ペット可物件に求められているものは?|ペット可物件で賃貸経営するメリット・デメリット

国内では少子高齢化やペットブームが後押しとなり、ペット可物件のニーズが年々高まっています。

しかしペット可物件の数は不足しているのが現状。賃貸物件ではペット飼育は嫌がられることが多く、ペット禁止という物件がほとんどです。

を飼っていると、近隣トラブルなど、何かと問題が起こってしまうため、大家としても避ける傾向がありました。

しかし視点を変えると、ペット可物件にすることで空室問題をクリアできるという大きなメリットもあるのです。

今の不動産市場では、ほとんどのエリアでペット可物件が少ないので、ペット可物件にすることで競争力のある物件となり、ペットを飼っている人にとってはとても魅力的な物件に見えるはず。

今回はペット可物件のメリットとデメリットをご紹介します。

1. ペットと住みたい人はこんな物件を探している

①周辺環境|動物病院や散歩できる場所など

ペットと住みたい人は、ペットのことを考えてペット可物件を探しています。

たとえば近くに散歩ができる場所があるかどうかは大きなポイント。できれば公園などの緑溢れるようなところが理想的だと言われています。

また周辺に動物病院やペット美容室などがあるのも理想的。特に動物病院は予防接種などで行く機会も多く、近くにあると大変便利ですね。

逆に、近くに大きな道路がある物件は、あまり好まれません。ペットが事故に巻き込まれる可能性が大きいということと、騒音でうるさくてペットも眠れないということも。

このようにペットを飼っている人は、ペット目線での物件選びをしている人が多いようです。

②条件|ペット可・ペット相談

物件によっては、ペットに関する条件をあらかじめ提示しているところがあります。

たとえば「ペット可」と書かれてある物件は、ほとんどの場合犬や猫、あるいは小鳥などの小動物などを指しています。

特殊なペットを飼っている場合は、この限りではないことがあるので要注意。

また「ペット相談」という物件は、ペットを飼ってもいいということではなく、あくまで相談に応じるということ。

詳細は相談してみなければならず、場合によってはペット飼育が出来ないという可能性もあります。

③費用|敷金や家賃

ペット可物件では、敷金や家賃が高くなる傾向があります。

たとえば敷金が3か月の物件でも、ペットを飼育する人はもう1か月分上乗せして払わなければならないことも。

また家賃もペット飼育することを前提にした物件なら、相場より少し高めに設定されていることが多いようです。

④内見|ペットが過ごしやすい環境

ペット可物件が見つかれば、入居希望者は内見して物件をしっかりチェックする必要があります。

実際に足を運んで、ペットが快適に暮らせるお部屋かどうか、自分の目で確かめておくことが重要。たとえば日当たりや風通しの良さなどがポイントになるでしょう。

特に夏場、どれ位部屋が暑くなるのかは注意しなければなりません。

最近の日本の気候は、異常気象のせいで夏場は非常に暑くなります。

ペットにも熱中症リスクがあり、特にコンクリート造のマンションは、エアコンがなければ室内の温度がかなり上昇します。

そのためマンションの最上階、角部屋、さらに日当たりが良すぎる場所は、ペットにとって過ごしにくい部屋になるかも。

夏場に過ごせるお部屋かどうかも一つのポイントとなるでしょう。

⑤ルール|飼育細則

ペット可物件でも、それぞれのマンションで飼育に関するルールが定められています。

たとえば飼育可能なペットの種類や、ペットの数など、全て契約書などに記載されているので、入居前に入居者と大家で確認しておく必要があるでしょう。

2. ペット可物件にするメリット・デメリット

メリット5つ

①空室ができにくい

ペット可物件は少ないですが、ペットを飼育している人は多いので、ペット可物件への需要は高い傾向が続いています。

最近は独身の人が犬や猫といったペットを飼っていることが多く、賃貸マンションでもペット可物件であればすぐに埋まってしまうほど人気を集めているといったケースも。

そのためペット可物件の退去率も低く、なかなか空室が出にくいのです。

②入居期間も長め

一旦ペット可物件に入居した人は、次の物件を簡単には見つけられないということで、長期間入居する傾向にあります。

大家からすると、空室リスクの低いペット可物件は、収益性がアップするので経営が安定するというわけですね。

③リフォーム不要な場合が多い

通常であれば入居者が退去した後、新しく入居者募集をする際は、リフォームをして室内を綺麗にしておかなければなりません。

ところがペット可物件の場合、お金をかけてリフォームする必要がない場合が多いのです。

ペットを飼育すると部屋を汚してしまう可能性が高いので、最初にピカピカで綺麗な部屋にしておかなくてもいいわけです。

④賃料や敷金を高めに設定できる

ペット可物件は、賃料や敷金などの費用について高く設定しても、十分集客力が見込めます。市場全体の中のペット可物件の数が圧倒的に少ないので、近隣相場よりも高く設定できます。

⑤賃料が下がりにくい

さらにペット可物件は賃料が下がるリスクが低いです

ペットを飼育する人は一度入居したら、なかなか退去しないので、入居時の家賃をそのまま継続できます。

入居者の出入りが多いと、その都度家賃を下げる必要が出てくることもあるので、安定した収益が見込めますね。

デメリット4つ

①部屋が傷む|原状回復

このようにペット可物件は大家にとってたくさんメリットがありましたが、良いことだけではありません。

ペットを室内で飼育すると、どうしても臭いが染みついたり、汚れや傷がついてしまいます。こうしたリスクに対して、事前に対策を講じておく必要があります。

②ペットを飼っていない入居者への配慮が必要

ペット可物件にすると、ペットを飼育していない人からクレームが出ることがよくあります。

たとえば廊下やエレベーターなどの共用部分が汚れたり、あるいはペットの鳴き声などの騒音トラブルなど、ペットにまつわる苦情が多くなります。

ペットを飼育していない人への配慮をしっかり行わないと、こうした人たちが退去してしまいます。

③入居者が限られる

ペット可物件にすると、入居者がペット飼育者に限定されます。

つまりペットを飼っていない人が敬遠するので、特定の人だけがターゲットになるのです

先ほどご説明した通り、ペット可物件は希少価値が高いので、競争力のある物件と考えられます。

しかし周辺エリアにペット可物件がたくさんあれば競争力も落ちることになるので、周りの状況も調査しておく必要があるでしょう。

④初期費用が掛かる

ペット可物件は、室内でのペット飼育がしやすい環境へ変えなければならないので、少しリフォームが必要になります。たとえば犬や猫が部屋を出入りしやすいように出入り口をつけたり、あるいはコンセントの位置をペットが触れにくい高さの位置に変更するなど。こうした初期費用が掛かってしまうことを考えておかなければなりません。

3. ペット可物件は収益面で魅力大!|配慮や工夫は必要

ペット可物件は、空室対策としてとても有効です。空室率が低いことで、安定した賃貸経営が行えるので、大家としては安心ですね。

しかしペット可物件にすると決めたら、お部屋をペット仕様に変えて、ペットと入居者を迎え入れる準備をすることが必要

またペットを飼育していない他の居住者への配慮も忘れずに。事前準備を万全にしておくことが大切ですね。

また、ペット可物件を大家側も探さなければいけません。

ペット可物件を扱うおススメサイトは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事犬・猫大好き!ペット可・ペット付きの不動産オーナーになろう!おすすめサイト5選

2017.10.12

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

ASIS株式会社
E−bookダウンロード

おすすめのセミナー一覧

現在、表示する情報はありません

全てのセミナーを見る

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする