不動産がもっと楽しくなるメディアMIRAIMO

マンション投資に失敗する人の割合は?|失敗する人に共通する事例や理由を紹介

「家賃収入で生活をしていきたい」

「毎月のキャッシュフローがプラスであり続けること」

「節税対策」など、不動産投資をする目的は人それぞれです。

 

そのなかには

「副業としての安定収入」

「不動産投資の事業を拡大したい」

「毎月のキャッシュフローは赤字でも将来の年金代わりになれば良い」

といった考えも含まれるでしょう。

それぞれの人が考える“目的”が達成できなければ、その不動産投資は失敗ということになります。

 

そんな、一定数存在している失敗した人の事例について考えることは、自身が同じ過ちをおかさないという意味でも必要な作業といえます。

今回はマンション投資で失敗する人の割合と、失敗する人に共通する事例や理由について考えてみましょう。

1. 不動産投資でのマンション投資に失敗する人の割合

不動産投資というのはあくまでも投資ですから、成功もあれば失敗もあるものです。

どのくらいの割合の人が成功、または失敗しているのかを知ることは、これからマンション投資をしようと考える人にとってひとつの指標になるでしょう。

しかし、投資する人もそれぞれの理由があって投資している訳ですから、不動産投資という言葉でひとまとめにして失敗の割合を出すことはできません。

ここでは、大まかに投資する理由を分類した上でそれぞれの割合について述べていきます。

マンション投資での失敗の定義

マンション投資は、家賃収入を得るというシンプルなものです。

入居率が高ければより収入は増え、空室率が高いと元手を回収できません。

そのような前提に立った上で、投資を行う人がどのような“理想”を持って投資を行っているかによって、成功と失敗に別れてしまうわけです。

投資に失敗する人というのは、言い換えればその投資を通じて自身が理想とする目的を果たせなかった人のこと。

例えば投資で節税対策に効果が出たとしても、不労所得で暮らしたいと考えている人にとっては物足りない収入となるため、その投資は失敗となります。

不動産投資で失敗する人と成功する人の割合

家賃収入のみで生活していきたい人や、不動産投資の事業を拡大していきたい人の成功率は10%以下となります。

また、キャッシュフローをプラスで維持できている割合は20~30%程度。

節税対策や副業として収入を得たいと考える人の成功率は50%以上です。

毎月のキャッシュフローは赤字でも、将来の生保や年金代わりになれば良いと考える人の成功率は70%以上にまで跳ね上がります。

投資する目的によって失敗の割合は変わってくる

このように、人々が考えるそれぞれの目的によって、不動産投資の失敗割合は大幅な違いを示しています。

また、大きな利潤を得たいと思う人ほど、成功率が下がっていることが分かります。

不動産投資を“おいしい不労所得”と考えるのは間違いで、それなりの時間とコストをかけて、不動産の知識を増やさなくてはなりません。

そうなって初めて、自身の目的にかなう物件選びができるようになるでしょう。投資を行う上では目的意識をハッキリさせることが重要です。

2. マンション投資で失敗する人に共通する事例

オーナーチェンジの物件に飛びついてみたものの、一回退去するとその後の入居者がなかなか見つからないといった失敗談は良くある話です。

また、利回りの良さに魅力を感じて購入したところ、すぐに大規模な改修が必要になり、結果としてマイナス経営になってしまったという例もあります。

さらには、格安という売り文句につられて購入した物件が、治安の悪いエリアだったため、入居者が集まらないという事例も…。

このように、失敗談を上げだすとキリがありません。

失敗する人に共通するのは、知識を欠いたままおいしい話に飛びついてしまうことだといえるでしょう。

関連記事中古マンション投資をするときの失敗事例や失敗を防ぐ方法についてご紹介

2018.12.27

3. 不動産投資でのマンション投資に失敗してしまう人の特徴

マンション投資に失敗してしまう人の特徴をざっくりと挙げるとすれば“知識不足”“準備不足”“自己資産との釣り合いがとれていない”といえるでしょう。

これら3点は常に連携しています。

知識が増えれば備えの必要性を痛感しますし、備えの必要性を感じると自己資産をチェックする、といった具合にです。

この認識を欠いたまま投資をしても、不動産投資の本当の魅力に気付くことができません。

以下に数パターン挙げてみますので、少しでも当てはまると感じたことがあったならば、改善するように努めましょう。

物件の価値を見極める十分な知識を持っていない

良い物件を購入できる人というのは、その物件の良し悪しを判断するのに、いくつもの指標を自身のなかで持っています。

それこそ立地条件やそのエリアの将来性など、物件を購入するにあたってはそれなりの知識が必要になることを覚えておきましょう。

不動産会社に勧められるがまま物件を選んだ

物件の価値を見極められない人は、不動産会社が売りたいと思う物件を、何の判断基準も持たずに購入することになってしまいます。

不動産会社はその会社なりの都合があって物件を売っているわけですから、その内容をしっかりと吟味できないようでは、失敗は目に見えています。

物件価値が高騰している時期での購入

好条件が重なり、物件の価値が高騰しているときの購入は注意が必要です。

この先もその価値が目減りせずに持続してくれるなら良いかもしれませんが、伸びのピークを迎えているとすれば、その先には落ち込みが待っています。

物件購入後のメンテナンスの不備

物件を手に入れることが目的化してしまっている人は、その後の物件を維持するためのメンテナンスにかかる費用を見落としがちです。

物件の価値を落とさずに魅力を保つためには、メンテナンスに一定の費用をかける必要があります。

そのことをしっかり覚えておきましょう。

4. 不動産投資でのマンション投資の失敗を防ぐ方法5つ

不動産投資に手を出す人は、誰もが失敗したくない気持ちを持っていることは間違いないでしょう。

しかし依然として失敗する人が一定数存在することもまた事実です。

そういう人はどこかで重要な点を見落としてしまっています。

マンション投資で失敗しないためには、投資するにあたって注意しておきたいポイントを抑えておくことが必要です。

①マンション投資用の物件選びは慎重に行う

物件というのは収益を生み出す元となる存在ですから、その選定は慎重に行わなければなりません。

例えば、その物件の立地が大学近辺にあったとしましょう。毎年学生が入れ替わり、退去と入居のサイクルが守られている限りは安泰です。

しかし、少子化の波は大学にも打ち寄せています。

不人気な学科を統合すべく、別のエリアへと大学が移転することもあり得るのです。

このように、大学や企業など1つの需要のみを存在を頼りに物件を購入するのは危険だといえます。

あらかじめリスクを想定して物件を選ぶようにしましょう。

②自己資金を多く用意する

捻出できる資金をなるべく多く確保しておくことは、良い物件を手に入れるための条件になります。

この資金が足りないばかりに、少し妥協して価格の安い物件を手に入れたとしましょう。

その結果、当初想定していたような家賃収入が得られず、資産形成の最初の段階でつまづくことになりかねません。

物件を購入し、その後のメンテナンスにかかる費用まで含めて、十分な資金を用意するように心がけましょう。

③不動産関係者との関係を作る

不動産会社を通じて物件を入手するわけですから、不動産関係者と良い関係を作り上げることも大切になってきます。

会社によって扱う物件もさまざまですし、なかには不良物件を売りさばきたいと考えている企業も存在するのが実状です。

ですから、自身が欲しいと感じる物件を多数取り扱っている不動産会社のなかから、信頼できる会社を選び出す作業が欠かせません。

④借入金の割合を調整して利率を低くする

自己資産が少なくても融資を受けるという「レバレッジ」によって資産形成できることが、不動産投資の大きな魅力です。

しかし借入金があまりにも多いと、その返済に月々追われることになり、さらに購入した物件から得られる収入が思わしくないと、一気に苦しい立場に追い込まれます。

借入金の割合は自己で調整できるものですから、なるべく利率を低くするように設定しましょう。

⑤優良な物件管理会社と契約する

物件の価値を維持するためには、ある程度メンテナンスに費用を割く必要があることはすでに述べました。

入居する人は誰しも、快適な環境で暮らしたいと思っているに違いありません。

居住する人のニーズを満たすことができなければ、退去者が増えることにつながります。

そのため、物件の管理を任せることになる物件管理会社選びも大切です。

自身が信頼できる会社を見つけることに注力しましょう。

不動産投資は知識と失敗事例を学ぶことで失敗する割合はぐんと減る!

不動産投資における失敗例とその割合、さらには成功するために押さえておきたいポイントを挙げてきました。

不動産投資においては“高く買って安く手放す”というのが、典型的な失敗例のひとつです。そういう失敗をする人は、その物件の持つ価値や将来性といった視点がすっぽりと抜け落ちてしまっている傾向があります。

不動産投資の知識を増やすことに加えて、このような失敗の事例から自身の投資のあり方を学ぶことは、とても大切なポイントです。

ぜひとも多くの事例を知るように努力し、自身の成長・成功につなげていってください。

なお、不動産投資の相談については、当社のMIRAIMO無料オンラインへご相談くださいね。
LINE@友達登録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする