• ????????????????????

有名投資家が残した名言ランキングベスト5|名言で分かる経営の心得!

  • ????????????????????

日本のみならず世界には有名な投資家がたくさんいます。

投資のスタイルや、保有資産などは異なりますが、どの人も一定の成功を収めた人です。

成功した投資家の言葉は、名言としてほかの投資家のヒントになることが多いにあります。

もちろん、自分の投資スタイルや考え方があるので、全ての投資家の言葉が響くとは限りません。

しかし、少なくとも投資家として成功している以上は投資家として偉大な先輩にあたるので、そんな先輩の言葉は時には金言としてプラスになることもあります。

 

今回は、そんな有名投資家達の名言を5つピックアップしました。

それぞれの経歴を見てもらえれば、この投資家たちが残した功績が分かると思います。

そんな投資家たちの名言を知り、自分の身に置き換えてみましょう。きっと何か投資のヒントがあるはずです。

1. 有名な投資家が残した名言から学ぶ不動産投資の心得

不動産投資は物件選びや仲介会社の選定、管理方法の検討など、成功するための要素はたくさんあります。

それは、株や債券、FXなどほかの投資にも言えることでしょう。しかし、投資の中で不動産投資は最も長いスパンで考えなければいけない投資といっても過言ではありません。

それは、投資するときのマインドセットやスタンスなど、投資家として心理的な成長をしなければいけないことを意味しています。

これから紹介する投資家達は、何も全ての投資に成功してきたわけではありません。数々の失敗も経験してきたことでしょう。

その中で残した名言は、必ず自分自身に置き換わる要素があるはずです。小手先の技術論ではなく、投資家としてのマインドやスタンスなど、根本的なところを吸収するようにしましょう。

2. 有名な投資家が残した名言|独自ランキングベスト5を紹介!

No.5 ドナルド・トランプ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97

日本では意外と知られていませんが、トランプ氏は大統領になる前にはアメリカの不動産王と言われるほど、不動産業で財を成した人物です。

元々、トランプ氏の父が住宅開発業を営んでおり、最初はそこで不動産を学んでいたのが不動産業界へ参入したキッカケになります。

トランプ氏が手掛けた有名な事業としては、以下の案件が挙げられます。

  • グランド ハイアットホテルの再開発
  • 世界一豪華と言われたトランプタワーの建設
  • カジノリゾートの開発

上記以外にも航空事業への参入などもあり、マスコミの脚光を浴びていたのがトランプ氏の実業家時代です。

トランプ氏は、たくさんの不動産を見て、隠れている魅力を見つけ、割安な不動産を見つける能力に長けていました。

かつて、トランプ氏はフォーブス氏が出している「長者番付」にも載っており、アメリカで94位の総資産約3,200億円のときもありました。

ドナルド・トランプの名言

そんなトランプ氏の名言は以下です。

「私は積極果敢な考え方をすると人は言う。だが、実際には、私は消極的な考え方をよしとする。商売ではきわめて慎重なほうなのだ。
つねに最悪を予想して取引にのぞむ。最悪の事態に対処する方法を考えておけば、つまり最悪を切り抜けることができれば、何があっても大丈夫だ」

強気一辺倒のイメージがあるトランプ氏ですが、実は慎重にビジネスを見極めていた側面があるようです。

不動産で財を成したトランプ氏の名言なので、不動産投資の物件選びにも参考になるでしょう。

入念な調査やキャッシュフローのシミュレーションなど、常に最悪を想定して物件選びをするということかもしれません。

No.4 ロバート・アレン

出典:http://kokucheese.com/event/index/29338/

ロバート・アレン氏は、1948年にカナダで生まれた有名な投資家です。

「Nothing Down」という著書が全米で100万部を超えた大ベストセラーになった実績があり、不動産投資も主要な投資の1つとして行っていました。

ロバート・アレン氏は門下生も非常に多いと言われており、アレン氏の元で学んだ門下生でミリオネアになった人101人の弟子が、アメリカのFOXニュースで放送されたこともあります。

これらの実績から、単純に投資家としての評価だけでなく「億万長者請負人」と呼ばれるほどの人物です。

ロバート・アレンの名言

そんなロバート・アレン氏の名言は以下の通りです。

「不動産を買うのを待つのではなく、不動産を買ってから待て。高く買って安く売っていたのでは、儲かるはずもありません。株式市場と同じように、臆病ものが売っている時に買い、臆病ものが買っている時に売ることが必要なのです。」

不動産は高額な買い物なので、購入自体に踏み出せない人も多いでしょう。「今は不動産価格が上がっている」など、買わない言い訳はたくさんありますが、ロバート・アレン氏の名言に習うとまずは行動することが重要と言っているように聞こえます。

もちろん、闇雲に物件を買うわけではありませんが、不動産は家賃収入というインカムゲインもあるので、その点を加味すれば購入してから売り時を待つという手も実行可能なのです。

No.3 藤山勇司

出典:https://chintai.mynavi.jp/chintaikeiei/superooya/detail_01.html

藤山勇司氏は、広島県生まれの日本でも有名な不動産投資家です。

藤山氏は大手商社に就職しますが、商社の業務を続けながら不動産投資をはじめていきます。

そして、本業にしていた商社が倒産したことで、本格的に不動産投資を取りくむことになります。

2013年には家賃総額4,000万円を超え、8億円以上の資産を保有していると言われています。

不動産投資家の中には、相続で譲り受けた不動産が多いケースもありますが、藤山氏は一代でここまでの不動産資産を築き上げた点が評価されている人物です。

藤山勇司の名言

そんな藤山氏は以下のような名言を残しています。

不動産を売却して得られる利益は、じつはたかが知れています。たとえ、安値で購入した不動産を値上がり後販売したとしても、売却するのは非常に不利なのです。」

この名言が意味しているのは、インカムゲイン(家賃収入)に比べてキャピタルゲイン(売却益)はたかが知れている。ということでしょう。

確かに、不動産の価格が大幅に上がるケースは少ないですし、上がるとしても建物は劣化していきます。

そのため、不動産投資の本質であるインカムゲインに目を向け、コツコツと利益を積み重ねるのが良いというのは正論に聞こえます。もちろん、実績がある藤山氏の言葉だからという前提です。

No.2 ロバート・キヨサキ

出典:http://tubuyakisan.com/2785.html

ロバート・キヨサキ氏は「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として、日本でも有名な実業家・投資家です。

キヨサキ氏はハワイで生まれ、複数の会社を興しつつ投資の世界へ足を踏み入れます。総資産は100億円近いと言われている資産家です。

著書である「金持ち父さん貧乏父さん」にも書いてありますが、キヨサキ氏は友人の父親に起業や投資のイロハを教わりました。

その教えに従い、お金を「生み出す」側に回ったことで、大きな資産を作り上げられたというわけです。

ロバート・キヨサキの名言

ロバート・キヨサキ氏の名言はたくさんありますが、代表的な名言に以下があります。

「資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるもののこと。負債とは、あなたのポケットからお金を奪っていくもののこと。」

たとえば、車をローンで購入したら、「ポケットからお金を奪っていくもの」なので負債となります。

一方、不動産投資の一環としてアパートを一棟取得したとしましょう。そのアパートの収支がプラスであれば、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの」なので資産になります。

そのような考えをすると、通常資産に思えるものが実は負債であることが分かります。

この考えは不動産投資に限らず、あらゆる投資に応用できる言葉と言えるでしょう。

No.1 ドルフ・デ・ルース

最後にドルフ・デ・ルース氏を紹介します。ルース氏は、ニュージーランド生まれの投資家であり、不動産投資を得意としています。

不動産に関する著書や手法などは注目されていますが、実は経歴などはあまり公表されていません。

分かっていることといえば、たくさんの国の学校を転々として、電気工学の博士号を取得しつつ、若いうちから不動産投資をはじめていたということです。

ドルフ・デ・ルースの名言

そんなルース氏の名言は以下です。

「物件に惚れるな、取引に惚れろ」

たとえば、不動産投資をしようと思い、色々な物件を見学していると「この物件は良さそうだ」というものに巡り合うことがあります。

そのときにルース氏の名言に照らし合わせると、物件ではなく取引に注目しなければいけないということになります。

つまり、その物件を取得した後の収支を考え、きちんと「キャッシュフロー」上で利益が出るかということです。

良い物件だからといって、不動産は地政学的なリスクもありますし、競合環境によって良い物件は悪い物件になりかねません。そのため、不動産自体の価値以外の「取引」も意識しなければならないということです。

3. 投資家で知られている有名な警句

最後に、投資家の間で知られている非常に有名は警句を紹介します。

「休むも相場」

投資というと、日々投資商品の動向をチェックして、売却するか持ち続けるべきかを思案して・・・というイメージが強いです。

特に、短期間で売買する株式投資などはその傾向が強いと思います。しかし、そんなときこそ、「休むも相場」の言葉に従い、一旦休んでみてリフレッシュした目で見ることも大事ということです。

不動産投資目線でも考えられる

不動産投資で置き換えると、たくさんの情報を詰め込んで物件のことで頭がいっぱいになっているときは、一旦その物件のことを考えるのはやめて休みましょう。

リフレッシュした頭で改めて物件に向き合うと、新たな発見があるかもしれません。

不動産投資も当然ながら「投資」なので、収益を伸ばすために行います。

そのため、物件取得後も色々と考えることもあると思いますが、考えすぎず楽な気持ちでやるのも大事という意味も含まれているかもしれません。

4. 有名な投資家の名言を知る事で不動産投資経営の心得を学ぼう!

このように、有名な投資家達の名言を知ることで、自分自身を見つめなおすことができたと思います。

冒頭でも言いましたが、特に不動産投資をメインに行う投資家は、「精神面」の成長が重要と感じます。

長期スパンで行う投資なので、悪い意味で「心が揺れる」瞬間が多いからです。

そんなときに、今回紹介した名言を思い出し、自分のスタンスやマインドを改め見つめなおしましょう。

技術論や具体的な投資のポイントを知ることも大事ですが、今回のようにまさに「心得」に触れる機会も同じくらい重要です。

 

不動産投資セミナー実施中!!
↓↓ 詳細はコチラ ↓↓

ASIS株式会社セミナー

無料で参加可能!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライモの記事を毎日チェック!

お得な不動産情報を優先的にご案内 CLUB ASIS
0から始まるセミナー
ASIS株式会社
E−bookダウンロード

無料でE-BOOKをダウンロード

初めての不動産投資入門

  
E-BOOKをダウンロードする