています。

街では多くの観光客を見かけ、活気がある新宿ですが、

不動産投資をするには魅力的な街なのでしょうか?

 

この記事では新宿の魅力や不動産情報を読み解いていき、「本当に新宿が不動産投資をする街として有効なのか」を考察していきます。

不動産投資に興味がある方は是非参考にしてみてください。

(※当記事内のデータは2019年10月現在のものです。)

1. 新宿駅周辺の地域情報|住みたい駅5位の理由

新宿駅周辺の地域情報|住みたい駅5位の理由

日本でも渋谷や池袋と並び、「副都心」の1つでもある新宿区の基本情報は以下の通りです。

  • 面積18.22㎢(23区中13位)
  • 221,594世帯
  • 人口 348,275人(23区中12位)
  • 人口密度は19,115人/㎢(23区中8位)

参考:新宿区ホームページ

SUUMOの関東住みたい街ランキングでは5位を誇っています。

果たして人気の理由は何なのかを読み解いていきましょう。

新宿の地域情報を知って、不動産投資のご参考にしてください。

興味を持った方は、ご自身で足を運んで実際に雰囲気を感じてみるのもおすすめです。

新宿が人気なワケを考察

アクセスが集中しているため交通便の良さが日本一

新宿駅の1日の平均利用者数はおよそ350万人を超え、2016年にはギネス世界記録に認定されている巨大ターミナル駅です。

首都圏で欠かせない通勤電車となっている山手線や中央・総武線を始め、埼京線や湘南新宿ライン、その他地下鉄や私鉄など数々の線が通っており、交通便の良さは文句なし。

娯楽施設・飲食店が充実している

小田急デパート・京王デパート・伊勢丹本店・高島屋など数々のデパートに加え、

大歓楽街である歌舞伎町・数々の映画館やカラオケといった娯楽施設や数々の居酒屋・飲食店などがひしめき合っているため、ショッピングなどの娯楽や飲食など、困ることはありません。

子育てをしやすい制度が用意されている

新宿区は「共働き子育てしやすい街ランキング2018」で、宇都宮市と並び1位を受賞。

理由としては

  • 認可保育園の1クラスの定員を増やす
  • 保育料を抑える

など、区で子育て支援に取り組んでいることが挙げられます。

新宿の治安|歌舞伎町の治安は不安アリ

多くの人が集まる新宿の犯罪率はどうしても高く、特に駅回りや歌舞伎町周辺でのの犯罪件数が多くなっています。

5年の間で犯罪率は減少している

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
件数 4637 4643 3948 3638 3948

引用:新宿警察署 刑法犯 5年間総件数

東京オリンピックに向けて、警視庁でも治安対策を強化しているため、2014年から新宿の刑法犯は減少傾向にあります。

新宿の交通事情

新宿で利用できる路線は以下の通り。

  • JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・中央線・総武線
  • 東京メトロ丸の内線・副都心線(新宿三丁目駅)
  • 都営地下鉄新宿線・大江戸線
  • 京王線
  • 小田急線
  • 西武新宿線(西武新宿駅)

このようにたくさんの路線が通る巨大ターミナル駅となっており、交通の便は非常に便利です。

また、日本最大のバスターミナルである「バスタ新宿」もあり、他県への移動も便利。

2. 新宿の不動産投資データ

新宿の不動産投資データ

エリアの不動産データを収集しておくことで、新宿での不動産投資の参考にすることができます。

新宿区の人口推移

参考:新宿区 ホームページ

新宿区の人口は1995年を底に、増加中。

この人口は2045年までは増え続け(約35万2,000人)、以降は緩やかに減少していく推測がされています。

新宿区は、人口減少問題については当分心配はいらないでしょう。

参考:2015年国税調査に基づく新宿区将来人口推計

新宿の賃貸需要

LIFULL HOME’S「見える!賃貸経営」によると新宿区ではワンルーム/1K/1DKの入居希望者が75.8%と圧倒的に多くなっており、単身者需要が高いことが伺えます。

また、入居者の希望駅徒歩分数もほとんどが「~10分」までを希望しており、新宿での不動産投資は「単身サラリーマンやOL」といった社会人をターゲットにするのがオススメと言えるでしょう。

新宿の不動産平均価格

地価は、2008年~2018年までの公示地価・基準地価の平均価格をグラフにまとめました。

地価は2015年以降上がりつつありますが、東京都の平均を下回っています。

参考:国土交通省公表の地価公示価格に基づく「土地代データ」より

 

また、東急リバブルによると新宿区の物件の売り出し相場は

  • マンション 5,043万円
  • 一戸建て 1億443万円
  • 土地 9,159万円

となっています。

新宿の賃料相場

間取り 家賃相場
ワンルーム 9.71万円
1K 10.71万円
1DK 12.6万円
1LDK 21.23万円
2K 12.69万円
2DK 15.32万円
2LDK 28.69万円

参考:LIFULL HOME’S 新宿区の家賃相場情報

ワンルームで家賃相場が9万円を超えており、都内でも割高の家賃相場です。

3. 新宿での不動産投資のコツと将来性

新宿での不動産投資のコツと将来性

不動産投資では「現在」だけでなく「将来」を見越して物件を購入することが重要です。

新宿の不動産投資のコツは「単身者狙い」かつ、利便性を求める人が多いため「駅近」のエリアで不動産投資をすることがオススメ。

新宿の不動産価格が低下する可能性は低い

最近の低金利時代で、高い物件を買える層が増えたため、駅近のマンションの土地価格は軒並み上昇しています。

地価の上昇を狙うなら、駅近のエリアで不動産投資をするのが良いでしょう。

ファミリー層を取り込むなら早稲田・落合がおすすめ

先述の通り、子育て支援も手厚いため、エリアによってはファミリー人気も高いのが新宿区の特徴。

しかし、新宿駅周りは治安があまりよくないため、ファミリー層は敬遠するでしょう。

 

そこで、ファミリー層を狙って不動産投資をするのにおすすめのエリアは「早稲田」や「落合」です。

早稲田は新宿区のなかでも治安が良い方で、スーパーや自然などが充実しています。

西落合も同じく治安が良い方で、公園を始めとしたスポーツができる場所もたくさんあるため、子供が多いエリア。

新宿で不動産投資をする場合はターゲットを明確にし、そのターゲットに見合った場所や物件で不動産投資をすることが成功のコツです!

4. 子育て対策が充実している新宿は不動産投資におすすめ

子育て支援が手厚いのでファミリー需要がある、交通の便が良く単身者需要も見込める

といった特色がある新宿は不動産投資におすすめなエリアであることがお分かりいただけたと思います。

ターゲットに見合ったエリアを選び不動産投資を成功させましょう。

MIRAIMOを運営しているASIS株式会社では一都三県の不動産を主に扱っており、新宿で不動産投資をしたいというご要望にもお応えします。

LINE公式アカウントでのオンライン相談・個別相談・勉強会など様々なコンテンツを無料でご用意しているので、不安や疑問などお気軽にお問い合わせください。

MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません