不動産につきものの災害リスク|老朽化や建物損壊に強い物件

Category
Pocket
LINEで送る

不動産につきものの災害リスク|老朽化や建物損壊に強い物件

収益物件に降りかかるリスクも覚えて、対策を講じなければなりません。
不動産投資においてどうしても避けられないのが「災害」。
地震や津波などの自然災害、事故や事件などの人的災害などで建物が損壊しまうと損失は免れません。

耐震性の高い建物を選んだり、崖がなかったり、治安が良い場所を選ぶことも重要ですが、
それでも災害が起こるときは起こります。

もし起こっても損失を最小限に食い止めるためにできることが「保険に入ること」
マンション・アパートオーナーが入れる保険として、火災保険・地震保険・施設賠償責任保険 などがあります。
こちらでは老朽化・災害に強い収益物件や保険について解説していきます。

耐震診断にかかる時間と費用の目安について!|耐震診断の必要性を解説!

耐震基準ができた目的とは?|旧耐震基準と新耐震基準の違いを解説!

耐震工事による補助金制度を上手に活用!|まずは耐震診断から受けてみよう!

耐震の構造には種類がある!|耐震構造と免振構造と制振構造の違いを知ろう!

耐震等級って何?1~3の等級について簡単解説!|耐震基準のポイントを紹介!

タワーマンションで火災が起きたらどうすればいいのか?|避難経路の確認はしておこう!

アパート経営者は地震保険に入るべき?!地震保険に関する全知識

マンション一棟のオーナーが実践しているリスクヘッジとは?火災保険の解体新書

地震保険の補償する内容とは|アパートオーナーが加入すべき理由とポイント

アパートオーナーが知らないと損する火災保険の種類と特約を徹底解説