鹿児島で不動産投資を成功させるための注意ポイントとおすすめ投資エリアを紹介!

九州最南端にある鹿児島県は、東京からはかなり離れているとはいえ、飛行機で2時間ほどで行けます。

鹿児島県にはたくさんの観光名所があり、日本人だけでなく外国人も含めて、毎年多くの観光客が訪れています。

大自然に恵まれ、都会では決して見られないような光景は、訪れる人々の心を魅了し、癒してくれます。

そんな鹿児島県で不動産投資をして成功させたいと考えている方のために、今回は鹿児島県の基本情報と、投資で注意すべきポイントなどをご紹介していきます。

またおすすめ投資エリアなども集めましたので、ぜひ参考にして下さい。

1. 鹿児島県の不動産投資情報

鹿児島県の人口増減・賃貸需要・利回りについて

鹿児島県の人口は、ここ10年の間で約2.7%減っています

また一方で高齢者の割合は増加しており、今後さらに増加傾向をたどると想定されています。

鹿児島県内の人口減は最近に始まったことではなく、日本全体としては人口が増えていた時代にも人口減少の動きの歯止めが利かず、もう30年も前から減り続けており深刻な問題となっています。

現在の平均的空室率は約17.6%で、それほど高いわけではありません。

しかし不動産投資で成功させようと考えた場合、鹿児島県では賃貸物件に対する大きな需要があるとは言い難いので、物件選びで注意が必要でしょう。

鹿児島県の利回りは9.9%となっており、九州・沖縄エリア全体の想定利回りが8.8%であることと比較すると、比較的安定した利回りが期待できると言えます。

特に区分マンションの利回りは14.3%と高く、鹿児島市をはじめとした中心部エリアに賃貸物件の需要と供給が集中していることから、中心部エリアの区分マンションへの投資はおすすめです。

鹿児島県が不動産投資に向いている理由とは?

有効求人倍率は改善しているが、人手不足が出てきている

鹿児島県の求人数自体は、景気の緩やかな回復などの影響で増加傾向にあります。

特に医療福祉などを中心に、多くの企業が積極的に採用を行っているところです。

その背景には人手不足という問題もあり、人手不足を解消すべく従業員の待遇改善などを行う企業が多く見受けられます。

このように雇用環境が良いエリアでは、不動産投資は成功しやすいと言えるでしょう。

人が集まれば不動産物件の需要もあがるので、ビジネスチャンスが狙える可能性は大です。

交通の便が良い

九州では九州新幹線が開通して、交通の便がとても良くなりました。

また空港もあるため、遠方へのアクセスもとても良いのが鹿児島県です。特に駅の周辺は賑やかな繁華街があり、大きな商業施設もあります。

郊外へ向けてはバスなどの公共交通機関も充実しているので、たとえ自動車がなくても移動がスムーズですよ。

温泉が沢山ある

九州にはたくさんの温泉がありますが、鹿児島県内にも多くの温泉があります。

一番人気は指宿温泉で、毎年多くの観光客が訪れているところ。その他にも、鹿児島県内にある温泉は約280もあるというから驚きです。

この数は日本一を誇り、街中にある銭湯も多くが温泉というのですから、なんとも贅沢でうらやましい限りですね。

自然災害が少なく、犯罪も少ない

鹿児島県は九州南部に位置するという地理的条件ではありますが、意外と台風の接近が少ない県なんですよ。

そのため台風による甚大な被害というのも、あまり発生していません。

また地震については、昭和に入ってから震度5以上を記録したのは、たった1回

また刑法にふれるような犯罪件数も非常に少なく、全国でもトップレベルの治安の良さが魅力の県です。

冬でも比較的に温かい

鹿児島県はとても温暖な気候で、冬でも暖かく雪が降りません

そのため冬はとても過ごしやすいので、小さなお子様や高齢者の方には、とても住みやすい地域ではないでしょうか。

飲食店やショップ等の施設も充実している

駅周辺を中心に、飲食店やショップなどの商業施設がたくさんあります

大型のショッピングモールなどもあり、マイカーを持っている人は少し郊外でも足を運んで、お買い物を楽しめるでしょう。

2. 鹿児島県ってどんな所?

東京から鹿児島へのアクセス方法

東京から鹿児島へのアクセス方法は、飛行機・新幹線・フェリーの3つがありますが、最も便利なのは飛行機でしょう。

羽田空港から鹿児島空港は、所要時間約2時間で、費用も片道で2万円~4万円程度。格安会社を使えば、1万円台でもいけるというから、とてもリーズナブルですね。

新幹線の場合は、東京から鹿児島中央まで直通はないので、博多駅で乗り換えとなります。

東京駅から鹿児島中央まで、所要時間は約6時間30分で料金は片道3万円程度になります。

フェリーは所要時間が約30時間もかかってしまうので、やはり飛行機が一番便利でお得なのではないでしょうか。

鹿児島県のおすすめの観光地3選を紹介

3位:屋久島

鹿児島県を訪れた際は、ぜひ屋久島へお出かけください。よくテレビなどで見ることもあると思いますが、日本で最初の世界遺産登録された島で、縄文杉を中心に、独特の大自然が迫力満点です。

また宮之浦岳をはじめとして、1,000mを超える山々が続き、「洋上のアルプス」とも言われ、とても美しい景色を作り上げています。

2位:奄美大島

鹿児島県と沖縄県の間にある奄美大島は、美しい海と、珍しい動植物など、大自然を感じることができる島で、毎年多くの観光客が訪れています。

「黒潮の森 マングローブパーク」では、マングローブをカヌーで楽しめるツアーがあります。

その他、マリンスポーツや、クジラを見ることができるウォッチングツアーもあり、いろいろな遊び方が楽しめますよ。

1位:桜島

鹿児島県と言えば、やはり桜島。標高約1,117mの活火山が、今も噴火しています。

溶岩遊歩道を散策して、桜島の大迫力を体感してみてはいかがでしょうか。

その他桜島周辺には温泉もあるので、足湯を楽しむこともできます。ただし、桜島に観光へ行く際は、必ず噴火状況は確認しておいてくださいね。

3. 鹿児島県の家賃相場と人気の不動産投資エリア

鹿児島県の家賃相場と人気のエリア

鹿児島県で人気のエリアは、鹿児島市・霧島市・いちき串木野市となっています。

平均家賃相場は、ワンルームであれば4万円前後、3LDKであれば9万円程度です。

鹿児島県の家賃相場と人気の駅

鹿児島県で人気の駅は、鹿児島中央駅・国分駅・谷山駅です。平均家賃相場は、ワンルームでは4万円前後ですが、3LDKであれば12万円前後になっています。

4. 鹿児島県で不動産投資をする時の注意ポイントと今後の見通しについて

鹿児島で不動産投資を成功する為に気を付けたいポイントとは?

鹿児島県で不動産投資を成功させようと考えている人は、アパート1棟経営ではなく、マンションなどの1部屋の区分所有で賃貸経営をすることをおすすめします。

先ほども述べた通り、鹿児島県は人口減少が進んでいるエリアです。賃貸需要も右肩上がりにはならないことを考えると、アパート1棟ではリスクが高いでしょう。

県内の人気のある中心部エリアの区分所有のマンションで賃貸経営をしていけば、比較的高い家賃収入が期待できるので、ある程度の利回りも期待できるのではないでしょうか。

鹿児島の今後の見通しについて

少子高齢化が問題になっている

少子高齢化問題は、全国的な問題ではありますが、鹿児島県では、10年後には約7.6%の人口減が予想されています。

また高齢者人口の割合は、現在は約30%ですが、10年後には約35%まで上昇すると推測されています。

高齢者を支える若年層を確保しないと、行政は苦しくなり、それ以外にも地域社会は衰退し、産業も衰えてしまいます。

これから鹿児島で不動産投資をして成功したいという人は、行政の取り組みにもしっかり注目して物件選びの際の参考にすることをオススメします。

鹿児島県の今後の取り組みについて

鹿児島県では少子高齢化に伴う人口減少問題に対して、次の3つをスローガンに掲げ、積極的に取り組みを行っています。

  • 「仕事の創成」
  • 「人口減少への歯止め」
  • 「地域の活力向上」

まず、仕事の創成においては、鹿児島県の中心的産業である農林水産業に力を入れています。

それ以外にも新たな産業の起業や、就職希望者に対する知識習得などの支援を積極的に行っています。

また、人口減少への歯止めについては、行政あげての婚活パーティーを開催したり、Iターンを狙って県外で就職説明会を行うなど、積極的な活動を行っています。

また他県からの移住支援も活発に行われており、都会では味わえないような大自然の魅力を情報発信して、住みやすい鹿児島県をPRしています。

地域の活力向上に対しては、交通インフラを整備し、空港や港などへの道路整備をすすめています。

不動産投資で成功しようと思ったら、交通の便利が良い場所の物件を選ぶといいですね。

5. 人々を惹き付ける魅力満載の鹿児島

今回は、鹿児島県の情報をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

鹿児島県は九州南部に位置し、東京からはかなりの距離がある地方都市ではありますが、大自然に囲まれた美しい地域として、観光でも人々を魅了しつづけています。

不動産投資という観点で見た場合、少子高齢化に伴う人口減少は軽視できない問題ではあります。

しかし物件価格の安さに比べて高い家賃収入が期待できることを考えると、中心部で良い物件が見つかれば、成功できる可能性は十分。

今後、他県から移り住む人が増加していくかもしれない点からみても、期待がもてそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする