不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

会社員が安定収入を得るのに不動産投資がおすすめな理由とポイントを解説

一般的にサラリーマンは安定収入を得ることのできる職業だといわれます。

しかし、現状で余裕のある暮らしができている人は、それほど多くないかもしれません。

そして、将来について豊かな暮らしをイメージできる人は、さらに少ないのではないでしょうか?

 

そんな背景から現在、ダブルワークを始める人が増えています。

しかし、体を使う副業では将来的に続けていくことは困難。老後になって、少ない年金をカバーしようと思った頃には体がキツくなるからです。

やはり、老後に備えるのであれば不労所得を目指すべきでしょう。

 

不動産投資であれば家賃収入という収益が手に入ります。

投資家になることはそれほど難しいことではありません。

実は、不動産投資を始めている一般のサラリーマンが増えているのです。

そこで今回はサラリーマン・OLなど会社員が安定収入を得るのに不動産投資がおすすめな理由をご紹介します。

1. 毎月の安定収入を得るためにおすすめなのが不動産投資のワケ

毎月の安定収入を得るためにおすすめなのが不動産投資のワケ

不動産投資では、毎月家賃という収入を得ることができます。

さらに、賃貸物件を利用できる間は継続して家賃を手にすることができるので、長期に渡って安定収入を得ることができるでしょう。

まさに、老後におすすめの不労所得といえます。

安定したサラリーマンでも老後は心配

サラリーマンは安定した生活ができると言われています。

しかし、老後に余裕のある暮らしが可能な人は一握りに過ぎないかもしれません。

なぜなら、公的年金の信頼性が揺らいでいるからです。

退職金も一流企業でなければ、それほど見込めないでしょう。

現役のサラリーマンであれば、安定収入がある今こそ将来に対する確固たる備えが必要なのではないでしょうか?

不動産投資の場合、家賃収入という安定した不労所得で老後の年金不安を解消できる可能性が高いのです。

増え続ける税負担

消費税の増税など、将来の税負担は家計を圧迫します。給与所得控除や特定扶養控除の縮小など、サラリーマンの税負担は増え続けるばかり。

政府は、安定収入が予想されるサラリーマン世帯に狙いを絞っているのでしょう。

 

ところで、不動産投資は節税対策にもなるのをご存知ですか?

たとえば、不動産投資では実際の収支はプラスでも減価償却により帳面上はマイナスになる場合があります。

その赤字分を給与所得から差し引くことができるのです。

サラリーマンに不動産投資がおすすめな理由

不動産投資では、投資物件を購入するため金融機関からの融資が欠かせません。

サラリーマンのように安定収入があれば、融資決定のための属性としては高いといえます。

したがって、金融機関からの融資を受けやすいというメリットがあるのです。

2. 不動産投資は年収が高い人だけができるもの?

不動産投資は年収が高い人だけができるもの?

不動産投資をするためには、賃貸マンションやアパートなどの賃貸物件を所有しなければいけません。

こう聞くと地主などの土地所有者か年収の高い人でないと難しいと思いませんか?

実は、一般のサラリーマンでも可能なのです。

年収が高くなくても不動産投資ができる時代に

現在は、金融緩和政策による低金利が続き金融機関が融資に積極的です。

金利の低い企業融資よりも個人の不動産取得に融資するほうが担保もあり安心なのでしょう。

最近は、年収300万円程度で不動産投資を始めるケースも少なくありません。

金融機関は、確実に返済してくれるのであれば融資がしたくてたまらないのです。

会社員は、一般的に安定収入が約束されています。

したがって、金融機関にとっては安心して取引のできる相手といえるでしょう。

年収が高くない人ほど不動産投資はおすすめな理由

年収が高くないからこそ不動産投資という副収入で稼いでください。

さらに銀行ローンを完済してしまえば、賃貸物件という資産を持つことができるのです。

老後に物件を売却して自己資金を増やすこともできれば、継続して家賃収入を得ることもできます。

3. 不動産投資で安定収入を得るためのポイント

不動産投資で安定収入を得るためのポイント

不動産投資を始めれば、必ず安定収入を得ることができるとは限りません。

失敗すると今ある自己資金まで失ってしまいます。

それでは何のために不動産投資を始めたのか分りません。

そこで、不動産投資で安定収入を得るためのポイントを紹介しましょう。

各種料金や一時金などの見直しをする

不動産投資では賃貸需要の有無が生命線です。

したがって、賃貸物件としての魅力を前面に打ち出す必要があります。

たとえば、収入が少なくなったとしても需要が継続し長期的に収入を得るほうがメリットは多いでしょう。

収入が減ることを恐れてはいけません。

空室になってしまうと家賃収入が0になってしまいます。

いかにして、賃貸需要をキープするかを検討することが不動産投資のコツです。

そこで、具体的な見直し方法を紹介します。

賃料を減額する

賃貸物件への入居を希望する人が物件をチェックする時の目安になるのが賃料です。

同じような物件であれば、賃料の安いほうを選択するのは当然のことでしょう。

賃貸物件の魅力として賃料を減額することは、入居者にとって比較しやすいセールスポイントといえます。

一時金をなくす

賃貸物件に入居する場合、礼金・敷金や保証金などの一時金を支払うケースが一般的です。

最近は、これら入居に必要な一時金を少なくしたり、無くしたりしている賃貸物件も見られます。

少子化による賃貸需要の減少を考えれば検討しなければならない内容でしょう。

不動産会社に成功報酬を支払う

賃貸物件を仲介した場合、不動産会社が受け取ることのできる報酬は宅建業法で上限が定められています。

一般的に報酬は入居者が支払うことが多いので、客付けに対しては別途コンサルタント料などの名目で成功報酬を支払うことも有効です。

入居者の条件の見直しをおこなう

立地の優れた賃貸物件であれば、入居者の条件を絞り込んでグレードの高い物件とすることもできます。

しかし、需要の少ない物件であれば、条件を見直さないといけません。

今後も増えるといわれる外国人を受け入れることも検討の余地があるでしょう。

その他にも、連帯保証人を設定するのも入居者にとっては厳しい条件です。

保証会社を利用するなど、入居しやすい条件を検討してください。

また、ペット可にすることで他の物件との区別化を図ることも有効です。

その他見直しすることで収入アップできる工夫

安定収入の維持には、家賃や一時金を見直したり入居条件を見直したりして物件に魅力を与えるのが効果的です。

しかし、その他にも収入の維持、さらには収入をアップするための工夫があるので紹介します。

広告をうつ

賃貸物件の場合、現地の広告を見て賃貸を決める人も少なくないです。

物件の屋上や壁面に広告を掲載することで周知してください。

現在は既に部屋を借りているが、近辺に空室があれば移りたいという人がいるかもしれません。

用途転換をする

賃貸需要を高めるためには、周辺環境を意識した用途でなければいけません。

たとえば、物件の周辺がオフィス街としての傾向が強まってきているのであれば、事務所として用途転換したほうが収益を期待できるでしょう。

4. サラリーマンが老後のために安定した収入を得るには不動産投資がおすすめ

老後にゆとりのある暮らしをするためには、副収入を確保しなければなりません。

そして、サラリーマンとして安定収入を得ている今がチャンスです。

金融機関は融資に積極的になっています。

不動産投資をスタートして、将来の資産形成を検討してください。

不動産投資について疑問や不安があれば、あらかじめ解消しておきましょう。

積極的に専門家のアドバイスを受けることが効率的です。

MIRAIMOでは不動産投資の個別相談を受け付けています。ご相談はLINE公式アカウントを友だち登録してください。
MIRAIMO公式アカウント友だち登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

現在、表示する投稿はありません