• ????????????????????

月の土地は購入できる!地球じゃなくても果たして不動産投資は可能なのか?!

  • ????????????????????

資産運用を始めるにあたってどの運用方法にしようか迷うことは多いのではないでしょうか。

そんな中、不動産投資は数多くある資産運用の中でも比較的分かりやすく、始めやすい投資と言えます。

さらに、不動産投資というと国内や海外など投資先の地域は様々ですが、地球以外でも不動産投資できることをご存知でしょうか?

火星の移住計画などの都市伝説があり、火星かなと思った人もいると思いますが、実際は火星ではなく、月の土地を購入することができるのです。

月の土地を購入と聞いても非現実的なようでいまいち理解はできないと思いますが、実際に多くの人が月の土地を購入しています。

今回は月の土地の購入方法と、月の土地を購入することで起こるメリットなどを紹介していきますので、

不動産投資を検討している人は「こんな不動産投資もあるのか!」と気軽に読んでいただければ幸いです。

1. 月の土地購入|法律的な問題は?

アメリカのルナエンバシー社の最高責任者であるデニス・ホープ氏は月に関する法律を調べ宇宙条約にたどり着きました。

月の所有者は誰か|1967年宇宙条約

宇宙条約ではその2条に「月その他の天体を含む宇宙空間は、主権の主張、使用若しくは占拠又はその他のいかなる手段によっても国家による取得の対象とはならない。と明記されていますが,

個人や企業が土地を獲得する権利があるかどうかは明記されていませんでした。

そこでデニス・ホープ氏は月の土地を合法的に購入できるように1980年にサンフランシスコの行政機関に所有権の申し立てを行い、受理されました。

その他にも、国連やアメリカ、ロシアに月の権利宣言書を提出しましたが、特に反論がなかったため、月の土地を販売できる地球圏外不動産業を開始したのです。

月の土地を扱っている会社|ルナエンバシー社

前述のように、月の土地の所有権を獲得したデニス・ホープ氏は、月の土地を販売し権利書を発行する不動産会社ルナエンバシー社を設立しました。

販売しているのは月の土地だけではなく月のパンフレットや写真など月に関する様々なものが販売されています。

公式サイトを見ると月に関するグッズの方が価格が高く、なんと月の土地が一番安く販売されているのです。

ルナエンバシー社はアメリカの本社以外にもルナエンバシージャパン(日本代理店)などがあり、公式サイトはルナエンバシージャパンになるので英語が不安な人でも比較的簡単に申し込む事ができます。

【注意点】所有権は認められない?

月の土地を購入することはできますが、所有権をが認められるかというとグレーゾーンです。

日本や欧州では、所有権とは物理的に管理、利用ができる範囲に限って及ぶ権利であると定められており、個人が月に所有権を持つというのは現実としてはあり得ないことから、ルナエンバシー社との月の所有権移転の契約自体が無効になる可能性は十分にあります。

ですので資産運用目的で月の土地を購入するのではなく、ユーモア程度で購入するのがちょうどいいです。

月その他の天体における国家活動を律する協定|領有の禁止

月の土地を購入したとしても何もかも許されるわけではありません。

月の土地を武力や兵器などの暴力目的に利用することは禁止されており、平和的目的で利用しなければいけません。

月はまだ未知の領域でもありますので月の環境が悪くなる可能性がある行為は禁止されています。更に地球へ地球外物質を持ち込むことも禁止されており、月と地球の環境を保つための大切な協定になっています。

月の土地を購入できたとしても、月の表面や地下、天然資源に対する所有権は認められていません。

2. 月の土地の購入方法|値段と権利書

月の土地はルナエンバシージャパン社の公式サイトから直接購入する事ができます。

支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ決済(前払い)、代金引換の3種類なのでクレジットカードを持っていない人でも月の土地を購入することができます。

手数料はそこまで高いものではなく、1万円以下であれば324円で済みます。

価格と広さ|1エーカー2,700円

月の土地はエーカーと呼ばれ、購入は1エーカーからです。1エーカー2,700円で購入する事ができ、一度の注文で最大20エーカーまで購入する事ができます。

1エーカー1,200坪の広さなので基本的にサッカー場の広さと同じ程度と言われています。もし日本で1,200坪の土地を購入する事ができればプール付きの豪邸を建てることができます。

都内で1,200坪購入する場合は数十億円必要になるので、月の土地はかなり安く買えることになります。

権利書が届くまでは約1週間

購入して権利書が届くまでは1週間かかります。

購入してからの流れは、

  • ルナエンバシージャパンがアメリカのルナエンバシーに申請を送る
  • アメリカのルナエンバシーからルナエンバシージャパンに登録・割り当てを送る
  • 権利書が手元にやってくる

この流れで1週間であればかなり早いでしょう。

権利書と同時に月の地図や、月の憲法が記載されてある書類が届きますのでその3枚は大切に保管しておきましょう。

月の土地を購入した有名人|国内・海外

月の土地を購入した有名人は数多く存在します。ハリウッドスターでメグ・ライアンやトム・ハンクス、

日本では元SMAPの香取慎吾さんや福山雅治さん、浜崎あゆみさん、AKB48の河西智美さん、宇宙関係ではNASAの職員などとハリウッドスターからアイドル、NASAに至る様々な人が月の土地を購入しています。

有名人も購入しているぐらいなので、月の土地を保有していると少し自慢できるかもしれません。

3. 月の土地の不動産的価値|投資はできるのか?

月の土地は投資目的で出資する事はお勧めできません。利益目的で月の土地を売買する事は禁止されており、資産を増やしたい人には向いていません。

現段階では月の土地価格は変動しておらず、固定で1エーカー2,700円です。ですので購入タイミングを計る必要はなく、損失も利益もありません。

今後の技術の向上により月に関するビジネスが起こった場合などは事態が変わる可能性もありますが、それは月よりも火星の方が可能性が高いと言えます。

ルナエンバシー社の月憲法|営利目的の販売は禁止

月の土地を利益目的で購入する事は禁止されています。

しかし、利益目的でなければ自由に売却や譲渡することができます。譲渡できる量は決まっており、保有している土地を10分割にして10人まで譲渡できますが、10以上の人などに譲渡する事はできません。

月を衛生探査機や宇宙船、電池などの不用品の保管場所として利用する事も禁止されており、これらに違反した場合莫大な罰金を支払わなければいけない他、月の土地の所有権もなくなってしまいます。

更に今後一生月の土地が購入できなかったり、月に行く事もできなくなってしまうのです。

4. 月は人類の夢|プレゼントにはおすすめ

SNSを見ていると娘のプレゼントとして月の土地を購入したり、友人もしく恋人のために購入している人も多くいます。

もし隣の土地を購入したいのであれば一度の購入でまとめて購入することをおすすめします。土地の場所は注文ごとにランダムに選択されるので、後から変更する事はできません。

申し込み順に番号が振り当てられるので、番号が隣であれば土地も隣です。

 

月の土地は購入できますが利益目的で購入する事はできませんので資産を増やしたい人には不向きと言えます。

したがって、プレゼントとして月の土地を購入するのがお勧めです。子供に月の土地を購入してあげれば友達に自慢できますし、恋人にサプライズで月の土地を購入すれば、喜んでもらえるかもしれませんね。

 

不動産投資には様々な種類のものがあります。わからないことには些細な疑問でもお答えしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ASIS株式会社 お問い合わせフォーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

カテゴリー一覧

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする